ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2018 鳥羽わんわんパラダイス

10/17(水)のこと
26586
わんわんパラダイスの送迎サービスで、鳥羽駅近くの鳥羽一番街の前まで送っていただいた。
画像の左に見えるのが鳥羽一番街、右に見えるのが鳥羽マルシェ。

一番街の方で、母はいつも決まったお土産を買う。
伊勢神宮の赤福ではあった2個入りの赤福(母用)が、こちらでは見当たらないので尋ねてみると
鳥羽駅の北側にある赤福の支店にあると教えて下さったので


26565
駅の待ち合いで母とサクラに待ってもらっている間に


26558
赤福支店へひとっ走り。
駅のこちら側にも線路沿いに小さな食堂がいくつか軒を連ね
焼き貝などの美味しそうな匂いが漂っていた。


26560
電車に乗る前にもう一度マルシェ側へトイレ散歩に行くと、足湯コーナーがあり


26559
今回はふたりとも長いストッキングやタイツを履いていなかったので、足湯を利用することができた。


26561
こんな眺めを見ながらのんびりと過ごし、そろそろ特急電車の時間。


26562
赤福を買いに行ってる間に、母が駅で買ってくれていたサンドイッチを昼食に。
朝からたくさんいただいたので、お昼はこれくらいでちょうどいい。


26567
帰りの電車ではサクラもずっと爆睡。
5年前に初めてこちらに旅行した時のブログを読み返してみた。
画像はトイレ散歩の芝生の上で走っていたサクラ。

今回も無事に行って帰って来れてよかったね。


26563_large
赤福は定番の味。
今年も母とサクラと旅行ができて良かったなぁと、しみじみ思いながら噛みしめる。
優しい甘い味がした。

+

26568
パート帰りの今日の空。
夜にかけてお天気は下り坂。
これからは一雨ごとに秋らしくなっていくんでしょうかね。

季節の変わり目、ご自愛を。

10/17(水)のこと
26552
鳥羽わんわんパラダイス 2日目の朝。
サクラのトイレ散歩をして、部屋に戻って朝ごはん。

母の顔を見て、話していることを聞き取ろうとしているサクラの表情が私は大好き♡


26553
8時から私達の朝食。
こちらのお宿は定食の時とバイキングの時がある。

宿泊客の人数が多い場合はバイキングなのかなぁと思っていたら そうでもなく
(この日はとても多かったので)


26554
定食以外に、サラダ、ヨーグルト、お味噌汁、ソフトドリンクなどがバイキング形式であり
夕食でも十分なくらいの量の朝食と、デザートまでいただいて大満足でした。


26555
食後の散歩。


26556
屋上のドッグランも貸し切り


26557
部屋に戻って10:30頃までゆっくりして、そろそろチェックアウトします。

+

今日、娘のApple Watchが届いた。
いろいろ説明してくれるけど、もはや私には異次元ウォッチだわ(^^;


10/16(火)のこと
26549
(画像は公式サイトより拝借=いずみコースのお料理)
こちらでの夕食は3種類ほどのコースがあり、いつもは一番量の少ない「いずみ」コースを選んでいた。
それでもお腹ははちきれんばかりに満足なのだけど


26550
(画像は公式サイトより拝借=雅コースのお料理)
今回はお得な情報を得て、いずみコースと変わらないお値段で初めて雅コースをいただいた。


26537
その前に、申込者(私)の誕生月ということで、わんこの食事サービスもちょうだいし


26538
サクラも一緒に舌鼓を打ちました。


26535
前菜に始まり


26539
伊勢海老を含むお刺身


26540
土瓶蒸しで松茸を賞味し


26543
黒毛和牛と鮑の陶板焼き
画像を撮るのを忘れて焼き始めてしまったのですが


26542
焼いた鮑が柔らかくて感激!
その美味しい鮑を、私は陶板からポロリと最後の一切れ落としてしまってショックを受けていたら

「私のを食べなさい、ほら」と母の愛(笑)
もちろんそんなことはさせません。母にご馳走を食べてもらいたいのは私の方だから。

と、なにを鮑一切れで語っているのか(* ´艸`)クスクス
庶民の口には滅多に入らないご馳走ですもんね。


26536
蓋物の炊き合わせが、催促して出てきたのは減点でしたね。
お品書きがなかったら気づかないところでした。


26544
他にも写真を撮り忘れたお料理2品ほどありますが、本当に美味しく頂きました。
伊勢海老、松茸、鮑、黒毛和牛・・と、贅沢三昧をいただいて母も喜んでくれ、その姿をみて満足する私。


26545
そろそろ退屈してきたサクラ。


26546
おばちゃんの方へおいで・・と膝の上に乗せてあげると、この通りおめめパッチリ。


26547
最後に和梨のゼリーをいただき


26548
サクラのトイレ散歩をしてから部屋に上がりました。
お風呂に入り、部屋でゆっくり。
お布団の中でも話し続ける母の声を子守唄に、私の方が先に寝入ったよう。

サクラも一日お疲れ様。

+

今日は所用で市役所まで往復ウォーキングしてきた。
今月末の静脈瘤の日帰り手術の後は、2週間ほどウォーキングを控えないといけないらしいので
それまではせっせと歩こう🐾

26526
鳥羽駅までわんわんパラダイスの車で迎えに来てもらい、 15:30頃にチェックイン。


26527
今回は6階のお部屋。エレベーターホールに飾られている絵が迎えてくれた。


26534
廊下には物語仕立ての壁画。


26528


26532_large
部屋からお馴染みの眺め。


26531_large


26529
お茶をいただいてひと息つきます。


26530_large
サクラも少し疲れたね。
休憩して、夕方からトイレ散歩へ。

鳥羽わんパラの残念なところを強いて言うならお散歩コースかな。
小型犬だからこれくらいでも良いけど、大型犬だったら少し物足りないかも、と思う。

サービスの写真撮影をしてもらい、そのそばに置かれているマッサージチェアでくつろいで
そろそろ食事の時間。

今回は楽天トラベルからお得情報メールをいただき
いつもより1ランク上のお料理つきのプランをお得な料金で予約することができ、食事を楽しみに来た。
期待しながらレストランへ向かいます。

+

今日は暖かな大会物販の日で、とても良いお天気だった。
ちょうど一年前の台風の雨嵐に打たれながら、今日と同じ駅まで歩いた時のことを
思い出さずにおられない。

会場周辺を散歩したとき、桜の蕾が膨らんでいることに気づき
冬に咲く桜にしては早いなぁと思いながら歩いていると


26533
やっぱり桜。

夫のラジオ情報によると、台風の影響で桜が葉を落としてしまい
季節を間違えて狂い咲きしているらしい。

そして秋や冬に一度咲いた桜は春には咲かないと知って残念な気持ちになった。
自然災害を被ったのは人間社会だけでなく、自然社会にも影響を及ぼしているんだなぁと。


10/16(火) 鳥羽1日目
26518
内宮参道をお参り。


26516
来るたびに感じること。お伊勢さんも、お伊勢参りをする方々もお犬さんにはとても優しい。


26521
魚の好きな母が、ひもの屋さんの中に消えていき


26525
手に試食用のひものを持って出てきた^m^


26520
カップ入りのおとうふソフトを買って


26519
五十鈴川沿いに下り


26517
腰かけていただいた。川沿いを散歩できてサクラも嬉しそう。
トイプードルにしては体も大きく、10歳のおばあちゃん犬だけど、「カワイイね」と声をかけて下さる。


26514
気候が良くなってきたせいか、平日でもこの賑わい。


26522
おかげ横丁を抜けて、またバスに乗って五十鈴川駅へ向かいます。


26523
伊勢市のマンホールの蓋はこんな柄。
きれいな絵が描かれているマンホールの蓋はわざわざ踏んで歩くことはしないけど
こちらのは尚更踏めないなぁ。

+

今日は三重県四日市市へ大会物販の準備。
夫に言われて気づいた。
この9日間で宿泊は3回、6日間は自宅以外のところにいることになる。
留守を守ってくれている家族に感謝だな。

26502
昨日から母とサクラと一緒に1泊で、三重県の鳥羽わんわんパラダイスへ旅行してきた。
10:30に天王寺駅に到着し、電車から降りて来た母とサクラをパチリ。


26503
JR環状線で鶴橋駅へ。そして11:16発の近鉄特急に乗り換え


2650426505
座ると同時にお弁当をオープン。3度目の「旅の幕ノ内」弁当。


26506
いつもは鳥羽駅へ直行するところ、今回は初めて少し手前の五十鈴川駅へ向かい


26509
初日にお伊勢さんへお参りすることにした。
(犬の)お陰参りのお伊勢さんとは言え、お犬さんと一緒に鳥居をくぐるわけにはいかないので
もっぱら内宮参道をお参り。


26507
サクラも10歳になったので、電車での旅行はこれで一旦ひと区切りにするつもりの今回の旅行。
最後と思うと寂しいな。。
いや、もしかしたら最後じゃないかもしれない。
最後にするかどうかは神様に委ねよう。


26508
とにもかくにも、今年もサクラのお陰でお伊勢さんへ行くことができました。

↑このページのトップヘ