ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2016 夫娘と高雄(台湾)

1/7(水) 
1816618167

1817018169
ホテルに預けた荷物をピックアップして、タクシーで美麗島駅へ。
ふたたびこの光のドームを通りかかったとき

白いグランドピアノの自動演奏が鳴り始め、天井のステンドグラスの色がくるくると虹色に変わり出し
思いがけないショーに遭遇した。

またまた小さなラッキーが降って来て、今回の高雄の旅を楽しく終えることができた。


18172
高雄空港駅に到着。
早くチェックインして空港でゆっくり過ごすつもりだったけど、チェックイン開始の時間までまだ少しある。


18195
国内線見学でもする?と歩き出すと


1817518176

1817818179

1818018181
こんな可愛い壁画があって、3分ほどの道を楽しめた。


18185
国内線ロビー。


18186
私には馴染のない地名。台南にもいつか行ってみたいなぁと思う。


18183
国際線の方へ戻ります。


1818818189

1821018190
再びこちらの可愛い壁画を見ながら


18184
ロビーに到着。


1819818199 
ファミリーマートがあったので、のぞいてみた。
殻にひびの入ったゆで卵に興味を示す夫。

茶葉蛋というものらしく、お茶のほのかな香りと塩気があるとか
薄めの醤油と漢方が少し効いた煮物の味・・と例えている記事を見つけました。


18200
台湾のおでんメニューをチェックする夫。


18202
その間、スマホをさわりながらスーツケースと一緒に待っていた娘。
なんだかんだで、若い人がいると心強い面は多々あるのでした。


18215
早くチェックインしたかったのは、やっとプライオリティパスで空港ラウンジを使えるチャンスが巡ってきたため。
本会員(=夫)がいないと利用できないので、夫と一緒の海外旅行の時しか使えない。

関空では第一ターミナルにしかそのラウンジはなく、我が家のようにLCCの第2ターミナルをよく使うメンバーは
殆ど利用するチャンスがなかったのだ(^^;


1821818216
夫は台湾ビール以外のアルコールに目を輝かせ、娘はマッサージチェアまで使い
私と娘はハーゲンダッツのアイスクリームもお代わりし
ピーチでは無料の機内食はないので、充分にこちらでお腹を満たせてもらった。


18212
免税店なんぞで滅多に買い物をしない夫婦だけど、夫の小銭入れが可哀想なくらいくたくたで💦
高雄旅行の記念にと、ほぼ無理やり購入。40%オフくらいで買えました。


1819418214
帰りは14:15発のピーチ。行きよりもフライト時間が短かったです。
娘は羨ましいほどよく寝て静かだったので、夫婦ふたり旅だったかのような錯覚すら覚えました。


18207
関空に到着し、荷物をピックアップするところで、ターンテーブルから降ろされているスーツケースが
色ごとに分けて並べられている光景を見て、その秩序正しさが、あぁ 日本だなぁと思った(笑)

夜ご飯は地元に帰って来て、讃岐うどんへ。美味しかったー!

+

帰国してしばらくした頃、夫の大学時代のゼミの友人で、台湾のSさんからお手紙の賀状が。
韓国ばかり行ってないで、台湾に来なさい。その時は家にも招きたいし
自分が台湾のあっちこっちを案内したい。必ず来て下さい--とあった。

Sさんは流暢な日本語を活かして、旅行ガイドのお仕事をされている。
来年の冬休みは沖縄もいいね、と話していたところだったけど、やっぱりまた台湾へ行くのかなぁ(*^。^*)

何処であれ、1年後の冬休みも暖かいところへ旅行できるように
今年も健康に気をつけて、1年間お仕事がんばろうと気持ちを新たにしたのでありました。

これにて高雄旅行記、おしまいです。


1/7(木)
18141
今回は娘目線で撮った画像で、昨日と同じ駁二藝術特区を歩いてみようと思います。
画像に娘も出て来ますが、「ここの写真を撮って」と頼まれて彼女のカメラで撮った分は
娘目線の方に入れています。


18135
駁二藝術特区の地図。私達が初めにいたのは、地図の一番左端。


18140
シティスイーツホテル前にある


18139
駁二藝術特区。まだ倉庫ショップは10時のオープン前なので、敷地内は貸切状態。


18136
ブランコに乗ってみたり


18137
こんなことをさせられてみたり。


18142
老朽化した建物の壁もアートしていた。


18143
この柔軟さがイイナと思いながら


18144
高雄ではサイクリングすることを楽しみにしていたけど、よくよく考えてみると
カメラ散策にサイクリングは向かないと言うことに気づいた。


18145
クラス写真かな。


1814618147

18148
これ、単なる壁画ではなく、トリックアートなのです。
階段に座っているように見せかけて(見えない?)


18152
階段を上がっているように見せかけて、実は平面。


1814918151

1815418155
トイレの標識、伝わり過ぎて笑える(´艸`*)
右のはツボが書かれているので、思わず見入る親子。全員、凝り性な体質。


18150
こんな写真も撮ってくれていた。ちょっとお気に入り(*^。^*)


1815618162

1815718158
倉庫ショップ

 
1816018161

1815918165
微熱山丘


18163
今回は、こんなふうに娘や


18164
夫の後ろ姿を追いながら散策するのが、とても楽しい旅行だった。
と、きれいにまとめて終わっておいた方が良さそうなんだけど


またまた余談話🌼

実は娘にたくさん隠し撮りされた画像を見て、無意識の時の自分の顔や姿にゲンナリ(ノДT)
以前から気づいてはいたんですがね・・さらにその傾向が強くなってきた。

周りの人が普段見ているママの姿はこうなんだから、と娘にさとされる。
はい、おっしゃるとおり。

頬杖をついてテレビを観ている姿とか、スマホを触っている姿とか、ぼーーとしている時の姿とか
緊張感がなく、だらしがなくて超ブサイク /_;)
人間、意識している時間より、無意識の時間の方が長いらしいから、恐ろしや、、

常に人に見られていることを意識している有名人は、気の毒ではあるけれど
常に緊張状態を保っているからスキがないのね。

私もパパラッチ娘に、いつ写真を撮られても良いように
顔は変えられなくても、せめてもう少しシャキッとした後ろ姿になれるよう
良い意味での緊張感を持たないと、だなー。←書きながら、すでに背中が曲がってるやんヾ(・ε・。)ォィォィ


1/7(木)
18102
3日目の朝を迎えました。午後には空港へ向かわないといけません。
最終日は荷物を預けているホテルからあまり遠くへ離れたくない私達に持って来いのプランは


18106
駁二芸術特区の散策。


18128
ホテルの目の前が駁二藝術特区と言うか、駁二藝術特区の前がホテルと言うか
常にこの人達に見張られている見守られているような立地にホテルがあったのです。

そのホテルの外観は波をイメージしているそうで、この地にふさわしく芸術的なビジュアル。


18097
さ、今日もカメラを持って歩いてみます。
私も娘もカメラ散策が大好きで、旅行の楽しみの1/3はカメラ散策。
ちなみに1/3は食。残り1/3がその他もろもろ。

私はただ単に、ブログの為にカメラを持ち歩いているブロガーおばさんで
娘は「ちょいカメラ好き女子」くらいだけど、私よりかは数段上手く写真を撮る。

いや、私が下手過ぎるのか(・・?
同じ風景を撮っても、結局ブログに採用しているのは大半が娘が撮ったものになるけど
決してイジケテいない。たまに奇跡の一枚があるから(笑)


18127
この日も、どうせ きっと娘が上手く撮ってくれているだろうから・・という安心感もあって
私はテキトーに気楽にカメラを向けていたのだけど

よほどそれが楽しい時間だったのか、帰国してフォルダを開いてみると、たくさん画像を撮っていたので
今回は「私目線」で撮った画像だけを載せ(あくまで家族旅行の記録目線)
明日は、「娘目線」で撮った画像だけの記事にすることにします。

以下の説明文は台北ナビさんより抜粋して拝借。


18100

18101
波止場脇の倉庫群芸術特区にある、今高雄で最も若者に人気のスポット。



1809318094

1809518096
自由で新しい発想を持つ新進気鋭のアーティスト達が集まり



18107
彼らのデザインと創作の力によって、駁二藝術特区は、特色ある独特な空間へと変身を遂げました。



1812918130
以前港で貨物を積みおろししていた西臨港線鉄道が



18109
今では「駁二藝術特区」を貫くサイクリングロードになっており


 
1810818111

1810418105

1811018113

1811418115
いたるところに写真を撮りたくなる場所がいっぱい!



18112
校外学習っぽい感じの学生さん達や、遠足の園児達も来られていました。


18116
私のお気に入りの一枚。


18131
ぐるっと回って来て、もう一度こちらの倉庫群へ。


18117
そろそろショップがオープンした頃かなとのぞいてみる。


1812018134

18132


18122
そして微熱山丘のショップが入っていたので、ここでカフェしようか♪ と入ったら
台北のお店と同様、お茶とパイナップルケーキのサービスがあった。

娘はこちらのパイナップルケーキが好きなので、自宅用に購入してごちそう様(^u^)


1/6(水)
18080
アンバサダーホテルの前に愛河クルージングチケットを販売するところがあって、その名も愛之船❤


18082
次の乗船まで10分ほどお待ち下さいとのこと。
暖かい台湾でも、この日は夜になるとさすがに肌寒かった。


1808318084
説明のアナウンスを聞きながらナイトクルーズ。
アナウンスは中国語だから何もわからない・・と何かで読んだけど、そんな声が多かったせいか
私たちが日本人だとわかると、日本語の字幕入りの説明モニターに切り替えて下さった。謝謝。


18085
川面に映るネオンがキレイだったけど、少し物足りなさを感じる。
チケット代NT$120(約400円)だし、それ相応のクルーズかな^^;


18090
愛河沿いにはカフェやバーもあるそうなので、雰囲気の良いお店で各自のドリンクを傾けるのも良かったけど
娘は前夜のショッピングが不完全燃焼だったようで、ひとりでタクシーに乗って行こうかな~と言い出した。

海外の初めての場所で、若い娘の夜のひとり歩きを夫が容認するわけもなく、親同伴で行くことに(笑)


18086
ひとまずカフェで・・とお店を探すも、この辺りにはスタバもない?!
やっと見つかったと思いきや、満席状態。気づけば、前夜マッサージに来たお店の近くだった。


18087
台湾のケーキはどんなかなぁ?とパチリ。


18089
さっきあったマックでもイイよね~と歩いていると、偶然見つかったカフェ・レストラン。


18088
娘はラテを飲んで、親に多少の気も使い、30分したら戻ってくるね♪ と外に飛び出した。
台湾のカフェ文化は、まだまだこれからかも。

その間 夫と私は、楽しかったけど疲れたね。。と
苦いアメリカーノ(?)を飲みながらくたびれていた(^^;

2日目はこれにて終わり。



18068
旗津島からフェリーで西子湾に戻り、行き先がMRTの駅からひと駅だったのでタクシーに乗った。
ある車にご立腹の威勢の良い女性ドライバーさん、窓を開けて何やら叫んでいるし(`□´)
運転がスリリング過ぎて、夫と娘が思わず スローリー!! と叫んでいた。

行き先は2度振られていた金温州さん。


1806918070
1954年創立のお店らしい。老舗が良しとされる文化は、台湾も日本と同じなのかな。


18072
蒸籠の山を見ると小籠包も食べたくなるけど、この時、無性に食べたかったのは「麺」。


18073
1階と2階があって、私達は2階に案内される。人気店らしいので、待たずにテーブルに着けてラッキー。


18071
メニューに日本語表記もあるのを見ると、日本のお客さんも多いのかな?
ま、私達が来てるくらいだから(^^;  オーダーシートに記入する方式。


ちょっと余談なんですが・・

今回の旅行で実感したことのひとつ。
静かな台湾ブームは長年続いていても、高雄を訪れる人は割合的にはまだ少ないようで

「高雄」だけのガイドブックはなかなか手に入らない。
だいたいが「台湾」のガイドブックの中のせいぜい3~4ページの紙面の情報しかなかったりするようで

情報はネットサイトや、ブロガーさんの旅行記などから収集するとなると
先輩ツーリストさんが「ここが美味しい!」と絶賛されるとすごく影響力があるし、私達もその影響を受けた人達。

こういう土地では自分の足で隠れた名店を捜す楽しみも多いにありそうだけど
胃袋がひとつではとうてい不可能なのでした。


18074
あっさりしていて、沖縄のソーキそばを思い出した。
こちらのお店はワンタンが看板メニューらしいので、ワンタンそばを注文した。
ぷりぷりの大きなワンタン 美味しかったなー。


18076
これで1,000円ほど(*^。^*)


18075
娘はこの旅行中に食べたものの中で、一番気に入った様子だった。
へぇ~~ そうな~ん (・・? と、少し意外な私に
食べたいものを、食べたい時に食べたからかもーーと、なかなか冷静な分析φ(..)


18079
2日目の夜はどうやって過ごそう(。´・ω・)? 
台湾で2番目に高い85スカイタワーへ行って夜景を見るか、愛河からの夜景を見るかで三者相談。
愛河クルーズに決定し、タクシーでアンバサダーホテルへ移動。
ホテル前にチケット売り場があるそう。そしてホテルでお手洗いを拝借。


またまた余談なんですが・・

このクラスのホテルになると日本人観光客がたくさんいて
高雄にもこんなに日本人がいたんだ!と思った。
そしてマナーが良くなくて少し恥ずかしいと娘が言う。

あまり他国のマナーのことは言えないなぁと思った。
職場のおじさん達ともたまに話すのだけど、日本人も20年~30年くらい前まではそうだったという話。

路上駐車、たばこのポイ捨て、割り込み乗車、旅行先での団体行動、ホテルの備品の持ち帰り
赤信号みんなで渡れば恐くない・・的な行動。

平成生まれの娘世代から見れば、日本人は昔から今のようだったと思うかもしれないけど
昭和30年代生まれの夫も私も、そうではないことを知っている。
年数をかけて少しずつ今になって来たこと。

海外に来ると、日本を外から見る機会が多くて面白い。
日本にいる時以上に、日本人だという自覚を持つし、日本のことを想っているかもしれない。

1/6(水)
18039
旗津島に到着。


18038
商店街のような通りに海鮮料理が食べられるお店がたくさんあった。


1804018041
海の幸がいっぱい。


1804518046
娘が食べたいと言ったイカ焼き。


18043
甘辛いタレに絡めて焼いた感じ。そして微妙に馴染のない香辛料の味。
私は許容範囲でしたけど(^^;


18067
夕陽を背景にイカ焼きに食いつく娘。シュールだわ(*^。^*)


18047
砂浜を歩いてみよう、っと。


18048
小枝を拾ってお絵描きタイム。しばらくひとりで遊ばせておこう(笑)


18050
1枚目。


18049
2枚目。


18051
3枚目。


18053
4枚目。


18052
地元の若者達かな?


18054-1
娘が撮っていたのは


18055
こんな写真。


18056
私の分も書いてくれました。こんなことをしている頃、そろそろサンセットを迎えようとしていて


18057
ハワイなどの旅先で娘とサンセットを見るたび


18058
いつも夫や息子にも見せてあげたいなぁと思っていた。


18060
今回は夫とも一緒に見れてよかった。
サンセットを見ながら仕事の電話をしてましたけど(^^;


18061
午前中の雨のせいが雨のお陰になって、旗津島へ訪れる時間が夕方にずれ込み


18066
思いがけなく夕陽が見れた。
こんな小さなラッキーは、たまに降ってくるからキラキラして感じられる。


18063
フェリー乗り場へ戻る途中、この辺り一帯も夜市のようになるのかな?


18064
左の方に写っている自転車。
三人乗りの自転車もあって、これに乗ってサイクリングするのも楽しそうだった。やり残したこと。


18065
この船に乗って帰ります。旗津島は、今回の旅行で3人とも思い出に残ったところ。

1/6(水)
18030
龍虎塔を後にしてやって来たのは、MRT西子湾駅。オレンジラインの終点の駅。
旗津島へ渡るフェリー乗り場の近くにカキ氷ストリートという通りがあって


18015
本当は「福泉布丁豆花」というお店へ行きたかったけど、あいにくのお休み。
カキ氷と豆花の両方が美味しいと評判のお店だった。メニューボードだけ記念にパチリ。


18014
その向かい側にあって、とても賑わっていた「海之冰」さんへ行ってみた。


18033
巨大カキ氷で有名らしい。1人分~20人分まで、人数に合わせて盛ってもらえる。
10人分、20人分のカキ氷ってどんな?と周りを見渡したけど、さすがに目にはしなかった。


18016
娘が撮っていたのは


18017
こちらのカキ氷。マンゴーは冬季はないらしいので、❛イチゴくだものとミルク❜というのにした。
氷に回しかけられているシロップが美味しい。


18018
次は豆花へ梯子。豆花は台湾スイーツの代表格だからか、お店を探すのに苦労はしない。


18034
「大碗公」さん。もしやこちらにも大盛が?


18020
タピオカと小豆のを注文した。小豆のは途中でちょっと飽きてしまう感じ。。
この色のタピオカは初めびっくりしたけど、食感はもちもちで美味しい。


18021
娘が撮っているのは


18022
こちら。


18025
鏡越しに撮っているのは


18026
携帯でお仕事中の夫と、食べてる私。スイーツの梯子で大満足なのでした(^u^)


18028
すぐ近くにあったフェリー乗り場から


18029
この船に乗って、旗津島へ渡ります。
もともとは陸続きだったとかで、対岸までわずか5分の船旅。


18037
デッキから外の景色を眺めていると、だいぶん傾いてきた太陽。もしかしたらサンセットが見られるかも?


1/6(水)
18006
左営駅からタクシーで約10分ほどのところ。
高雄の観光スポットと言えば蓮池潭と言われる所らしいので、やはり一度は行ってみないと…かな?


18001
蓮池潭は全長1.4Kmほどの湖で、この湖の周囲には中華風な塔や寺廟(孔子廟・龍虎塔・春秋閣など)が
立ち並んでいる有名な観光スポットの一つ--だそう。


17991
タクシーが降ろして下さったのが、「春秋閣」の前だった。
実物がどれくらいの大きさかと言えば


17994
これくらい。竜の口から入って行って


18007
左にあるのが「春閣」、右にあるのが「秋閣」。


17992
池に亀がたくさんいて


17993
泳いでいる亀の姿って癒される~


18008
春秋閣の目の前にあるのが「啟明堂」。行かなかったけど・・・
蓮池潭では一番大きな廟で、文武(文:孔子、武:項羽)の主神を祭っているそう。


17995
蓮池潭沿いを歩いて行く。


17996
水をはじく蓮の葉って不思議。


17997
一番有名なスポットはこちらの龍虎塔。


17998
台湾では一番良い動物=龍、一番悪い動物=虎と信じられているのだそう。
だから龍の口から入り、虎の口から出てくると、災いがなくなり、福が来るのだとか。(by TAIPEI naviさん)


17999
開運スポットということで人気があるみたい。我が家にも良い運をもたらして下さい。


18000
龍の口から入って、100段のらせん階段を上がって5階まで!
間違えないように虎の口から退場しないと、だね。


18002
途中で見えた小さな龍。中華風な色彩が湖に映えてキレイ。


18009
龍虎塔の目の前にある「慈済宮」は、お医者さんの神様だそう。
前にあったお土産屋さんで、娘は旅先で集めているマグネットを購入。


18003
まだ他にも観光スポットはあったようだけど、他に行きたいところがあるので先を急ぎます。
最後に振り返って見た龍虎塔。

1/6(水)
17968
博物館の後、MRTに乗ってやって来たのは美麗島駅8番出口。
今回、一番よく利用した駅。
この次、また高雄へ来ることがあったら、美麗島駅か中央公園駅近くのホテルが便利かもφ(..)


17981
雨も上がって青空が見えて良かった~。ここから8分ほど歩いて行きます。


17984
高雄福華大飯店内にある浙江料理レストラン「江南春」さん。
ホテルレストランでのセットメニューなのに、お値段はとってもリーズナブル!---というナビさんの記事に
惹かれてやって来た。


17970
レストラン利用客用、ホテル宿泊者用に分けられているエレベーター。
ホテル宿泊者と外部の人との動線が分けられていて、細かい心配りがみられる--とある。

なるほど、私達のようにレストランだけ利用する人達も多いみたい。


17983
英語と日本語でも書かれているメニュー。観光やビジネスで利用する人が多いのが窺える。


17971
夫がお手洗いへ行ってる間に、飲物のオーダーを取りに来られたので、ビールを注文しておいた。
高雄へ来て初めての瓶のビールに感激する夫(´艸`*)

こちらのレストラン、一番喜んだのは夫だったかも。
写真に写っている葱油餅、サクサクっとしていて美味しかった!


17972
娘が選んだ蛤と冬瓜のスープ。生姜風味であっさりとしたスープだったけど


17985
彼女は生姜が苦手なので残念賞。
生姜好きな父と母から、なぜ娘のような味覚の子が生まれるのか、本当に味覚って不思議。。


17973
小籠包は皮が薄くて絶品!娘は針生姜はトッピングしないけど、美味しかったそう。
他にも餃子や、饅頭的なものやら、ついついオーダーし過ぎてお腹いっぱい(^u^) 

お値段はこれだけ食べて4,000円ほどだったから、ホテルのレストランとしては確かにリーズナブル。
ごちそうさまでした。


17982
帰りは駅まで違う道で行くことにして、私は娘を撮り


1798617987
娘は父と母を隠し撮り。


17988
いつしか自分がビデオ担当だということを忘れてしまう夫はビデオ担当を失脚し
娘は片手にビデオ、片手にカメラと忙しい。時にはこんな撮り方をしたりしながら


17977
父や母との旅行の時は、「ちょっと待ってー」とわがままが許され、自由気まま旅が出来るところが
気に入ってるらしい。そして夫婦水入らずの旅行に毎度金魚の●のように着いて来る(*´ω`)


18011
いや…●の後を金魚が着いて行くのか(・・?

時に荷物持ち、時に歩く地図、時に通訳、時にカメラマンになってくれるのが助かるので振り切れず
持ちつ持たれつ状態なんだけど(^^;


17978
こういう風景を見ると、やっぱり台湾って南国チック。


17979
こんなお店も見かけた。


17990
この後はMRTに乗って、観光名所へ向かいます。

1/6(水)
17953
午前中は本当はフェリーに乗って旗津へ渡り、レンタサイクルでサイクリングロードを走り
燈台や風車を見に行く予定だった。

結構な雨。急遽、雨の日用に考えておいた高雄市立歴史博物館が浮上して、タクシーで向かった。


1795417961
入場無料の博物館。
1938年 清水建設が設計。当時は市庁舎として建てられたそう。


17967
正直、日本語での解説がなかったので充分に理解することは出来なかったけど
英語または日本語での解説は一週間前に予約すれば可能らしい。


17955
子ども目線で楽しむことができるコーナーなどもあって、娘が手にしているのは懐かしい輪投げ。
なかなか的に入らない私は、ムキになって童心に帰って遊んでしまった(^^;


17966
外に出ると、雨も上がっていて


17959
晴れ娘、連れて来て良かったかな(*´ω`)


17956
夫は仕事の電話対応。変なコール音で、「出張中ですか?」とだいたいバレル。
ちょっと、休暇頂いてまして(^^;


17957
アジアンチックなところがお気に入りの画像。


17960
信号機の自転車の点滅が可愛い。


17962
台湾限定のマックメニューがあるかなぁと、若干興味があったけど素通りして


17963
前日も歩いたこの道、麵が食べたくて寄ってみた金温州は準備中で
あと30分と手振りで教えて下さったけど


17964
待つよりも動きたかったので、MRTに乗ってお昼ごはんを食べに行きます。

↑このページのトップヘ