ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2015 夫・娘と台北

15573
空港へ向かうまでにまだ少し時間があったので、目的のお店まで裏道をてくてく♪


15574
寧夏夜市の時に歩いた通り。
こういう雰囲気のお店で食事するハードルにはまだ達していない(^^; 憧れはあるんだけど…


15575
娘が前夜食べた豆花を気に入ったので、別のお店のも食べてみる?と意気投合。


15581
昨年、夫とやって来たお店。
今回、夫は付き合い程度にひと口食べただけ。
でも文句を言わずに付き合ってくれるから助かる(;´・ω・)


15577
トッピングは何にしようかな(*^。^*)


15579
タピオカと小豆にしてみた。
素朴な味の豆腐プリンなので、飛び上がるほど美味しい!というものではない。
なので人に薦めるのもとても控えめな感じになってしまう。
でも、私は好き!というところを、娘はわかると言ってくれた。
多分、これを気に入る人はみんなわかっていると思う、そんな台湾スイーツが


15578
40TW$(約150円)で気軽に食べられるのが羨ましい!


15582
交差点で見かけた台北の女子高生たち。
制服の雰囲気は日本の学生と似ている。リュックと赤いセーターが可愛い。


15580
旅先でお猪口を買い集めている夫。その土地の雰囲気があるものを選ぶようにしている。
日本製のを買わないようにするのがひと苦労だった^m^


15583
ホテルに戻って荷物をピックアップし、タクシーで台北駅へ。


15587
そしてバスに乗って桃園空港へ。
関空ではpeachは第2ターミナルだけど、桃園では第1ターミナル。
つい間違えそうになってしまう💦


15584
18:50発の飛行機。フードコートで軽く食べることに。


1558515586
夫と娘はラーメン。
私は本当はビビンバが食べたかったけど、飛行機の中でのニンニクの匂いが気になったので
バーガーキングにした。


こうやってブログを書いていても、あっという間の台北旅行だったなぁ。
まともな食事は小籠包くらいしか記憶になく、後はスイーツだったり屋台フードだったり。
それはそれで楽しかった!
十分(じゅうふん)へ行けなかったのは少し残念だったけど、それはまたいつかのお楽しみに。

今回、誘ったにも関わらず、僕はやめておくと一緒に行かなかった息子。
その決断が、息子の発病を暗示していたかのようにも思える。

夫はこの旅行を節目に、そろそろ繁忙期を迎える。
娘も相変わらず多忙な日々。
私は毎日息子のお見舞いの日々。

日頃から楽しむ時は楽しんで、たくさんのパワーを充電してきた。
色々あるけど、頑張れるような気がする。


【旅の覚え書き】

ピーチアビエーション(関西⇆桃園)  23,900円 
ホテル シティスイーツ台北   6,175円           
合計             30,075円 (1人)

1/29(木) 2日目
15572
前回も行って、ゆっくりくつろげたあの場所へ再訪。南街得意。


15552
同じお店ばかりで能が無いけど、自分たちが行って気に入ったお店は娘にも紹介したくて…


15553
二組の先客さんしかいなかったので、好きな席を選べた。


15556
お茶の香りをテイスティング。


15557
緑茶や紅茶もあったけど、せっかくだから中国茶の中から三種類を選んで
お互いに味見することにした。


15558

15555
お茶が運ばれて来るまで、店内の写真を撮らせてもらう。


15554
実は記念に、自宅のお急須を買い求めたかったけど、結構イイお値段だったりするのです💦
日本の瀬戸物市で探そう・・っと。


15563
運ばれて来ました!
お茶とお菓子の組み合わせは決まっているのかな?お茶請けも楽しみのひとつ。


15561
何なんだろう… お湯呑みの小ささが良いんだろうか。
少しずつお急須から注ぎながら、小さなお茶請けをつまみながら、そしてまたお茶を注いで…の繰り返しが
飽きさせず、心地よい時間の流れを運んでいるような気がする。
確か昨年もそんな気がして、台湾の茶芸館の良い余韻だけが残っていたから
またここにやって来たのかもしれない。


15570
夫は熱いお湯をお代わりしてお茶を楽しんでいた。


15560
窓際の席で、カメラを触っている娘。くつろぎ過ぎな体勢(*´ω`)

さて、そろそろ空港へ向かう時間だけど、その前にあと一ヶ所だけ行きたいところが!食べたいものが!
旅行記、最後の1回に続きます。

台湾から帰った翌日から、息子の病院生活が待っていようとは、この時、想像だにしなかったのです。


1/29(木) 2日目
15526
帰国する前にどうしても行っておきたかった迪化街へ。


15530
ここまで来たところで夫の携帯に電話が。


15527
こんな景色を見ながら、電話待ち。赤×黄色にパワーを感じる。


15529
日式鍋とか韓式泡菜鍋とか・・・気になる看板。


15531
旧正月が近いせいなのか、いつもなのか?赤い提灯が。


15535
縁結びの神様 霞海城隍廟


15537
嫁入り前の娘同伴で行っておきながら


15536
お線香くらい上げて来れば良かった。


15543

15539
迪化街は台湾で最古の由緒正しい問屋街。


15538

15548
椎茸にも色んな原産国があるようで、日本原木というのもある。


15540
民生西路の少し向こうまで行った。
奥に行くほど価格が安くなると聞いていたので、ドライマンゴーの価格調査をしながら行ってみた。
お店によってドライマンゴーの種類も若干違うので、正確な比較はしにくい(^^;


15541
折り返して反対側の通路を通って戻る。


15542
歴史建物を見たり


15550

15544
また発見したワンコが娘に近づいて来て、笑ってる!と喜んでカメラを向けていた娘。


15545
後でその時の画像を見たら、歯をむいて思い切り威嚇してるじゃないの?!
犬の習性をあまり知らない


15547
そんな娘に大笑い(^u^)

1/29(木) 2日目
15515
十分(じゅうふん)行きを中止して、さてどこに行こう?と、しばし相談。
迪化街へ行く時間だけは残しておきたかったので、それほど時間があるわけでもない。
ならばと、リノベーションスポットへ行ってみることにした。


15508 - コピー
酒蔵工場をリノベートした華山1914創意文化園区へ。


15517
ビフォーアフターのように、すっかり生まれ変わったというのではなく
ビフォーの部分が色濃く残っている工場の建物。


15519
ビートルズの催しをしていたり


15518
小王子(星の王子様)の催しがあったり


15524
台北ナビさんのサイトによると

1887年に工場が林口に移転して以来1999年までの12年間
ほとんど放置状態にあったこの建物ですが、その放置されていた期間に
台湾の若者たちがこっそり忍び込んで壁画などを描き始めました。


15519
その後は、アートやイベントの会場として利用される空間に生まれ変わったのですが


15510 - コピー
2009年になって、カフェレストラン、ショップ、ライブハウスも加わり
台北一面白い、昔と今が交差するエンターテイメント的な活動の場となりました。


15513
大きなプルメリアの木。


15512
この煙突も昔は活躍していたんだろなぁ。

ウエディングの撮影をしていたり、読者モデルっぽい人の撮影をしていたり
色褪せたコンクリートの建物の背景なのに不思議とフォトジェニックなので
あちらこちらにカメラマン風な人とモデル風の人が(笑)

雑貨店やレストランやカフェなど。
わざわざ足を運んで行く場所ではないかもしれないけど、何故かちょっと面白い場所だった。

夫はどこへ行ってもそれなりに楽しむ人。
娘は眠いこともあって少し退屈気味だったけど(;´∀`)
今回の台湾の旅には程よいペースだったかな。

1/29(木) 2日目 
15487
2日目の朝。部屋からの眺め。
この日は最高気温が20℃越えの温かい日だった。


15488
ホテルの朝食。
こじんまりした雰囲気がながらも、わりとお気に入り。


15489
やっぱりマンゴージュースを選ぶよね。


15490
冬の朝のテラス席はさすがに誰も座っていないけど、気候の良い時は快適そう!
ダイニングが満席の場合はロビーのテーブルでも食事ができる。


15505
娘の。


15493
私の1皿目。


15494
私の2皿目。
この日の午前中は電車に乗って半日おでかけの予定だった。
ひょっとして昼食を食べ逃すかもしれないと思っていたので、しっかり朝ごはんを食べておこう!と張り切って

朝食はあまり食べない娘も2皿目をお代わりし


15495
台北駅へ。


15507
国鉄の切符を買うのは初めての体験。


15498
行き先は十分(じゅうふん)。十分で天燈上げをしたかったのです。

当初は、オプショナルツアーで連れて行ってもらうことを考えたけど
娘がオプショナルツアーの団体行動があまり好きでなくて、自分達で行くことにし


15499
少し予習してきたので切符は順調に買えた==3


15503
電車乗り場は地下。


15501
ん(・・? 電車がかなり遅れている感じ?
遅れている関係で、段々とホームも混雑してきた。
その上、遠足らしき小学生達の団体もいらっしゃって

目的地まで50分ほどかかると聞いていたので、この混雑の中で長時間立ったまま電車に乗るのは気が引けて
しかもこの調子では帰りの時間も気になるので

急遽、十分行きを断念。
残念だったけど、買った切符のキャンセルもでき(台湾の公共の場所では、日本よりも英語が伝わるような
気がする)、この日もゆっくりと街歩きをすることにした!(^^)!

1/28(水) 1日目 
15486
台北の夜はやはり夜市ははずせなくて、台湾最大の夜市・士林夜市へ行った。
娘は2度目、夫と私は初めてなので、娘に案内してもらう。


15470

15471
巨大フライドチキンのお店。


15472
顔より大きい鶏排。1枚買って3人で回して食べながら夜市を散策。


15473

15474
台湾でよく見かける繋がれていないワンちゃん。大人しいし、人に寄って来ない。
人に無関心のようにも見える(・・?


15475
胡椒餅も今回お初!行列のできる胡椒餅店らしい。
カリカリの皮の中身はスパイシーでジューシーな肉饅。


15476
美味しそうなジュースもあったけど、屋台の水はちょっと敬遠して…


15477
日本の夏祭りの屋台が台湾では毎晩繰り広げられ、味わえるのが、さすが外食文化!
お祭り気分を堪能しながら士林夜市をぐるっと一周して


15478
MRTで中山駅に帰り、ホテルまでの途中にある寧夏夜市は娘は初めてだったので、今度は夫と私が案内役。


15484
と言っても小さな夜市なので、端から端まで歩いても10分もかからない。


15485
おまけに娘は臭豆腐の臭いが大の苦手なので、足早に通り過ぎる。


15480
私が是非再訪したかったのはこちら、古早味豆花。


15481
娘は食べたことがないと言うので、気に入るかどうか…


15482
豆花専門店なので種類はたくさんあるけど、タピオカ好きなのでタピオカ豆花。
こちらの基本メニュー。


15483
ひとつだけ注文して、娘と半分ずつ食べたけど、彼女も気に入ったみたい。
明日も食べたいと言ってくれたので、翌日は違うお店へ案内するわ(*^。^*)

夫はホテルの近くのコンビニでビールとおつまみを買う。
私と娘と一緒だと間食の回数が多くなり、夕食も中途半端になってしまったみたい。
部屋では3人3様、好きなことをしてくつろいで過ごす。



この日行ったところ  富錦街 → 微熱山丘 → 永康街 → マッサージ → 士林夜市 → 寧夏夜市
この日食べたもの   小籠包 ・ パイナップルケーキ ・ 葱油餅 ・ マンゴー氷 ・ 鶏排 ・ 胡椒餅 ・ 豆花

15460
タクシー料金が安いと、ついタクシーばかり使っていたので、今度はMRTで移動することに。


15459
これから向かうところはマッサージ店。
地下鉄に乗る前に、夫が公衆電話から予約をしているところ。
以前、台湾の友人に習ったようで、名前を中国読みして伝えているところで娘とウケタ(*´ω`)


15457
台湾の地下鉄は切符(トークン)の買い方も


15463
乗り方、乗り換えの仕方もわかりやすくてストレスがない。
MRTに乗っている時に地図を見ていると、2回、台湾の方が声を掛けて下さった。
教えっ放しではなく、降りられる時には必ず会釈をして下さる。
気をつけて、楽しんで下さいねとでも言うように。あー、本当に親切だ!


15464
雙連(双連)という駅で初めて降りた。


15465
地上に上がって来たところに椰子の木が。やっぱり南国チック。
目的のマッサージ店へ行くまで、10分ほどの道を楽しんで歩いた。


15466
中山駅から1駅目のところとあって、この辺りも賑やかな商店街。


15467
屋台の葱油餅。地元の方が買って行かれる。


15468
あー、今回は一度も麺を食べるチャンスがなかったなぁ。


15469
10分ほど歩くと、目的のマッサージ店 得力健康按摩站に到着。
こちらも前に夫と行って、とても良かったお店の再訪。

視覚障害のあるベテランマッサージ師さんで、皆さん国家資格をお持ちの方。
指先の感覚がとても信頼できる。

娘も今まで受けたことのないような指の動きだったそう。
私も右肩の凝りが激しいと言うと、専門的なことはわからないけど
関節と関節の間隔を広げていくような感じを受けて、とても気持ちよくすっきりした。

他にも上手なマッサージ店はあるかもしれないけど、夫も私もとても気に入っているので
滞在中に1回しか施術しないとなると、やっぱりこちらに来てしまうかもしれない。

すっきりしたところで一旦ホテルに戻ります。
駅まで少し距離があったので、今度はタクシーで。


1/28(水) 1日目
1543415435
天津葱抓餅
有名なお店と知らず、美味しそうなオーラに引き寄せられて覗いてみると


15436
葱油餅は食べたことがないけど、同じような感じ(・・?
珍しく娘が食べてみたい!と言ったので、一番シンプルなのをひとつだけ買ってみた。


15456
外側はカリッと焼けているのに、中はもちもち。
食べたことがある味のような気もするけど、例えられない素朴で優しい味。


15437
いつの間にかこんな列が出来ていた。


15439
先ほどのお店の向かい側にある思慕昔
台湾でマンゴーのかき氷が食べたいという念願がやっと叶った♪


15440
2階の店内の雰囲気。
店内ではずっとドラえもんの歌がリピートしているし、窓の外からは巨大なドラえもんが覗いてる。
こちらのお店がドラえもんの映画に協賛されているそう。
しっとりした雪花氷は、どちらかと言うとしっとりとした雰囲気の中で頂きたかったかな(;'∀')


15441
記事によると冬場は冷凍マンゴーだそうだけど、十分に美味しかった!
念願かなって嬉しい。後は適当にこの辺りを歩くことに。


15442
美味しそうなフルーツジュース。


15443
素敵なカフェ。


15444
小自由。こちらもカフェのよう。


15455
経営40年の看板に惹かれる。


15445
やっぱり胃袋が2つ、3つ欲しい!


15446
漢字オンリーのメニューボードに台湾らしさを感じたり。


15448
人行道


15447
この街は茶芸館の多い街なので行ってみたいけど、なかなかお腹との折り合いが💦
いつかきっと。


15453
夫はこんなお店にも興味津々。
台湾滞在期間が長ければ、1食くらいは日本食料理店ものぞいてみたいなぁって。
韓国の和食のお店も楽しかったので懲りてないみたい(;^ω^)


15454
こんな感じで永康街を散策。
小雨が降っていたけど、気づくと雨も上がっていた。

今回は初めて訪れた場所は少なかったけど、一度来たことのある場所は勝手がわかる分
緊張感がなくて落ち着けて、これはこれで居心地が良かった。

さて、夕食の前にちょっとあそこへ行ってみるかな。あ、そちらも2度目のところ。



1/28(水) 1日目 
15412
2軒目の小籠包のお店からほど近いところにある富錦街の方へ歩いてみた。


15414
綺麗な建物!と思ってカメラに収めていた画像は、マンダリンホテルだったよう。


15415
台湾の公衆電話=公用電話。


15416
バスも新しくて綺麗。


15417
あ!こちらは行ってみたかった小上海。


15418
台北ナビさんによると
「知る人ぞ知る小籠包が安くて美味しーいお店、老舗30年以上の技です!」だそう。


15419
蒸している湯気から、間違いなく美味しい雰囲気がプンプン出ていた!!
あ~、お腹に余裕があったら食べてみたかったなぁと今ごろ悔やむ。


15424
台北にもTSUTAYAを発見。この筋を曲がって行くと


15421
微熱山丘が。
パイナップルケーキを買うつもりだったので入って行く。


15422
台湾産パイナップルを100%使用したPケーキが、美味しいウーロン茶と一緒に試食用にと振る舞われる。
お店とは言っても商品が山積みにされているわけでもなく
10個入り、15個入り、20個入りのサンプルがあって、商品はカウンターの向こうにストックされている。
2個セットくらいのがあれば娘もお土産に買いたかったけど、残念ながらバラ売りはなし。


15425
高級マンションが立ち並び、門の柵の隙間から中庭をパチリ。


15426
門番さんと目が合ってしまった(;´∀`)


15430

15427
冬にブーゲンビリアが咲いていると、やっぱり南国チック。


15429
ウーロン茶が惜しみなく振る舞われるので、残念ながらカフェでお茶するタイミングがなかった…


15430
雑貨店にも入ってみたりしながら


15431
気の向くままに散策。


15432
小さな街なのであっという間に散策終了。


1/28(水) 1日目 昼食
15393
お昼ごはんを食べに行く前に、夫が仕事の電話処理に追われている間
娘はホテルの周りを散歩して来る~*と、カメラを持って歩いて見た景色。

まず、ホテルの正面玄関から左方向を見たところ。
すぐ斜め前にセブンイレブンがあって便利。


15394
中山駅方面へ向かう途中。
駅までは大きな通りをふたつ渡らないといけなくて、徒歩10分くらいかな。
駅近を望まれるなら少し不便かも。


15396
私は歩くのが好きだから、途中、こんな路地を見てアジアを感じながらてくてく♪


15399
整然と並べられているバイクのマナーには、いつも感心させられる。


15400
ホテルの隣の小さなスーパーにも入ったみたい。
何度も歩いた道、写真に撮ってくれててありがとう。

さて、夫の電話で1時間近く時間をロスしてしまったので、MRT(地下鉄)で行くつもりだったけど
時間短縮でタクシーに乗り


15401
最初に向かったのは小籠包を食べるべく、京鼎小館へ向かったつもりが
タクシーから降りたところは何だか見覚えのあるお店。昨年もやって来た京鼎楼(゜o゜)
プリントして来た地図を運転手さんに手渡す時に、私としたことが間違って手渡してしまったみたい💦


15403
でもまぁ、こちらも昨年美味しくて、候補のひとつだったからプリントを用意していたわけで…
娘はお初なので良しとして


15402
もう一軒梯子することにしたので、こちらでは普通の小籠包と、烏龍茶の小籠包。
小籠包、大好き❤


15404
そして2軒目のお店はこちら。よく似た名前のお店(笑)


15410
台北ナビさんによると、「台北で1,2を争う人気店!気取らない、庶民的な雰囲気とサービスが
台湾人はもちろん、日本人の心も惹きつけます。」とのコメント。
このコメントを読むと気になる気になる。


15405
注文の仕方はわかりやすくて助かる。


15406
小籠包には台湾ビールがよく合うと、夫はお昼からビールを。


15407
私の好きな空芯菜。娘も気に入ったみたい。
野菜不足にならないように、モリモリ食べる(*^。^*)


15408
こちらの小籠包の方が皮が薄いような気がして、更に美味しかった!


15409
海老シューマイも美味しかったけど、やっぱり小籠包だな❤
ふ~ お腹いっぱいで大満足(^u^)

お腹ごなしに街散策に出かけます。


↑このページのトップヘ