ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2015 東京ひとり旅

1/13(祝・月) 3日目
15285
昼食はT-SITE内にあるIVY PLACE

森の中に佇む「別荘」のような空間は、アンティーク家具や古材を活用したカフェ・バー・ダイニングの
異なる3つの空間で構成されています。
---こちらのサイトを見た時に、行こう!と思った。

平日にも関わらず順番待ちで、テラス席ならすぐに案内できるとのこと。
帰りの時間が気になるし、わりと暖かい日だったので「テラスで結構です」と、つい口走っていた(゜o゜)


15286
ひざ掛けが用意されているし、天井にヒーターがあったので寒さはしのげた。
コートは着てたけどね(^^;


15287
お水代わりにアイスティーがサーブされ、何度でもつぎ足して下さる。


15288
ランチについているサラダとパン。


15289
選べるランチメニューの中から、なぜかがっつりライス系を選んでいた。
朝からたくさん歩いて、きっとお腹がすいていたんだわ(*´ω`)
詳しい名前は忘れたけど、美味しいジャンバラヤだった。


15290
食後のコーヒーもお代わりが出来る。
お店の人の感じも良く、サービスも良く、お値段は1,600円。
東京で最後の食事はとても後味の良いレストランだった。

帰りの新幹線で読む用に、蔦屋書店で旅行本を1冊買って後にした。


15294
渋谷駅でJR山手線に乗り換える時


15293
せっかくだからハチ公様にご挨拶をと構内から外に出た。


15292
ビルの「渋」の文字が可愛い。


15295
時間に余裕があったけど、帰りの新幹線で食べるサンドウィッチなどを買って
早目にホームに上がった。


15296
動き出した新幹線の窓から、到着した日に歩いたところが見えて懐かしい。
バイバイ、東京。またコンサートで来るかもしれないけど
その時は私、もう少し落ち着いていると思う。
初めての東京ひとり旅で、今回は少し心躍っていたから。


15297
音楽を聴きながら目をつぶっていたり、旅行本を読んだり
韓国語の勉強をしたりしていると全然退屈しない。
目を外に向けると、また富士山が見えた。夕暮れ前の富士山も綺麗。


15298
本当に何も要らないよと言われていたけど、家族へのお土産は大好きな東京ばな奈。

東京へ出発する前夜、息子と夕食を食べている時に、彼が何の気なしに話してくれたことのお陰で
この3日間の私の楽しかった気分を、更に色濃く記憶に残すことができた。

楽しい時は「楽しいなー」と心の中で叫ぶと、楽しい気分を2割増しにしてくれるのだと。

そう言えば人は辛い時は「辛い・・、しんどい・・、イヤだ・・」と、何度となく心の中で呟いているせいか
辛いことの記憶は小刻みに植えつけられてしまう。
逆に楽しい時に、「楽しいなぁ、幸せだなぁ」と心の中でつぶやいたり叫んだりすることを忘れているせいか
楽しさはその時だけで終わってしまって、その時の気分は案外薄れていってしまうのかも。

丸ノ内、青山通り、表参道、白金台、代官山を歩きながら
私は息子が教えてくれたこの「おまじない」を思い出しては何度も心の中で
「あー、楽しいなぁ。」と叫んでみた。

こんなに自由に、こんなふうに東京の街をひとりで楽しく歩けて
本当に有り難かったし楽しい気分だった。
おまじないのお陰で楽しさ2割増し、いや5割増し!(^^)!


ちょっとワケがありまして、少々急いだ感のある東京レポでしたが、これにておしまいです。


【旅の覚え書き】

新幹線  新大阪 ⇆ 東京  ひかり(早割)  12,340円×2=24,680円
東京ドームホテル(楽天トラベルより)   2泊 23,550円

なぜか…やっぱり…ソウル2泊3日旅より高いのだ(。´・ω・)?

1/13(火) 3日目
15253
朝仕度をしながらいつも通りにラジオ講座を聞き、前夜買っておいたパンとヨーグルトの朝食。

初めてのひとり旅を過ごした部屋を出る前に、もう一度振り返ってパチリ。
ばいばい。ありがとう。
9時前にチェックアウト。


15255
電車に乗る前に寄って行きたいところがあった。
泊まっていたドームホテルから道路を挟んで目と鼻の先にあったホテルサトーは
夫が空手関係で上京した時に何回が泊まったことのあるホテル。
そちらのホテルのほぼ裏側に会社の本店がある関係で、何かと便利良く利用している。
ドームホテルと見比べちゃいけないけど、なんか申し訳ないね…という気分(;´∀`)

ついでに本店もこっそり見学して来た。
まだ開店前だったけど、海外からの方がお店の前で写真を撮られていた。
たぶん空手家なのかな。


15256
この日は、恵比寿~代官山コースを考えていたけど、急に白金台~目黒コースに心変わり。
すぐ目の前にあった都営三田線の水道橋駅で切符を買う時、乗り換えなしで行ける白金台へ行くことにした。


15257
本当は目黒がメインだったのだけど、まだ開店前のお店が殆どなので
白金台のプラチナ通りをちょっとお散歩して~*のつもりが


15258
こんなお店や


15259
あんなお店や


15260
こんな結婚式場を


15261
隙間から覗かせてもらったり


15263
こんなお花屋さんに立ち寄ったり


15262
シロガネーゼという言葉で知った白金台の高級住宅街


15282
せっかく来たから、その住宅地も散歩してみようかなと


15281
豪邸拝見をさせて頂いたり


15264
こんな細い路地を歩いたりしていると完全に方向感覚を失ってしまい(^^;
スマホのGPSを起動させて歩いていると


15277
見覚えのある花屋さんに戻って来たのでホッ(*´ω`)

目黒通りを散策する予定だったけど、白金台で歩き過ぎて力尽きてしまった==3
この日は代官山のあの場所だけは行ってみたかったので、目黒はまたのお楽しみに。


15283
先を急ぎたいので、ブログの方も代官山まで行っときます!


15267
行ってみたかったのは、こちら代官山T-SITE

T-SITEとは、本・映画・音楽といったカルチュア・コンテンツを中心に豊かな生活を提案する
「ライフスタイル提案型商業施設」です。

代官山 T-SITEは、その開発段階で、代官山に住む方や代官山で働く方々に
「どのような施設がほしいか」というアンケートをお願いしました。
1位はカフェ、2位は本屋・・・・と続き、街の皆さまが望んでいるものをほぼすべて集結させて、
小さな街を作り上げました。
---だそう。(サイトより引用)


15272
蔦屋書店を中核とした生活提案型商業施設なので


15275
ジャンルごとに分けられた建物


15276

15274
その建物の間の空間も素敵で


15273
あー、こんな場所が自分の街にあったら、本を読みたくなったときやコーヒーを飲みたくなった時に
しょっちゅう入り浸っているかもしれない。
私の住む街にもあったらいいのになぁと思った。


15271
本と映画と文具と旅行とカメラとコーヒーとレストランとドッグガーデン・・・だなんて
好きなものばかりが詰まってる!

1/12(祝・月) 2日目
15238
地図を見ると、すぐ近くにワタリウム美術館というところがあったので寄って行くことにした。
美術館という名称からは想像もつかなかった建物。
こちらではポストカードを数枚購入しただけで、早々に後にした。


15239
来た道を戻り、再び表参道へ。


15242
OMOTESANDO HILLS.
こちらのギャラリーにも寄って行こうかな♪ と思っていたけれど、何だか見ることに疲れてしまって(^^;
前日からこの日にかけて色々と素晴らしい芸術・美術に触れて、もうお腹がいっぱい状態だったのかも。


15243
別のお腹は空いてきたので、そろそろランチにしよう。
ランチのお店はノーチェックだったけど、朝食にとチェックしていたお店に行ってみた。
早朝から開いているお店は少ないので、朝食用のお店だけはチェックしていたのだφ(..)
エコファームカフェ632


15252
店内の雰囲気。(サイトより拝借しました)


15244
旅行中、あまり野菜を食べていなかったので、サラダプレートを。
野菜をモリモリ食べて、こちらで1,000円はコスパも良し(^u^)


原宿から電車に乗ってホテルに戻り、1時間ほど休憩して K.will のコンサートへ。
コンサートレポはこちら→(^_-)-☆


15245
2日目のコンサートも終わり、満足感と寂しさが入り混じった気持ちで、ドームシティの中で夕食を。


15247
今日はどこで食べよう・・と歩いていると、韓美膳という韓国料理のお店の前で足が止まる。
え、前夜に続いて、また韓国料理(・・?


15248
テイクアウトの文字と、大好きなトッポッキ&キンパッに目が釘づけ。
このポスターにあるものは好きなものばかり❤


15249
ちょっと疲れていたのか、ホテルの部屋で誰の目も気にせず、お行儀悪く食事をしたかったので持ち帰り。
むかし夫が、出張先のホテルにクタクタで帰ると、外食する気にもなれなくて
部屋でコンビニのお弁当を食べることがあると言っていたのが理解できるような気がする。

娘にLINEで画像を送ったら、韓国に旅行してるみたいだねと言われた(笑)


15250
部屋の窓から、スカイツリーが見えることに気づいた。
楽しかったコンサートは終わったけど、あと一日、東京の街歩きができる!
明日も楽しい一日になりますように☆彡

1/12(祝・月) 2日目
15223
根津美術館を出て、青山通りに出るまでの道をぶらりぶらり。


15224

15225

15227

15228
SPIRALというお店に行ってみた。
ステーショナリーや器、アロマ、インテリア雑貨、ファッション雑貨などを見て回る。
甘過ぎない雰囲気で好きな感じ。

習い始めた韓国語講座で日記を書く宿題が出ているので、こちらでノートを買った。
あと、パソコンの机に小さな卓上カレンダーが欲しかったところだったので、それも。


15230
表参道の方へてくてく♬
この日は成人の日だったので、街角で晴れ着のお嬢さん達を見かけた。
うちの娘は成人の日から25歳までがあっという間だったなーなんて思いながら(*´ω`)


15231
まるでパリのカフェような、お洒落な雰囲気。


15232
何のお店だろうと思ったら


15233
チャペルのよう。


15234
apple store って、遠目には人しか見えないのに、どうしてこんなにスタイリッシュな雰囲気なんだろう。


15236
apple store の横の道を行くと、文房具カフェという珍しい名前のカフェの前で足が止まる。


15237
階段を降りて行くと


15235
文具売り場の並びにはカフェがあり、たくさんの人で賑わっていた。
カフェのテーブルでは塗り絵をしている大人やお子ちゃまの姿も。

文具カフェには触れて使える文房具がたくさんあります。
数百冊に及ぶ、文房具関連の書籍や雑誌のライブラリーがあります。
そして、ゆったりと流れる時間と美味しい珈琲があります。
あっ、あと心を和ませるビールとワインも。
 (サイトより引用)

というコンセプトにはとても惹かれたけど、店内がとても賑わっていて
コンセプトにあるゆったりと流れる時間を過ごせそうな気がしなかったので退出。

この通りは、美味しそうなレストランがポツポツと点在している感じ。
休日のお昼時で、どちらのお店も待つ人で溢れていた。

まだそれほどお腹も空いていなかったので、もう少し歩こうかな。

1/12(祝・月) 2日目
15206
ゆっくり寝てしまって、7:30起床。
テレビのワイドショーなんて、何年か振りでつけて見た。
お茶を入れ、前夜コンビニで買っておいたヨーグルトを食べて、ホテルを8:20頃出発。

地下鉄後楽園駅から乗り継いで青山一丁目へ。
スマホの乗り換え案内のお陰で、蜘蛛の巣のような東京メトロも何とか使えている気分(;^ω^)

それにしても東京がとてつもなく大都会だと実感することのひとつは
地下6階なんていう表示を見たとき(゜o゜)


15207
旅行先でもウォーキングと決めて来たわけではなかったけど
南青山1丁目から5丁目まで青山通りを歩いてみようと思いついた。
となると、歩くスピードも速くなる==3


15208
ラウンジ フランフランなんてあるんだぁとか。


15209
SPIRAL こちらのお店には後で行くつもり。


15210
南青山5丁目の交差点までやって来たので、骨董通りと呼ばれる方へ曲がる。


15214
目指していたのはこちらのお店。


15211
clinton st. baking company
待つ人の列が出来ていた。
ここまで来ると他にお店が思いつかなかったので、列の後ろに並ぶことにする。
私の後ろの人も、まだ20歳代のおひとり様。
日本はおひとり様にとっても居心地が悪くないので嬉しい。

ラジオ講座のストリーミングを2回分聞いてる内に、順番が回ってきた。
つまり30分並んだってこと(*´ω`) 


15212
10:30頃、席に着く。
エッグべネディクトを食べている人が多かった。
お二人様ならひとつずつ頼んで分けて食べられるんだけど、そこはおひとり様の辛いところ。。

パンケーキ(ブルーベリー)withメープルバターとコーヒーを注文した。
最近はメープルバターを回しかけずに、パンケーキをメープルバターにつけて食べるのが気に入っている。
満腹を避けるために少し残してしまったけど、美味しいパンケーキだった!


15215
次の目的地はこちら。
おそらく行かれたことのある方なら、この画像を見るだけでおわかりになるのでは。


15216
岡山のIちゃんが好きだと言ってた根津美術館。行って来たよ♪
東京旅をすると話したら、すらすらっと色々アドバイスしてくれてありがとう。


15219
「動物礼讃」という特別展が始まったばかりだった。
正直、絵画や彫刻などの芸術には疎いのだから、少しでも分かるようにと500円で音声ガイドをレンタル。

そんな私にも数少ない接点を見つけられて幸い。茶道と華道。
カメラは禁止なので、クリエイティブなIちゃんとK美を思いながらメモを取ったわよφ(..)

そうしたら、こちらのサイトに全部説明が書かれていました→『百椿図』

私が一番興味深かったのは、江戸時代のフラワーアレンジメントで
様々な器物を花器に見立てて椿を描くのが「百椿図」の特徴。
花瓶や籠、三方や膳などはもとより、盃や茶碗、文箱や硯箱、扇や団扇、
あるいは鼓、色紙や冊子、ちりとりや羽箒、はては聖護院大根にいたるまで、
身の回りの品々に椿を自由に飾っています。
---というところ。


15220

15222
お庭を散歩し、ぽかぽかと陽の当たるホール内の椅子に座ってくつろいだので
そろそろまた歩こうかなと腰を上げた。

1/11(日) 1日目
15202
1日目のコンサートが終わり、満たされた気持ちで会場の外に出た。


15205
この辺りは東京ドームシティ。東京ドームを筆頭に


15203
ドームホテル、アトラクション、ラクーアというショッピングセンターとレストラン街などがあって
K.willのコンサートの帰りで、気持ちが韓国モードになっていたわけではないのだけど
東京純豆腐のお店を見かけた時


15200
無性に辛いものが食べたくなって(笑)


15201
ヘルシースンドゥプ。
辛さとごはんの量が選べ、普通の辛さで少な目に。
あと、めずらしくマッコリも頼んだ(*´ω`)
コンサートの後で、きっと気分が良かったんだわ(笑)

会場のそばのホテルにして良かったと思ったのは、乗り物に乗って移動しなくても近くで食事もできたし
歩いてホテルに戻れたこと。とても気分がラクだった。

夫が、「ひとりだから良いホテルにしなさい」と言ってくれたお陰で、条件の良いホテルに宿泊できて感謝。
部屋に戻りお風呂に入って、2時間くらいのんびり過ごし、翌朝までぐっすり眠りました。


この日、夫と娘はふたりでラーメンを食べに行って、マッサージに行ったそう。
私も楽しませてもらっているので、家族も楽しんでくれていると救われる。

1/11(日) 1日目 
15176
コンサート会場の東京ドームシティホールの隣りと言ってもよいところにある東京ドームホテルにチェックイン。
今回は会場のすぐ近くのホテルにしておいたことが、結果的にとても良かった。


15177
ツインの部屋にグレードアップされているので、ごゆっくりおくつろぎ下さい
と言ってカギを手渡された。27階の部屋。


15178
ひとりには贅沢な広さで、ひとつのベッドは荷物置きにでき、余裕があってラクだった。


15179

15189
窓から見える東京ドーム。


15190
見渡す限りビル群。やっぱり東京は大きいなぁ。


15183
お風呂とトイレ、洗面。


15184
冷蔵庫の中。
最近、国内ではビジネスホテルが続き、空っぽの冷蔵庫を見慣れていたので
満タンの冷蔵庫が新鮮(苦笑)


15185

15187
夜ごはんの帰り、見上げたホテル。


15188
そしてネオンのついた東京ドーム。

お茶を入れて飲んだりしながら一時間以上休憩し、お化粧を直したりしているとワクワク感が上昇。
コンサートの開場時間は17時で、開演は18時から。
荷物はコンパクトにまとめて、そろそろ会場に向かおうかな♪


コンサートの記事はこちらです→

1/11(日) 1日目 昼下がり
15164
丸の内の街に飛び出して、まずは東京駅の駅舎をパチリ。


15165
スカイバスが停車中。
1日フルに観光を楽しむ時は、こういうのを使う手もあるんだねφ(..)


15166
人通りも少なくて私にはちょうど心地よい感じ。


15167
丸の内ブリックスクエアも通り過ぎて


15171
目指す東京国際フォーラムの建物。


15168
さてさて、この広い建物のどこかにあるはず…


15169
行ってみたかった相田みつを美術館にたどり着いた。


15170
大きな感動よりも、小さな感動をたくさんもらえるような期待感が💖
プリントしてきたクーポンで、800円の入場料が600円に。ちゃっかり。


15172
館内はカメラ禁止の中、2か所ほど撮影OKのコーナーが。
書店へ行けば、みつをさんの言葉は容易く手に取り、目にすることは出来るけど
やはり直筆から伝わってくる優しさ、ぬくもり、虚しさ、希望、力強さ…は格別なものがあった。


15173
丸の内エリアには行ってみたかったカフェや、すぐ近くのペニンシュラホテルでのお茶も魅力的だったけど
いかんせんお茶が飲みたいわけではなかったので、このままもう少し散策を続けよう。

で、地図を見ると銀座が近かったのでトコトコ♪
この日はとても暖かかったので散歩日和。娘が貸してくれたマフラーも腕にかけて。


15174
銀ぶらって死語かな(。´・ω・)?
そんな言葉が頭をよぎる。

銀座1丁目~8丁目までの散歩レポを読んだ時に、ちょっと興味が湧いたけど
私が歩いたコースが良くなかったのか、銀座の魅力を見つけることが出来なかった。

色んな場所を見て歩いてきた50代は、若い時よりこういう場所や物に触れた時の感動が
薄れてしまってるような気がする。

後日歩いた南青山界隈や表参道もそう。
10代後半や20代前半の頃は、すごくハイセンスな街のイメージが強かったけど
驚かなくなってしまってる自分に失望。
いや、失望する必要はなくて、もしかして感動を感じる対象が変わってきたのかもしれない。


15175
でも、ここだけは写真に撮っておこうとパチリ。
日本一、地価の高い場所界隈ね(^_-)-☆

さぁて、コンサート前だから散策は疲れない程度にして、時間に余裕を持ってホテルに向かおう。
有楽町駅からJRに乗る。

今回の東京旅のメインは、K.willのコンサートに行くこと♪
2日とも参加するという幸せの上に、東京旅まで楽しんで来ようと欲張りました。

コンサートは夜からなので、疲れない程度に、そして歩き過ぎないように気をつけて
夜に2時間のスタンディングに耐えられる体力を残しつつ、楽しんでいきたいと思います。

今回は若干スピードアップを心がけた旅レポになるかと思います。
興味のある方は、是非おつきあい下さい。


1/11(日) 1日目 出発~昼食

私がひとりで東京へ行くことが一大事のような扱いを家族から受けて、家を8時に出発。
ショップへ勤務する夫と一緒に家を出た。
途中の駅で夫とバイバイ。行って来ます!


15148
新幹線に乗る前にスタバでラテを買って乗り込んだ車両が
(たまたま)日本人よりも外国人の方が乗車率が多いという状況( ゚Д゚)

今回は行きも帰りも、ひかりにした。
のぞみよりも30分ほど掛かるけど、料金が早割で安かったし
音楽を聴いたり、韓国語の勉強したりガイドブックを読んだり…と
インドアで時間を過ごすことは全く苦にならないので、節約できるところは節約💦


15150
ふと窓の外に目を向けると富士山が見えて、慌ててカメラを構えた。
以前乗った東京行きの新幹線で、ただいま富士山が見えます的なアナウンスを一度だけ聞いたことがあった。
あれは車掌さんによって違うのかな?


15149
富士山が見えると興奮し、意外なところで日本人だなぁと思う自分に2度ビックリ。
でも、いつもこの景色を眺めて暮らすって、どんなかなぁと思う。
あたりまえになってしまうんだろうか?
それとも毎日感動するんだろうか(・・?


15151
東京駅到着。目指したいのは丸の内方面。


15152
東京駅丸の内駅舎の天井。2年前に夫と息子と訪れた時にも見た。


15153
丸の内南口方面という表示を見て


15154
一度外に出て、やっぱりこのレンガの駅舎を眺めると東京に来た!と実感するよね。
そう言えば、行きたい新丸ビルへは地下道でつながっていると何かで読んだので
もう一度地下に潜る。

地下・・ 苦手です(^^; 方向感覚を失ってしまう。
色んなお店を見ながら地下道を歩いていると新丸ビルに到着。


15155
エスカレーターで上りながら、後ろを振り返ってパチリ。
とことん おのぼりさん気分で写真を撮るのが楽しかった。


15163
SO TIRED という名前のお店でランチ。
お店選びをする時に、ネーミングに惹かれて決めることがよくある。

とても疲れた…って、レストランの名前にしてしまうセンスが楽しいと思う。
丸の内という場所柄、仕事で疲れている人が集まって来て
癒されるような雰囲気があったり、お料理で癒されそうな(。´・ω・)?


15156
おひとり様は、一番コーナーの席に案内された。私にとっては特等席。


15157
何種類かの中から選べるランチ。
気分で、カジキマグロステーキにしてみた。

東京で食べる最初の食事は、予想もしなかった広東料理。
後でカフェにも行きたかったので(←結局行かなかったのだけど)、こちらではドリンクは付けず。
ごちそうさまでした。


15158
お店を出ると、まかない中の店員さんの後ろ姿が絵になっていたのでパチリ。
まかない中ではなかったのかな?いずれにせよ、シツレイしました。


15160
新丸ビル内のお店を少し見て回ったけど、こういうお店は東京でも大阪でも神戸でも同じだなーと思い
早々とビルを出ることにした。


15162
今回は東京にしかないものをたくさん見たいと思った。
絶対に東京にしかないもののひとつと言えば、東京の街並み。
新丸ビルを出て、まずは丸ノ内に飛び出してみよう♪

15147
東京駅で新幹線待ちです。
東京駅一番街で美味しいものを見たり買ったりしたかったけど

東京駅コンプレックスの私は、新幹線の時間にホームにたどり着けるか不安で
結局、早目にホームに来てしまいます。

楽しかった東京!!!
でも気持ちは半分、西の都へ。
いくつかの東京の街を歩いたけれど、やっぱり一番落ち着く我が町へ帰ろう。

↑このページのトップヘ