ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2012 娘と香港

8/3(金)
8707
食事もチェックインも終えたので、やっと香港の街散策に出かける母娘。
人が多くて活気のある街。中国本土や韓国からの旅行者が目立つような気がした。
日本人もいるはずなんだけど、パワー不足で目立たない(・・?


8691
ホテルの近くにあったショッピングビル“The ONE”に入ってみる。
5階くらいまでしか上がらなかったけど、日本のショップばかりで驚き(゜゜)
そそくさとビルから出る==3


8692
街のいたるところで見かけたsasaの看板。
入ってみると、日本でいうPLAZAみたいな雰囲気のコスメや雑貨などのお店。
こちらも日本商品率高し。


8708
i SQUAREというショッピングビルにも入ってみたけど、今回めずらしく娘の物欲がない。
香港製にあまり魅力がないのかな。


8693
何よりの目的はこちら。

ガイドブックによると
1928年に創業し、香港の発展を見続けてきた歴史的ホテル。
伝統、格式、サービスともに世界トップクラスで、“東洋の貴婦人”と称される。



8694
イギリス統治時代の面影を残すクラシックな本館と30階建てのタワー棟から成り。



8699
どちらの客室も優雅なヨーロピアン調



8697
アフタヌーンティーや



8713
ホテルショップなど、宿泊以外の楽しみでも知られ、香港の名所的存在。

と、そんな説明を読んで、是非訪れてみたかったザ・ペニンシュラ。


8695
画像の熊ちゃんが着ている白い服はページボーイの制服。
ペニンシュラではドアボーイのことをページボーイと呼ぶらしい。


8714
画像は唯一カメラに納まっていたページボーイ。
最初に見た時、正直すこし違和感があった。白の上下と言うと厨房で働く人のイメージが強く・・
でも見慣れてくるとイイ!
いかにも的な黒い蝶ネクタイでないところ、そんなページボーイがペニンシュラの顔となり
キャラクターになるところが素敵だな~


8701
ドアを開けてもらって入ると、右側と左側にラウンジがあり


8700
アフタヌーンティーを楽しんでいらっしゃる。(中にはゲームを楽しんでる子どももいたりする^^;)


8698
ドレスコードの説明。午後2時~6時はスマートカジュアルでOK。
娘は短パンを履いていたので私は気になったけど、本人は
“大丈夫、大丈夫、髪とお化粧をちゃんとして、ハイヒール履いてれば” とへっちゃら(^O^)/
親に似ないこの度胸、いつの間に身につけてきたんだろう(・・?


8696
アフタヌーンティーを楽しんでおられる脇には、同じくアフタヌーンティーを楽しみたい人達の行列が。
お楽しみ中の方に申し訳ないなぁと思いながら
ここだけは外せなくて列に並んでしまう人のひとり、ふたりだった^^;

ちょうど待っていた場所の頭上にあるバルコニーで四重奏が演奏され
聞いたことのあるクラシックが流れていて、待ってる間も優雅な気分♪


87028705
1時間近く並んでやっとテーブルにつくことができた~
(その間に交代でペニンシュラ・ブティックなどぶらぶら)

使いこみ、磨き上げられた銀製の食器はすべてティファニー製だそう。


8704
ガイドブック流に言うと、“洗練されてるサービス”。


8706
きちっとしているって美しい。


8710
楽しみにしていた3段のティースタンド。
1段目はスイーツ、2段目はサンドウィッチ、3段目はマフィン。
どれもひと口食べるごとに母娘で顔を合わせて“美味し~い❤”


8711
英国から取り寄せたデボンシャークリームとジャム。
特にこのクリームがとても美味しくて、お腹がいっぱいになっても
クリームを食べたいためにマフィンを食べてた。


8715
スタンドに乗っていないカップ入りのスイーツも運ばれ、テーブルチェックの時はチョコレートが。
今思い浮かべても、本当に至福のアフタヌーンティーだったなぁ。

お見せできないけど、すごく幸せそうな顔で写っている自分を見ると笑ってしまう一枚^m^
(私って美味しいものを食べてる時はこんな油断した顔をしてるのかなぁ・・と。)

こんな贅沢はめったに味わえないので、思う存分優雅な気分に浸ろうと
椅子に深く腰かけ、ポットの紅茶をお代わりした。

8/3(金)
8674
ホテルに荷物を預けて身軽になったところで、朝昼兼の飲茶を食べに行きます♪


8672
ホテルの正面玄関を出ると向かい側にミラマーショッピングセンター。
お買い物は後で==3 と。


8673
左右がネイザンロード。滞在中、何度も渡った思い出に残る交差点。


86758676
目指していたお店は『糖朝』。


8679
少し待って通された2階の店内の雰囲気。


8689
ガイドブックには必ず載っているお店とだけあって、日本語メニューもばっちり。
スイーツの種類の多さに感激❤


86778678
ポットでお茶を入れてホッとひと息。


8680
一番最初に運ばれてきたのがスイーツ(爆) 順番なんか関係ない(・・?
もくもくしているのはドライアイスね。器の外側から冷やすのをよく見かけた。


86818684
左)マンゴー、パールタピオカと豆腐花。  
右)筍入り蝦餃子。
母娘共、タピオカのもちもち感とエビのぷりっぷり感にハマル❤


86828683
左)私が食べたかったお粥。たくさんの種類の中から一番シンプルそうだった“魚とネギ入り粥”
右)娘が食べたかった汁そば。こちらもたくさんの種類の中からシンプルに“スープ麺”

お粥は想像通りの優しいお味。娘はグアムで食べたお粥の印象が悪かったらしく
ここでお粥の印象が回復したみたい。ヨカッタヨカッタ(^^♪

スープ麺は・・麺が細くて固いちぢれ麺のよう。
こちらのお店の特徴?とも思って他でも食べてみたけど、どうやら香港の麺はこういうタイプなのかな。
私達は日本のつるっとした麺の方が好き。でもスープは好みの味で美味しかった!
合わせてHK$172.00(=約¥2,064)

香港で最初に食べた料理は上々だったので、この後も楽しみ♪


8685
九龍公園の横を歩いて、とりあえずホテルへ戻ります。
グリーンの部屋をリクエストしなければすぐにでも部屋を使えたのだけど
わがままなリクエストをしたので1時間後には部屋の用意をしますとのこと。
その間に食事に行き


8686
フロントへ戻ると、部屋の準備が遅れているのでカフェのドリンクをサービスして下さった。
こちらでお待ち下さいと。食後のお茶を頂けてラッキーとばかり。


8687
旅ノートに( ..)φメモメモ
母娘が初めての国へ行く時に準備するガイドブックは、とりあえず『地球の歩き方』と『るるぶ』かな。
そしてリピートする度に他の本が増えていくパターン(^u^)

ほどなく部屋の準備が整い、部屋で少しくつろいだ後は街散策と次の目当てに向かいます♪
(前回の記事と前後しています)

8/3(金)
8638
アコモ選びは楽しい。
ラグジュアリーなホテルでなくても、それなりに楽しい♪
どこだったかな、ジンジャーの花の香りがするロビーのホテルがあって、すごく惹かれた。

今回は日程が迫っていたので空いていなかったり、予算との兼合いもあり(←ココが重要)
最後に残った候補はロイヤル・ガーデンとミラ。

ロイヤル・ガーデンのロビーの大きなヤシの木(の写真)に惹かれたけど
場所がネイザン・ロードから離れていたので、香港ビギナーの私達はネイザン・ロード沿いにある
ミラホテルにした。


8641
ミラはデザイナーズホテルのよう。本当のところ、デザイナーズという言葉にはちょっと抵抗がある。
娘はまだ若いから、デザイナーズマンションなんかにも憧れるみたいだけど、私は全く・・

でも何故かこちらのミラは写真などで見る限り、ちょっと惹かれる部分もあり
デザイナーズホテルも一度は泊まってみたいかな(泊まっておこうかな)と思った。

娘が張り切って写真を撮ってくれたので、今回は色々と載せてみようと思います。


8642
めずらしくドア・ガール?スタイリッシュなホテルに似合う細身のスーツ。


8646
フロントはそれほど存在感がなくスマートな雰囲気。


8645
ロビー階にあるカフェ


8670
ロビーにあるオブジェ。
ガイドブックによると、各国デザイナーが手がけた館内はアートと音楽を融合したスタイリッシュな空間---と。


8671
9Fのエレベーターホールのオブジェ。
階層によってカラーが異なるのかな(・・?
他の階でエレベーターが止まった時、カーペットの柄も違った。


8648
このカーペットの雰囲気、なぜか落ち着く・・と思ったら
家の冬用のカーペットの配色と同じだった(笑) 緑×茶×アイボリー♪


8649
メタルや木や布・・と、色んな素材がうまく組み合わさって使われている。


8650
#959 オープン!


8652
モニターにウエルカムの文字。今度は娘の名前❤


86538654
4つの色の客室がある中で、チェックインの時にグリーンの部屋をリクエスト。

 
86578655
サイドテーブルとデスク


86588660
バスタブとベッドの間の壁には、もちろん目隠しのウィンドウがありますよン。
お風呂からもテレビが見れたりする。一度もバスタブは使わなかったけど^^;

 
86598661
トイレと、その隣りのシャワーブース。
使い慣れていない時、ハンドシャワー以外に、天井からもレインシャワーが出てきてびっくり(゜゜)


86628664
洗面の配置がめずらしく、デスクの並びで、わざわざ浴室へ行かなくても良いのが使い勝手が良かった。


86678668
インターネットもできるテレビがあったり、iPodのスピーカーがあったり。(画面は私のブログ(^^ゞ)
娘はテレビでYou-tubeを見たり、iPhoneで音楽を聴いたり出来てご機嫌♪
お陰で寝る時間が遅くなってしまったけど^^;


8669
部屋にいる時間も楽しめ、私以上にミラが気に入った人❤


8651
窓からの眺めはグリーン。夜になると照明が灯っていたので、バーかな?
と、こんなザ・ミラ・ホンコンの紹介でした。

8/3(金)
8620
ホテルの部屋のカーテンを開けた眺め。
空港直結と言うだけあって、空港との距離の近さ!まるで飛行機と並んで寝ていたみたい(゜゜)

実は早朝不可解なことが・・
明け方、部屋の電話が鳴り、私はてっきり娘の携帯の目覚ましが鳴ってるのかと寝ぼけていたので
電話に出なかったら、しばらくして今度は乱暴にドアをノックする音が((+_+))
さすがにこの時は身が固まった。

ドアの覗き穴のところまで近づく勇気もなく・・睡魔の方が勝って、また寝てしまうところが私達(爆)
今思うと、その時にフロントに確認するべきだったんだけど。

チェックアウトの時に電話とノックをしたかと娘が聞いてみると、メッセージは何も預かっていないとのこと。
うーん、やっぱりあれは不審者だったのか(?_?)
まぁ、災難はなかったので、気を取り直して出発しよう!


8630
るい時に見ると、こんなロビーだったんだ。


8622
こちらはランチに使われるレストラン。朝食用は階下にあった。
ホテルの朝食も考えたけど、とりあえずここは少しでも早く九龍(カオルーン)島へ行ってしまう
ことにしよう。


8624
空港側へ行く途中、すごい数のタクシーが待機している!それほど需要があるのかな。
確かに香港のタクシーは安くて利用しやすかった。


8625
スタバでドリンクを買って飲みながらバス乗り場へ。


8627
スタバにこんな可愛いひと口サイズのマフィンがあった。5個でHK$22(¥264)


8626
電車という方法もあったけど、主要ホテルまで回ってくれるエアポートバスに乗ることに。
(ソウルでスーツケースを運びながらの階段の上り下りに懲りたので^^;)

欧州からの学生さんの団体が。
娘がバス停の様子を撮ろうとすると、カメラに気づいてピースサインをしてくれた(*^^)v
可愛いな。


8628
私達が乗るA21バスがやって来た。2階建て。


8631
1階の荷物置き場にスーツケースを置いて


8632
2階の席に。高い所に座ると童心に戻ってテンションが上がる(笑)


86298633
段々と街並みが見えて来た。生活の匂いも感じられ、こういう景色を見るのも好き。


8634
繁華街が近づいてきた。


8635
足場が竹で出来ているとガイドブックにも書かれていた通り。崩れそうで恐い((+_+))


8636
1時間弱で九龍のホテルに到着。バスはひとりHK$33(約¥396)
物価は日本並みだけど、このバスは日本の空港リムジンに比べると安くて値内があった。
さて、九龍でのホテルはある意味でとても楽しみにしているので、早く行ってみよう♪

8/3(金)
8590
ほぼ定刻の00:05に香港国際空港到着。


8591
色んな国から飛行機が集まるハブ空港。ウィキペディアによると--

イギリスの国際運輸調査機関のスカイトラックスが毎年発表する「The World's Top Airports」において
2001年以降8度世界一の空港に選出されている。
2012年には仁川国際空港、シンガポール・チャンギ国際空港に次ぐ世界3位の空港と評価された。


そんな空港だそう( ..)φ


8592_large
漢字の標識が、いかにも中国チック。(香港の正式名称は「中華人民共和国香港特別行政区」)
中国語を習ったことのない私達でも、何となく意味がわかったりするから有り難い。


8593
今晩は、空港直結のリーガルエアポートホテル=富豪機場酒店に宿泊。


8619
ベスト・オブ・エアポートホテルにも選ばれたことがあるらしいけど


85958610
フロントの女性スタッフ、最悪==3と娘が憤慨。
一度は朝食の場所を聞きに行った時、もう一度は変圧器を借りに行った時。

あん?みたいなことを言いながら目線も合わさず、変圧器をバン!!とカウンターに置く。
見た目、そこそこのホテルと拝察したけど、スタッフのレベルが伴わないのは残念。
海外では『日本基準』のものさしは捨てなきゃね。


8637
私達の部屋は#5060。オープン!の瞬間はいつもときめく❤


8616
テレビモニターの文字に感激❤ 私の名前で予約したので、母の名前だけ^^;


86058606
ドア側からみたところと、窓側から見たところ。うん、広いし悪くないね♪


86138614
洗面、トイレ、お風呂も上々。
ひとつ気になるのは、トイレとお風呂の間の半面の壁。
バスマットがボトボトになるほど、水が浴槽の外に飛び散るんですが^^;


86078608
ソファもデスクも広々していたけど、殆どこの場所でくつろぐこともなく
寝るだけの部屋にしてはちょっともったいなかったな・・

と、だいたいホテルに関しては私の方がチープ志向で、娘の方がリッチ志向。
私は(国にもよるが)スタンダードでもOK、娘はせめてデラックス~スーペリアと意見が分かれる。


8609
小腹がすいてきたので、夜中の空港探検を兼ねて空港内のコンビニへ。
こういうことが出来るのは空港ホテルの楽しさだったかも。


86108611
翌日からイヤと言うほど食べられる飲茶だけど、レトルト飲茶に目が行くふたり(^_-)-☆
コンビニのレンジでチン♪して、空港のフロアーで夜食。

周囲には、空港で夜を明かす人達がたくさんいた。
早朝便のフライトなら、それもありと思う。
それくらいの元気がないとトラベラーは務まらないか。

さ~て!香港の空港ホテルにいながら、まだ香港の街並を見ていないので、ここはどこ?状態なふたり。
次の日から丸3日間、香港を楽しむぞーーと、02:30頃に就寝したのでありました。

8/2(木)
8566
娘の夏休みにあわせて、初めての香港旅行(^^♪
夕刻から関西空港へ向けて出発し、画像は空港リムジンバスからの眺め。

いつもはこの辺りでテンション上昇気流だけど、社会人になってからの娘ときたら
6連勤後ということもあってバスの中から居眠り(-_-)zzz


8587
つい2週間ほど前の韓国旅行の時に来た関空なので、わくわく感が乏しいのは仕方ない^^;


8567
娘が、Edy チャージ中。


8568
21:10発のフライトなので、関空で夕食を食べて行こう♪


85698570
娘と来るとなぜかオムライス率高し。


8571
そして彼女だけクレープ。
いつもはカロリーのことを気にする娘も、 “過食だーー!”とここで開き直った。


8572
2度目の利用となったピーチのチェックインカウンター。


8575
グアム、ホノルル便と並んでホンコン。
今回はリゾートじゃないけど、アジアな旅行を楽しんで来ます!


8576
時間はたっぷりあるのでカードラウンジへ行く予定が、ピーチの搭乗口はラウンジのある場所とは正反対。
シャトルに乗って行って戻って来るほどの時間はなかったので、PRONTOでドリンク調達。
韓国旅行の時と同じ(笑)


85888589
この画像も前回の韓国旅行の時と同じね(笑)
エスカレーターを降りて、搭乗口を通ってからバスで飛行機まで移動。


85808581
そしてタラップをランラン♪と上がって飛行機に乗りましょう。


8584
前回はメニューの写真を撮らなかったのでパチリと。


8585
前は韓国便だったからビビンバがあるのかなと思ったけど、香港便も同じメニューなんだね、と娘。


8583
ソフトドリンクも。


8586
そして私達はピーチシャーベットをひとつとスプーンをふたつもらって、ちびちび食べながら
香港旅行の作戦会議。

8565
今朝5時過ぎの上空です。早朝、香港から関空に帰って来ました。
関空から一歩外に出た時に蝉の鳴き声を聞いて、あー日本だーーと実感。
(そう言えば香港では蝉は鳴いてなかった。)

娘の夏休みも終わり、やり終えないといけない宿題こそないけれど
明日からの仕事のことを思うとプチ病みの夜(苦笑)

初めての香港は、見るもの聞くもの全てが初めてで、とても刺激的で楽しかった!



8542
明日から娘は5日間の夏休み。
旅行好きな彼女にとって、一番のガス抜きと活力の充電になる海外旅行。
条件は6日以上でもなく、5日未満でもなく、5日間でほど良く行って帰って来られる海外。
いくつか候補地をあげ、一度はかなり真剣な妄想旅行の中でバンコクでタイ式マッサージを
してもらっていたけど、結果的に行き先は香港に落ち着いた。


8543
社会人になってからは学生時代の友達と休日が合わず
社内の同期とは交代で休みを取らないといけないし、、、

で、覚悟はしていたものの連続で母が旅のお供(お友?)に。
母にしてみれば棚ぼたの香港旅行で、あまり大きな声で言えないが、バンザイ(^O^)/


8544
旅が趣味とは言え、旅の為に物欲を捨てて旅費を貯めたとは言え
夫と息子に気兼ねがないと言ったら嘘になる。
行ける時に行っておいでと、いつもながらに言ってくれる夫に感謝し
こんな母を見て、僕も好きなことをやるからいいよと言ってくれる息子に
(その言葉の裏が)ちょっとコワイけどありがとうヽ(^。^)ノ
母は人生を楽しむことにするよ。


8545
毎夜毎夜22時~23時に帰宅する娘と、なかなか入念な打ち合わせは出来ないけど
何とかエアーのチケットとホテルを押さえ、オプションを申し込んだ。
今度の飛行時間は約4時間なので、後のことはお空で決めよう♪みたいな^^;


8546
旅の前のわくわく感が大好きな私にとっては何とも勿体ない、そして何とも贅沢なプレ・旅行の過ごし方。
“ここ、曲がってみようか・・”みたいな母娘のひらめきを大切に、小さな旅をしてきたいと思います。


あぁ、それにしても楽しみは食べることが多すぎる(^u^)

↑このページのトップヘ