ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

カテゴリ: 2011 母と釜山

1日目 7/7
6157
画像は韓国旨ナビさんからお借りしました

本当は行こうとしていた焼肉店も、その隣りの焼肉店も全くお客さんが入ってなくて
その向かいにある“釜山カルビ”だけが何故かたくさんのお客さんで賑わっていました(゜o゜)

あえて空いてるお店の一番目のお客さんになる勇気なく、釜山カルビに入ってしまった私達です。
あいてるテーブル席もあったのに別部屋に通され、もしやここは日本人席?という気も
一瞬しなくはなかったのですが、周りにはハングルで会話している人達もいたので気のせいだったかな・・

60756076
母が初めてソウルへ行った時のサムギョプサルが感動的だったようで、こちらでもまずは豚バラ肉を注文。

6078
ハサミでチョキチョキ、韓国式に焼いたり切ったりサービスして下さると一度に焼けてしまうんですよね・・
油断していると焼き過ぎになってしまって
初サムギョプサルの時のあの軟らかい肉のイメージとは程遠く・・
母も私も段々無口になっていくのがわかりました(笑)

6079
ごはんを注文すると付いてくるカニチゲは美味しくてごはんが進みます。
その向こうに見えている味付き牛カルビを追加しました。
こちらは軟らかくて美味しかった!22,000ウォン/1人前と高かったですが。

6089
が、明らかに壁にかかっている大きなメニューにはないものを食べているテーブルが多かったのです。
おそらくそれが良心的価格のテジカルビ(豚カルビ)だったのでは・・
実はこちらのお店で食べる予定になかったのでリサーチ不足で
他のメニューはありますか?と聞くことすら思いつかなかった(-"-)

せめて全種類のメニューを見せて欲しかったなぁ。
お会計は63,000ウォン(約5,000円)。
安くて美味しい焼肉を食べたかった親子は、ちょっと満足できぬままお店を後にしたのでした。

やわらかいサムギョプサルにこだわるなら、トンマルにしとけばよかったかなぁ・・とブツブツ(-。-)y-゜゜゜

釜山1日目 7/7
6080
南浦洞はソウルの明洞と南大門を足したような街とよく例えられるようです。
モダンな建物やコスメショップやブティックや飲食店が立ち並ぶ光復路は明洞の雰囲気で


6081
光復路から北に何本か伸びている細い通りや国際市場はとても庶民的なお店や屋台が
所狭しと並んでいて南大門の雰囲気に似ている。

6084
地元の学生達が学校帰りにアクセサリーの屋台で買い物していたり

6083
パッピンス通りなんていうのもあったり(冬はぜんざい通りになるそうです)

6086
突然、釜山タワーが見えて嬉しかったり

6087
行きたかったシンチャントーストのお店を偶然見つけたり

6085
私としては国際市場なんかもぶらぶらしたかったけど、膝の悪い母を歩かせ過ぎるのは要注意。
なので出来るだけ最短距離でカルビ通りと呼ばれる界隈へ向かいます。

釜山1日目 7/7
6066
宿泊は南浦洞にある釜山観光ホテル。
約8割が日本人客というイルボン御用達のホテルです。
クチコミがまぁまぁだったし、場所が便利だったので、3000円をプラスして指定しました。
1Fにセブンイレブンが入っているのも◎

6106
角部屋だったので窓が多く、明るい雰囲気。
写真には写ってないけど、入口からL字になっていて実際にはもう少し広く感じます。

6069
一方の窓の外は大きなパーキングと会社のビル。

6070
もう一方の窓の外は最近新しくできたロッテデパート側。
滞在中、この通りを何度も歩きました。
近々こちらにロッテワールドが出来るそうです。

こちらの南浦洞はひと昔前は釜山一の繁華街だったけど
最近は西面が若者で活気づいているそうです。
でも南浦洞~チャガルチにかけては、有名な釜山タワーや国際市場やチャガルチ市場があるので
初めて釜山を訪れた人は必ず一度はここへ足を運ぶと言われています。
ロッテワールドが完成したら、またこの辺りが活気づくんでしょうね。

6068
テレビも小さく、建物の古さは否めないけど、清潔に清掃されています。
(鏡に、くつろぎ中の母が写ってる笑)

そうそう、鏡の左手前にある施設案内にサウナと大きなお風呂の写真と案内があったので
翌朝6:30に行ってみたら、男性専用だった(゜o゜)
見落としたかな・・と思ってもう一度目を皿にして読んでみたけどどこにも書いてないよ。
もう少し詳しく書いておいて欲しかったなぁ・・

6072
手前の椅子が母の椅子、向こう側が私の椅子。
ここに座ってドリンクを飲んだり、お菓子を食べたり、テレビを見たり、ガイドブックを読んだりして
過ごしました。

6071
お風呂、洗面も広々していて、特に問題なし。


ひとつ不思議だったこと。
こちらのホテル、「起こさないで下さい」「ルームメイクして下さい」 の札がないのに
外出から帰って恐る恐る部屋のドアを開けると掃除が済んでいました。
カードキーも持ち歩いていたので、フロントでは留守かどうかはわからなかったはず。
メイドさんが部屋をノックして確認するんでしょうか?


荷ほどきして一息ついたので、これから散策をかねて夕飯を食べに出かけます。

釜山1日目 7/7

6060
天気は曇り。
釜山の天気予報では雨覚悟だったので、曇りでも気分上々です。
気温は30℃ないし、これで雨さえ降らなければ暑くなくて最高なんだけどなーー


6062
おなじみのツアーなのでガイドさんの出迎えを受けます。
40歳前後くらいの優しそうな女性ガイドさんが、ピンクのアロハシャツで出迎えて下さいました。
今回は私達だけだったのでタクシー移動です。

6063
車中から見えた釜山の街並み。
ソウルと同じく、プサンでも高層マンション郡がそびえ立っています。

6061
ちょっと目立つ建物。ロッテホテルの向かい側だったかな。
2日目の午後、この建物の前で母とプチ喧嘩をしたので思い出に残る建物です(笑)

6064
まずはロッテ免税店へ。
ブランド物にはあまり興味がない旨伝えると、滞在時間をわずか20分にして下さいました。
こんな時に限って、母が天然石のブレスレットのセールに遭遇。
ちょうど買うつもりだったので、制限時間を目いっぱい使ってお安く買えてラッキーでした(*^^)v

6065
時間が余った分、同じロッテホテル内に入ってるセブンラックカジノへ案内してもらいました。
もし雨続きで時間が余ったらカジノ体験してみようと思っていたので、下見も兼ねて。
せっかくならガイドさんがいる時の方が心強いと思ったのだけど

外国人専用のカジノなので、ガイドさんは上の写真の入り口で待っていて下さいました。
その昔はガイドも一緒に入って、ゲームの仕方などを説明することも出来たそうです。

ホール内はカメラ禁止。
以前テレビで見たイ・ビョンホン主演のオール・インさながらの雰囲気でした。


6074
写真は釜山ナビさんからお借りしました
テーブルゲームのみで使えるクーポンを頂いたものの、遊び方がわからない母と私。
特に手取り足取り教えて頂けるような雰囲気でもなく
私達と同じようにクーポン持参の若い日本人女性の見よう見まねで
恐る恐るテーブルにコイン代わりのクーポンを置いてひそかにゲームに参加(してるつもり)。

わけもわからぬまま、何だか私のは小さく当たってたみたい(笑)
母とコインを分けて再度賭けた分はあっけなく終了―――
小さなビギナーズラックでした(^_-)-☆

カジノ体験も出来たし、これからホテルへ送ってもらいます。

6053
地球の歩き方の表紙のイラストって、どうして顔の部品がないんだろう?といつも思う


釜山出発の朝はあいにくの雨。
最寄り駅までわずか4分ほどの道のりだけど、夫が車で送ってくれたお陰で
空港まで傘を広げずに行くことが出来ました。
“留守の間、よろしくね。行って来ます!”と、口には出さないけど(笑)
そんな気持ちいっぱいで手を振りました(@^^)/~~~

6051
途中の駅で母と合流して関空へ。
こうやって旅行するのも3度目なので、母も余裕の笑顔で電車に乗り込んで来ました。
今までと違うのは旅の同伴者の娘がいないこと。
娘も行きたかったのだけど、就活の日程が重なる可能性があったので断念しました(+o+)

母と私の二人でどこまで言葉の壁を越えられるか?!?
でも大阪弁は世界共通語だと勘違いしてるような肝っ玉母さんが隣にいるので何とかなるでしょう(^.^)/~~~

6059
航空会社のカウンターでチェックインした後、とりあえず2万円分だけ韓国ウォンに両替します。
ここで明らかに母よりも年上とお見かけする女性ふたりが慣れた様子で両替されているのを見て
母が、「私ももっとしっかりしないといけないねーー」とつくづく言ってました。

6049
そしておなじみのおやつタイム。
母にはお初のBLUE SEAL のタピオカジュース。
タピオカをストローで吸うとは思わず、スプーンで食べようとしていまして
“ちょっとコレ食べにくいわね”(笑) 期待通りのことをしてくれました^m^

6050
カードラウンジでまったりしていると、あっという間に搭乗時間。
今回は初めての大韓航空です。

6055
滑走していよいよ離陸。わくわくドキドキする瞬間です。

6054
窓際の2人席。韓国人歌手のCDアルバムを聴きながらじょじょに韓国モードに♪

6056
雲の上はこんなに青い空です。
安定飛行になるとほどなく機内食の準備が始まりました。

6057
大韓航空と言えばビビンバの機内食が美味しいことで有名ですが
関西からのエコノミークラスはサンドウィッチなんですよね(;一_一)
あぁ、いちど食してみたいなぁ。
その分、釜山に着いたらガッツリ夕飯を食べよう!と食に関してはかなり前向きな私です。

6058
飛行時間わずか1時間10分で釜山の街並みが見えてきました。

6048
釜山旅行から帰って来ました(^O^)
12:30頃に関空に戻っていたので、実家へ寄って
まずは父の仏前に報告し、そして留守番をしてくれていたサクラの喜ぶ顔を見て
お土産の仕分けをし、ひと休みしてから自宅へ帰って来ました。


帰りの電車の中で届いた母からのメール。自分の覚書の為に――


世話かけたね。
座れたかね?(←帰りの電車のこと)
喧嘩もして色々あったが楽しかったね。
本当に有り難う。




私からの返信


座れたよ。
ケンカしたのも思い出。
言葉のわからない2人が、何とか行って来れたね。
楽しかったよ。



6044_large
うちの紫陽花。2週間くらい前のですけど。
この梅雨空の間、ベランダで楽しませてくれました。
そろそろ紫陽花の季節も終わる頃には梅雨明けかな。

+++

今日から母と釜山へ行って来ます。
釜山のお天気は今イチのようだけど
市場に行ってみたり、母も私も好きなパッピンスを食べたり
あとはチムジルバンかマッサージにでも行ってみようかな・・と思ってます。

娘は自分の“旅行お守り”を貸してくれました。(お守りって貸与OK?笑)
万が一の時の海外旅行保険の話などを家族にして行くから、心配をかけるんですかね^^;
請求しないと受け取れないからね!ってな調子で話すんですけど・・

昨晩パスポートを眺めていたら、「間違って天国行きに乗るなよ」と息子に言われました。
縁起でもない(+_+) 

心配の裏返しと受け止めて(笑)
ではのんびりと行って来まーーす(^^)v

このページのトップヘ