ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私🍀2022年に結婚した娘と🐧君
スープの冷めないところに暮らす息子🍀母の忘れ形見トイプードルのサクラ(16歳)
旅行が好き♡ 60代は「旅すると暮らすの間の旅」が夢の形に
次はどこでひとり旅×暮らしをしようかな

カテゴリ: プードル サクラとポチコのこと

IMG_3639
連日トイプー・サクラのことばかりで失礼します。

今はサクラが生活の中心にいますので、どうしてもこうなってしまいます(^^;

今日も綴ってまいります( ..)φメモメモ

今日のサクラは明け方4時に起きて、オシッコinオムツ。

サクラが起きると不思議と夫も私も目が覚めます。

そう思うと芯から熟睡していないのかなぁ。

いつもならサクラはすぐに布団に戻って寝るのですが、しばらく落ち着きなく布団から出たり入ったりするので

もしや完全に目が覚めてしまった⁈ 4時に⁉ と思っていたら、今度は💩inオムツ。

その後はまた布団でぐっすり寝てくれました。

+

いつもより遅く(8:20)に目覚めて朝さんぽ。

足取りよく散歩しましたが、終盤に頻尿ポーズで少量のオシッコ。

やっぱり完全に治っていたわけではなかったんだ(^^;;

サクラの場合、頻尿のオシッコのときは普段のオシッコの姿勢よりも腰が高いので

これはいつものオシッコと違うなとわかります。

日中は一度も頻尿ポーズをしませんでした。でも、これで治ったとはもう思いません(^^;

明日か明後日、動物病院へ行って来ます。

+

今日 私が夫の仕事場へ行ってる間に、娘がサクラの見守りをしてくれていましたが

帰らないといけない時間が来たので、サクラが台所にいるスキに家を出たそうです。

あまり時間を開けずに私が帰宅すると、いつものように廊下にいません。

リビングにも和室にも台所にもテーブルの下にもいなくて

なんと娘の部屋の隅の方にいました。

カーテンを開けずに帰って行ったので、真っ暗な部屋の中で可哀想(ノд・。) 

娘が帰り支度をしている間、ずっと娘のストーカーをしていたらしいので、娘を探していたのでしょうか。

娘にラインで知らせると、嬉しかったみたい( *´艸`)

私はいつも後追いされているので、そういう嬉しさに鈍くなっているかも。

玄関で帰りを待ってくれていたり、遠吠えして呼んでくれたり…

もう少し私に対してクールでいてくれてもいいのにな、なんて思っているところもあって…

幸せに麻痺しているんですね。

+

最近、頻尿のこともあってサクラのオムツの使用数が多くなりました。

わんこ用のオムツは赤ちゃん用のオムツよりも値段が高いんです。

赤ちゃん用のオムツをアレンジして使う節約術を紹介してくださっているYouTubeを観ていました。

そんな中で、「老犬には老犬にしかない可愛さと愛おしさと愛がある」という字幕が流れてきて

そうだよねーー!と、激しく共感しました。

前々から娘と話していたんです。「老犬って可愛いよねー。何なんだろうねぇ。」って。

夜も眠れないほどの介護生活を送っていたら、こんなふうに思えない瞬間もあるかもしれないけど

今はその愛おしい毎日に麻痺して過ごしています。

だから今後シニア期を迎えるわんこの飼い主さんに伝えたいです。

老いていく我が子を寂しく思うことなかれ。

これからもっともっと愛おしくなっていきますよと(*^^*)


今朝は7時から夫と一緒にサクラの散歩に行きました。

時々頻尿らしき姿勢でマーキング程度のオシッコをしましたが

室内では3回くらいしか頻尿ポーズ(オシッコの体勢になるけどほとんど出ていない)をしませんでした。

朝ごはんを食べずにひたすら寝て、起きたらスッキリしたのか15時過ぎに朝ごはんの残りを完食。

その後は頻尿ポーズを見ることもなく、夕散歩のときも同じくでした。

ただよく寝るところを見ると、絶好調ではなさそうです。

先生はしばらく薬を飲まずに様子を見ましょうとおっしゃいましたが

確かに薬を飲まなくても頻尿と血尿が治るのなら、膀胱炎ではなく他の病気の可能性もあるということ?

それはそれで困ったな(;´・ω・)


pet_echo_kensa_dog
色んな検査をして病気を探しにいくことは希望していないと以前先生にお話しました。

血液検査や尿検査くらいでわかる病気は別ですが、リスクを冒して検査をしたり手術をするのはやめようと家族で決めています。

今日も娘が泊まることにしたので3連泊目。

サクラと一緒にいる時間が増えたせいでしょうか、今日もサクラの見守りをお願いして夫の仕事場へ行くと

目覚めたあともサクラは娘のそばで落ち着いていたようです。

気を良くした娘は、「サクラちゃんと4,5時間の留守番ならできるかも~」だそうです( *´艸`)

おばちゃんのストーカーばかりせずに、色んな人と仲良くできるのは良きこと👏

pose_yubisashi_kakunin_sagyouin_woman
昨晩から娘が泊まりに来ていて、今回も仕事持参なので

隙間時間に一緒にYouTubeでVlogを観たりして過ごしました。

今日は娘にサクラの見守りをしてもらってる間に夫の仕事場へ行き

いつもは廊下をうろうろしながら私の帰りを待つサクラですが、娘がいるせいか落ち着いているし

ちゃんとリビングにいるから急いで帰って来なくていいよーと言ってくれるほど

いつも以上に調子がよかったサクラさんです。

が、夕ごはんを食べながらオシッコの体勢をしたので(さすがにこんなことは初めて)

これはひょっとして、ひょっとする⁈

オムツを替えるとまさかの血尿Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

血尿と言っても見た目にはオムツに一滴 血が垂れたような感じなので

オムツをしていなければ確認できていなかったかも。

えー! 昨日の尿検査では正常なオシッコに戻っていたのに(~_~;)

娘にも促され、すぐに動物病院へ電話をしました。

余分にもらっていた薬を飲ませれば落ち着くのは想像できたのですが

先生曰く、この年齢になると もしかすると膀胱炎ではなく、膀胱にできもの(腫瘍)ができているとか

他の原因も考えられるので、薬を飲ませるのはぎりぎりまで我慢して、様子を見てみましょうか

とのことでした。

犬 頻尿 血尿 で検索すると、一番疑われるのは膀胱炎ですが、確かにその他の病気も疑われるようです。

今晩、睡眠もとれないほど頻尿になるようだったら薬を飲ませようと思いますが

確か9日前の時は寝ている間は尿意を忘れていました。

そして前回に比べると頻尿の頻度がマシなので、落ち着いて様子見ができそうです。

食欲はあるし、今はテーブルの下で寝ています。

明日以降 落ち着いていれば、木曜は病院がお休みなので、金曜日に採尿して病院へ行く予定。

状態が悪化したら明日病院へ行きます。

昨日の尿検査の結果が良かったのでホッとした直後だっただけに、ガックリ度も大きかったですが

こんなことで弱気になっていたら、サクラの本当の意味での見守り隊は務まりません。

隊長としてしっかりしよう!

pet_toilet_sheet_dog
サクラの膀胱炎が発症してから1週間が過ぎ、薬も全部飲み切ったので

今日は再検査のために採尿したものを持って病院へ行って来ました。

サクラは室内ではオシッコも💩もできず、青空トイレ派に育ちました。

正確に言うと、幼い頃はちゃんと室内トイレの習慣がついていたのに(せっかく躾けたのに)

散歩のときに規則正しく用を足すようになってから、亡き母が室内トイレを片づけてしまったのです💦

実家には小さな庭もあったので、雨の日はそこでことが足りていましたし。

高齢犬になってからおもらしが多くなり、ずっとオムツを履かせるようになりました。

最初の頃はオムツが微妙に湿っている程度でしたが、いつからか寝小便というやつ?

寝ながらオシッコをする技も身に着けたし💦

我慢できない時は悪びれずに人の目の前でシレーッとオシッコの構え。

オムツをしているから誰も慌てないし注意しないので、そうしても良いのだと学習してしまいました。

一歩玄関を出ると そこは屋外だと認識しているようで、オシッコやウンチinオムツはお手のもの。

おやおやおやおや…と嘆くことばかりではなく、悪天候の日やサクラの体調不良の日

これからさらに高齢犬の坂をのぼりつめていく上で、室内やマンションの廊下で用が済むことが好都合なこともあります。

室内トイレでできていれば、こんな苦労はなかったのですが(^^;

これからペットを飼う予定のある方は、是が非でも室内トイレをお勧めいたしますm(__)m

この通り、オシッコを我慢することのないサクラが1週間前に膀胱炎になりました。

オムツをしていることによって、細菌が尿道口から入りやすい環境になってしまっているのでしょうか。

オムツはまめに交換するようにしているつもりですが、夜間だけは見過ごしている時間帯があります。

話を戻しますが、青空トイレやオムツで用を足す場合は採尿が難しくて諦めていましたが

先日YouTubeから入手した方法でやってみるとうまくできました👍 ちなみに女の子ワンコの場合ですが。

オシッコシートだと吸収してしまうので、シートのツルツルしている裏面を上側にして両手で持ち

おしっこの構えをしたときに、シートをたるませて後方から股の間にセットしてオシッコを受けます。

書いて説明するのは難しいですが、オシッコがこぼれないよう

セロテープで紙コップをシートに貼っておき、オシッコがコップに流れ込むようにしました。

女の子でもオシッコが意外に前方に飛び(^^; 初めての試みだったのでシートで受け損ねた分もありましたが

尿検査をするには十分過ぎるほどの量は採れたので良しとします。

次はもう少しうまくいくでしょう。(次がないことが最善なのですが)

尿検査の結果、異常が見当たらないので膀胱炎は完治したようです。

本来ならもう1週間、念のための抗生剤を続けるそうですが、サクラの場合は薬との相性も疑わしいので

薬は一旦止めることになりました。

膀胱炎は再発しやすいと聞くので、今回のように夜間に頻尿が発症したり、病院の定休日に発症したときのために

薬を2日分、お守り代わりに持っておきたいのですがどうでしょうかと相談すると、快諾してくださいました。

もちろん薬を飲ませる前には電話で先生にひと言相談してからと思っています。

IMG_3536
犬の薬を飲ませる方法をYouTubeで調べたことがありました。

少し上を向かせて口の中に錠剤を入れ、喉をさすってあげると飲みこめると簡単そうに説明されていて

亡き母はサクラに錠剤を飲ませるときはそのようにしていたようです。

おもしろいことに、白内障用のサプリメントを飲ませていた時期があり

そのときはテーブルの上に3粒置いておくと、勝手に食べていました。

よほど嗜好性の強い風味だったのでしょうか? おやつと間違えていたようでした(^^;

薬によっては苦味のあるものもあって、わんこが嫌がることもあるんですよね💦

そんな時はサランラップで挟んですりこ木で潰してから、ちゅーる(ペースト状の生フード)に混ぜてスプーンで飲ませていました。

ご飯に混ぜると、薬に気づいてご飯ごと残しそうなので。

ちゅーるは薬の時しか与えないので、よほど美味しいのかして喜んで食べていましたが

非常用のリュックの中にも①サランラップ②ちゅーる③すりこ木④スプーンの4点セットを準備しておかないといけないし

外出先で簡単に薬を飲ませられないのが難点。

ある日ペットフードコーナーで写真のようなものを見つけました。

ピルポケットとも呼ばれるものでしょうか。



b
真ん中の穴の部分に錠剤を入れて与えると、おやつのように喜んで口に入れます。

こちらもよほど嗜好性が強い風味がするんでしょうか。

これなら4点セットの必要はなくて、薬を飲ませる方も飲む方もノンストレスです。

2日前から膀胱炎になり、薬の効果で回復したとは言え、さすがに今日予約してあったトリミングは延期するつもりでしたが

昨日の診察のとき、先生もスタッフさんも口を揃えて

大丈夫じゃない?キレイにしてもらってきたら?とおっしゃられました。

え⁈ そうですか? 

それほどボサボサですもんね💦  

今日は落ち着いていたので、予約の15時にサロンへ向かいました。

ん?ここでも前ほど震えていない。

慣れとかではなく、もしかしたら不安や恐怖心まで鈍ってきたかな?という気がしないでもありません^^; 



IMG_3484
こんなんになりました♪( ´θ`)

次のトリミングまで、また3ヶ月間隔を開けたいので、できるだけ短くカットしてもらいました。



IMG_3506
胴回りは2ミリ、脚は3ミリ、耳もいつもより少し短く。



IMG_3489
帰り道は散歩を兼ね、ごはんもしっかり食べ、お薬も食べて



IMG_3526
疲れて寝ました。

昨日の病院、今日のトリミングと、ちょっと負荷がかかってしまったけど、よくがんばりました。

明日からはゆっくり過ごさせてあげたいと思います。

お疲れ!サクラ。

IMG_3466
昨夕の散歩のとき、オシッコをする体勢をするも殆ど出ていないことが3回続き

ふだんはそれほどマーキングをするタイプではないので、これはもしや膀胱炎⁈

家に帰ってからも落ち着きなく部屋の中を歩き周り、ひどいときには3分に1度オシッコの体勢。

これだけ動き回ると、しまいには口を開けて呼吸も荒く、一番心配していたのは、これが痙攣発作の前兆だったら…ということでした。

ただ昨年末と違ったのは、痙攣前のそわそわ感とは明らかに違っていました。

あの時は何かにおびえているような表情で、身の置き所がないという感じでそわそわと歩き回っていたのですが

今回はちゃんと周りが見えているし、単に膀胱炎で落ち着きなく歩き回っているという感じでした。

そんな中でも夜ごはんは完食して安心させてくれたサクラさん。

21時前になって、最後は疲れて布団の上にダウン。

寝ている間だけは尿意を忘れられるようで、寝顔を見てホッとするのでした。

+

一夜明け、サクラは6:20に起床。え!日に日に早起きを更新していってる⁈

6:45に散歩に出発し、今朝はショートコース。

もしかすると今日も部屋の中を歩き回ることになるかもしれないので、疲労のことを考えてそうしました。

一番乗りで病院へ行き、先生に昨日のお礼を言って診察してもらいました。

少しだけ採取できたオシッコで検査すると、血尿が確認できたので、おそらく膀胱炎だろうということ。

サクラは抗生剤の種類によっては痙攣を誘発することがあったので、抗生剤の種類を選ぶことに関して先生は慎重です。

抗生剤と消炎剤、整腸剤が処方されました。

家に帰って早速薬を飲んだあと、サクラは5時間眠り続けました。

眠くなる成分でも入っていたのか? それとも昨日の疲れか?

今日の夕さんぽは普段どおり。薬の効果ってすごいですね。

尿意を感じて歩き回ることもなく、夜ごはんも完食し、薬も飲んでうたた寝中であります。

痙攣発作の不安はこれからも常について回るのですが、今回は逃れました。

今年になってから、毎月病院通いです。

その甲斐あってか⁈  前回も今回も、病院でのサクラの震えがずいぶんマシになりました。

サクラ!病院とうまくつきあって暮らそうね。

a
今日もサクラは朝の7時前から起き、部屋の廊下をうろうろし始めたので散歩に出ました。

このリズムが定着してしまうのかな?

夏は7時前に散歩すれば気温が上がる前だし、まだアスファルトも焼けついていないので理想的なのですが。

最近 朝ごはんもちゃんと食べていましたが、今朝は久しぶりに口をつけずに丸マットの上で寝ました。

食べる時期がしばらく続くと、食べない時期もしばらく続き

よくあることなので気にしていなかったのですが、今日の夕さんぽの途中からいつもと少し様子が違いました(^^;

昨年末の膀胱炎のときと同じ状態。

その時は抗生剤の注射をし、消炎剤の薬を飲み始めたその夜中に初めての痙攣が起きたので、サクラの膀胱炎はトラウマなのです💦

かかりつけの病院へ電話をしてみました。

日曜の夕方なので休診のはずですが、留守番電話に録音中に先生が電話に出てくださいました。

いよいよ痙攣が起きそうなときは、前にいただいていたロラゼパムの薬を。

痙攣が起きてしまった場合は座薬を入れることになりました。

今晩は抗生剤も消炎剤も、思い切ってがまんすることに。

先生によると抗生剤が痙攣を誘発することは考えにくいのですが、前回、抗生剤の注射の後で発作が起きたので

可能性のあることはやめることにしました。

単に膀胱炎なのか?

これも痙攣発作の症状の一環なのか?

私達にも先生にもわかりません。

いつもならこたつテーブルの下で居眠りをしている時間帯ですが、今は落ち着きなく歩き回っています。

もし痙攣が起きた場合のことを夫とシミュレーションして、今は様子を見守っています。

写真は今日の紫陽花。

紫陽花の季節まで痙攣を起こさずに過ごしてこれたけど、今晩もどうか痙攣が起きませんように。


IMG_3403
サクラの耳が前よりも少し悪くなったような気がします。

①こちらに気づかせたいときに手を叩くと気づいたものですが、反応が悪くなった。

②バイクが横を通り過ぎるときにビクッと驚くことがある。

サクラにとっては徐々に近づいてきている音ではなく、突然の音に聞こえるのだと思う。

音のない世界で生きているのはどんなに不安だろう。

まだ自分の足で歩き、光を感じ、白内障だけどぼんやりと見えている。

毎日快便だし、ごはんも美味しいぞっと!

愚痴ったり弱音を吐いたりしない動物は尊いね。人間には真似できない。

失ったことを可哀想と思わずに、出来ていることに感謝して

幸せに感じて暮らしていこうねと思うのです。

IMG_3380
曇り時々雨の一日

夫は早朝より姫路と和歌山の物販を梯子。
どちらも販売補助の助っ人さんに助けていただいています。

朝は雨が降る前にサクラの散歩ができ
夕方は雨が降る予報だったので14:30に散歩。

いつもと違う時間に散歩したことを忘れて
夕方も部屋の中をうろうろして準備運動するサクラ🐾



IMG_3374
風で毛をふわふわさせながら一生懸命歩いているので
どんな顔をして歩いているんだろうと覗き込んだ瞬間。

今は食欲もあるし、よく寝ているし
痛むところもなくて快調なサクラさん。

体調と天気によって、ショートコース、ミドルコース
ロングコースの散歩コースがあります。

冬はほぼロングコースでしたが
春になってからミドルコースの日が増えました。

上りの坂道は後ろ脚のトレーニングになり
下りの坂道は前脚のトレーニングになるのだそう。

緩い坂道の多い街なので、サクラにとっては毎日がトレーニング💦

私は旅行のVlogをいくつか観て
いつかソウルへ行けるようになったら行きたいお店をふたつ追加( ..)φメモメモ

それだけで収穫があったような気がするのだから
安上りだなぁ( *´艸`)


このページのトップヘ