ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

カテゴリ: 旅行・おでかけ・出張


FullSizeRender
昨日から大会物販で兵庫県の姫路に出張していました。

仕事ですからビジネスホテルです。先週のラ・スイートで浮かれた日からちょうど1週間

しっかり私の日常、現実にリセットされました。


IMG_9568
ホテルチェーンではない安価なホテルを利用すると、部屋の匂いが気になったり、廊下が暗かったりしたことも過去にはありました。

出張はこんなもんやでと夫に諭され、贅沢言っちゃいけないんだと言い聞かせていたのですが


IMG_9567
回数を重ねる内、ほんの少し料金を上乗せするだけで気持ちよく過ごせるならそれも有りだなぁと思うようになりました。

狭さは目をつぶれるのですが、雰囲気が暗いのと匂うのはトホホなのです。

今回のホテルアルファーワンは2度目の利用。広さも十分、明るくて清潔、普通に快適で、出張には十分過ぎました。


FullSizeRender
夕食はお店の外から中をうかがい、ゆったりしていそうな居酒屋を探して入りました。

半個室にテーブルがふたつ、その間にはついたてがあって良かったのですが、どこからか賑やかな声が聞こえてきます。

お酒が入るとこうなるんだなぁ、、、早めに切り上げてホテルに帰りました。

朝は夫が7:30に、私は8:30にホテルを出発。

感染者数が急増中の兵庫県ですが、検温や消毒管理をし、密を避けながらの開催となりました。

夫は審判員として会場にいましたので、今回は私ひとり。

かつてのような賑わいはなかったですが、開催にこぎつけ、こうして呼んでいただけただけでもありがたいです。

地元開催ですし、馴染みの流派なので気負いもなく、何とか無事に終えました。

姫路から自宅に帰っている車中です。

main_visual
ホテル ラ・スイート神戸のレポート、興味のない方には申し訳ないですが第4弾です(^^;

我が家としてはお気軽に電車に乗って買い物に行ける距離にあり、本来なら宿泊することのないホテル。

しかも家族でのホテルステイでしたので、時おり「おうち感」丸出し画像も交えながらのレポートですが、おつきあい下さいませ。



IMG_9360
15時頃に娘が遅いランチを取ったこともあって、夕食は部屋食にしました。

軽めがいいねと、ハーバーランド内にあるスーパーで ざるそばなどを仕入れて来ました。

画像はKALDIで仕入れた LEMON BEER。ビールが飲めない娘が美味しく飲めたビールと聞いて私も便乗。

ちなみに私も未だビールの美味しさに目覚めておりません(^^;

ホップとレモンのマリアージュ。ライトテイストなビールにレモンジュースをブレンド。スペイン産--とあります。

若干、砂糖の甘味は感じますが、確かに飲みやすくて美味しかったです。



IMG_9213
ハーバーランドのアラカンパーニュで食後のタルトも仕入れていました。

空手教室を終えた夫もやって来て、用意しておいたスーパーの総菜などでしたが

夫はそれが気に入ったらしく、とてもとても上機嫌でした。

いつもは娘と楽しむことが多いホテルステイですが、こんなに喜ぶ父を見ていると、また誘ってあげたくなったようです。



IMG_9364
タルトはとても美味しかったです(*^。^*)



IMG_9351
このキレイな夜景を夫にも見せてあげようとすると、コロナ禍においてポートタワーのライトアップは20時まででした。



IMG_9352
ホテルの噴水のライトアップもきれい。



IMG_9353
オリエンタルホテル



IMG_9527
食事を終え、順番にバスタイム。私、娘、夫の順で入りました。



IMG_9528
照明を落とすとこんな感じに。枕に頭を乗せて足を伸ばすとちょうど反対側に足先が届くくらいのサイズです。

テレビを観ながら、至福のバスタイムでした。「極楽、極楽~」とは言いませんでしたよ(* ´艸`)



IMG_9384
「ママ、サンライズよ~」という娘の声で目覚めました。時間を見るとこのとき6:18。

恥ずかしながら我が家は宵っ張りの朝寝坊家族ですので、滅多にサンライズは拝めないのです(^^;



IMG_9437
朝のホテルの中庭。朝食は8:30でお願いしていたので、時間はたっぷりあります。

滅多にこんな時間に来ることのない中突堤あたりをウォーキングするプランもあったのですが



IMG_9524
滅多に使えない大きなジャグジーバスがあるので、やはり朝もお風呂に入ることにしました。



IMG_9523
朝陽を浴びながらお風呂に入れる幸せ。これが日常なら、きっとこれほどの幸福感を感じていなかったはず。

よかった。。贅沢していなくて…なんてぼんやり考えながら、娘、私に次いで



IMG_9525
最後に目覚めたオジサンも朝風呂タイム(* ´艸`)



IMG_9393
ビーチでもないのに素足を撮るお風呂上がりのオバサン(^^;



IMG_9413
そうこうする内に朝食が運ばれて来ました。
今の時期の朝食は部屋食のみとなっています。



IMG_9400
夫はソファ席で、私と娘はワゴンテーブル。
私達の撮影タイムの間、夫に待ってもらわずに先に食事を始めてもらえて良かったです。



IMG_9404
お目ざめのカクテルジュースとお好みのジュース
氷上産ヨーグルトと季節のフルーツ
兵庫県の野菜を使った身体に優しい季節のスープ
兵庫県夢前町の七福卵を使ったお好みの卵料理 兵庫県産ポークのハムとソーセージ添え



IMG_9405
夫と娘はスクランブルエッグ、私はポーチドエッグにしました。



IMG_9433
兵庫県産 野菜のサラダ



IMG_9529
ル・パンのオリジナルベーカリー



IMG_9438
持ち帰り用の袋も用意されていました。



IMG_9411
わずか21時間のホテルステイでしたが、日常を離れ優雅な時間を過ごさせていただきました。
どんな組曲(スイート)を奏でることができたでしょうか。

自分達の耳には優雅な曲が聴こえてきているのですが
オジサンとオバサンはもう少し優雅な立ち居振る舞いで奏でることができるようになりたいものです。

そんな両親と裏腹に、娘はこちらのホテルを利用するのは3度目。1度目は大学の謝恩会の夜でした。
なんと贅沢な‥と思うのですが、若いころの体験がこれからの娘の新しい仕事の糧になっているような気がしています。




IMG_9253
一昨日は神戸に来ていた娘が、急きょ「ホテル実家」にお泊まりとなりました。

昨日娘は有休を取っていたので、ランチを一緒してそのままバイバイ👋

私は注文していたスペアキーを受け取りに行き、その後夫の仕事場へ。

夜は息子と家で夕食。週に一度あるなしの会なので、2時間ほどおしゃべりに付き合い

その間も夫や母ともやりとりして、なんだか疲れました^^;

やっと自分の時間を持てたのは22時過ぎ。素敵ホテルのレポートも簡単にしかアップできなかったので

今日は少し詳しく見ていきたいと思います。画像はお部屋に飾られていた絵。



IMG_9302
チェックインする時にフロントで100%天然のアロマオイルのウエルカムサービス。

「エレガントローズ」の香りをお部屋の中で楽しみます。



IMG_9306
同じく女性限定で、選べるアメニティプレゼントがありました。



IMG_9312
ソファとクッション



IMG_9264
カーテン、お部屋の雰囲気にぴったりです。



IMG_E9249
ソファからの眺め



IMG_9522
お目汚しの一枚💦 私が撮ってるものは



IMG_9266
クリスタルシャンデリアでした。



IMG_9257
コーヒー、紅茶、お茶など。
そのバックには色々と説明書きがあり、娘のつぶやきが聞こえてきます。

「なんか日本のホテルって、こういう説明書き置いちゃうんだよね。
海外だと別のところにあったりするんだけど」トカ、ナントカ…

見た目よりも、かゆいところに手が届くサービス重視なのか、親切過ぎるんでしょうか。



IMG_9478
ミニバーのチェックは怠らない夫です^m^



IMG_9259
丹波立杭焼の急須と湯呑
日本茶を淹れてこちらでいただいたらよかったなぁと、今ごろ画像を見て思うのです。



IMG_9260
カップはベルナルド製



IMG_9261
夕食は持ち込んで部屋食にしましたので、グラスやカップはフルに使わせていただきました。



IMG_9292
アメニティ類
カップが直置きなのかとびっくりしましたが
コップとジャストサイズのコースターがあってマジックのようでした。



IMG_9294


IMG_9290
バスソルトは



IMG_9291
大型円形のジャグジーバスに入れて楽しみます。



IMG_9518
ジャグジーバスとシャワーブースの間を行ったり来たり💦



IMG_9309
フランス エラバシェ社製のシャンプー・コンディショナー・ボディーソープ



IMG_9286
100%ナチュラルコットンのボディタオル



IMG_9242
ベッドはシモンズ社製。娘とふたりで寝ても広々で快適でした。



IMG_9227



IMG_9278
オリジナルパジャマと



IMG_9282
バスローブ



IMG_9376
ベッドサイドの引き出しの中にはおやすみセット(おやすみ手袋と靴下)。
ベッドに入る直前までサービスが嬉しいです。

さて、明日は私達がホテル ラ・スイートで奏でた組曲のほんの一部を♬ 


IMG_9298
ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドにお籠りした時のお部屋レポートです。

部屋のタイプはラグジュアリーデラックスのダブルベッドタイプ。

部屋のドアを開けると短い廊下があり、もう一枚ドアが。



IMG_9299
左手にクローゼット。



IMG_9235
右手には和室=夫部屋^m^ 

夫はお酒をたくさん飲むとイビキをかく傾向があり、娘がすごく嫌がります(T ^ T)

こちらのタイプの部屋には和室があったのでポイントアップでした。



IMG_9300
部屋の全様



IMG_9233
左側にはダブルベッド



IMG_9256
ソファと椅子とテーブル。こちらで部屋食をしました。



IMG_9230



IMG_9243
正面に棚。



IMG_9254
ベッドと反対側にデスクとチェストとテレビ



IMG_9246
反対側からの眺め
変形型の間取りですが、変化があって嫌いではありません。



IMG_9267
バルコニー



IMG_9269
バルコニーからの眺め。ポートタワーとオリエンタルホテルが臨めます。



IMG_9288
そしてこちらがラ・スイートの最大のトキメキポイントであるジャグジーバス。



IMG_9517
別にシャワーブースもありました。

ところでラ・スイートのスイートは、「一続きの部屋」という意味だけでなく、「組曲」という意味だそうです。
s「組曲(suite)」組曲(suite)」
感性の「組曲suite)」を愉しむホテルステイがコンセプト♬

今日は忙しく、細かいところまでレポートできませんでした(^^; 明日に続きます。


いつも家族のお誕生月には、主役が食べたいものを食べる会をしてお祝いしていましたが

コロナ禍でもありますし、1月の娘のお誕生月は食事会の代わりに奈良の素敵ホテルにお籠りする計画でした。

普段なら敬遠するお値段のホテルですが、この際とGoToTravel キャンペーンで申し込みを。

そのキャンペーンも中止となり、旅行や宿泊のキャンセルが相次いだのは記憶に新しいところです。

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランドも普段なら敬遠するホテルですが
GoToキャンペーンに頼らなくても期間限定 特別価格のプランを娘が見つけてくれました。

夫のお誕生会もしていなかったので、合同でどう?というお誘い。

1室 33000円ほどで利用できました。しかも朝食つき(^^)v

3人ならひとり11000円ほどで泊まれるのですからOKしない理由はありません。



IMG_9457
先週の金曜日、パート終わりに娘と合流して行ってまいりました。夜からは夫も合流。

こじんまりとしたホテルですのでこちらが正面エントランスとなり、仰々しさはありません。

豪華マンションの入り口風といった感じでしょうか。



IMG_9454


IMG_9452
入口から入った正面。今は白ユリが飾られています。



IMG_9453
こちらの扉の向こうがロビー。神戸らしい洋館風。



IMG_9219
こちらはハーバーランド側のエントランス。



IMG_E9226
SMALL LUXERY HOTELS OF THE WORLD(世界に比類ない小規模のラグジュアリーホテル)に加盟しているホテルのようです。

現在のところ日本では全14ホテル



IMG_9222
私達はハーバーランド側からこちらの階段を上がっていきました。



IMG_9445
噴水の背景に全室ハーバービューの建物。



IMG_9326
噴水の脇の通路



IMG_9446
神戸のシンボル ポートタワー



IMG_9441
ロビーでも白ユリの花が迎えてくれました。



IMG_9296
チェックインをし、手渡された可愛いルームキー。味気ないカードキーと違うところに1トキメキ♪

エレベーターでもこちらを使用します。



IMG_9320
部屋番号を目で追いながら廊下を歩き



IMG_E9316
ドアを開ける瞬間はいつもわくわく。

旅行離れしていたので、この感覚を味わうのは久しぶりでした♡  明日に続きます。

IMG_8249
一昨年、私ひとりで四日市に出張して物販を受け持ったことがありました。

我ながらよくやったなぁと思います^^;  

宿泊したホテルは駅からも近く、繁華街の中にあって女性ひとりの夜道も不安ありませんでした。

今回は その時と同じホテル。



982109fa
選べる朝食の鯛茶漬けが気に入ったので、今回は夫も一緒に思っていましたが

夫だけ朝6:30にホテルを出発していったので、夫は鯛を釣り逃してしまいました💦



218733fd-s
私は9:30にホテルを出発することになっていたので、今回もひとりでゆっくり朝食をいただきました。

近くの公園にでもウォーキングに行こうかなとも思いましたが、どうもササッと部屋を飛び出す勢いがありません。

こんな日は無理に行動せず、この後の物販の為に体力を温存することにします。



6316a124
会場になっていた体育館の2階にはウォーキングコースがあり



65293297
建物の内周の通路を歩くと320メートルのコースになっているようです。

ふたりで物販に来ていると、たまに時間を持て余すこともあり

30分くらい散歩して来ていいよと言ってくれることもあるのですが


ありがたいことに今日は散歩する間もないくらい忙しくさせてもらい

魅力のあるウォーキングコースはお預けとなりました。

今回の大会は開会式も閉会式も略式でしたので、いつもより早く終えて15時には会場を後にしました。



8b6d1968-s
途中2ヶ所のパーキングに寄って西へ向いて帰っています。

サービスエリア内は結構な人出でした。仕事の人もあれば、遊びの人もいるのでしょう。

自分もその中のひとりですが、春休みでもお花見シーズンでもない普通の日曜日でもこうですから

行楽シーズンはどうなるかなぁと不安がよぎります。

IMG_6935
こちらは今日は雨。

この辺では久しぶりに一日中降ったりやんだり、また降ったりの雨だったような気がします。

たまには雨にも降ってもらわないと困りますからね。

本当なら娘と奈良のホテルに籠るつもりで、パートを前日に振り替えていました。

部屋の中に天然温泉の露天風呂があるホテルは初めてだったので、とても楽しみにしていましたが、楽しみは中止ではなく順延です。

いつも金曜はパートの日なので、金曜日の午前中に家でのんびり過ごすのはとてもレアでした。

あたりまえの掃除をし、プチ断捨離は3年前のガイドブックを5冊とチュニックを1枚。

いつもながら歩みがのろくて緩い断捨離です。

私は今までで6泊8日が一番長い旅行なのですが、旅の支度をしながらルーティンのようにいつも考えることがあります。

旅支度…   衣類、履き物、アクセサリー、コスメ、洗面具、薬、手帳と筆記具、雨具

細かいことを言えばビニール袋やポリ袋、タオルやティッシュ、ウエットティッシュ、爪切り、現金とクレジットカード、スマホと充電器など

これくらいの衣服と日用品があれば、1週間どころか、1ヶ月でも暮らしていけるわけです。

他のものはあった方が生活が豊かになったり、便利になったりはするけれど、最悪なくても生きてはいけます。

極端な話が家の中もこれくらいのものさえあれば生きていけるということ?

と、そんなことを思いながらこのつぎ旅支度をするのは、一体いつになるでしょうか。

明日は娘の家にお泊まりしてきます。娘の家だから部屋着や基礎化粧品は貸してもらえるので

更に身軽なお泊まり支度です。

無題
3月、5月と、そろそろ夫の出張の予定が入ってきています。

宿泊の予約も一応してはみるのですが、いくらお安くても「キャンセル不可」プランを予約する気にはなりません(^^;

東京のコロナ感染者数は着実に減ってきていますね。

住まいのある関西圏も各地方も、東京をモデルに少し時間差で減っていくでしょうか。

きっと減る、そしてその内ワクチン解禁(接種するしないは別として)…と、希望を持って

出張の宿の予約をふたつしました。

出張で泊まるビジネスホテルの予約に時間を取られるのがすごくイヤなのです。

特にいつだったかの京都のホテル探しには苦戦しました。

直前だったこともあるのですが、インバウンドが激増した頃です。

挙句の果て、出張利用にはもったいないようなホテルしか取れなかったり…

そんな経験をしながら、とにかく出張の予定が立ったらすぐに宿を手配するようになりました。

キャンセルもネット上なら「申し訳ありませんが」と言う必要もなく、気兼ねもなくできますからね。

昨年はコロナ禍で、10ヶ所くらいの宿泊を片っ端からキャンセルしました。

今年はまだインバウンドがないに等しいので、それほどホテル探しに苦労することはないでしょう。

春シーズンと秋シーズンの宿泊予約、今年はキャンセルすることなく、また自由に国内を往来できるようになれるよう

今はしばし辛抱の時期。もうGoToキャンペーンには期待しません。

+

本日、夫は市の健康診断で胃のバリューム検査をしました。

車も車検から戻ってきました。夫も車もメンテナンス終了!(^^)!


1/11のこと
IMG_6669 - コピー
朝7時過ぎに朝食会場へ行きました。


IMG_6668 - コピー
ソーシャルディスタンスや手指消毒に気をつけ


IMG_6667 - コピー
夫とも対角線上に座ります。

ふだんはビュッフェスタイルだそうですが、現在はプレートに盛り付けられていました。

ごはん、カレーライス、お味噌汁、ソフトドリンクはお代わり自由。

夫はひと足先に席を立って、仕事に向かいました。

IMG_6678 - コピー
私の出張とは名ばかりで、仕事は夫ひとりで大丈夫だからと、この日私は自由時間をもらっていました。

和歌山でも昨日は最高気温が3度でしたが、幸い風があまりなかったので体感気温はそれほど低くはなかったです。


IMG_6682 - コピー
お正月からこちら、食べ過ぎで体重が戻り切らないので、和歌山城まで30分ほどウォーキングし


IMG_6681 - コピー

IMG_6687 - コピー
以前夫と行ったことのある和歌山城の天守閣まで上がってみることにしました。


IMG_6692 - コピー
表坂を上がって行く途中、小さな動物園が見下ろせました。


IMG_6707 - コピー

IMG_6704 - コピー
へっぽこな私はこれしきの坂道で息が上がります💦

ベンチに座ってしばしぼんやり。空は曇っていましたが、これはこれで風情のある空です。


IMG_6709 - コピー
お土産物を見て回り


IMG_6711 - コピー
隣にあった休憩所で温かい甘酒をいただきました。

ショウガも入っていて体はぽかぽか。


IMG_6712 - コピー
案内もして下さる可愛い忍者さん達は語学堪能。


IMG_6718 - コピー
和歌山城から下ると、こちらも二度目の美術館へ。


IMG_6717
コレクション名品選というのが無料で公開されていました。


IMG_6721


IMG_6723

IMG_6722


IMG_6729
人出も少なく、ほぼ独り占めのこの空間の中で、座ってブログを書いたり

ランチのお店を検索したりしながら過ごしました。


IMG_6731
さて、この後はおひとり様ランチです。どこで何を食べるか、どの道を歩くか、ひとりで選択して過ごす時間。

和歌山城を目印に歩きはじめます。Googleマップがあれば迷うことはありません。

年々ひとり遊びが上手になって困るんですが^^;



今日は神戸南部地方でも雪が降りました。

FullSizeRender
昨日から夫と電車で和歌山に出張して来ました。日曜ですが流石に車中は空いています。


FullSizeRender
和歌山は感染者数を抑えているからでしょうか、このところ私達が受け持つ大会物販は和歌山開催が続いています。

春からは兵庫、京都、滋賀、奈良、岡山に飛び回れるようになるかなぁと願っていたところの緊急事態宣言の要請。

今年はどうなるでしょうか。


72bb473f
サクッと準備を終えて、宿にチェックイン。

前回のドーミーインもよかったですが、楽天トラベルでアーバンホテルが安値だったのでこちらにしました。


FullSizeRender
お部屋はシックでモダン。比較的新しいので気持ちが良いです。


FullSizeRender
以前は節約したあまりに古かったり、部屋の匂いが気になったりするビジネスホテルもありましたが

やはり新しいホテルは安心して使えます。


f7cfa7c0
翌朝見ると、窓の外はこんな景色。

建物の構造上、部屋の位置によってはこのような眺望になるようですが、私達には全く問題なしです。


IMG_6654
十分な数のコンセントがありましたが、更に延長コードもあるところが良かったです。


FullSizeRender
夜はホテルの近くの海鮮炉端へ行きました。

感染者数の少ない和歌山だからという油断は否めませんが

他府県から持ち込まないようにしないといけません💦


FullSizeRender
皆さんマナーが良く、大声で話したり騒ぐ人はいませんでした。


FullSizeRender
和歌山に来るとやはり海鮮が食べたくなります。

FullSizeRender
マグロのお造り。ひとり分の量が多いような気がするのは気のせいでしょうか?

ひとつ不思議だったのは、わさびが添えられずレモンが添えられていたこと。

言えばすぐにわさびを持って来て下さいましたが、もしやレモン醤油でいただくのが推奨だったのかな?

もう少し切り込んで聞いてみたら良かったです。


FullSizeRender
てっさも分厚くて歯応えがあり


FullSizeRender
お肉のタタキもいろんな薬味の味変を楽しめ美味しかったですが、どう見てもおひとり様の量ではないですね^^;


FullSizeRender
味見をするのを忘れた磯辺揚げ


FullSizeRender
アサリ雑炊を頼むと、殻付きのアサリが入っていて、海鮮出汁の雑炊は新鮮でした。

私には少しお出汁が濃く感じましたが初めての風味の雑炊でした。


FullSizeRender
出張の夜恒例のコンビニアイスを買って部屋でクールダウン。


IMG_6661
夫は早々と就寝し、私はテレビを見たりしながらゆっくり過ごしました。

このページのトップヘ