ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

おいしいもの

IMG_7605
もちもち という文字が視界の片隅に入るとピピッとセンサーが働きます。

娘が好きそうだなぁと思って買いましたが、娘も同じものを買ったと言ってました(笑)

先日もブログに書いた「ザワつく!金曜日」で紹介されていたチーズをアレンジしたスナックを作ってみました。



IMG_7776
レシピではQBBのキャンディータイプチーズを使っていましたが

近くのスーパーで手に入らなかったので、トッ●バリューのチェダーチーズで作りました。

気にいるかどうかわからないので、試しにチーズ10個を半分に切って、クッキングシートの上に並べてチン♪

画像くらいの間隔を開けて並べましたが



IMG_7779
チンしている内にチーズが溶けて隣同士くっつきますが



IMG_7782
簡単にペキペキ折れます。外側がもっちりで、中がサクッとした食感になりました。

加熱時間を調整して好みの食感にするのもイイですね👍

美味しいと家族には好評でしたが、スナックのようで食べやすくなり、生の状態で食べるよりもつい食べすぎてしまう心配があります。

塩分のとりすぎが気になる人にはちょっと危険なアレンジスナックかも。

リピートありです◎

FullSizeRender
こちらは少し前にテレビ「ザワつく!金曜日」で紹介されていた簡単スイーツ。

ひと手間お菓子&ご当地銘菓アレンジレシピがテーマでした。



IMG_E7595
最近はスーパーでも地方の銘菓が不定期に手に入ることがあり、今回は「生八ツ橋」が手に入ったので作ってみました。



IMG_7580
食パンの上に京都銘菓の「おたべ」を並べ、4分トーストした後、真ん中にバターを乗せるだけ。

家にバターを切らしていたので、チューブタイプのバターを真ん中に乗せてからトーストしました。

おたべの餡の量は控えめだし、ニッキの香りが立ち、甘味とバターの塩味がちょうど良い具合。

夫も気に入っていました。

この時は6枚切りの食パンを使いましたが、薄いパンを使えばもう少し軽いスイーツに仕上がりそうです。


こちらに、その時の他のレシピをまとめて下さっているサイトを見つけました。
いくつかあった中でやってみようと思うのは

「カリサクチーズスナック」
「和風ごまスーパーカップ」
「カラムーチョニンジン」
「ハーベストミルクレープ」



IMG_E7597
ハーベストバタートーストが売り切れているのは、ひょっとして…(・・?

私のことですから簡単なものしか作りませんが

カロリーを気にしながら、ザワつく金曜日を過ごすことになりそうです(^^;


パート先の近くにあるパン屋さん。
月10回のパートの内、2~3回はランチに利用しています。



無題
(オフィシャルサイトより画像拝借)
こちらは人気の定番パン。クリームパン、塩バタークレッセント、マスカルポーネあんぱん、カレーパンなどが好き♡

中でもカントリーフォカッチャは大好きで、昨日もランチに買って職場へ戻ったのですが
Fさんよりお寿司の差し入れがあったのでパンは持ち帰り



IMG_E7538
今日のランチにしました。



IMG_7575
韓国ドラマを観ていると、雨の日にはチヂミとマッコリというシーンがよく出てきますね。
チヂミを焼く時の音が雨の降る音と似ている--という説もあるそうです。

今日はとても良いお天気でしたが、夜にチヂミを焼きました。
ニラがなかったので青ネギ、玉ねぎ、豚肉入り。

こんなメニューのとき、私の場合はマッコリではなくレモン酎ハイが飲みたくなるのですが
少し前から家では酎ハイ断ちしています。グラスの中はお茶ですよ、お茶(;´д`)トホホ

私、以前は家ではほとんど飲まない方だったのです。
体重が増える一方で泣きそう(´;ω;`)ウッ…

このお正月からほぼ毎日のように飲んでいた酎ハイのせいかなぁと、酎ハイが悪者扱いされています。

それでも体重が減らなかったら、最後の手段はスイーツ断ち(糖質制限)。
これは回避したいです。


無題-1 - コピー
(画像拝借)
駅の改札を出たところに持ち帰り専門店として、昨年期間限定で出店されていたスシ●ーさんが

またカムバックして1ヶ月ほど経ちました。



無題 - コピー
(画像拝借)
本日はパート先のFさんがこちらのお寿司をお昼に差し入れてくださいました。
しかも嬉しいお味噌汁付き(♡´ω`♡)



IMG_E7519
3貫入りのパックですが、Hさんにもひとつずつお裾分けして、美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。



IMG_E7531
息子から鰻丼のリクエストが届き、今日は2週間ぶりの息子と2人の夕食会。

同店のうまき弁当に興味があったので、私はそちらの半分をいただきました。

スーパーで298円のセコ蟹が売られていたので、食べる部分はほぼありませんが^^;

お味噌汁に入れると良いお出汁が出て美味しかったです。

今日はお寿司に鰻に蟹の味噌汁と、贅沢をいたしました。


IMG_7505
白鶴さんの酒粕をいただいたので、甘酒をつくりました。

レシピでは1人分につき砂糖が大さじ1ほど入るところ、少し控えめにして作ってみたら

味見をするとやっぱりもう少し甘味が欲しい。

で、砂糖をちびちび加えながら味見を繰り返している内に

結局おいしくなる頃には大さじ1ほどの量に(^^;

おろし生姜も加えて、ぽっかり温まりました。

ごちそうさま。

今度は豆乳か牛乳でつくってみようと思います。


IMG_7400
何人かの方のブログで紹介されていた鯖缶を使って作るビーフストロガノフ。

美味しいと評判だったので、私も作ってみました。

何よりお手軽に手に入る鯖缶が主役なのでリーズナブル👍

鯖と明かさず夫に食べてもらうと、「魚の味がする」とすぐに当てられましたが(^^;

鯖の味噌缶を使ったので、お味噌も良い隠し味になっているような気がします。




IMG_E7465
次の日は夫の休肝日だったので、鯖ストロガノフを連投。

休肝日には焼酎が合わない丼ものやライスものを作ることが多いのです。

カレーは2日続けて食べられても、ストロガノフはさすがに飽きますね(^^;

うちはやっぱりカレー派かな。




「ハヤシライス」「ハッシュドビーフ」「ビーフストロガノフ」の違いについて、わかりやすい記事をみつけました。

子ども向けのトマト味が濃いものがハヤシライス
大人向けのデミグラス味が強いものがハッシュドビーフ
サワークリームを入れたビーフストロガノフ



ところでビーフは使っていないので「サバストロガノフ」かな?と思ってタイトルをつけましたが

このビーフって牛肉を意味するものではないってご存知でしたか?

ロシア語では「ビフストロガノフ」と呼ばれ、私達が思っている「ビーフストロガノフ」の「ビーフ(牛肉)」ではなく

ロシア語の「〇〇流」「〇〇風」の意味を表す「ベフ」から来ているというのです。

ストロガノフというのは人の名前で、「ビフストロガノフ」は「ストロガノフさん流の料理」という意味。

(出典元: https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoFm_e3KZKDzSLs/)


なので、サバビーフストロガノフでも良いということになりますが、まぁどっちでもイイ話ですネ(^^;

自分の名前が料理の名前になったのは、ストロガノフさんもハヤシさんも同じだったということです。


IMG_7415
昨日もとても良いお天気でした。カルガモさんもお昼寝していたり



IMG_7419
餌をついばんでいたり。



IMG_7461
何度か前を通りかかったことのある「玄楽おはぎ」さん。初めて入ってみました。



IMG_7422
おはぎと聞いてイメージするものとは違い、まるでケーキのようなディスプレイ。
そしてお値段の方も、おはぎと聞いてイメージするものよりお高目(^^;



IMG_7425-7
少し寄せてみるとこんな感じ。おはぎとモンブランの融合。
おはぎがきれいな服をまとって、グンとオシャレになりました。



IMG_7462
ベーシックなものを味わう前に



IMG_7451
昨日はこんなチョイスにしてみました。



IMG_7453
ショコラのおはぎと苺モンブランのおはぎは、息子へのチョコレート代わりに。



IMG_7455-1
夫と自分用に鳴門金時モンブランのおはぎと、栗モンブランのおはぎを。

甘さ控えめでとても美味しかったので、息子もさぞ気に入っただろうと感想を催促すると

美味しかったけど リピはないかな、だと。

母からのバレンタイン・スイーツは不発に終わりました^^;

母は大いにリピあり。今度は娘に買ってあげよう。




IMG_7373
娘から父親へのバレンタインチョコ。

「これは美味い!」と言いながらパクパクッと食べてしまいそうな画は想像するに容易いので

「味わって食べてね」の伝言ありφ(.. )

そして私がちょっと目を離した隙に、すでにひとつがなくなっていましたw(゚o゚)w オオー!

せめて画像を撮ってからにしてほしかったわ~(;´Д`)



IMG_7412
一番右端にあったのは赤のフランポワーズだったようです。

私は左から三番目の「ワサビ」が気になっていたので、半分賞味させてもらいました。


IMG_7403
さて、先日娘が届けてくれたYVANのチョコレート、本日解禁。

全集中ではありませんが、どうぞ笑ってやってください。

目を瞑って、口溶けを感じながら集中して味わっていただきました。

目を瞑って味わうと、さらに深く味わえると聞いたことがあります。

一粒からこんなに幸福感を味わえるって、チョコレートってすごいですね。

その前に、こんな時間を楽しめる現在の自分の状況に感謝します。

一粒の極上のチョコレートは、「今は無理でも、いつか味わって食べてね」とプレゼントしたいものです。

自分にだったり、自分の大切な人にだったり。



IMG_7411
そしてこれ! ワサビのボンボンショコラを味わってみました。

思った通りですが、ツーンと鼻を刺すワサビではなく、ほわーんとかすかに口の中に残るフレーバー。

ワサビ味だよと知らずに口の中に入れてしまったら、気づかないこともあるかも。

至福の時間をありがとう。

+

そして我が息子には、チョコレートの差し入れなしでございます。

チョコレートは大好きなのですが、最近腸の調子があまり良くなく、チョコレートは控えているのだと。

彼にも、「いつか味わって食べてね」の一粒の極上チョコレートが必要なようです。

IMG_7337
バレンタインデーには少し早いですが、娘がチョコレートを持って来てくれました。



夫には Sadaharu Aoki のボンボンショコラ。
今のところ関西未上陸のようです。
6個入りなので、ママもひとつもらってねと言われました。



私と自分用には YVAN VALENTIN のトリュフ。
期間限定ストアが全国14ヶ所にあり、予約販売のみ、日本で手に入るのはこの期間だけだそうです。

ひとつひとつが手作りなので
残念ながら多くの方にはお売りできません。
大きなお店を出すつもりもありません。
イヴァンの熱意に共感し
この味わいを愛してくださる方にだけお譲りする。
いわば、プライベートなチョコレートなのです。
(カードより引用)




IMG_7346
チョコレートに込められたメッセージとともに味わいます。
バレンタインデーのお楽しみに♡
娘は自分用に他のご褒美チョコレートを購入した模様。

母からも何か…と思って、パート帰りに地元の小さなデパートを覗いてみましたが
またどこかのカフェで美味しいスイーツでもごちそうすることにしました。

+

帰って来るなりパクパクっとお昼ごはんを食べながら、テレビを観て話題のニュースについてひとしきり喋り

思わず「もう少しゆっくり食べたら?」と私が口を挟む頃には、殆ど食べ終わっていました💦

せめて昨日作ったチーズケーキくらいは味わって食べてよね。

いつもこんな調子で、時間に追われて過ごしているのだろうと察しがつきます。

わずか1時間の間にどれだけの話題について話したでしょうか。

お天気が良いし暖かいから、どこか散歩でもする?と提案してみましたが

案の定お昼寝中の娘。私が実家に帰るとついつい寝てしまうのと同じです(^^;

そして「寝るために帰って来てるの?」と母が嫌味を言うのも、決して怒っているわけではなく

笑顔だったりするのです。


IMG_7312
息子にベイクドチーズケーキをリクエストされたので、朝から焼きました。


IMG_7313
ケーキは年に数えるくらいしか作らなくなったので

たまに作るとドヤ顔で同じような画像を並べます(;'∀')


IMG_7319
実は下の方にスライスしたバナナと


IMG_7323
レーズンが隠れています。

子どもの頃に、「は~い、チーズケーキよ~」と母が作っておやつに出てきたものが

味の記憶に刻み込まれてしまったのか、息子はこれが好きなようです(;'∀')

自分で作るかもしれないから詳しくレシピを書いといてほしいと頼まれました。

ケーキ作りをする男子は大いに結構👍と、バナナとレーズンの量まで計ってメモします。

+

私としてはバナナの代わりにレモンの輪切りを入れて作ってみたいです。

娘には同じく子どもの頃に作ったことのあるレアチーズケーキが食べたいと頼まれていました。

母のチーズケーキブームが続いている間に作ってあげましょうかね。

↑このページのトップヘ