ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

おいしいもの

IMG_5393
箕面の紅葉を見に行った後、娘が自宅にお泊りでした。

母とサクラ用にしつらえた元娘の部屋で過ごします。

「やったぁ!こたつだ。」と、さっそく足を入れて夕飯まで仮眠タイム。

たまに帰って来ても一緒に台所に立つわけでもなく、気楽なものです。

まぁ私も結婚後に実家に帰ると、上げ膳据え膳だったのでイイんですがね^^;

母親としては、「自分が出来る間は…」とか、「家に帰って来たときくらいは…」という想いだったのかなと

我が母の気持ちと重ね合わせるのです。

で、娘が帰って来た前の日、パート帰りに通りかかった小さなスーパーの店先に、珍しく殻付きの牡蠣が並んでいました。

どこの牡蠣だろうと見てみると、兵庫県の播磨産とあります。

娘は大の牡蠣好き。このタイミングだったので買って帰ることにしました。

1皿8個入り。オードブル的に食べるなら2皿買って、ひとり5個もあれば十分かなと思ってお店の人を呼ぶと

3皿買えばお得だとか。3人で食べるんで…と言うと、「ペロッといけるよ」って。

「小粒だしね」とは心の中の私の声(^^; 

8個×3皿+3個=27個 3個はオマケして下さいました。

熱を加えてもたまに殻が開かない牡蠣があるんですよね。

殻付きの牡蠣を対面で買うと、必ずオマケして下さることを広島転勤時代に学びました。


IMG_5393
ボウルでは間に合わないので、洗い桶に水を張ってつけておきます。

耐熱皿に並べて、ラップしてチンするだけ。

少ーし殻が開き始めた頃を見計らって、後はナイフでこじ開けます。

レモンやポン酢など、何もつけなくても天然の塩味だけで充分美味しいです。

が、今回は塩味が少しきつかったように感じ

「今晩はきっと喉が渇くね」と思いましたが、意外に大丈夫でした。

食べ始めた頃に娘が、「美味しい!牡蠣にあたってもまた牡蠣を食べてる(´~`)」と言うのを聞いて思い出すうっかり母。

それほど昔のことではなく、今年の2月に娘は居酒屋の牡蠣にあたって苦しんだのでした(;´Д`)

このコロナ禍でややこしい時期に食あたりはしたくない。今回の牡蠣は大丈夫だろうか、、、と

レンジでチンしながら急に不安になり、気持ちだけチンする時間を延長したのでありました。

牡蠣を食べたことを翌日には忘れているほど、3人とも無事でした。





「レモスコ」という調味料をご存知でしょうか。

娘が以前、広島の友達に案内してもらった(広島の)お店で知ったそうなのですが、すごく美味しかったと言ってました。

アマゾンでも買えるようなので、買ってみようと思います。


FullSizeRender
前の土曜日、娘がお気に入りのオーガニックのパン屋「ベッカライ・ビオブロート」さんへ

シュトーレンを買いに行くと言うので、私も便乗して買い求めました。

そう言えば昨年もこんな感じで買ったなぁ、もう一年か…と振り返るにはまだ少し早いですね。

私にとっては昨年がはじめてのシュトーレンでした。


IMG_E4682
ドイツではクリスマスまでの期間、シュトーレンの味の変化を楽しみながら、薄くスライスして少しずついただくのだとか。

日本にはないクリスマス文化を興味深く思いました。

賞味期限が12/28となっていますが、この量では12月まで持ちそうにないので、開封を少し遅らせようかな^^;

ツリーも飾ったらしい娘は、もう食べてるよーと言ってましたけど(*^。^*)


4524785450875_11_s
(画像拝借)関心を持って回りを見渡せば、テレビでもシュトーレンが取り上げられていたり

娘によると「スターバックスもシュトーレンを始めてるよ。でも、ポーチはいらないんだよね。」

らしいです。なるほど( *´艸`)

ポーチ付きで1.950円をどう取るかは人それぞれ。

でも売り切れることもあるんですってよ(^.^)/~~~

IMG_4587
スーパーで焼き肉用の豚肉が目に留まり、急にサムギョプサルが食べたくなりました。

サンチュを求めて野菜コーナーへ行くと、エゴマの葉も手に入りました。

エゴマの葉ってご存知ですか?

スーパーでも売られているくらいですから、最近はポピュラーなお野菜なのでしょうか。

私は韓国でサムギョプサルを食べていなかったら

もしかしたら今も知らない野菜だったかもしれません。

見た目はシソの葉にそっくりで、Wikipediaから抜粋・引用させていただきますと

シソとは同種の変種。

シソの香りが好まれてきた日本においては、エゴマ特有の臭いを不快と感じる人が多く

一部の漬物用を除いて、葉を野菜として利用することはほとんどなかった。


しかし、朝鮮・韓国料理ではむしろ好まれ、特に香りのよい種類はサンチュなどと同様に

サムギョプサルなどの肉料理と一緒に食べることが多い。
---とあります。




初めてのときはシソの葉だと思って手に取り、焼いた豚肉を巻いて口にしたとき

日本のシソの葉とは香りが違うんだなぁと勘違いしていたのですが、母がこの葉を気に入りました。

サンチュよりもエゴマばかりで肉を巻いて食していた思い出があります。

正直、私はさほど惹かれない香りなのですが

スーパーで見かけたときはすっかり韓国式焼き肉の気分で、今日はこれにしよう!とカゴに入れました。


IMG_4588
焼きキムチにして、肉とキムチだけのシンプルなサムギョプサル。

あ、夫はひとり鍋、私は自分の食べたいもの。

家族で同じものを囲むのはもちろん一番ですが

たまに自由気ままな夕食スタイルも最近は気に入っています。

IMG_3734
パート先の最寄駅の改札口にスシローの初のテイクアウト専門店ができたのは9月のことでした。

この場所は数年前までは駅の売店だったのですが、すぐ前にコンビニができてしまっては太刀打ちできませんもんね。

その頃から、短期間の契約で周期的にお店が入れ替わるようになりました。

食パンの専門店、シュークリームの専門店、和菓子の専門店、etc.

9月から10月まではスシローのテイクアウト専門店が入っているというわけです。

初出店ということもあって、夕方のニュースでも取り上げられていましたっけ。


IMG_3383-1
私は利用するのは今日で2度目。今回は息子の分も頼まれました。

画像は前回撮ったものですが、息子はこれだけでは足らないので、3巻入りのたまごと3巻入りのうなぎを追加。

駅の改札を出てすぐのところなので、スーパーに入る手間も省けて使い勝手がとても良いです。

回転寿司のお店って幹線道路沿いなんかにあるケースが多いので、駅で買えるのは嬉しい。

出店は今月で終了らしいのですが、またカムバックしてほしいなぁ。

色んな回転寿司チェーンがありますが、皆さんそれぞれご贔屓があるんでしょうね。

地方によっても違うでしょうから興味深いです。

お料理全般、あまり味にうるさくない夫は、めずらしく回転寿司はかっぱ寿司が好きと言います。

家から一番近いお店が行きつけのお店になるケースが多いんでしょうか?

私は以前は家から一番近くにあったのがスシローだったので、スシロー贔屓かなぁ。

でもそのスシローが閉店してしまってからは、一番近くは「く●寿司」になりました。

たまたまだろうと思いますが、その店舗はテーブルや床が汚れていることが続き、ちょっと印象が悪くなってしまったんです。

各チェーンで味はそう大差ない場合、店内やお手洗いとかの清潔を保ってくれていると

お店の印象に差がつきますね。

明日から1泊の近場旅行なので、今晩はあまり台所を使いたくなくて

「今日は、おすしだ」の気分でした。


IMG_3612
いつだったかの夢庵でのしゃぶしゃぶ食べ放題。

こちらが基本セットで、〆の麺まで具材はいろいろ追加できるシステムですね。

自分の胃腸年齢を考えると、もう食べ放題は卒業しようと誓ったはずなのに

この時は状況とタイミングで久々の食べ放題に参戦でした。

まだ夕方の5時過ぎなのに盛況で、色々と待ち時間が長かったです💦

GoToEatの影響か、今までと少しテンポが変わってきましたね。

外食産業に携わっている方にとっては喜ばしいことだと思います。

ひかえめにと思っていても、食べ放題の帰りはいつも 「喰った喰った(^u^)」という感じです。


IMG_3569
今年は夏の間も、家ではこの小鍋が大活躍でした。ほぼ夫専用のひとり鍋になっています。

残り野菜を片づけたいとき、忙しくて手抜きをしたいとき

私が夜に不在で夫の食事を用意していくとき、ただ単にお鍋が食べたいとき…


71IkTlAhMPL__AC_SL1500_

スーパーへ行くと迷うほどたくさんの種類のお鍋のスープが並んでいますが

夫はシンプルにポン酢につけて食べるのが一番好きでした。たまにちゃんこ風。

今年は至福のゆず醤油のスープがとても気に入ったようで、ほぼそればかり。

最後は中華そばで〆るのが定番。

これなら1週間続いても大丈夫と言うのですが、ほんまかな(・・?

まぁ、多少の具とスープの変化はつけながら、一度試してみたいと思います(* ´艸`)クスクス


517u4W4ZX5L__AC_UL320_
夫のひとり鍋のときの楽しみは、私は自分の食べたいものを別メニューで食べられることです。

韓国のラーメン用アルミ鍋でスンドゥブを作って食べていたりします。

年中お鍋は食べていますが、徐々に本格的なお鍋の季節到来ですね。

IMG_2834
なす ラタトゥイユ。作ったのは一昨日でしたが

作ったとは言えませんね(^^; 簡単にできるソースを使いましたから。


IMG_2837
材料を切って炒めてソースで煮込むだけ。賞味期限が近かったソーセージも投入。


IMG_2838
茄子がしんなりして来ました。ここまで仕込んでから夫の仕事場へ行きます。

+

仕事から帰って、チキンの香草焼きとラタトゥイユの夕飯。

チキンはまだしも、ラタトゥイユでは焼酎が進まなかったのか

夫は珍しくあっという間に食べ終わりました(^^; わかりやすいです。

お鍋やおでんなどの時は、「まだ終わらないかなぁ。。」と思うほど時間をかけて食べるんだけど^^;


IMG_2898
それで残りのラタトゥイユは、昨夕、おひとり様ディナーでパンと一緒に頂きました。

久しぶりの缶酎ハイは、パンとラタトゥイユでも美味しかったけどなぁ。


IMG_2903
調子に乗ってこんなものまで買っていました。

Mステスペシャルを観ながら、きなこ黒みつの方を。美味しいに決まっています。

でも私は井村屋のやわもちシリーズでも十分かなぁ。

gohanikouyo2
『ゴハン行こうよ シーズン2』  観終わりました。(画像拝借)

現在や過去、前世と現世を行ったり来たりするドラマを観るのが続いたので

そろそろ現実的なドラマを観たくなりました^^;

海外旅行ロスが続く中、昔のように自由に海外へ行けるようになったら行きたいところは色々あるけど

とりあえずソウルに行って韓国料理を食べたいねと、娘とつぶやくくらい

時々むしょうに現地の韓国料理が恋しくなるのです。

日本にも韓国料理が食べられるお店は数あれど、どんなによく出来た日本料理店でも

外国の日本料理店が何か違う(・・?と感じるのと同じなんですよね。

やはりその国の空気感や匂い、飛び交う言語などの中でいただく現地料理に勝るものはないのです。

そんな中でゴハンをテーマにしたドラマがあったので観てみました。

韓国料理ばかりではなく多国籍料理の時もありますが、たまに料理のうんちくも語り

あぁ、現地の人はこうやって食べるんだなぁと思いなが観るのも楽しく

そしてなんて美味しそうに食べるんでしょう!観ていて爽快なのでした。

ついつられて何かをつまんでしまうのではなく、食べたい欲求が満たされるのが不思議なくらい。

次は何を観ようかなぁ。

ドキドキハラハラせずに、ぼーっと観ていられるゴハンシリーズは今の私にちょうど良いので

シーズン1を観ようかと思っています。


IMG_1997
スーパーのこの売り場の前はいつもは素通りするのですが、たまたま立ち止まると

多国籍料理が家で作れる材料やレトルト食品がこんなに揃っているので驚きでした。

たまに夫の夕食が要らない日があるので、今度なにか作ってみよう(*^。^*)

とりあえずトッポギをかごに入れたのでした。

cd1f7767
先日パート帰りに立ち寄ったデパートで、期間限定で出店されていた「りくろーおじさん」。

お久しぶりです、りくろーおじさんという感じでした。

子どもが小学生の頃、大阪の難波に行くと買って帰ることが幾度とあり

ふわふわで軽くて美味しいスフレチーズケーキは家族みんなが好きでした。

久しぶりにいただくと、何だろう?この感動の薄さ。懐かしい味にもっと感動すると思ったんだけどなぁ…

一緒に食べていた夫にそうつぶやくと、「美味しいもの食べ過ぎてるんと違うか?」と指摘され

いやだなぁ、そんな自分(^^;

8
(画像拝借)知っていました?焼印は季節で変わるそうです。

ホール、725円で頑張ってくれているんだよ。

ひとつ500円以上するカットケーキと比べちゃ失礼ですよね。

手ごろなお値段でいただけるふわふわで素朴なスフレチーズケーキ。

チーズケーキというよりもむしろ味の薄い上品な蒸しパンに近い感じ。

底のレーズンがあってこそという感じがしないでもない。←これ、誉めてる?(;'∀')



↑こちらのサイトにとても詳しく書かれていました。

創業当時は「千鳥屋」という和菓子屋さんだったこと。

現在の洋菓子店になったきっかけは、1984年に発売された「焼き立てチーズケーキ」だったこと。

全国区になったきっかけは、2017年6月に放送されたTV番組「YOUは何しに日本へ?」だったこと。

なんば本店の1Fはイートインスペース、2F3Fは「陸カフェROOM」が併設されていること。

大阪のみに10店舗(2019年11月現在)展開されていて、まさに大阪のソウルスイーツであること。

カロリーはホール1個で1,386kcal. 4当分すれば約350kcal。

カロリーもまぁまぁ軽めではございませんか?

大阪のソウルスイーツとしての知名度の高さははあともう一押しでしょうか。

屋台スタイルで販売されていた頃を知るものとしては、特別な日ではない普通の日に

自宅用に気軽に買って帰れるチーズケーキは庶民的なお味で大好きだったのです。

屋台売りだったからこそ、あの薄味のふわふわケーキの良さが際立っていたような気がしないでもありません。

和菓子屋さんから洋菓子店になり、カフェまでつくったりくろーおじさんは

きっとトレンディでお洒落なおじさんだったのでしょうか(*^。^*)

IMG_1880
先日実家へ行ったとき、母が持たせてくれたおかず数品。

母が作った筑前煮と、トマトときゅうりを和えたサラダ。

そして数ヶ月前から利用し始めたコープの戸配で、母が試して気に入ったもの数品。


IMG_1885[1]
照焼きチキンステーキ、若鶏のレバーうま煮、たまねぎサラダ。

私が気に入ったコープ商品を手土産に持っていくこともあり、これは美味しかった、

これはもうひとつだったと、お互いに情報交換が楽しかったりします。

この日は帰宅してから、母に持たせてもらったおかずだけで食卓が出来上がりました。


IMG_1888[1]
実家へ行くときはデパ地下で毎回買って行くものがあります。

お魚屋さんのお寿司や551の豚まんや干物やデザート類は定番で

他に目にとまったものを買い足します。先日は果物売り場で無花果が目にとまりました。

父が亡くなる少し前の5月、季節外れの無花果が食べたいと言ったのが、父の最後のわがまま。

父の霊前にお供えし、私も半分おさがりをいただいて帰りました。

IMG_1519
毎年この時季に岡山からピオーネをたくさん贈ってくださる方がいらっしゃいます。

惜しまずに毎日美味しくいただいています。


IMG_1526
我が家の常備果物はバナナですが、めずらしく冷蔵庫に果物が盛りだくさん。

いただいたピオーネに加え、夫が食べたくて買ってきたキウイ

息子が食べたくて買ってきたすもも

みんなそれぞれにスーパーへ行くものだから、たまにこんなことになってしまうのです(;^ω^)

今日の職場ランチはフルーツミールだー!ロールパンをひとつ添えて、クロスで包んでパート出勤♪


IMG_1527
と、そんな日に限ってFさんから美味しそうなパンの差し入れをいただくのでした。

近くのショッピングセンターに新しくできたパン屋さんのもの。見るからに美味しそう♡

どう見ても事務机でひとりピクニックをするには多過ぎる量(^^;

カレーパン1個と、フルーツ大半は持ち帰りましたとさ。

↑このページのトップヘ