ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

音楽・映画・本・スポーツ

しばらくドラマ備忘録をさぼっていましたので、最近観た韓国ドラマの備忘録です。

興味のない方はスルーくださいね(^_-)




『被告人』

妻を殺したのは自分なのか?1人の検事を襲った悲劇と、そこから始まる型破りなリベンジを描いた
サスペンス・エンターテイメント。

陰謀により検事から被告人、死刑囚へと転落する主人公が、追い詰められていく中で見つけ出す真実と究極の逆襲撃。

久しぶりにのめり込んで観たドラマでした。




『キルミー・ヒールミー』

先の『被告人』で主人公を演じたチソンさんがとても良かったので

同じく多重人格者の主人公をチソンさんが演じたこちらを観ました。

なにげにパク・ソジュンさんも出ておられますしね。

 
cast2_ph
もうひとりの主人公を演じたファン・ジョンウムさんも優しくてチャーミングで好き。

どの役柄を演じても、ご自身の性格の良さがにじみ出ているような気がします。(悪役向きではない?)

最近日本でも放送されていた『彼女はキレイだった』の韓国版のヒロイン。

私よりもうんとお若いんだけど、同じクラスにいたら友達になりたいと思うタイプの人。

あ、人それぞれですが、あくまで私の場合ね(^^;

瘦せすぎている女優さんが多い中、めずらしく手がふくよかで可愛いの。

そこ? なんとマニアックな⁈

いえいえ、そこ魅力です。私と同じ感想を持つ人、いないかなぁ(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

7人の人格を持つ多重人格のストーリーでしたので、現実にもあることだと思うと笑えない部分もありました。




『結婚作詞 離婚作曲』

ラジオ番組の制作に携わり、忙しくも充実した毎日を送る3人の女性。

だが予想外の出来事をきっかけに、幸せなはずの結婚生活が不協和音を奏で始めて・・・。

3組の夫婦がいて、3人の男性がそれぞれに他の女性を好きになります。

こんな良い奥さんがいるのにどうして…というケースもあれば

こんな奥さんなら他の優しい女性に気持ちがいくよね…というケースもあれば

奥さんとも別の女性ともどちらともうまく器用にやっていく男性のケース。

ドラマなんだから、(⌒▽⌒)アハハ! で済むところですが

ひとつのドラマで3パターンの浮気を見せられると、何なんだろう? 

不快感でもなく腹立たしいでもなく… とにかく良い気分ではなく

うーーーん、こちらのドラマ、シーズン2もあるそうですが、後が気になるというよりもたぶん観ないと思います(^^;




『君は私の春』

それぞれに幼少期のトラウマを抱えるホテルのコンシェルジュと、精神科医。

謎めいた殺人事件に巻き込まれた2人の間に、やがて温かなきずなが芽生え始める。


サスペンスとラブストーリーが良い具合にミックスされたドラマでした。

若い頃を過ぎた恋ですが、年齢に関係なく「始まるとき」は初々しいものですね。

観ながら思わずにっこりしてしまいました。




『賢い医師生活』

新たな命が生まれ、今ある命が終わりを迎える病院という場所で

患者たちとともに生きる5人の医師。そんな彼らの毎日は、どの瞬間も平凡なようでとびきり特別。

こちらは楽しみにしていたシーズン2でした。なんか好きなんです、このドラマ。

結ばれてほしいふたりもつき合い始めたし、シーズン3に続いてほしいなぁ(@^^)/~~~

+

今日は美容院へ行った帰りに駅前を通りかかると、明日からの開店に向けて店内の掃除をされている飲食店を見かけました。

久しぶりに駅前の活気が(完全ではなくても)戻ってくるような気配を感じ、嬉しくもあり

また不安でもありますが、良い形で秋~年末~新年を迎えられるといいなぁと思いますね。

IMG_3378
昨日の記事からの続きになりますが、数日前に娘がやって来たとき

「ひとり旅のときの閑つぶしになるかと思って」と、文庫本をプレゼントしてくれました。

10月で60歳になるので、ベストなタイミングにありがとう(*´ε`*)



IMG_3379
目次に目を通しているとこんなところに目が留まってページに飛んで行ってしまいました。

これはひとり旅までに読み終えてしまいそうな予感(*´ω`*)

●いつか行ってみたいと思っていた場所に行ってみる
●一人旅で、プチ冒険を楽しむ


60代は冒険できる最後の年代といえるでしょう。危険な場所には注意が必要ですが、
そこに気をつけながら、積極的に冒険を楽しんでください。


著者様、はなむけのような言葉をありがとうございます<(_ _)>

最後の年代という文字を見た時は少し寂しい気もしましたが、それは現実として受け止めましょう。

旅の冒険に限らず、もっと広い意味での人生の冒険に例えると

多少の危険やリスクを冒しての冒険をするなら50代が最後の年代と言っても良いかなとすら感じています。

もちろん年齢には個人差がつきものなので、60代でも70代でもバイタリティー溢れる方もいらっしゃいますので

これは夫と私基準ということでお読み流しください。

夫はリスクを背負いながらも50歳の時に脱サラしましたが、それもある意味で冒険でした。

60歳で同じことをするには、失敗しても退職金や年金というお守りはあったかもしれないけど

体力的にはキツかったに違いないと思うのです。

私の60代は我が母80代。

介護生活がいつ降りかかってくるかと覚悟しながら、私もいま小さな冒険の旅の準備中です。

ダウンロード
一昨日の夜、母が自室に入り夫も寝た後、Netflixで娘とも映画を1本観ました。
 
学歴がないせいで、長年勤めてきた大型量販店での昇進を逃した女副店長。
悔しさと成り行きでつい自分を"演出"してしまい、大企業の高給職を手に入れたものの…。


予想外な展開あり、予想通りの爽快なラストあり、後味の爽やかな映画でした。

10満点中7くらいかな? 

「7」は娘の感想を借りると、「人にお薦めはしないけど、楽しかったね。」というあたりです。



f9b79cb3-s
2人で観るときはニューヨークが舞台の映画を好んで選んでいる傾向があります。

旅の思い出を共有しながら映画の中のニューヨークの街並みを観るのが楽しいからかな。

ブルックリンブリッジの映像を観ながら、「あー、橋を歩いて渡ってるとき、楽しかったよねぇ。」

私が元気な間にもう一度一緒にニューヨークに行きたいなぁと娘が言います。

次はもっと若くて元気な旅友と行っておくれと思いますが、体力さえあれば再訪したい魅力的な街でした。

ニューヨークは決して癒される場所ではなく、エネルギーと刺激をもらう場所。

娘が退職して、新たなチャレンジをする前に行ったのはベストなタイミングだったと言えます。

引っ張って連れて行ってもらったのは、私55歳のときでしたが、死ぬまでに一度でも行けて良かった場所のひとつです。

以下は過去記事からの抜粋ですが、こんなことを書いていたこともすでに懐かしく

もうずいぶんと前のことのように感じます。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

何だかんだ言っても、娘が「NYへ行こう!」と言わなければ、
私はこの人生で一度もNYの地を踏むことはなかったと思う。
思い切ってこの母を引っ張って行ってくれてありがとう。すっかり頼り切ってしまってすまなかったね。

どこへ旅行しても歩くことだけはOKな母だったけど、なぜか今回のNYでは疲れをごまかせなかった。
娘もそんな私を初めて見るような感じで、労わってくれる場面も数回。
7~8時間のフライトで行けるハワイが限界かなぁ。。なんて感じてしまった。

しばらく遠出の旅行はできないかもしれないけど、またいつかルンルン♪と旅行会議ができる日を夢見て
日々がんばっていこう!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

まさか世の中がこんなことになろうとは夢にも思わなかった頃に書いたものですが

同じことが今も言えるような気がします。

しばらく遠出の旅行はできないかもしれないけど、またいつかルンルン♪と旅行会議ができる日を夢見て

日々がんばっているところであります。

IMG_3372
今日のサクラさん。機嫌よく朝さんぽに行ったものの、どうやら胃腸の調子が悪そう。

最近は自宅でもたまにごはんを残すこともあるそうで、我が家でも少し食欲がなかった。



IMG_3371-1
やはり夏場の移動は避けた方がよかったかな。

ごめんね、サクラ。今度は涼しくなったら遊びに来てね。



OIP
午前中に母と観た映画は、『ベラのワンダフル・ホーム』。

大好きな飼い主と引き離され、家に帰りたくてたまらない犬のベラ。
600kmも離れた場所からコロラド州に暮らす家族のもとへ戻るため、大冒険を繰り広げる。

動物の映画やドラマには必ず泣かされます。

ううっ😢と来たところで母の方を見ると、母も同じように顔をワナワナさせていました(´;ω;`)ウゥゥ

途中まで母とサクラを送っていき、次は秋に泊まりに来てねと別れました。

秋と言えば毎年母とサクラと私と、そしてここ2年ほどは娘も一緒に鳥羽へ旅行していたのですが

今年は様子見が続いています。11月頃にはいろんなことが落ち着いているといいのですが。


IMG_3332
今日のサクラさん。お気に入りショットです📷 

この貫禄ある座り方( ̄m ̄〃)ぷぷっ! 夕方からやって来た娘が激写しました。

娘が最寄り駅に到着する時間に合わせて、母とサクラが駅の方へ向かって散歩に出かけ

夫は仕事場マンションを出たところで待ち構え、私の料理中にみんな揃ってにぎやかに帰宅しました。



IMG_3313
今日、母と観たドラマの2本目は『エクストリーム・ジョブ』。

張り込み操作のため、犯罪組織のアジト近くのチキン店を買い取った麻薬捜査班。
そこで偽装営業を始めるが、大繁盛して操作どころではなくなってしまい…。

初めは冴えなかった5人の捜査班。最後はカッコよく爽快で、笑いあり、また笑いあり。

母と私的に10点満点中7点! なかなか楽しかったです。

+

夕飯の後、母とサクラは自分達の部屋に入りました。

普段ひとりと1匹で静かに暮らしているので、食事の時くらいは賑やかで良いのですが

静かに過ごせる場所と時間も必要。

母の口から「私の部屋」という言葉が出るようになって、思わず娘と顔を見合わせ微笑ましく思いました。

母の部屋は元娘の部屋なので、少し前までは娘に遠慮もあって「私の部屋」とは言えなかったのです。

41a0e97c
今日から母とサクラが我が家に3日間のショートステイ。

本当は娘もやって来るはずでしたが、わけあって来れなくなり

娘とビデオ通話をしている時のサクラの表情です。スマホをガン見🐶



IMG_3281
母は我が家に来ると映画を数本観るのが恒例となり

母の好みを考慮してNetflixのマイリストに入れておいた数本の中から



IMG_3282
『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』を観ました。

夢に破れて薬物中毒になったミュージシャンの青年は野良猫を助け

その日からどこへ行くにも何をするにも猫と一緒。やがて、彼の人生に意外な変化が訪れ始める。

そんな物語です。人は孤独なとき、何でもいいから寄り添ってくれるものの存在に救われるんだなぁと思います。

猫の表情が可愛くて癒されました。

犬がテーマの映画も、や●ざ映画も用意していますが

さて明日は何を観ようかな。

それにしてもここ数日は暑いですね💦 久しぶりにエアコンをつけて過ごしています。



IMG_2720
仕事で使う切手はなるべく記念切手を購入するようにしています。

封かんして切手を貼るときに少しテンションが上がります。ほんの少しだけね(^^;

時間に追われている時はそんなことも言ってられませんが

それでも郵便ポストに向かいながら切手を見て、最後にもう一度癒されます。


IMG_2756
今回はノスタルジックな建物の切手を選びました。

うっとりするほど美しい切手、愛嬌のある動物の切手、きれいな花の切手、いろいろありますが

悲しいかな、収集家ではないので投函と同時にどれも自分の手元から離れていきます。


IMG_2757
好きなものをなんでも自分の手元に置いておくのではなく

自分の手元から放す、それもイイかなと最近思うようになりました。

+

オリンピックが終わりましたね。

開催できるのかできないのか最後の最後まで不確かな中で

世論とは逆に「オリンピックに出たい!」と声に出すこともできず

自分の軸をブレさせないように前だけを向いて集中力を高めてこられたアスリートの方々から

連日素晴らしいパフォーマンスを観せていただきました。

感動あり涙あり、アスリートの言葉には重みがありますが

中でも悔し涙をこらえながら気丈に振り絞るアスリートの言葉からは、多くを学ばせてもらった気がしました。

+

それにしても昨晩の閉会式は個人的にはとても残念でした。皆さんはいかがでしたでしょうか。

残念すぎて、途中からはフランスが見せてくれる引き継ぎのパフォーマンスへ期待のスイッチが入れ変わっていました。

もちろん部分的にわくわくしたところは数ヶ所あります。

ひとつひとつのパフォーマンスに込められた想いは、残念ながらテレビの解説を聞かなければ伝わってこないんですよね。

きらびやかな式典はふさわしくなかったのかもしれませんが

地球の裏側までその想いが伝わるには少々力不足だったのでは。

最後のARIGATOのフォントは東京1964の閉会式で使ったのと同じフォントだそうですね。

昔っぽいのが新しい?なんとも控えめ過ぎる印象でした。

説明されなければわからないし、わかったとしても「それで?」

うまく言えないですが、過去の思い出や栄光を一度手放して、未来を見ることも大切かなと思うのです。

過去の栄光を懐かしむのは年長者に任せて、そろそろ未来に向けて若い世代にバトンを渡す時じゃないのかな

なんて、まったく自分勝手な感想です。

IMG_2030
昨日はオリンピックの開会式に合わせて娘が帰って来ました。

JRの最寄り駅近くにあるホテルの街カフェ「マグネットカフェ」で、ランチからカフェまでゆっくり過ごしました。

書店でそれぞれ本をさがしたり読んだり。

15時に夫の車でピックアップしてもらい、もみほぐしのマッサージ店へ3人で行きました。

娘は前日にヘルプで入った慣れない立ち仕事で、足がパンパンだったよう。

20代、特に20代前半の頃は結構タフな娘だったんだけどなぁ。

私も今回はマッサージの力加減が絶妙に合っていたので、1時間ずっと気持ちよかったです。



IMG_2048
すっきりしたところで3人でスーパーへ。

日用品売り場で「この歯ブラシがすごくよかったよ」など、いろいろ娘に情報をもらい

覚えられるわけのない私はその都度スマホのカメラに収めるのでした( ..)φメモメモ



IMG_2060
餃子が食べたい!と言ってくれたので、それならばと

先日いただいた宇都宮餃子がまだ冷凍庫にあったので1品にしました。

お刺身やら残り物やらを食卓に並べて、乾杯♪



IMG_2125
開会式が始まる20時までには台所の片付けも終わらせてスタンバイ。

東京2020のオリンピックは今までにない状況下での開催でしたから

どんなものになるんだろうと別の意味での期待感がありました。



IMG_2129
色々と思うところはありますが、夜空に浮かびあがるドローンで作られたエンブレム柄の地球

入場行進のときのゲーム音楽と吹き出しのプラカード

最終ランナーの大坂なおみさんにバトンされた聖火

動くピクトグラム

ところどころにわくわくを感じさせてくれました。



IMG_2113
娘は各国の選手のユニフォームに注目しながら楽しんでいました。




IMG_2112
んー、過去を引きずる傾向はファッションに於いても同じなのかな?

各国の遊び心を感じさせてくれるユニフォーム、型破りなデザイン。

日本もそろそろ変わらないといけない時期でしょうか。色んな面で。

次世代に期待します。そんな意味でも

がんばれ、ニッポン❣️


最近観た韓国ドラマと映画の備忘録です。興味のない方はスルーくださいね。

この時は軽くて明るいタッチのドラマを観たい気分だったようです。

『彼女はキレイだった』
 

現実にありそでなさそな話。私も幼馴染のM君と再会することがあったなら

痩せっぽっちな少女sono転じ、ぽっちゃりおばちゃんになった私の横を通り過ぎて

スレンダーな女性を私と間違えているM君を見たら、そのまま家に帰りたくなったかもしれません。

女心ってこうですよね。




『キム秘書はいったい、なぜ?』

パク・ソジュンさんが特別好きなわけではないのですが連投したら

前に観たドラマと役柄が被ってしまいました。

パク・ミニョンさんもお人形のように美しく可愛いくて、目の保養になるドラマ。

ストーリー性は置いといて…ですね^^;

それにしても韓国のオフィスカジュアルはミニのタイトスカートが主流なのでしょうか。

足さばきが悪くて色々と仕事に集中できないような気がするのですが(^^;




『最も普通の恋愛』

酸いも甘いも噛み分けた大人の恋を観たくなって、こちらを選びました。

『椿の花咲く頃』で好印象だったコン・ヒョジンさんが主演。

男女問わず私の好みは顔重視ではないのですが

初めて観たキム・レウォンさんはハンサムだなと思いながら拝見しました。

うーん、でも映画としてはあまり印象に残っていません。もはや思い出せなくなっている(^^;

最近、ドラマや映画のチョイスが悪いのかなぁ?



『エンジェルアイズ』

途中まではとても良かったですが終盤がね…が、最近観るドラマの傾向なのです。

最後の方、どう終わらせるのが良いか凝ねくり回した感が見えてしまうのがちょっと…

と、いったい何様目線なのか(^^; はい、視聴者目線の言いたい放題であります。




『必ず捕まえる』
 次々と殺人事件が起こる中、町内を知り尽くす頑固なアパート家主の元に1人の男がやって来る。
 彼は、同じ手口による30年前の未解決事件をよく知る元刑事だった。


母が我が家にショートステイ中は、2時間で完結の映画を観ます。それも2分割くらいで(笑)

味のあるおじさん ソン・ドンイルさんが主演のひとりだったので観てみました。

現代劇にも時代劇にも出ておられるベテラン俳優さんなので、母も顔はよく知る俳優さんです。




母と観た2作目 『楽園の夜』
 大切な者たちを殺された挙句、追われる身となった組織の構成員。
 逃亡先の済州島で心に傷を抱えた女性と心を通わせていくが、それはあまりに短すぎる平穏で…。

 
『ヴィンチェンツォ』で初めて観て、キレイな女優さんだなぁと思ったチョン・ヨビンさんが出ておられます。

ほぼスッピンメイクでしたが、やはり魅力的な女優さんだなぁ。

俳優のオム・テグさんも初めて拝見しましたがハスキーボイスで魅力的でした。

こうして気になる俳優さんの他の作品へと、観たいドラマや映画が連鎖していくのです(^^;

母は高倉健さん世代ですので、意外にもやくざ映画が好きだったりするので、『楽園の夜』は楽しめたようです。




『このエリアのクレイジーX』。

こちらも『応答せよ』シリーズで興味を持っていたチョン・ウさんが主演だったので観てみましたが

全く期待しなかったわりに結構楽しめました。

90分×16話のドラマが多い中、35分前後×13話で完結でした。日本のドラマ並みの短さですね。

シリーズ1とあったので、また続編を期待しても良いのでしょうか。

続きが観たくなるような終わり方でした。

全く話は違いますが、作文でも感想文でも何でも、最後の1文を削ると良い文章になると

むかし何かで読んだことがあります。

ドラマもそれと似ているかなと感じることがあります。

3分の2くらいのところでクライマックスを迎えた方が、続きが気になったり

余韻があるドラマになるのではと、Netflixを見続けているせいで、とうとうこんな偉そうなことを書くようになりました。

この最後の1文は要るのかなぁ?(苦笑)


午前中にjc●mがネットとケーブルテレビの線を外しに来られました。

ネットは4年、テレビは7年利用しましたが本日で終了。

光回線も種類が多くてどこが最適なのか悩ましいのですが

とにかくWi-Fiが安定してサクサク使えれば結果オーライなのです。

今日からはauひかりになりました。

Wi-Fiはつい先ほどまで中継機として使っていたバッファローのルーターを親機にしました。

4年前に1万円ほどで購入した3階建て4LDK対応のもの。

4年経っているけれど、まだ故障なく使えています。

本当はこれを機に新しいものかメッシュWi-Fiに買い替えようかと思ったのですが

家電量販店で相談すると、回線を変えるだけで改善することもあるので

既存のもので一度様子を見られたらどうですかと有り難くも商売っ気のない回答(^^;

「Wi-Fiミレル」のアプリで計測してみると、中継機がないわりにはWi-Fiはよく飛んでいるようです。

が、玄関に近い個室の窓の近くに行くとWi-Fiが弱くなるので

近い内に中継機かメッシュWi-Fiを検討してみようと思います。

auひかりに変えたからといって格段に状態が良くなったということはなかったですが

長い間無駄に契約し続けていたケーブルテレビを解約したことと

プロバイダー料金も少し節約できたことで良しとします。

+

IMG_0215
昨日、ドラマ『ナビレラ』を観終えました。
一部ネタバレがありますので、見る予定のある方はスルー下さい。

久しぶりにドラマを観て泣きました(´;ω;`)ウッ… しかも1回や2回ではありません。
号泣ポイントだけでも3回はありました。



IMG_0216
先日、『ナビレラ』を観ていますとブログに書いたころは
夢を追いかける70才のおじいさんの物語だと思って観ていましたが⇒

おじいさんはアルツハイマーでした。
その関連のドラマや映画は観ていると辛くなるので苦手なのですが

ドララチック過ぎず華美過ぎず、それでいて希望があって静かで美しいエンディングでした。

オススメです(^^)v

↑このページのトップヘ