ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

外ごはん

IMG_9640
昨日は娘とフレッシュネスバーガーでランチ。
この後ケーキを食べる予定だったので、サイドメニューは控えました。



IMG_9634
アボカド好きがふたり。
マスタードとケチャップをたっぷり加えていただきます(´~`)



main-2-800x1128
数日前にこのポスターの前を通りかかったとき
ピリッと刺激的なジンジャーエールが飲みたくなる季節だなぁと思っていました。

ここ数年でしょうか、自家製ジンジャーエールというのをよく目にするような気がします。

この夏は家でも自家製ジンジャーエールにチャレンジしてみようかな。



IMG_9641
やっぱり娘の画像はきれいだなぁ。

iPhone11はずいぶん前からどこにも在庫がないそうですね。

私は機種変更するなら12でなく11で十分だと思っていたので残念です^^;

IMG_9070
娘とお花見に行った土曜日は、こんなお店でランチをしてからのスタートでした。

ふらっと入ったフードコートのようなところで、ふたりとも同時に韓国料理の口。




「韓国本場の15老舗有名店が世界初コラボ!一つの場所で、15店舗の味が楽しめる!」とあります。

そもそもお店の名前が「KollaBo」でした。関西・中部では6店舗ですが、関東ではずいぶんたくさん店舗があるようです。



IMG_9071
純豆腐チゲ、カンジャンケジャン、焼き肉・ビビンバ、ソルロンタン・冷麺、トッポギ・海鮮鍋、豚足、

ダッガンジョン、ダッカルビ、フライド・ヤンニョムチキン、韓国伝統茶・餅、骨付きカルビ・プルコギ、

サムギョプサル、チヂミ・カクテル生マッコリ、韓国郷土料理、カフェ

韓国料理好きなら目から口から♡の泡。

「ママ、ここならひとりでも来れるね」と、娘に先を読まれました。

無性に食べたくなったら、ひとりで足が向かっているかもしれません( *´艸`)



IMG_9072
今日のところはソルロンタンにしました。

まずはこのままで。そして別皿のお塩を足して好みの味に調合します。

スプーンのごはんをスープにくぐらせていただいたり、最後の方はごはんをソルロンタンのお皿に入れていただいたり。

私的にはもう少しキムチが欲しいところでしたが、娘のをもらってちょうど良くなりました。

優しいお味のソルロンタンでした。



IMG_9152
娘が先日京都に行った時のお土産をもらいました。



IMG_9153
こんな歯ブラシの専門店があるのですね。私の母とお揃いだそうです。

いま使っているものがダメになったら使ってみようと思います。

fs_fixed_01
一昨日、大会物販の準備の後、大阪寿司「さね松」さんへおじゃましました。
(オフィシャルサイトより画像拝借)

最寄り駅はJR甲子園口。
こちらの駅で下車するのは初めてだったので、改札を出たところから興味津々。

スタバもミスドもケンタもあって、焼き鳥にラーメンにバーガーに…
歩きやすく整った商店街は「ほんわか商店街」。名前がイイですね(^^)v

生活しやすそうな街だなぁとキョロキョロしながら3分ほど歩いたところでしょうか、「さね松」さんはありました。


無題
(オフィシャルサイトより画像拝借)
夕方までは伝承大阪寿司のお店。ふくさ寿司、大阪寿司、棒鮨。
大阪育ちの夫も私も聞き慣れない「大阪寿司」とは

すべての材料に味付けされ、作り立ても美味しく時間がたっても味がなじんでより美味しい--のだそうです。

大阪寿司という言葉は聞き慣れませんでしたが、実物を見れば子どもの頃から馴染みのあるものでした。

今日行ったスーパーにも大阪寿司の詰め合わせが売られていました^^;

親の影響なんでしょうかね、夫の家も私の家も箱寿司を買って帰って家で食べるという習慣がなかったので
今回は楽しみにしていました。

そんなさね松さんは夕方からはちょい飲み寿司の「ごはんや」にお色直しされます。

二人掛けのテーブルがふたつと、5人ほど座れるカウンターのこじんまりとしたお店が満席で
奥のテーブルを空けて下さっていました。



IMG_8840
夫は駆けつけにビールをグラスで一杯。そして白鶴のお酒「杜氏鑑(とうじかん)」から



IMG_8847
同じく白鶴の麦焼酎「世話女房」へ。



IMG_8857
私は1杯目は梅酒のソーダ割を。
そして壁に貼られていたポスターを見ている内に飲みたくなった「ハクツル ブラン」をストレートで。



IMG_8856
白ワインのように洗練された味わいが楽しめる日本酒---とあるように、お酒の味を知らない私が目を瞑って飲んだら

「日本酒のような香りがする白ワイン?」と言っていたかもしれません。



IMG_8841
お酒のことを先に書いてしまいましたが、それ以上にお料理を楽しみにしてやって来たのです。

居酒屋ではないのでメニューは限られていますが、その分自信を持って提供して下さる手料理をいただいているような気がしました。

上のメニュー以外にも「本日のおすすめ」的なメニューもあります。



IMG_8844
なすの煮びたしは優しいお味



IMG_8849
水餃子 にんにくが効いていて美味しい!



IMG_8851
牡蠣を天ぷらでいただいたのは初めてでした。
肉厚の白身魚の天ぷらを食べているような感じで、上の水餃子とともにリピートしたいほど気に入りました。



IMG_8854
鰻のかば焼きにわさびを乗せていただきます。



IMG_8855
お薦めのカレーパイは意表を突いたメニューでした。



IMG_8845
大阪寿司。こちらをいただいたら他の大阪寿司もいただいてみたくなりました。

今回の食レポに愛を感じるとしましたら、それは知り合いの方のお店だからです(๑˃̵ᴗ˂̵)

ごちそうさまでした(^^)


娘の家にお泊りした次の日の夕食に、炭味家さんへ行きました。
店舗移転で見違えるほど新しくなってからは私は初めてでしたが、娘はもう何度も訪問しているとか。


sec6_img1
「ママ、きっとびっくりするよ」とは言われていましたが、すっかり様変わりされていました。
ここはフレンチレストランかステーキハウスか?という感じ。(画像はオフィシャルより拝借)




娘は、前の雰囲気も好きだったんだけどねぇとポツリ。
同じように呟く常連さんはきっと多いことでしょう。



sec6_img2
娘がカウンター席を予約してくれていました。(画像拝借)
17時の開店と同時だったので密も避けられました。


IMG_8678
以前の店舗の時から壁を埋めていた著名人の色紙はそのまま引き継がれていてホッとするのでした。


IMG_8681
調理されているところを見られるのでカウンター席も好きです。
どうやったらあの味が真似られるか、そうはたやすく盗むことはできませんが^^;


IMG_8669
お店の名物メニューでもある「イカのおろしマヨネーズ」

イカを丁寧に焼き上げ、細かく切り分けて大根おろし、ネギをのせます。
秘伝の自家製マヨネーズをイカが見えなくなるほどたっぷりとかけて、仕上げに醤油をかけて完成。

(オフィシャルサイトより)

この自家製マヨネーズが真似できないのです(^^;


IMG_8673
こちらも娘が必ずオーダーするフォアグラの茶碗蒸しと  


IMG_8682
梅ピラフ。この3点は必ず食べ、後は別のものを取り入れるというので


IMG_8676
「ジャンボマッシュルームと丸揚げモッツァレラフライ 大葉のジェノベーゼソース」をオーダーすると
想像もしなかった乙女チックなプレートが出てきたので感激♡


IMG_8684
最後は「里芋コロッケ」をオーダーすると、またまた意表を突いたものが目の前に。
温かいもので〆てご馳走さまでした。

+

もし誰かを大阪でもてなすことになったら、どんなお店を候補に挙げるかという話題になりました。

「そうだねぇ、そんな機会があるかわからないけど、いつでもサラッとおもてなしができるように
そんなお店の三つや四つくらいはカードを持っておかないといけないね。」と言いながら

娘はこちらの炭味家さんは候補のひとつだそうです。
友達を連れて来てあげたらみんな気に入ってくれるらしい。
わかるわかる。母も使わせてもらおう。

IMG_7666 (2)
昨日の続きです。

夫が京都で仕事をしている間、私と娘は烏丸(からすま)にある湯葉料理のお店でランチをしました。

ちなみに夫は仕事先の近くでラーメンを食べたそうです。あっさりしていて美味しかったと言っていました。



IMG_7668 (2)
京都では湯葉料理が食べられるお店が色々ありますが、こちらは地の利が良いので何度もリピートしています。



IMG_7656
ランチはこの中から。
平日ならお得に1,000円でいただけるようですね。
私達は錦御膳にしました。



IMG_7658
メイン料理は肉と魚から選びます。
ふたりとも「豚肉と白菜の湯葉包み揚げ」にしました。



IMG_7657
ごはんは3種類から。
あっさり目に惹かれたので、「汲み上げ湯葉の丼」に。



IMG_7663 (3)
目にも体にも優しいお料理。いつもと同じくおいしく頂きました。

私達母娘は食べるスピードが速くて、30分も経たない間に目の前には何も残っていない状態(^^;

顔を見合わせて「呆れ照れ苦笑い」です(^^;






IMG_7670
食後にコーヒーが飲みたくて、近くのエースホテルの中のスタンプタウンコーヒーへ行きました。

ロビーに持ち込みOKですが、ロビーは混んでいたので空いている店内でいただきました。



IMG_7673
スイーツはこの時はクッキーしかなかったのですが、娘が2種類オーダーしてきてくれました。

しっとり系のクッキーですが、どちらも美味しかったです。

手前のヘーゼルナッツ&黒七味のクッキーの方は七味がピリリと効いて美味しく

チョコレートクッキーの方も甘すぎず、こちらのスイーツはふたりともお気に入りです。

エースホテルも久しぶりでしたが、こちらも友達に会いに行くような感じでたまに寄ってみたくなるホテルです。

面白い展示をしていたので、続きはのちほど(^.^)/~~~





緊急事態宣言の解除まであと少しでしょうか。

久しぶりの京都でしたが、街を歩いたのはランチのお店からカフェまでの間だけ。

海外からの観光客がほとんどいない京都の光景は、「昔の京都みたいだね」と懐かしく感じていましたが

その光景にも最近はすっかり見慣れてしまいました。

身勝手なことをつぶやくのを許してもらえるなら、また以前の賑わいを取り戻してほしい気持ちも半分

この落ち着きが居心地よく感じるのも半分、複雑なところです。


IMG_7231
こんな時ですから、今日も明日も予定のない休日。
寒い2月は家籠りしたくなるはずなのですが
思わずどこかへ飛び出したくなるような今日の陽気でした。
夫が営業から帰ってくる時間に合わせ、私もウォーキングを兼ねて駅で合流。


IMG_7242
静かなお店でお昼ごはんでも食べようということになりました。「馳走侘助」さん。


IMG_7233
本店の方へは何度か伺いましたが、こちらのお店はお初。


01
(オフィシャルより画像拝借)
大きなテーブルを囲むように着席する本店とは違い


0302
0501 (1)
(画像拝借)いくつかのコーナーに分かれていて
座る席によってはまるで別のお店にいるような感覚を味わえそうですね。


04
(画像拝借)今日の私達の席はこちらのお部屋でした。皆さん静かにお食事されています。


IMG_7243
侘助のランチは1種類。侘助膳にしました。


IMG_7246


IMG_7244
本日の仕事はこれにて終了ですので、夫は昼呑み。


IMG_7249
主菜、副菜、小鉢、天ぷら、ご飯、お蕎麦(せいろ又はかけ)、甘味。
プラス200円で温かいすだち蕎麦も選べます。


IMG_7250
右上の方にある豚しゃぶも、あっさりとしたお出汁ですが

おろししょうがと一緒にいただくと美味しかったので家でも真似てみようと思います。

私にはちょうど良い量でしたが、夫には少し物足りなかったよう。

すぐ近くのマックで食後のコーヒーとフライドポテトでも…

と思って向かいましたが、満席だったので退散しました。

お昼は賑わっているようですね。かく言う私も…

店内の環境と感染予防がしっかりなされているお店を選んで、たまの外ごはんは良いかなと個人的には思います。

FullSizeRender
昨日から夫と電車で和歌山に出張して来ました。日曜ですが流石に車中は空いています。


FullSizeRender
和歌山は感染者数を抑えているからでしょうか、このところ私達が受け持つ大会物販は和歌山開催が続いています。

春からは兵庫、京都、滋賀、奈良、岡山に飛び回れるようになるかなぁと願っていたところの緊急事態宣言の要請。

今年はどうなるでしょうか。


72bb473f
サクッと準備を終えて、宿にチェックイン。

前回のドーミーインもよかったですが、楽天トラベルでアーバンホテルが安値だったのでこちらにしました。


FullSizeRender
お部屋はシックでモダン。比較的新しいので気持ちが良いです。


FullSizeRender
以前は節約したあまりに古かったり、部屋の匂いが気になったりするビジネスホテルもありましたが

やはり新しいホテルは安心して使えます。


f7cfa7c0
翌朝見ると、窓の外はこんな景色。

建物の構造上、部屋の位置によってはこのような眺望になるようですが、私達には全く問題なしです。


IMG_6654
十分な数のコンセントがありましたが、更に延長コードもあるところが良かったです。


FullSizeRender
夜はホテルの近くの海鮮炉端へ行きました。

感染者数の少ない和歌山だからという油断は否めませんが

他府県から持ち込まないようにしないといけません💦


FullSizeRender
皆さんマナーが良く、大声で話したり騒ぐ人はいませんでした。


FullSizeRender
和歌山に来るとやはり海鮮が食べたくなります。

FullSizeRender
マグロのお造り。ひとり分の量が多いような気がするのは気のせいでしょうか?

ひとつ不思議だったのは、わさびが添えられずレモンが添えられていたこと。

言えばすぐにわさびを持って来て下さいましたが、もしやレモン醤油でいただくのが推奨だったのかな?

もう少し切り込んで聞いてみたら良かったです。


FullSizeRender
てっさも分厚くて歯応えがあり


FullSizeRender
お肉のタタキもいろんな薬味の味変を楽しめ美味しかったですが、どう見てもおひとり様の量ではないですね^^;


FullSizeRender
味見をするのを忘れた磯辺揚げ


FullSizeRender
アサリ雑炊を頼むと、殻付きのアサリが入っていて、海鮮出汁の雑炊は新鮮でした。

私には少しお出汁が濃く感じましたが初めての風味の雑炊でした。


FullSizeRender
出張の夜恒例のコンビニアイスを買って部屋でクールダウン。


IMG_6661
夫は早々と就寝し、私はテレビを見たりしながらゆっくり過ごしました。

OPYV4674
今朝は娘がフレンチトーストを作ってくれました。

昨晩から卵液に付け込んでおいたパンで作ったフレンチトーストは、中がふわふわ♡

甘すぎず、とても美味しかったです。夫もふだんより一段と目尻を下げていただいて

年内最後の事務処理に仕事場へ向かいました。


IMG_6251
お昼は「そば辰」さんへ再訪。今回は夫も一緒です。

夫はばら寿司定食を、私は鳥なんばを、娘は前回と同じ牡蠣そばを、年越しそばのつもりで頂きました。

大晦日にこんなにゆっくりと年越しそばをいただいたのは初めてのような気がします。

コロナ禍で年末年始の旅行はできなかったけど、皮肉にも家族でゆっくり大晦日を過ごすことができました。


IMG_E6194
帰ってからは台所に立ちます。

親戚の叔母さんが贈って下さった「わらびの里のお正月」をお重箱に詰めました。

甘い物好きはお菓子の詰め合わせも嬉しいけれど、この時期はこんな贈り物がとても有り難いのです。


IMG_6256
今晩は娘のリクエストでお鍋。娘に好きなスープを選んでもらったら豆乳鍋になりました。

夫はいつもの「ゆず醤油」。

皆で同じ鍋をつつくのも良いのですが、それぞれ好きなものをというスタイルです。

+

今年はコロナで明け暮れた一年でしたが、まだコロナは暮れていません。

今年を振り返って思い出すのは、第一波のわけのわからない頃、自粛期間中の毎日に夫とウォーキングしたことでしょうか。

それでも私はどこかで、ウォーキングの景色を楽しんでいたところもあったのですが

足並みを揃えて歩いているかのように見えて、夫の胸中は私のものとは違ったと思います。

一家を支える主として、ずっとこのままだったらどうするか、生きるためにどうするかと、そんな不安を私以上に感じていたのかもしれません。

それでもこうして命があるのはありがたいことと感謝しています。


IMG_6240
こちらは今日行った「そば辰」さんのレジ前にあった飾り。

左は今年の干支のネズミさん。右は来年の干支の牛さん。

牛は自分の出番までは控えめに後ろを向いているのがご愛嬌です。

実は我が家は夫が子年、私が丑年なのです^m^

来年は私の出番よ(@^^)/~~~と、案外の画像の牛さんも後ろを向いて鼻を膨らませているのかも(^_-)-☆



今年もこんな私のありふれた毎日におつきあい下さって、ありがとうございます。

どうぞ来年が皆様にとって幸多き年になりますように。

IMG_5899
先日、娘がラインで送ってきてくれた美味しそうな牡蠣そばの画像に惹かれて

西宮にある「そば辰」さんを訪れました。

阪急夙川駅から徒歩17分とあります。私達は30分までなら徒歩圏なので余裕でテクテク🐾


IMG_5895
お昼時の12:30に到着すると、お店の中も外も待つ人が数名いらっしゃって、7番目くらいの待ち順番でした。


IMG_5896
意外に早く名前を呼ばれて店内に入ると、思ったより店内が広く、2階に案内されました。

2階は靴を脱いで上がり、廊下を隔てて片側は畳の間にテーブルが配置されています。


IMG_5904
ふたりとも迷わず牡蠣そばです。


IMG_5903
大きくてプリプリの牡蠣がごろごろと7個ほど入っていたでしょうか。

白ネギがとても薄く切られているので、細めのお蕎麦に絡ませていただきます。

関西では青ネギが主流ですが、香りが良い分、香りが主張しすぎる場合もあるので、最近では白ネギも好きです。

スダチは1個の半分が豪快に乗せられていて、甘味の中にもさっぱりとした風味のお出汁。

4人掛けのテーブルが8卓ほどあったでしょうか。

大きな声では言えませんが一見すると「密」な状態だったのですが、皆さんとても静か。

静かな中で美味しいお蕎麦がいただけて、娘もとても気に入っていました。まったく余談話ですが、ある方が「あなたはお金持ちですか?」と質問されたときに

「お金持ちではないけれど、スーパーへ行った時に値段を気にせずに買い物ができる程度です。」と答えておられるのを聞いて

とてもわかりやすい表現だなと思いました。

言葉をお借りするなら、うどん屋さんやお蕎麦屋さんで、値段を気にせずに注文できるくらいにはなりましたが

伝票を手に取ってちょっとびっくり。この牡蠣そば、ひとつが1800円ほどもしました。

高級お蕎麦屋さんだったんだわと思っていたのですが、食べログさんのメニューを見ると全てが高いわけではなさそうで安心しました(^^;

娘は次も牡蠣そばが食べたい!と言っておりますが、私は昔から大好きな鳥なんばも食べてみたいし

天ぷらそばを注文されている方も多かったので、それもいいなぁと、美味しい物のことを考えている時は幸せです♡

IMG_5859
きのう夫は、朝から神戸 ⇒ 自宅 ⇒ 大阪難波 ⇒ 西宮 ⇒ 仕事場 ⇒ 自宅 ⇒ 神戸と

出たり入ったりの一日でした。

お昼前に自宅に戻って来たときに、「ランチに行こう」と声がかかり

土曜日も日替わりランチがあるフォ●クスへ行きました。

すっかり日替わりランチのつもりだったのですが、メニューをよく見ると

メインディッシュなしで、パン、サラダ、スープのお代わり自由、880円の3種のバーランチというのがありました。

私達が野菜を食べることを目的に行くのはBi● Boyのサラダバイキングランチなのですが

フォ●クスにも同じようなランチがあることを初めて知りました。

Bi● Boyのビュッフェにはカレーがあるのが特徴、フォ●クスの売りはパンでしょうか。

それぞれその時の食べたい気分で使い分けができそうです。


無題
(画像拝借)
880円に100円ほど足せば日替わりランチになって、メインディッシュもつくのです。

断然そちらの方がお得感があるのですが、メインディッシュでお腹が満たされるので

野菜を食べる量が減ってしまいます。

それが理由で、野菜メインで食べたい時は敢えてサラダバーランチを好んでいる夫婦です。

コロナ禍でビュッフェは避けるべきなのでしょうが、席を離れるときのマスク

ビュッフェの手袋と、お店は対策を徹底されていますね。

何度もマスクや手袋をはめたり外したりするのが面倒で、一度で一変に揃えたら

テーブルの上は満載になってしまいました💦

↑このページのトップヘ