ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

外ごはん

IMG_6794
今日は三宮での用の前に、娘が私のお誕生日会ランチをしてくれました。

quarto(クアルト)で、私にとっては久しぶりのイタリアン。



IMG_6781
オープンと同時の11:30に予約をしてくれていたのでコーナーのお席に着けましたが

見る見る間にテーブルが埋まっていき、人気のほどがうかがえました。



IMG_6774
ひとり1ドリンク制なのでサングリアの白をオーダー。フルーツはキーウィでとても美味しかったです。



IMG_6782
ランチは平日のみなのでアラカルトでいただきます。

娘が是非とも食べてみたかったという「旬の果物とブッラータチーズの冷菜」。 

お願いせずとも1人分をシェアしてサーブして下さいました。

旬の果物は洋梨でしたが、生ハムと洋梨の相性もバッチリで、これはとっても気に入りました。

なかなか同じ素材は使えないけど、家でも真似てみたいです。



IMG_6865
ピザは「半熟卵とプロシュートのビスマルク」。3000円の贅沢なピザでございます。

生地の柔らかさ、もっちり感、今まで食べたことのない食感のピザで、こちらもとても美味♡



IMG_6871
あと一品はママが選んでと言われ、とっさに口走った「鴨のラグーと南瓜のニョッキ」(2200円)。

コスパ的にもチョイスをミスったかな💦と思いましたが、南瓜の甘味がデザートの役割をしてくれました。

あ、ちょっと無理ある?(^^;

とっても美味しいランチをご馳走さま(*^^*)



  




mainVisual_img
ところで三宮にEKIZOというお洒落な商業施設が今年の4月に出来ていたらしいのですが

コロナ禍もあって今回初めてEKIZOを通りかかりました。

私はこれをエキゾーと読んでしまいましたが、「エキゾ」だよと娘に教えられました(^^;

エキゾチックの「エキ」と三宮駅の「駅」を掛けているのだそうです。



IMG_6804
裏通りに回ってみると、細い通路の片側はお洒落な雰囲気に生まれ変わってるけど

一方の片側は従来のお店も軒を連ねて今までの顔を残しているところもおもしろい!

昭和のおじさんも行き場を失うことはありません。

また三宮に美味しいものを食べに行く楽しみができました♪




  

IMG_5110
今日はなかなかバラエティーに富んだ一日でありました。

午前中は家のことをし、午後からは家の近くに用があって来ていた娘と1時間ほどカフェし

夕方からは夫と物販の準備へ。コロナ以来の会場だったので、久しぶりー!という感じでした。



IMG_5091
そして夜はまたまた夫の案内により、夫の知り合いがされている中華料理店へ行きました。

緊急事態宣言が解除されて初めての土曜日の夜。それよりも私自身が三宮の夜がいつ以来?と

思い出せないほど久しぶりだったのでそわそわしました。


IMG_5083 IMG_5085
夫が大好きな餃子と、私が大好きな空心菜



IMG_5087IMG_5086
久しぶりに点心も。


IMG_5089 IMG_5090
鶏肉の四川風炒めと海鮮お粥

本場中国の料理人が日本人の口にあうように料理して下さっていて、台湾や香港で食べた料理の話題になりました。

味の記憶、味の思い出話は平和ですね✌

今日は私にとって、とても長い一日でした。

嬉しいこともあり、味の記憶ではありませんが(笑) この先もずーっと覚えていたいわくわくもありました。

さて、明日は久しぶりの物販。がんばるときはがんばるぞ、っと💪

IMG_5054
ある日 夫が運動不足解消のため、銀行へ歩いて行ったときにたまたま見つけたお店へ

ランチに行こうと珍しく誘ってくれるので、昨日行ってきました。

商店街の中にあるお店でしたが、こちらの商店街、数年前から新しいお店もちらほら。

昭和レトロな喫茶店、八百屋さんや文具店、花屋さんなどは昔のまま

新しいお店は店主さんも若く、世代交代でしょうか。新旧が仲良くアーケードの下に同居しているように感じます。



IMG_5057
夫に連れられて行ったのは『うちで食堂』さん。



IMG_5038
思っていたより広い店内でした。



IMG_5035


IMG_5041


IMG_5044
ランチにはおかわり自由のコーヒーと紅茶(ホット&アイス)がついていて


IMG_5046
セルフサービスでカジュアル ダイニングな感じ。



IMG_5048
夫は本日の日替わりランチで、豚カツとメンチカツ。ごはんはお代わりできます。



IMG_5050
私はポテトコロッケと海老クリームコロッケにしました。



IMG_5051
味良し👍 衣が薄いところも嬉しかったです👍

ミニサラダ、カップスープもついて、どちらも1,000円越えですが、お値段相応の満足感はありました。

夫は自分が見つけてきたお店を気に入ってもらえると嬉しいようで

ここなら娘も大丈夫かな?と、調子に乗る発言も(´艸`*)

ここなら大丈夫!と私は答えましたが、娘は親よりグルメだからなぁ。

娘のイイネ!がもらえるといいね(*´ω`)


IMG_4968
昨日の早朝、まだ目覚める前に隣で寝ている夫が、「モーニング」と話しかけてきました。

モーニングコールではなく、モーニングを食べに行こうという合図です。

時計を見ると、まだ6時前⁉︎

昨日は何も予定のない土曜日で、目が覚めたときが起きるとき~♪と寝る前に暗示をかけ

目覚まし時計をかけずに寝る幸せを抱き枕に寝たのに

枕を伝って耳元に響く「モーニング」の低い声で起こされてしまったわけです(-ε-)

6時には起きて活動している人はたくさんいらっしゃるでしょうが

夫がサラリーマンを辞めてから我が家はめっきり朝寝坊夫婦なので(私はもとより夜型人間)

めったに6時に起きることはありません。

二度寝して、結局8時過ぎに家を出てファミレスモーニングに行きました。

夫はスクランブルエッグ、私はフライドエッグのモーニングプレート。

フライドエッグひとつは夫のお皿に飛んでいきます。

我が家の行動圏内にあるファミレスのなかでは、ロイヤルホストのドリンクバーが一番好きです♡

最後はいつも黒糖きなこティー。



無題
(オフィシャルサイトより画像拝借)

ところでロイヤルホストに平日の15時~18時限定でアフタヌーンティーならぬ

アフタヌーンメニューというのがあるのはご存知ですか。


もうしばらく前から始まっているそうですが、私は昨日初めて知りました(^^;

ファミレスには滅多に行かないよーというかたもいらっしゃると思うので、古い情報ですが書いています。



無題-1
(オフィシャルサイトより画像拝借)

私自身もそうですが、甘党とはいえパフェ+パンケーキはさすがに…というかたに朗報。

パンケーキをフライドポテトに替えることもできるそうです。

甘味の後の塩味、よくわかってくださっています👍

300円か500円を追加すればグラタン、サンドイッチ、コスモドリアに変更も可能だそうです。




敬老の日から数日過ぎていましたが、昨日 娘が祖母(私の母)に敬老の日ランチをご馳走し

そのあと家に招待してくれました。

空いている電車に乗って大阪駅までやって来た母とホームで待ち合わせ、そこからはタクシーで集合場所へ。

2年前は地下鉄でスタスタ移動することができた母ですが、たくさん歩くと息が上がりやすくなるので今回はタクシーです。

慣れた散歩コースやいつものスーパーへ歩いて行くときはこんなことはないのに、ほんとうに不思議。

慣れない道だからとか、人混みだからとか、そういう精神的なものなのでしょうか?

中之島フェスティバルプラザウエストにある「ダイナミックキッチン&バー 響」さんを予約。

個室で、その上 向き合わないようにおかけ下さいと感染対策もバッチリでした。



IMG_4944
高齢の母とダイエット母娘の胃袋に合わせて少なめのランチを選んだつもりでしたが



IMG_4939
鯛めしのお代わりもし



IMG_4946
デザートもいただいたら満腹になりました。

娘の家にお邪魔するのは2度目の母です。女3人と言うか、女三代集まってのおしゃべりは止みませんが

家にもうひとり(もう1匹)姫が待ってるから早く帰ってあげないと、と

駅のホームで電車が動き出すところまで母を見送りました。

母は2回も孫娘の家に遊びに行かせてもらったからもう十分だと喜び、敬老の日の良いプレゼントになりました。

娘と見に行きたいお店があったので2店ほど回り、またすぐに会う予定もあるのであっさりバイバイと別れました。


IMG_3943
なかなか予約の取れない串かつ屋さん「あーぼん」へ夫、娘と行って来ました。

ちょうど私が京都滞在中でしたが、娘が気が遠くなるほど電話をリダイヤルして

やっと繋がった賜物なので、無駄にするわけにはいきません。

夫と私は2度目、娘は4度目の訪問。季節によって内容も変わるので飽きることはありません。

左からポン酢しょうゆ、ゴマダレ、ソース、塩、レモンとスダチと用意され

それぞれの串に合う食べ方を教えてくださいます。



IMG_4883
全部で約20本のコースですが、娘が撮ってくれた画像の一部です。



IMG_4886
箸休めならぬ、串休めの茶そば。



IMG_4887
海老はこうやって画像を撮るのが恒例?^m^

最後に串のお代わりをリクエストできます。なのでコースの途中で気に入ったものがあれば

これをお代わりしよう!と決めながら食べている両脇のおふたりさん。私はひと通りのコースで満腹です(^u^) 



IMG_4885
デザートのシャーベットは4種類ほどの中から選びます。3人ともマンゴーとアールグレイ。

帰りに大将のあの笑顔で見送られると、予約の苦労をしてでもまた来たくなるあーぼんさんです。





前回行ったときの詳細記事はこちら。

+

IMG_4454
一昨日の夜、ここ数十年で一番驚いた嬉しい出来事がありました。

宝くじに当たったのではありませんよ^m^

時期がきたら、いつかここで報告したいと思います。

今はまだ気を持たせるような書き方でごめんなさい_(._.)_





昨日は久しぶりに夫とサラダバーランチに行きました。

ライスとパンのお代わり自由なのはフォルクス。パンはないけどカレーが売りなのはビックボーイ。

気分でフォルクスに行って3種バーランチにしました。

サラダバー・スープバー・ブレッドバー・ライスがお変わり自由です。

上の記事によりますと

フォルクスにサラダバーが登場したのは、1972(昭和47)年。

チェーン展開するレストランとして全国で初めてのことでした。

もっとも、最初はレタスともやしだけという品揃えで

現在のような多彩なサラダバーの登場は1975(昭和50)年から。


だそうです。昭和47年と言えば私は11歳。

そのころ大阪のベッドタウンに住んでいましたが、私の生活圏にはファミレスそのものがなかった時代。

その頃からフォルクスではサラダバーをしていたんですね。

カット野菜は薬漬けで栄養がないという話を聞いた時には

ヘルシーで気に入っていたサラダバーランチを一瞬ためらいましたが





先日、こんな記事を見かけました。

『カット野菜は薬漬けにより、栄養素がなくなっている』などと言われることがありますが誤解です。

カット野菜は食べられる形にカットした後、『次亜塩素酸ナトリウム』という液体で洗浄します。

この時点で確かに、水溶性ビタミンであるビタミンB群とビタミンC、カリウムはある程度損失します。

しかし、この作業はカット野菜を製造する工場だけに限った話ではなく

大量調理が行われる施設や病院などでも必ず行われている作業です。

なぜなら、厚労省が、生野菜・果物の次亜塩素酸ナトリウムなどでの殺菌を義務付けているからです。

次亜塩素酸ナトリウムは短時間で高い殺菌効果がある上に『食品にほとんど残留しない』

といった安全性が認められているため、赤ちゃんの哺乳瓶を消毒する際にも使用されています。

水溶性ビタミンのB群やCの損失率は3~4割程度なので、すべての栄養が損失するわけではありません。

また、ポリフェノールや脂溶性ビタミン、ミネラル、食物繊維などの貴重な栄養素は

これらの工程を経てもほとんど損失しないので、カット野菜を食べるメリットはあると思います。




色んな情報があふれているので、何を信じて良いのかわからなくなりますね。

厚労省の言っていること、していることもそもそも信じ難いところもありますし…

なるべく家で浄水で洗って食べることを心がけていますが

たまには色とりどりなサラダバーを利用することもあるし、ジャンクフードも食べる方です。

偏らなければ良いかなと思っています。何事もバランスが大切(^_-)-☆


IMG_3148
グレープフルーツは夫がお皿に盛ってきました。2人分に見えますが



IMG_3150

私のは手前の方です。どう見てもバランスが悪いわ(''ω'')ノ



IMG_2811
昨日は実家見舞いの前に、母とランチをしてきました。

ふたりともワクチンを済ませているからと言っても、予防効果は100%ではないのですが

私達のような感じの人達で天王寺(大阪)の駅前やデパートのレストラン街は結構な人出でした。


IMG_2809
昨日のランチのお店は「大かまど飯 寅福」さん。
  
ステーキ定食を選ぶ母に、魚の定食もあるよと助言するも、今日はステーキを食べると母の気持ちは揺らぎません。

私の内心は、母は歯が悪いので柔らかいお肉だといいんだけどなぁ(;'∀')


「今月は年金月だから私が奢る、この前はあんたがご馳走してくれたから。」と、これも気持ちが揺らがない母。

奢ると気分が良さそうですので、ここは素直に甘えておきます。

それにステーキと聞いて驚くほどのお肉の量ではなかったので、逆にホッとしました。

80歳を過ぎているのですから、ほどほどが良いのです。お肉も柔らかかったです。


IMG_2817
食後に行ってみたいお店がありました。先日たまたまテレビで紹介されていた「食習」さん。

台湾の家庭料理が楽しめるお店だそうです。

私達はかき氷をいただきましたが、時間帯のせいかほとんどの方がランチをされていました。

おそらくですが、ここに来られている方は台湾がお好きな方で、台湾に旅行されたこともあり

台湾で食べた食事を懐かしみながらいただいているんだろうなぁと思いました。

母は台湾には行ったことがないので共有できる思い出はないのですが

韓国で食べたお気に入りのかき氷とはまた違うねと話しながら

マンゴーもとても甘く、氷がふわふわで美味しいと、とても気に入っていました。


IMG_2819
2種類頼んでシェアしましたが、ふたりともマンゴーの方が◎



IMG_2853-1
月に1回くらいはサクッと外食してから、ウロウロせずに一緒に実家に帰るというパターンが最近は続いています。

サクラは数日前にトリミングをした後で、とても可愛くなっていました。

今回は耳のカットの仕方がいつもと少し変わった気がします。


IMG_2859-1
8月の末か9月には、おばちゃんちに来てねーと言って別れました。


IMG_2614
今日の午前中はのんびりできたので、1週間前の宇治(京都)を思い出しながら

ブログの下書きをしたりして過ごしました。

宇治川のほとりにあったカフェでモーニングを食べ、川沿いを散歩して

せっかく宇治に来たのだからお茶でも飲みたいよねぇと

中村藤吉本店の暖簾をくぐってみました。


IMG_2619
1854年創業の茶商だそうです。


IMG_2620
こちらは玄関の中から外を向いて撮った画像。入って左側(画像の右側)は


IMG_2609
母屋だったそうです。


IMG_2601
玄関から入って右側はお茶を製造する焙炉場だったそうですが

大正期には事務所やお茶の詰め場に変わった--と説明にありました。


IMG_2603
こんな愛嬌のある猫が招き入れてくれます。


IMG_2607
昔ながらの法被が飾られています。


IMG_2606
現在は茶葉やお菓子などの売店になっていますが、画像の背景の部分

この黒塗りの張り出しは拝見窓といって、茶商建物の特徴的な施設です。

拝見場あるいは審査場と呼ばれる台があり、上部から採光されています。


IMG_2606-1
ここでは茶葉やお茶の微妙な色味や風合いが、安定した自然光の下で見極められていました。

拝見窓の独特なかたちは、宇治茶の品質管理に心をくだく、茶商たちのシンボルでもありました。--と、あります。

さきほどの法被を羽織って真剣な様子で茶葉を拝見されている職人さんの姿が想像できます。

日本人の食文化ではなくてはならない「お茶」ですが、茶葉を栽培するところから始まって

茶葉を摘み、厳しく審査され、長い道のりを得て私達の喉を潤してくれているんだなぁと改めて感じます。


IMG_2599
中庭があって、そこでカフェの順番を待ちました。

ミストシャワーなどで涼を感じるように工夫がされているので待ち時間もさほど苦になりませんでした。

風鈴の右側に立派な黒松があったのですが、画像を撮っていませんでした(^^;

風鈴の左側に少し映り込んでいるのが、カフェのテラス席。


IMG_2629
そしてこちらがカフェになっている建物です。


IMG_2627
こちらはサービスのお茶。


IMG_2631
水だしの中村茶(冷)


IMG_2630
今まで味わったことのない味わいだったのは、5種類のお茶がブレンドされていたと知って納得しました。

実はモーニングを食べてあまり時間が経っていなかったので

お茶とお茶菓子くらいのつもりでカフェに入ったのですが


IMG_2621
こんなメニューを眺めている内に、美味しそうだし(^u^)


IMG_2622
この後のスケジュールも踏まえて、こちらで軽いランチを取ることにしました。


IMG_2633
夫は茶の葉ごはん(宇治本店限定)


IMG_2635



IMG_2639
私はにゅうめんセットにしました。初めはそのままで味わい


IMG_2640
次は碾茶を入れて茶葉の食感と香りを楽しみ

最後は柑橘を搾って一層出汁の上品さと麺の美味しさを楽しむそうです。

3段階の楽しみ方はひつまぶしを思い出し、最後まで飽きることなく味変を楽しんでいただきました。

そして別腹のデザートとお茶のベストハーモニー♡

こちらのゼリーは甘さがひかえめで程よく弾力があり、とても美味しかったです。



今、オリンピックの閉会式を観ています。

私達も楽しませてもらったけど、選手の皆さんが楽しそうで良かったなぁと思いながら観ています。

IMG_2413
昨日は娘と京都にお泊りでしたので、焦ってそれぞれの家に帰ることもなく
こんな夜はゆっくりと夕飯を食べに行きます。木屋町通りを10分ほど歩き



IMG_2414
高瀬川に掛かる小さな橋を渡ると



IMG_2218
目的地の「アジェ松原本店」がありました。



IMG_2204
開店の17時までは、近隣さんの迷惑にならないようにこんな待合室で待たせてもらいます。



IMG_2219
17時になり、私達は2組目に入店できましたが、あっという間に満席に。



IMG_2214
4人掛けのテーブルが4つと、カウンター席があります。



IMG_2206
赤身と白身が半々ずつくらいのメニュー。




4年前に訪問した時のブログが役に立ちます。
前は何を食べたかなぁと、待合室で待っている間に目を通して来ました。




IMG_2211
マストでオーダーするのは娘の好きなホソ。塩とタレの2種類注文しました。




IMG_2212
ファイヤー!!状態になってしまって焦った(^^;



IMG_2215
焼きレバの厚切りが今回のヒットでした!
牛のフォアグラと言われるシラズをオーダーしてみましたが品切れ。
「天肉」(頬肉の部分)を初オーダー。次回のアジェ訪問の時のための覚え書きですφ(..)




IMG_2217
キンパッはシンプルで普通に美味しかったです。



IMG_2216
メニューに「絶対食べよう」と書かれているチゲ。前のブログを見ますと

「ごはんなしでは食べられないほど辛かったとも言えるけど、ごはんと一緒に頂くと
ここは韓国なのかと思うほど美味しい!」と書かれています。

4年振りにいただくと感想も違うもので(^^; 
次のためにも感想は今まで通り正直に書いておこうと思うのですφ(..)

+ ホソの1人前は多いので、次からは1人前でいいよ。

+ チゲはそれほど辛くはなかったのと、「絶対食べよう」と言われても次回は頼まないよ。

+ 食べ過ぎに注意せよ!

この日の夜中に私はお腹をくだしてしまい、ホルモンの食べ過ぎ疑惑とされています(^^;

ごめんね、ホルモン。




↑このページのトップヘ