一昨日、仕事で三重県へ行く途中、少し回り道をして滋賀県の観音正寺へお詣りしました。
西国33ヶ所巡りの第32番札所です。



IMG_8224
開基は聖徳太子。人魚の寺とも呼ばれる伝説が興味深いです。

聖徳太子が琵琶湖のほとりで人魚に呼び止められた。
人魚は「私の前世は漁師で、殺生を重ねてきたのでこんな姿にされてしまい
今では魚たちに苦しめられています。どうか成仏させてください」と言って頼んだという。
聖徳太子はこの願いを聞き入れ、千手観音像を刻み、推古13年(605年)に堂を建立し
観音像を祀ったのが寺の創始とされている。
出典元:西国第三十二番 観音正寺 (y-morimoto.com)



IMG_8231
表参道と裏参道があり、表参道は距離は短いが山上駐車場からでも約400段(全部で1200段以上)の石段を上がるのだそう。



IMG_8168
裏参道は駐車場から歩く距離は1km少しありますが、なだらかな登りの山道。
この日は雨上がりで道がぬかるんでいたこともあり、というのは言い訳で(;'∀')
へっぽこな私達が選んだ道は石段ではなく緩い坂道でした。



IMG_8164
向かう途中、ところどころに画像のように格言が書かれた札が立てられています。



IMG_8165
ひとつひとつ読みながら歩く余裕はありませんでしたが



IMG_8167
時々立ち止まっては声に出して読み



IMG_8172
なるほど、ふむふむと、観音正寺にたどり着くころには心が洗われているような錯覚を覚えるのでした。



IMG_8179
途中、このような田園風景が望めます。



IMG_8183
観音正寺に到着。歴史あるお寺にしては珍しく山門がありませんが、仁王像は門固めだそうです。



IMG_8181
向かって左側の仁王像



IMG_8180
右側の仁王像


IMG_8184
雨の雫を携えた梅の花は可憐な色っぽさがありますね(*^。^*)



IMG_8189
藁葺のお堂の中は一願地蔵(北向地蔵)。



IMG_8193
目の前に見えるのは立派なご神木。



IMG_8196



IMG_8198
空を仰いで思わず手を合わせます。



IMG_8191
書院



IMG_8200
たどり着くまでは険しいですが、あまり広くない境内です。



IMG_8201
護摩堂


IMG_8202
お砂踏み所という、私には聞き慣れない言葉でした。

お砂踏み』とは、四国八十八ケ所霊場各札所の『お砂』をそれぞれ集め、
その『
お砂』を札所と考えて『お砂』を踏みながら詣りすること。
江戸時代には、四国八十八ヶ所を模し、四国八十八ヶ所各札所のご本尊様と
お砂』を安置するうつし霊場やお砂踏み
道場などが全国各地に造られたそうだ。

(出典元:四国遍路ができなくても『お砂踏み巡礼』で気軽にお詣りを | シティライフ株式会社|千葉県市原市で情報紙発行・印刷全般・広告・ホームページ制作 (cl-shop.com)




IMG_8205
さて、本堂までやってきましたが、本堂の右側にそびえる石の山が気になってしかたありません。



IMG_8208
遠目に見ている時は気づかなかったのですが



IMG_8213
近づいてみると仏様がいらっしゃいます。
全部の石が仏像に見えてくるね、と夫と共感。



IMG_8207
本堂から素敵な音楽が聞こえてきます。



IMG_8211
ちょうどこんなコンサートが行われているところでした。



IMG_8299
御朱印をいただきました。



IMG_8300
「お財布の中に入れておいて下さい」と疫病退散のお守りを家族の人数分くださいました。
ありがたいです。



IMG_8216
一寸先は闇ではなく、光であることを知らねばならぬ
肝に銘じて生きますm(_ _)m



IMG_8217
帰るとき、ひとりしか通れない木の橋を渡ってお詣りしました。
私達が交代でお詣りしたのは、縁結び地蔵だったようです(笑)

縁結びと聞くと男女の縁を連想しがちですが、それだけではありません。
人と人の縁、商売の縁、旅の縁、色んな良縁をお願いしたということにしておきましょう。



IMG_8215
33ヶ所詣りも残すところ5ヶ寺となりました。
ひょんなことで途中からは夫とお詣りするようになりましたが

母と詣った思い出、夫と詣った思い出、1ヶ寺は娘とも詣りましたっけ、色んな思い出ができて良かったです。