IMG_4684
通勤路に植わっているヒイラギの木。

通り過ぎようとして、「何か違う(・・?」 と、足が止まりました。


IMG_4687
ヒイラギらしいトゲトゲの葉の枝と


IMG_4688
丸い葉の枝が混ざっている。

2種類の木が植わっているのかと下の方を見てみると


IMG_4686
足下は一本の木。

アプリで名前を調べると、ヒイラギモチ(モチノキ科)というそう。

別名チャイニーズホーリーまたは支那ヒイラギ。
ヒイラギ、ヒイラギモチ、セイヨウヒイラギと種類があって、私には区別がつきません。

しかもヒイラギモチやセイヨウヒイラギは本来のヒイラギと科が違うけど、葉の形が似ているからヒイラギを名乗っているとか^^;


IMG_4816
アプリはちゃんと識別していて、こちらがセイヨウヒイラギ(モチノキ科)


IMG_5255
こちらがヒイラギ(モクセイ科)

よく観ると確かに葉の形が違いますね。私にはみんなまとめて「ヒイラギ」ですが

ヒイラギの実は黒紫色で、後のふたつの実は赤。
これらがクリスマスシーズンによく飾りに使われる赤い実ですね_φ(・_・

やっと整理がついてきました^^;

まぁ、来年の今頃には忘れているでしょうが、ひとつ印象に残ったことは

樹齢が重なるとトゲが減ってエッジが丸みを帯びてくるのだそう。

私もヒイラギを見習って、歳を重ねるにつれトゲが取れて丸くなれたらいいのにな。