5月22日(日)

朝7時に出発の予定が、少し遅れの7:10出発。

姫路の県立武道館。お馴染みの場所になってきた。

今回夫が初めて役員として会場係りをするので、スーツと流派のネクタイを締めて出かけた。

 

準備体操の時、息子はひとりだったけど、すぐ近くに3人で参加しているらしき但●支部の人たちがいたので

あまり違和感がなかった。

開会式で並ぶ時は単独参加がさすがに寂しそうに見えたけど、隣は六甲の野●兄で、時折何か話している様子だった。

 

形の1回戦は氷●支部の人。平安初段は完勝だった。

2回戦は稲美の松●君。まさかの引き分け。

取り直しの平安3段で、3対1で負けてしまった。

コートを出る息子の背中に明らかに不満そうな態度がにじみ出ていた。

 

組手の2回戦は六甲の安●君。こちらは完勝。

3回戦の自由組手は、長身の氷上の中学3年生。

それでも茶帯なので、やってみるまでわからないと思っていたら意外に強い人だった。

息子は一度だけ見せ場を作ったけど、やはり身長の違いと手足のストロークの違いで不利だったかも。

それでも、組手は楽しかったと言ってた。

 

夫は役員として後片付けと反省会があるので、息子とふたりで電車で帰った。

最寄の手柄駅まで歩き、駅でジュースを買って電車に乗った。

1時間15分くらい乗ってる間、親子で爆睡。





5月21日(土)

 明日は息子の県大会。

スーパーでお昼のお弁当と、帰りの車で食べるお菓子を準備した。

こちらも娘と同様、中学生の部だから優勝は愚か、入賞も出来ないかもしれないという気持ちで臨むから、緊張感がないなぁ。