IMG_0800
コロナ禍の中、夏のボーナスが例年通りに支給されただけでもありがたいことです。これは娘のこと。

私達夫婦は、夫が会社勤めを辞めてボーナスのない生活になってから彼是10年になります。

こんなことは初ボーナスの時にもなかったことですが、先日 娘がボーナスで夫と私にステーキをご馳走してくれました。


IMG_0797
LAWRY'S The Prime Rib というお店。


IMG_0799
1938年にロサンゼルスで創業されたプライムリブ専門店だそうです。


05
店内の画像はオフィシャルサイトよりお借りしました。
高い天井、重厚感あふれる雰囲気。
娘が夫に、Tシャツはやめといてねと言った意味がわかりました(^^;


IMG_0770
コロナ対策も万全で、6人掛けの大きなテーブルに余裕を持ってセッティングされていました。

娘にご馳走になると思うと、余計にビールの美味しさが染みますね(*^。^*)


IMG_0778
普段はサラダバイキングだそうですが、現在は感染対策できれいに盛り付けられてサーブされました。

ガーリックシュリンプも美味しかった(*^。^*)


IMG_0781
スープとパン。
スープは、娘が「紅芋タルトの味がする」と言ったのですが、まさにそんなお味でした(^u^)


IMG_0782
メインのプライムリブが、まるで移動式のキッチンのような形で運ばれてきました。

アメリカの同店でも使われている「シルバー」というカートだそうです。

好みの焼き加減を伝えると、それぞれの焼き加減の肉の塊から、シェフが目の前で切り分けてくださいます。


IMG_0787
私は65gのランチカットで十分だと言ったのですが
娘がせっかくだから120gのオオサカカットにしようと強く勧めるので、この日ばかりは娘にまかせます。


IMG_0786
左側のワサビに似たものは、ホースラディッシュという西洋ワサビだそうです。
私はこちらをお肉に乗せていただくのが気に入りました。


IMG_0783-1
途中で、ロウリーズ特製のスパイスも加わり、少しつけていただくと、またまた味変が楽しめます。


IMG_0790
最後はコーヒー/紅茶とデザート。
ふだんはデザートもバイキングと言うから、かなりの満腹感を得られると思います。


堪能いたしました(*^。^*) 日本ではなかなかステーキを食べに行くことはないのですが

アメリカ圏に行くと、やたらステーキを食べる夫。娘とハワイで贅沢して食べたHy'sのステーキなど

共有の思い出話に花を咲かせながら、楽しいランチをごちそうさまでした。


後日、娘に「なんでまた急に?」と聞いてみると

自分は友達と美味しいものを食べる機会が多いけど(これからも多いけど)

両親にも食べさせてあげたいと思ったそう。

夫と私が、普段いかに手ごろなお店や居酒屋ばかり行ってると思われてるのでしょうか?

まぁ、私が実母に対して、「美味しいものを食べに連れて行ってあげたい」と思うことと同じですね。


体力の面で子が親を越す
食に関して子が親を越す
知識の面で子が親を越す
仕事に関して子が親を越す
経済力の面で子が親を越す

まだまだ子どもには負けてられないぞーという気持ちは大切だけど

こうやって段々と次々と子が親を越していくことは、喜ばしいことです。