カテゴリ:
6/12(金)のこと
IMG_9741
エレベーターホールにも不思議なアート。
見る人によって見え方はいろいろでしょうが

美しい観音様のようでもあり
ライトのせいもあって妙に神々しい。
私はひそかにエースの神様と呼んでいます^ ^

此処は京都ですからねぇ
フシギな観音様がいらっしやっても
まったく不思議ではございません。


IMG_9577
エレベーターの中も一辺倒ではなく


IMG_9576
カメラで遊びながら部屋に向かうので

IMG_9575
なかなか私達の部屋にたどり着きません💦


IMG_9743
エレベーターを降りたところにあった電話。
レトロ感のある電話ですが
ちゃんとフロントに繋がりそうです(・∀・)


IMG_9574
吹き抜けの屋根部分に建物が映り込んでいます。


IMG_9458
今まで行ったどのエースホテルよりも新しいので
きれい過ぎ感に少々違和感がありつつ


IMG_9459
やっと部屋にたどり着きました。
この部分は旅館を思わせる雰囲気で期待が膨らみます。


IMG_9457
ん?何やらシールが。
清掃済み、除菌済み、衛生検査済み、
施錠済みにチェックがつけられています。

新型コロナウイルス禍において
宿泊後は24時間以上かけて消毒している
という記事を読みました。
と言うことは、すべての部屋は1晩以上
寝かせているということですね。

シールを剥がして、ドアを開けるわくわくの瞬間。


IMG_9516
ドアをオープンすると、横手に小さなベンチがあり
さっそく荷物を置いて
右にバスルーム、左にトイレを通り過ぎ


IMG_9521
正面はこんな風景。


IMG_9484
季節のせいですかね、ベッドリネンは真っ白で
シンプル。


IMG_9571
エースホテルらしいベッドブランケットは(・・?
と思いましたが、そのことも忘れて
部屋の撮影に夢中になりました。


IMG_E9497
ソファの代わりに
まるで縁側のような縁台の上に3連のお座布団。


IMG_9565
和のテイストがここにもありました。


IMG_9562
ミナペルホネンのカーテンで
少し北欧テイストのエッセンスも。


IMG_9480
Epiphoneのギターがさりげなく。
ここに座ってポロロンと弾きたいところですが
ふたりそろって弦楽器はさっぱりな母娘。
娘はギターでおふざけをして遊んでいましたが(^^ゞ


IMG_9559
デスク周りはシックでシンプル。
テレビはSONY製。


IMG_9476

IMG_9475

IMG_9485
クローゼット。
画像に写っていないけれど、エースホテルらしい
グレーのガウンもありました。


IMG_9512
ミニバー


IMG_9474

IMG_9463
お部屋の全様を見たので
次はサニタリールームを拝見。


IMG_9536
洗面台はDURAVIT(ドイツ)


IMG_9464

IMG_9532
紙製のティッシュボックス。
水ハネで濡れるのが少し気になりましたが
もしかすると水に強い紙だったかな?


IMG_9659
竹製の歯ブラシとデンタルタブレット。
私は持参した使い慣れているものを使った
のですが、デンタルタブレットというもの
未体験です。今度使ってみよう。


IMG_9470
お風呂は内風呂のようで使い勝手良好👍
シャワーも使い方がシンプルで
ノンストレスでした。


IMG_9471
シャンプー類はuka。
新風館の中にもショップが入っていました。


IMG_9531
ドライヤー入れの袋が可愛い。


IMG_9530
サニタリールームの床


IMG_9661
トイレの洗面台。


IMG_9662
トイレットペーパーのホルダーがこれもまた珍しい。
この発想もありですね。


IMG_9767
部屋からの眺め。
便利の良い場所なので、他府県から来た私は
烏丸御池は繁華街だと思いがちでしたが
この辺りは意外にマンションも多く
住む町でもあるんだなぁと思いました。


明日は細かいこだわりについてレポしてまいります。