1
(画像拝借)
娘が勧めてくれた「梨泰院クラス」と
「愛の不時着」は、ずいぶん前に観終えていたのですが

しばらくその余韻に浸りたく
もう一度第1話から早送りしながら
好きな場面だけ観たりもしていました。

5月は、『ドラマ鑑賞が楽しい月間』でした。
久しぶりに夜更かしをし
その反動でソファでうたた寝をするという
魔のスパイラルに陥ったけど
それも楽しい渦の中でした。

Netflixの中に、昨年友人が教えてくれた
「きのう何食べた?」というドラマがありました。

主人公はゲイのカップルなんだけど
何てことはない料理をするシーンが見ていて楽しい。
そんな感じのことを友人は語ってくれていたような
気がします。

たまには友の勧めにも乗ってみようと
先日から観始めて、今で7話目。


料理シーンって観ていて気持ちがいいんですよね。
自分が料理しているわけではないのに
段取り良く美味しく
ちゃちゃっとお料理が進んでいく。
おまけに後片付けはしなくていい(笑)


先日このドラマの中で観た
深夜に「サッポロ一番みそラーメン」を作るシーンと
食べるシーン、最高だった。


主人公のシロさんの職業は弁護士。
どんなつまらない小さな案件でもよいから
とにかく定時に退勤することにこだわる。
スーパーで買い物をして帰宅し
2人分の料理をすることに喜びを感じるという
キャラクター。


えらいなぁ。仕事帰りにスーパーに寄って
しかも几帳面な倹約家。
帰宅して楽しくお料理・・なんて主夫の鏡だわ。


私の体力とやる気は日没とともに落ちていくのに(^^;
だから夫の仕事場に行く前に
夕飯の下ごしらえは終わらせておく。


そうすると仕事とウォーキングを終えて
ふらふらになって自宅に帰ってからが
とても気分的にラクなのです。


話は変わるけど
ドラマの中のゲイカップルのケンジさんは
美味しい!最高!ありがとう!と
感情を表現するのが素直でとても可愛い。


おまけに、ただの美味しいだけではなく
ここがこうでこうで美味しい!と
具体的に褒めてくれる。
人やものを褒めるときの手本のような褒め方なのです。


女に生まれてきた私は、今まで夫の前で
あんなに素直に可愛く
自分の気持ちを表現したことがあっただろうかな?
ふと我にかえり反省することしばし。


男として、女として…ではなく
最終的に人として…なんだろうね。