ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。60代を目前にした頃「暮らすと旅するの間の旅」が夢の形になりました。今度はどこでひとり旅×暮らしをしようかな。

2021年11月

2372d7b8
シュトレンを切りました。

本来は食べる分だけをその都度切り分けていただくものかもしれませんが

ずぼらな私は一気に薄く切り分けます(^^; 包んでいた白い包装紙を広げてその上で切り分け



IMG_8369 (2)
白いお皿に移すと



IMG_8365
包装紙の上に乾燥剤(エバーフレッシュ)が残っているじゃないですか(゜o゜)

あらあら、私は乾燥剤の上でナイフで切ってしまっていたようです。

幸い袋は破れていませんでしたが、よく見るとナイフで切った跡が残っています(^^;

+

そう言えば先日 煮物のお鍋の中に干し椎茸のスライスを入れようとして、お鍋の上で袋を傾けると

中から椎茸と一緒に乾燥剤(ドライカル)がお鍋にポトンと落ちてしまい、慌ててつまみ上げたことがあります。

乾燥剤が溶け出しているかもしれない!! お鍋の中のもの、全部ボツ?!と

慌ててグーグル先生に聞きにいきました。

中身の粉末を誤って食べたり、食物と一緒に煮込んだ場合でも異常がなければ

水を飲んで様子を見て下さい。
---と、あります。

今回のシュトレンの下にあったエバーフレッシュという乾燥剤の場合は

毒性の低いものなので、乾燥剤程度の量であれば心配はありません。---と、あります。

今回は食べたわけではなかったので傷が浅かったかと思われますが

いい加減 こんな失敗はしないようにしなければなぁと、60歳の主婦は猛省するのでした(^^;



先日、大切な方とのお食事会の場所に使わせてもらいました。



IMG_8082 (2)
美味しいものを食べさせてくれて、アットホームな場所にふさわしい地元の和食のお店「たのしや」さん。



IMG_8089[1]-1
塩おでんが名物です。お刺身も和牛の溶岩焼も塩おでんも



IMG_8084
そしてお酒も、楽しくて美味しいお食事会でした。




こちらのお笑い好き店主さんの「こだわり」が楽しいんです。

料理へのこだわりはもちろんですが、器、書、そして趣味へのこだわり。

店主さん的短編小説「片想い」がとてもイイです👍

もしやお料理や書以外に小説の才能もおありではと確信しました。

読むことがお好きな方はぜひどうぞ→「片想い」



IMG_8359-1
そんな美味しい塩おでんをいただきながら、今度はうちでも塩おでんを作ってみよう♪と決めていました。

そろそろおでんが恋しい季節ですね。この冬は何回おでんを作るでしょうか。

今日、夫は16時から倉敷に向けて日帰り出張。

帰宅は遅くなるから、今日は帰ったらサクッと食べてお酒を抜く日にすると言ってたっけ。

週に一度の休肝日。

そんな日は丼物をすることが多いですが、明日用にコトコトと煮込んだ塩おでんから数種をおかずに。

お出汁の味見をしていると止まらん💦

これを食べると呑みたくなるかもしれないなぁ。グッと我慢してもらおう。





IMG_8312
今日は母と天王寺でランチをしてから一緒に実家に帰り

サクラの顔を見て帰って来ました。

母とは3度目のしゃぶしゃぶランチ。

千里シャブチン 阿倍野ハルカス店。ひとり鍋しゃぶしゃぶ 大阪発祥のお店だそうです。

日曜のせいか、どのお店の前も11時の開店を待つ人がすでにたくさんいらっしゃいました。

ブレークスルー感染も言われているので、母と休日に人混みに出るのはそろそろ控えなくてはと恐る恐る^^;

豚ロース定食はこれで1,100円ですから、コスパの良さに母が何度も感動していました。

豚肉にも種類がありますが、私達は安くても脂身の少ないお肉が好みです。

母はポン酢タレにおろしにんにくをたっぷり、私はコチュジャンを。

母も辛いものは好きですが、最近むせることが多くなってきたので控えています。



IMG_8313
〆のおそばまで美味しくいただきました。

デパ地下で美味しそうなものを物色して実家へ。



IMG_E8323
サクラは元気そうでした。今回はあまりおばちゃんラブ❣️の素振りを見せてくれなかったけど許す。

その時によって気まぐれなサクラさんです。

昨年の11月は母の病院へ付き添いました。冬は母の鬼門の季節なのです。過去2回の入院も冬でした。

今年は寒い時の外出を少しでも減らして、コープさんの戸配を多く利用するようにと言い聞かせて帰路へ。

帰りは偶然夫と同じ電車に乗っていて笑いました。


IMG_8291 (2)
先日受けた健康診断の結果が届きました。

60歳の健康の「あゆみ」。今のパート先に勤めて18年生の「あゆみ」です。

中性脂肪欄に小さな*印がついた1回を除いて、過去15年くらいはずっとオールAだったのですが

3年前からLDLコレステロール欄に*印がつき始めました。

この3年間で食生活が変わったとも思えないし

コレステロールを多く含む食品をたくさん食べている心当たりが全くないだけに改善が難しいですが

野菜、海藻、きのこ、大豆食品などをこれからはもっと多く食べることを心がけなくてはなあ_φ(・_・

有酸素運動も大切だそうですが、確かに最近ウォーキングをさぼり気味(^^;

以前はパートの日でもウォーキングを欠かさなかったのですが

昨年あたりから、パートから帰って夫の仕事場で2~3時間手伝った日は

「今日は働いてきたし、ウォーキングはいいかな。靴も歩きにくいしね。」と言い訳をしている最近の私。

「以前は歩きやすい靴でパート出勤して、職場で履き替えてましたがねぇ( 一一)」と、過去の私。

この違いが数値に表れているのでしょうか^^;

+

今日は寒かったですね。夏と違って、冬は黄昏る時間のウォーキングが嫌いです(^^;

いっそどっぷりと暮れた後、夕飯も済ませて歩くか

少しでも暖かいお昼前後に歩いて、スーパーで買い物して帰るコースが理想かな。

今日はお昼前にウォーキングしてきましたが、風が強かったので紅葉した葉がずいぶん散っていました。

IMG_8258[1]
昨日はH美ちゃんとW子さんと1年9ヶ月振りの再会。

それぞれの近況報告を聞くには4時間では全然足りないのでした💦

別に決めたことではないのですが、何かしら小さなプレゼントを交換し合うことが多いです。

「この形のマスク、使ってる?」とW子さんから。



IMG_8259[1]
「5年保存できるらしい」とH美ちゃんから。さっそく非常用リュックに入れました。

私からは焼き栗モンブランを🌰

+

かれこれ10年くらい前でしょうか

3人とも同じ年齢の息子がいますが、みんな大学生になってとりあえず子育てが一段落ついた頃

ランチかお茶が定番だった友達と、居酒屋や夜カフェにも行けるようになった自分達の自由を楽しんでいた時代がありました。

これからは月に一回くらいやろうねーなんて言いながら、そんなことも何回か続いたけど

その後の私達の50代も忙しく楽しく過ぎ、三人三様の人生、本当に彼女達は頑張ってるなぁと感心するのです。

+

おふたりは私の夫のことを「ネズミ先生」と呼びます。

3人の息子の空手の先生であり、A君(うちの息子)のお父さんでもあり、ひょんな理由でネズミ先生という呼び名になりました(笑)

W子さんから飛び出した思い出話。これはひとつの例ですが---

昔3人でちょっとリッチなランチをしていたとき、こういうときネズミ先生はなんて言ってる?と聞かれたことがありました。

当時まだ会社員をしていた夫は

「自分は接待とかでたまに高級な店で食事する機会があるけど、sonoにはそんなチャンスは滅多にないから

そんなランチはどんどん行ってくれ」と言ってお小遣いを持たせてくれる、ほんの数千円だけど^^;

と私が答えたそうです。今の夫でも言いそうなセリフなので、私には何の違和感もありません。

でもW子さんとH美ちゃん曰く、そんなふうに言ってくれる旦那さんを当たり前だと思ったらダメなんだよって。

夫をよく知るふたりは、ネズミ先生は(良い意味で)かなり特殊だからって。

+

そう言えばどんなにお酒に酔って帰って来ても、ヘラヘラと機嫌よく笑っているけど

脱いだ服をちゃんとハンガーに掛けてお風呂に入り、いつも通り歯磨きもして、お布団を敷いて勝手に寝ている。

そんな手のかからない人。そういう旦那さん像を一番近くで見て育ってきている娘ちゃんは

将来結婚するときにネズミ先生みたいな男の人をふつうと思って結婚したら、一回は壁に当たると思うって。

人は経験をもとに話すことがほとんどなので、皆がそう考えているとは思いませんが

こういう意見に耳を傾けることは大事なことだと思うのです。

いつも私のブログを読んでいる娘にもこの意見が届くはずなので

「頭の片隅に置いておこうね、お互いに」と思うのでした。

いい夫婦の日は過ぎたけれど、夫にも感謝することも忘れずに。

あ、これ、イイ歳してノロケじゃないですよね(^^;;


IMG_8155
昨日の「レタスのブーケ」に続いて、今日は「りんごのフラワーボックス」ではありません^m^

先日、近くのスーパーの果物コーナーで、「りんご食べ比べ」としてこんなふうに売られていました。

サンふじ・ぐんま名月・トキ・シナノスイート

ぐんま名月という名前は私はお初です。

4個で596円のところクーポン利用で496円。隣りではふじりんご4〜5個が598円で売られていたので

今回は食べ比べに手が伸びました。



IMG_8160
味音痴なので、同時に食べ比べないと味の違いがわからない人です^^;

今日はぐんま名月とシナノスイートを食べ比べてみました。



IMG_8156
ぐんま名月は酸味が少な目で甘い味わい。

シナノスイートは香りがよく、果汁がたっぷりで優しい甘味が特徴だそうです。

私個人の感想では、シナノスイートのジューシーさが好みかな。



FullSizeRender
もうりんごを丸ごとガリッとかぶりつくなんてワイルドな食べ方はできません。

皮が歯の隙間にに挟まるぅ(;_;)~~~

8等分に切ってとコリッコリッと食べるよりも、このように薄く切ってお煎餅のようにかじると

噛んだ時の食感が歯に優しいんです。なんだか発言が年寄りくさいなぁ(^^;

りんごが旬ですね。私と娘のダイエット食でもあるので、この初冬はいつもよりたくさんりんごを食べています。

IMG_8098
何でも気づくのが遅い私ですので、もっと前からスーパーに並んでいたのかもしれませんが

私が初めて買ってみたのは2ヶ月ほど前だったでしょうか。



IMG_8157
3種のレタス サラトリオ



IMG_8164
根本を切る前に袋から出してみるとこんな感じ。

日本初の根土ポッドつきなので、食卓まで鮮度が保てるのが特徴のようです。



IMG_8165
グリーンクリスピーとグリーンオークとレッドオーク


IMG_8166
使い方も親切簡単



IMG_8167
まるでレタスのブーケ



IMG_8170
根本を切って葉を洗って



IMG_8226
お皿に盛るだけ。葉が大きい方がオシャレかもしれませんが、私は更に半分にカットしていただきます。



IMG_8229
苦味やえぐみのない柔らかいレタスで食べやすく、もう何度もリピートしています。

+

ところで今年ほど年賀状を作ることに気分が乗らない年はめずらしいです(^^;

皆さんはそろそろ作り始めておられますか?

早割の案内のメールを横目にみている間に、第一段の早割期間が過ぎてしまいました。

今年から家族連名はやめて、夫婦連名の賀状にしました。2021の賀状の写真は夫婦だけ。

子ども達の適当な画像が手元になかっただけなので、またひょっこり顔を出す年があるかもしれませんが。

この土日に画像選びでもするかなぁ。

IMG_8147
自宅から一番近いフォルクスで、10/30から土日祝限定のモーニングが始まったというので

今日、夫の誘いを受けて行ってきました。(店舗によって異なるそうです)

むかしからモーニングって好きなんです♡ 日常の中でほんの少し非日常を味わえるというか

いつもと違う朝のスタートを切れるというか、うまく表現できないですが

子どもが幼い頃から土日の朝にファミレスでモーニングをしたり、パン屋さんのモーニングに行ったりしたものでした。

家の近くでモーニングができるお店は限られていますが、以前レストランの神戸屋やサンマルクがあった頃は

我が家のモーニングの黄金期でした。残念なことに今はどちらもクローズしてしまいましたが。

そんな折り、フォルクスで土日祝限定のモーニングが始まったというのでさっそく行って来ました。



無題-1

こちら、普段は数種類のパンが食べ放題ですが、意外にもモーニングのパンはミニクロワッサンサンドと

ホットサンドとライ麦バーガーサンドというラインナップ。よくあるトーストのモーニングとはひと味違います。

聞くところによるとフォルクスのクロワッサンは人気なので、これを目玉に勝負するところが潔いです👍



IMG_8150
ミニクロワッサンは文字通りミニでした(*´ω`*)

男性には物足りないです、ときっぱり言います。夫は朝食はなくてもOKなくらいの人なので大丈夫ですが

いったん胃のスイッチが入ってしまうと、もう少し食べたくなるかも。そんなときはミニクロワッサンを1個180円で追加できますし



無題
もっとしっかり食べたい人には朝ステーキセットなんていうメニューも用意されていましたよ。

+

日常のモーニングも好きですが、旅先のモーニング、特にリゾートでのモーニングは最高♡

そう言いながらもホテルビュッフェはそれほど好きではないんです。

いくら美味しいものが目の前にたくさん並んでいても、年齢的にもうそれほどたくさんは食べられなくなったし

食事の途中に立ち歩くのが面倒で(^^; コンチネンタルスタイルがいいなと思うようになりました。

ハァ==3 長らくそんなリゾートの朝食から遠ざかっています。

+

先日、ある方のYouTubeを観ていると、「久しぶりに国内旅行に出かけたら、ものすごく疲れた。

今度ハワイに行けるようになった時はこんなことで大丈夫かなぁ。」とおっしゃっていて

「あー、わかるわかる!」と激しく共感しました。

まるで旅行で使う心と体の筋肉があるように、しばらく旅行をさぼっていたらその筋肉が衰えてしまったみたいです。

旅勘みたいなものも衰えているような気がします。今度空港に行ったらアタフタするんじゃないでしょうか💦

コロナの第6波が来るぞ来るぞと言われていますが、まずは国内からでも旅行して旅行筋を鍛えなくちゃ。

他の筋トレは大の大の苦手だけど、旅筋ならコツコツ鍛えるわよ💪

IMG_8106
パート先の近くにある台湾甜商店さん。

ほぼほぼ月1の割合で通い続け、スタンプが20個たまっていたので今日のランチに行ってきました。



IMG_8112
冬季限定という文字が気になるぅ。


IMG_8119
(オフィシャルより拝借)
冬の台湾に欠かせないスイーツ紅豆湯をヒントに…とあります。

となると今度は紅豆湯が気になりますが、台湾のぜんざい、台湾風おしるこ だそうです。



IMG_E8115
今日は焼仙草三昧の方にしてみました。

「何も入っていないように見えますけど、下の方に沈んでますので。」とひと言添えてくださいました。

私の思ったことがわかったのかとびっくり^m^



IMG_8117
この通り仙草の下のほうに芋圓やタピオカやピーナッツが入っていますよ。とろみがついているような食感。

うーん、熱いせいでしょうか、温かい豆花に比べると私には少し甘く感じました。

スタンプ20個のサービスで今日の分は無料。また月1で通います。

ごちそうさまでした(^u^)

IMG_8077
韓国の歌手のK.willのファンになって彼是8年。

ファンになった2013年に韓国語の勉強を始め、ついでに同じ頃にダイエットで10㎏以上痩せ、脱毛にも通い

まつ毛が伸びる美容液なんていうものも使い、2013年は私にとって飛躍の年だったので覚えているのです(笑)

やっぱり人を好きになるってすごいパワーですね(´艸`*)

その頃の私の変化を娘が喜んでくれていました。いや?もしかしたら面白がっていたのかな?

何だか急に若い歌手に夢中になり、女性に目覚めたような母親をイヤだと思うどころか

面白がって喜んでくれる娘で良かったなぁと思います。

ダイエットはリバウンドし、まつ毛も美容液をやめたらすぐに元の長さに戻りましたが

K.willのお陰で検定の3級まで習得できた韓国語だけは忘れずにいたいものです。

ずいぶんと長い前置きになりましたが、これから前置きpart2---。

そんな私はK.willのファンクラブにも入っております。

あまり活発なファンクラブではないので、コンサートチケットの優先購入のために入っているようなものです(^^;

今年も自動的に会員登録が更新された通知が届きました。

更新プレゼントが年々しょぼっていきますが、コロナ禍でコンサートもできないご時世でしたから

いただけるだけでもありがたいです。

もう2年以上もコンサートに行っていません=もう2年以上も会わず、生歌を聞いていません。

正直、熱は冷めています温度は熱湯からぬるま湯くらいに冷めています。

現実の恋愛だってそうですもんね。

知り合った頃のあのドキドキがずーっと続いたら、心臓に悪くて寿命が縮まっちゃいます。

それがいつしか落ち着きに変わり、あげく空気に変わったりするわけで(*´ω`*)

いつかK.willのコンサートが日本であったら行くのかな?と、自分に聞いている私がいます。

目をキラキラさせてペンライトを振る私ではないかもしれないけど

その分もっと冷静に歌を聴いたり、演奏やダンスにも注目できるかな。

うん。やっぱり行こう!と思うのです。

はい、ここから前置きpart3---。

いつだったかK.willの記事で読んだのですが、デビューするときにマイクを持つ手が寂しいなと思い

指輪を買ってはめてみたのだそうです。まだデビューの頃ですから高価なものではないとおっしゃっていました。

その指輪を何度か失くしたことがあるそうですが、その度に自分の手元に戻ってくる指輪なので

今も大切にはめているというエピソードでした。



IMG_8068
ここからが本題です。(画像はいただきものの銘菓)

昨日はある大切なお客様と、地元のお店で待ち合わせをしていました。

待ち合わせの前に寄りたいところがあったので、夫とふたり、少し早めに家を出ました。

もう日も暮れ始める時間帯、普段あまり歩かない道を気まぐれに選び

かすかにオレンジ色が残る空の方を向いて歩いていたら

向こうからこれから会う約束の人達が歩いてくるではありませんか。散策中だったそうです。

あら こんなところで!と、奇跡的な偶然に驚いた声をあげてしまいました。

もう20秒時間をずらして家を出ていたら出会っていなかったし

気まぐれに違う道を選んでいなかったら出会っていなかったわけです。

そう考えると、会う運命の人とはこんなもんなんだなぁと、夫がしみじみ。

断捨離をする時に大切なものを捨ててしまっても、本当に自分にとって必要なものなら

また買うなりもらうなりで手元に戻ると言いますよね。もちろん思い出の品や一点ものは別ですが。

縁のある人やものとは、離れていてもまたいつかどこかで巡り巡る運命になっているんだなあと思った出来事でした。

↑このページのトップヘ