アーカイブ

2020年06月

忘れている思い出は捨てましょう

カテゴリ:
マイブームも過ぎたプチ断捨離ですが
夫の仕事場マンションの物入れから
年季の入った段ボールが3箱
私を待ち構えておりました。
中身をチェックせよということですね(^^;

IMG_9437
段ボールの中には
子どもが幼い頃に読んでいた絵本
ウルトラマンや怪獣の人形
私が昔つけていた家計簿や日記帳など。

久しぶりに手に取る絵本。
将来 孫が遊びに来たときのためにという
妄想を抱いて取っておいたのですが
こんなに汚れた古い絵本は
気味悪くて嫌がられるだろうなぁと処分。
厳選した数冊を除いて。


IMG_9439
ピアノの楽譜は迷い中。
久しぶりにピアノの蓋を開けたときに
楽譜が何もないのは…と思うので
娘に相談して数冊厳選しましょうか。

バッハ、モーツァルト、ショパンなどは
飾りようによっては素敵かも…
これが捨てられない人の思考回路かな(^^;

家計簿は迷いなく処分。
むしろ何でこんなものを後生大事に
取っていたんだろうと思うのですが

家計簿に日記欄があるもの数冊は
捨てきれませんでした。

結婚当時からの純粋な日記帳も数冊。
この処分いかに?につきましては
また気が向いたらいつか書くかもしれません。

セーラームーンやウルトラマンなどの人形。
年代物になってプレミアがつくまでには
まだまだ年数がかかるでしょう。

子どもの許可なく処分できないので聞いてみると
回答は「まだ捨てないで」でした。
こうやって実家はいつまでたっても
巨大な思い出箱となるわけです。

結果、段ボール3箱の内
2箱分の思い出がなくなったと思うと
寂しさよりも身が軽くなったのは
自分でも意外でした。

持っていることすら忘れている思い出や
ふだん忘れてしまっている思い出までは
持ち切れない。

持ち切れないから忘れているのかもしれない。
思い出は、記憶に残る数だけで十分かな。

ドラマ「きのうなに食べた?」

カテゴリ:

1
(画像拝借)
娘が勧めてくれた「梨泰院クラス」と
「愛の不時着」は、ずいぶん前に観終えていたのですが

しばらくその余韻に浸りたく
もう一度第1話から早送りしながら
好きな場面だけ観たりもしていました。

5月は、『ドラマ鑑賞が楽しい月間』でした。
久しぶりに夜更かしをし
その反動でソファでうたた寝をするという
魔のスパイラルに陥ったけど
それも楽しい渦の中でした。

Netflixの中に、昨年友人が教えてくれた
「きのう何食べた?」というドラマがありました。

主人公はゲイのカップルなんだけど
何てことはない料理をするシーンが見ていて楽しい。
そんな感じのことを友人は語ってくれていたような
気がします。

たまには友の勧めにも乗ってみようと
先日から観始めて、今で7話目。


料理シーンって観ていて気持ちがいいんですよね。
自分が料理しているわけではないのに
段取り良く美味しく
ちゃちゃっとお料理が進んでいく。
おまけに後片付けはしなくていい(笑)


先日このドラマの中で観た
深夜に「サッポロ一番みそラーメン」を作るシーンと
食べるシーン、最高だった。


主人公のシロさんの職業は弁護士。
どんなつまらない小さな案件でもよいから
とにかく定時に退勤することにこだわる。
スーパーで買い物をして帰宅し
2人分の料理をすることに喜びを感じるという
キャラクター。


えらいなぁ。仕事帰りにスーパーに寄って
しかも几帳面な倹約家。
帰宅して楽しくお料理・・なんて主夫の鏡だわ。


私の体力とやる気は日没とともに落ちていくのに(^^;
だから夫の仕事場に行く前に
夕飯の下ごしらえは終わらせておく。


そうすると仕事とウォーキングを終えて
ふらふらになって自宅に帰ってからが
とても気分的にラクなのです。


話は変わるけど
ドラマの中のゲイカップルのケンジさんは
美味しい!最高!ありがとう!と
感情を表現するのが素直でとても可愛い。


おまけに、ただの美味しいだけではなく
ここがこうでこうで美味しい!と
具体的に褒めてくれる。
人やものを褒めるときの手本のような褒め方なのです。


女に生まれてきた私は、今まで夫の前で
あんなに素直に可愛く
自分の気持ちを表現したことがあっただろうかな?
ふと我にかえり反省することしばし。


男として、女として…ではなく
最終的に人として…なんだろうね。

BIO-RAL

カテゴリ:
index_img02
(画像拝借)
BIORALというライフ系列のオーガニックスーパーへ
娘が連れて行ってくれました。




めずらしい商品が多いのでスーパー探検が楽しい。
例えばオタフクソースひとつ取ってみても
初めて見るようなソースがいくつかあったり。


IMG_9385
こんなチップスを買いました。
ハワイでも買わないタロイモチップスを
無意識のハワイロスが私にそうさせてしまう(笑)


IMG_9388-1
「これ、美味しかったよ」と娘が教えてくれた
ボトルグリーンの中から
レモングラス&ジンジャーを。


IMG_E9407
夫が寝静まった23時過ぎ。
お風呂上りにNetflixでドラマ鑑賞のおともに。
ちょうどグラス1杯で飲み切りサイズ。

あ、深夜のタロチップスは味見程度に。
素朴な味。


IMG_9421
グリーンのボトルは可愛いので
夏の間しばらく飾っておこう。

背後のホノルルクッキーカンパニーの空き箱と言い
昨年クリスマス前に買ったドライフラワー化した
ヒイラギと言い
ここは私の捨てられないコーナーか💦

いえいえ、その後ろの青い花瓶と
左端に少しだけ見えているドライフラワーは
大切な宝物。
捨てられないものには違いない(^^;

ウォーキング途中に咲く花

カテゴリ:
IMG_9373
昨日、実家の帰り、娘の家に寄りました。
こちらも久しぶり。

前におじゃましたのはまだ肌寒い季節でした。
コロナのニュースはあったけど
まだ恐る恐る外食もできていたころ。

そ、そ、昨日娘の家に寄ったついでに
ベランダで死んでいた緑色のカメムシ退治を
させられましたわ💦 (超 虫嫌いな娘に代わって)

何だか今年兵庫県全域に
カメムシが大量発生しているとか。
そう言えばうちのマンションの共用廊下でも
数匹目撃したけど、関係あるのかな(・・?

しかも娘の部屋は低層階ではないのに
こんなところまでカメムシが追いかけてくる?


IMG_9369
カメムシ退治も済ませ
少しウォーキングしようと外に出ました。

今の時期は夕方の風がとても気持ちが良いですね。
少し歩くと青々と茂った緑に花が咲いていて
どこか見覚えのある花。


IMG_9368
「常緑ヤマボウシ(ミズキ科)」と書いてあるよと
娘が見つけてくれました。


IMG_9370
どうりでか💡 ハナミズキに似ているんだ。
見かけによらず、トロピカルフルーツのように
個性的なトゲのある真っ赤な実をつけるそう。

ヤマボウシは日本原産。
ハナミズキはアメリカ原産で
別名アメリカヤマボウシらしいφ(..)メモメモ


IMG_9376
こちらは昨日の紫陽花。
こんなに色濃い紫陽花を、今年初めて見ました。
土壌が違うと、こんなにも色が違うんですね。

でも娘はこの色にトラウマがあるらしく
ウォーキングしながら「セーラームーン」
最終回の話になりました。

当時、セーラームーン ラストショックと
呼ばれるほど、子ども達に与えたショックは大きく
トラウマになっている人が多かったそう。


無題
娘のトラウマになっているピンク色の花のシーンが
あると言うので、調べてみると

クインメタリアにセーラームーンが殺されてしまう場面(゜o゜)
そう言えば、上の紫陽花と同じような色をしていて
笑っちゃいけないんだけど(^^;

娘に見せると、これではないと言う。
野原一面がピンクの花で、なんか、ぶわーっと
野原がピンク色に染まっていくシーン
それが今でもたまに夢に出てくるそう。


IMG_9391
劇場版の方のこちらの場面のことだったよう。
これが娘にトラウマを植え付けた妖花の場面らしい。

テレビの最終回では仲間がみんな死んでいく場面
劇場版では花の場面。
色々とトラウマの多いセーラームーンで
記憶がごちゃごちゃになっているみたい。


 IMG_9394
子どもにはかなりショッキングな画面ですよね。
確かに娘は「色」と「音」にとても敏感な子どもでした。

「それぞれの音に色がついている」と言うような
子どもだったから、よけいに色のトラウマが強かったのかな。

まったく大人の事情で最終回をこんなシナリオに
した当時の製作者を
月に代わってお仕置きしてもらいたいものです。



娘の久しぶりデー

カテゴリ:
IMG_9367
くちなしの甘い香りは
父の命日の季節を教えてくれます。

今日は娘と一緒に実家参り。
6月1日は父の命日だったので
今日は仏前でお経をあげました。

娘と会うのも久しぶりでした。
今はラインやビデオ通話のおかげで
距離や時間を感じなくなりましたけどね。

娘は来週から電車通勤が始まり
今なら感染している確率も
人に感染させる確率も低いからと
今日、私の実家に一緒に行くことになったわけです。

そんな娘は電車に乗るのも久しぶりなら
愛犬サクラに会うのも久しぶり
手土産のお寿司もケーキも久しぶりだ!と
嬉しそう(*^^*)
今日は娘の久しぶりデーだったようです。

早まったStay Hotel計画

カテゴリ:
IMG_9309
こちらは毎年、下手なカメラマンの
被写体になってくれる紫陽花。

ベージュの壁を背景に
なんとも言えないピンクがスキ。

+

あら、どうしましょう。
昨晩 娘から電話があって

エースホテル京都の予約できる宿泊日が
7/1からだったのが、6月に早まったらしいので
私達の宿泊日も前倒しにした。

だが、もうすぐだよ?!
と、さすがにびびっている母娘。

今日までリモートワークをしていた娘は
今は外出することに抵抗があるけど
電車通勤するようになれば
それもすぐに麻痺してしまうのか?

不要不急ではないけどいいの?
第2波は大丈夫?

即決しかねている時の娘の言葉がちょっと笑えた。
「吉村(知事)さんがどう言ってるか調べてみる!」
吉村さんがいいよと言えば、キミは行くのか(笑笑)


[政府指針]
  • 5月末まで
  • →不要不急の帰省や旅行で都道府県をまたぐ移動を避ける

  • 6月1日~6月18日まで
    →住んでいる都道府県内の観光にとどめる
    (特定警戒都道府県だった東京、神奈川、埼玉、千葉、北海道との移動は慎重に)

  • 6月19日~
    →徐々に国内旅行を活性化

  • 7月下旬
    →GO TOキャンペーンで国内旅行喚起

  • 心の準備をする間もなく
    急にチャンスが巡ってきたり
    急に決断を迫られることがたまにある。

    決めかねているときは流れに逆らわず
    うまく波に乗り、あとは勢いに乗ってしまう。
    これ、私の決断の指針^^;

    と、もっともらしいことを書いているけど
    十分に注意して
    Stay Hotelを楽しませていただきます
    ということなのでした。

    +

    本日、夫は約3ヶ月ぶりの空手教室。
    昨日は久しぶりに夫の車で
    教室のある建物のロッカーへ
    空手グッズを預けに行きました。
    今日は久しぶりに夫の表情に
    活力がみなぎった感です。

    そして私のパート先まで夫のお迎えもなく
    ふたりウォーキングもないけれど
    これがもとの生活。
    戻るものあれば、手放すものもあり。



    ノスタルジック ウォーキング街道

    カテゴリ:

    IMG_9332
    昨日は夫と車でニトリに行ったついでに
    その界隈をウォーキングすることにした。
    こちら、大西商店さんが健在で嬉しい。

           

    e787351c
    11年前の画像を過去記事から引っ張ってきました。
    三者懇談会の帰りに息子と立ち寄ったときのもの。

    それにしても11年経っても
    自転車の停め方が全く同じ(笑)


    3c5ea1c9-s
    レトロ感があたりに漂うのは
    カタカナマジックのせい?


    IMG_9335-1
    少し行くと、数年前の大会物販後に途中下車して
    何度か通ったことのあるライオン堂の姿も
    確認でき、今度は夫も喜んだ。


    自粛期間中になくなっている馴染みのお店が
    ある中で、生き残ってくれていたことが嬉しい。
    昨晩のテレビのニュースで
    私達が仕事で姫路に行き始めた頃に
    数回泊まったことのあるホテル姫路プラザが
    5月で閉館したことを知った。

    物販の手伝いに来てくれた娘も
    一緒に泊まったことがあり、思い出深いホテル。
    古さは否めなかったけど
    アットホームな朝食が魅力だった。

    後半は他の新しいホテルを利用していたけど
    夫と私が今の仕事を始めた頃の原点を
    思い出させてくれるホテルのひとつ。

    最後にチェックアウトされたお客さんを
    お見送りする経営者さんの姿がしみじみ。
    このところ残念なニュースが多過ぎる(ノд・。)


    IMG_9336
    今度は少し山手に向かって歩く途中
    弓弦羽神社の横を通りかかる。

    弦と羽という字があるだけで

    羽生結弦くんを連想してしまう。

    今度は漢字マジックかな



    IMG_9337
    山手幹線道路で折り返すことにしたところで
    夫に仕事の電話が入り
    タイミングよく目の前にあったベンチに座って
    しばしの電話と休憩タイム。

    後ろを振り向くとにしむら珈琲の建物。
    夫とのウォーキングで
    カフェに立ち寄ることはまずない。



    IMG_9343
    ぐるっと回ってもと来た道に。
    大西商店のアイスモナカに未練があったので
    私だけ買い食い。

    こういうとき夫は
    「間食すると夕飯の酒が不味くなる」と言って
    付き合いが悪いのだ。ふふーん(-ε-)


    いつもと違うウォーキングコースは

    プチ旅行気分を味わえて新鮮でありながら

    ノスタルジック街道。


    大西商店のおじいさんとおばあさん
    まだまだお元気で頑張っていてください。

    楽しみな予定

    カテゴリ:
    IMG_9233
    通勤路に咲いていたピンク色の紫陽花は


    IMG_9231
    ひとつひとつのガクがとても大きい。
    紫陽花って種類が多いですね。

    +

    久しぶりに楽しみな予定ができました。
    娘が、7月にエ●スホテル京都の予約をしてくれました。

    4月、5月、7月と3度目の正直。
    コロナのことがあり
    ホテルのオープン日が延期に次ぐ延期となっていたのです。

    緊急事態が起きない限りは
    7月の京都は大丈夫だと思いたい。
    願いたい!信じたい!!

    大好きなエースホテルで過ごすことがテーマなので
    Stay Hotelは望むところなのです。
    京都散歩は控え目に。

    もうひとつの楽しみは
    地元ではちょっと有名な
    予約の取れない串屋さん。
    こちらもまた娘が、執念で8月の予約を取ってくれました。

    7月、8月…コロナはどうなっているでしょうか。
    世界はどうなっているかな。
    先行き不安な世の中ですが
    カレンダーに楽しみな予定を記入したのは
    新鮮に感じるほど久しぶりなことでした。


    花火プロジェクト

    カテゴリ:

    2019612102454
    画像は拝借しました。
    昨晩20時に日本の各地で一斉に打ち上がった花火
    ご覧になられた方もいらっしゃったでしょうか。


    私は夜のニュースで知り
    画面を通してでしか観れませんでしたが


    それでも花火職人さん達の
    私達にできることはないか--のプロジェクトに
    元気と希望をもらいました。


    初めは場所も時間も非公開の予定が
    いきなりの花火の大きな音で
    怖がらせてはいけないからと
    時間の予告はされていたようですね。


    私はそのことも知らなかったので
    本当にサプライズでした。


    IMG_9312

    昨日、夫とウォーキングしていた時に見かけ
    足が止まったもの。

    Acorns grow to mighty trees.
    どんぐりは大きな木になる。


    IMG_E9312-1
    薄くスライスされたアラカシの木のプレートに
    思い思いの花を描いて作成した
    カラフルなどんぐりの木--だそうです。


    IMG_E9313
    自粛生活の中で
    何かできることを探し見つけて実行に移す人
    すばらしいです👏

    私はブログの画像の貼り付けと韓国ドラマ鑑賞と
    夫とのウォーキングと断捨離くらいしか
    していませんでした<(_ _)>

    +

    昨日、給付金が振り込まれていました。
    パート先のおじさん達の話を聞いていると
    大きな自治体の方が手続きに時間がかかる傾向?
    我が市は人口10万人足らずの市なので
    わりと早かったのかもしれません。

    謎の草〜キミの名は

    カテゴリ:
    IMG_9272-2

    一昨日のブログに書いた
    「ゴーヤ君と同居中の謎の草」。
    その行方を観察中なのですが

    そうだ、あのアプリがあった!と思い出し
    謎の草の名前を調べようとパシャリ📷

    キミの名は……
    トマト(・・?
    夫に聞いても自分に聞いても
    トマトなんぞ植えた記憶がありません。

    何回かアプリのカメラで撮り直しても
    わたしはトマトです。
    そして時々ニワウルシ。

    識別ミスもあろうかと
    ゴーヤの葉をパシャリ📷 してみると

    答えは「ニンニクガラシ」
    はたまた「ダイコン」

    花の名前を知りたいときには頼りになる
    このアプリ。
    野菜の葉にはじゃっかん弱いことが判明。

    どんな葉に成長するか、もう少し見守ります。

    +

    IMG_9319
    今日、やっと我が家にもマスクが届きました。


    このページのトップヘ

    見出し画像
    ×