ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。60代を目前にした頃「暮らすと旅するの間の旅」が夢の形になりました。今度はどこでひとり旅×暮らしをしようかな。

2020年06月

6/12(金)のこと
IMG_9636
昨日から県境を越えた移動自粛が解除されましたね。
私達がエースホテル京都に泊まっていた先週は
まだ解除される前だったので気後れを感じつつ
滞在中はせめてステイホテルを心がけて過ごしておりました。

到着日の夕食、翌日の朝食、昼食、カフェ
すべてホテル内。

この日のディナーはMr.Maurice's Italian
ミスターモーリスズイタリアンの予約をしていました。
イタリア風のアメリカン料理を食べさせてくれるレストランとか。

画像にチラと写っている女性が明るくてキュートで
私達のテーブルを美味しく楽しい時間にするお手伝いをしてくださったHさん。


IMG_9634
ペリエをお願いしたら、思っていたよりも大きなボトル。

自宅でお風呂上りにレモンの炭酸水を飲む私は
ホテルの部屋に持ち帰っても良いかとHさんに聞いてみました。
こたえはOK👌


IMG_9638
左側は私のスパークリングカクテル
「Ginger & Yuzu & Flower」 
フルーティーで、とても飲みやすいカクテル。

右は娘の「Shiso Cute」(紫蘇キュート)
こちらも可愛いネーミングです。


IMG_9644
アンティパスティの盛り合わせ(3種)
国産ポークのポルケッタ トンナートソース添え
日本産タコとじゃがいものグリル レモンゼストとルッコラ
12時間キャラメリゼをした玉葱のクレープ巻 パルミジャーノソース

特にキャラメリゼした玉ねぎの絶妙な甘味と苦味
タコのプチプチとした食感に感激。
どれもすばらしく美味しかったです。


IMG_9646
釜焼きピザのシシリアーナは
モッツァレラ、ツナ、玉葱、赤唐辛子、オレガノ。
あっさりしていて軽く、ペロリといただきました。


IMG_9648
パスタは「リガトーニ鶏肝のラグー」をチョイス。


IMG_9653
ミスターモーリスズにはルーフトップバーもあって
行ってみたかったのですが、この日は雨。
行かずに部屋に戻るつもりでしたが
さきほどのHさんが見学だけでもと案内してくださいました。


IMG_9651
こんど京都に遊びに来たときにぜひ立ち寄ってみたいです。

+

IMG_0146
今日は娘が泊まりで遊びに来ています。
泊まりは半年ぶり。
久しぶりに家の中が賑やかです。

リクエストされた夕飯の献立は、塩サバと肉じゃが。
アボカドとオクラの天ぷらも添えました。



6/12(金)のこと
IMG_9467
エースホテルと音楽は切り離せない・・のだそうです。
部屋にギターがあったことは前述ですが
TEACのレコードプレーヤーもありました。
エースホテルによるとターンテーブルというのだそうです。
違いを調べてみましたら


IMG_9550
レコードプレーヤーはオーディオ・リスニング
用途を目的としているもので
ターンテーブルは
DJプレイ用途を目的としているものとか。

ということは
DJさんみたいに指でキュッキュしてもいい
ってことですか?大いなる勘違い?
私達はキュッキュしませんけどね^^;


IMG_9546
LPレコードが4枚。
ラインナップはこんな感じでした。
私がわかるのは右下の井上陽水くらいでしょうか。


IMG_9553-1
見るも触るも初めてな平成娘は
使い方を教えてと昭和の母に言うのですが
私もレコードに触れるのはものすごく久しぶり。

こちらのは自動でしたが、その昔は自分の手で
針をレコード盤の上に乗せていたものです。
バリバリ、ガサガサというあの雑音が
良かったりしたんですよね。

なぜかその頃の記憶の方が色濃く残っていたので
初め、手で乗せようとしていましたが
こちらのプレーヤーはそこまでレトロではありませんでした(^^;


IMG_9547
Tivoli社製ラジオ
知ったかでブランド名を書いていたりしますが
申し訳ありません、全くもって知らないブランドばかりです。

メイドインジャパン世代ですからね
音響はソニー、ヤマハ、ビクターなどしか知らないのです。
でもACEチョイスですから、きっとイケてるブランドばかりなのでしょう!


IMG_9475
テーブルの上にあったステーショナリー。
一番下に五線譜があることに娘が気づきました。


IMG_9665
一曲、書いてね♪ ということでしょうか(*^^*)


IMG_9474
ミニバー


IMG_9490
一番上の段はBALMUDAの電気ケトルと
アイスバケット。


IMG_9489
2段目の湯呑は額賀章夫氏作
小皿は伊藤丈浩氏作のものだそうです。


IMG_9567
とても口当たりの良い器ばかりでした。
小皿はこちらではティーパックを載せる用だそうです。


IMG_9487
ACE京都チョイスのスナック類に興味津々。


IMG_9758

IMG_9512
JUST WATERだけ利用しました。
「ただのお水」って訳したくなりますね(* ´艸`)


IMG_9765

IMG_9763
こんな感じです。


IMG_9504
娘が部屋の撮影をしている間
私は少々ヒマを持て余し気味だったので
こんなところの画像を撮って、結構楽しんでいました。


IMG_9500IMG_9502
IMG_9508IMG_9528


IMG_9523
上を向いてベッドに寝ると見えた天井。
目の悪い私がメガネをはずすと
夜空の満天の星に見えます。


この通り、小物の1点1点までこだわりが
強いことは期待を裏切らないのですが
部屋の造りや家具のレイアウトが
よくあるタイプだったことが意外でした。


d573529f-s
ニューヨークの部屋はこちら


9ac2baf6
ポートランドの部屋はこちらでしたから
ACEは個性的でなければいけないと洗脳されてしまったのでしょうか。


IMG_9630
私達が今回泊まったスタンダードツインの部屋は
普段出張や旅先で利用するホテルの
レイアウトと違和感がないのです。
(もちろんオシャレ感は全く違います。)

日本人の私が違和感がないと感じるということは
これが日本らしさなのかもしれません。

無機質なところ、無駄をそぎ落としたところが
日本のインテリアの特徴のひとつかなと。

最後に、今回私が感じた究極のこだわりをひとつ。
気づいていながら画像を撮ってこなかったことを
今になってとても悔やむのですが

壁紙が小さく破れている部分が目に留まりました。
新築棟と聞いていたし
こちらのお部屋は私達が1番目か2番目のゲストの
はずなのに、もう傷や汚れがついてしまった?と
思ったのですが

もしかするとこれはあえて…だったのでしょうか。
そう言えば新築特有の匂いはまったく感じなかったです。

6/12(金)のこと
IMG_9741
エレベーターホールにも不思議なアート。
見る人によって見え方はいろいろでしょうが

美しい観音様のようでもあり
ライトのせいもあって妙に神々しい。
私はひそかにエースの神様と呼んでいます^ ^

此処は京都ですからねぇ
フシギな観音様がいらっしやっても
まったく不思議ではございません。


IMG_9577
エレベーターの中も一辺倒ではなく


IMG_9576
カメラで遊びながら部屋に向かうので

IMG_9575
なかなか私達の部屋にたどり着きません💦


IMG_9743
エレベーターを降りたところにあった電話。
レトロ感のある電話ですが
ちゃんとフロントに繋がりそうです(・∀・)


IMG_9574
吹き抜けの屋根部分に建物が映り込んでいます。


IMG_9458
今まで行ったどのエースホテルよりも新しいので
きれい過ぎ感に少々違和感がありつつ


IMG_9459
やっと部屋にたどり着きました。
この部分は旅館を思わせる雰囲気で期待が膨らみます。


IMG_9457
ん?何やらシールが。
清掃済み、除菌済み、衛生検査済み、
施錠済みにチェックがつけられています。

新型コロナウイルス禍において
宿泊後は24時間以上かけて消毒している
という記事を読みました。
と言うことは、すべての部屋は1晩以上
寝かせているということですね。

シールを剥がして、ドアを開けるわくわくの瞬間。


IMG_9516
ドアをオープンすると、横手に小さなベンチがあり
さっそく荷物を置いて
右にバスルーム、左にトイレを通り過ぎ


IMG_9521
正面はこんな風景。


IMG_9484
季節のせいですかね、ベッドリネンは真っ白で
シンプル。


IMG_9571
エースホテルらしいベッドブランケットは(・・?
と思いましたが、そのことも忘れて
部屋の撮影に夢中になりました。


IMG_E9497
ソファの代わりに
まるで縁側のような縁台の上に3連のお座布団。


IMG_9565
和のテイストがここにもありました。


IMG_9562
ミナペルホネンのカーテンで
少し北欧テイストのエッセンスも。


IMG_9480
Epiphoneのギターがさりげなく。
ここに座ってポロロンと弾きたいところですが
ふたりそろって弦楽器はさっぱりな母娘。
娘はギターでおふざけをして遊んでいましたが(^^ゞ


IMG_9559
デスク周りはシックでシンプル。
テレビはSONY製。


IMG_9476

IMG_9475

IMG_9485
クローゼット。
画像に写っていないけれど、エースホテルらしい
グレーのガウンもありました。


IMG_9512
ミニバー


IMG_9474

IMG_9463
お部屋の全様を見たので
次はサニタリールームを拝見。


IMG_9536
洗面台はDURAVIT(ドイツ)


IMG_9464

IMG_9532
紙製のティッシュボックス。
水ハネで濡れるのが少し気になりましたが
もしかすると水に強い紙だったかな?


IMG_9659
竹製の歯ブラシとデンタルタブレット。
私は持参した使い慣れているものを使った
のですが、デンタルタブレットというもの
未体験です。今度使ってみよう。


IMG_9470
お風呂は内風呂のようで使い勝手良好👍
シャワーも使い方がシンプルで
ノンストレスでした。


IMG_9471
シャンプー類はuka。
新風館の中にもショップが入っていました。


IMG_9531
ドライヤー入れの袋が可愛い。


IMG_9530
サニタリールームの床


IMG_9661
トイレの洗面台。


IMG_9662
トイレットペーパーのホルダーがこれもまた珍しい。
この発想もありですね。


IMG_9767
部屋からの眺め。
便利の良い場所なので、他府県から来た私は
烏丸御池は繁華街だと思いがちでしたが
この辺りは意外にマンションも多く
住む町でもあるんだなぁと思いました。


明日は細かいこだわりについてレポしてまいります。


6/12(金)のこと
IMG_9627
とりあえずチェックインしましょう。
画像は色んな時間帯に撮ったものが順不同に
混在しておりますのであしからず。


IMG_9581
横一列のカウンターが主流のホテルにあって
円形のカウンター。
いきなり変化球を投げてこられた感じですね。


IMG_9580
スタッフのユニフォーム、かっこよくて
スニーカーなところがアメリカっぽい。


IMG_9629
チェックインしながら目線はショップのコーナーに。


IMG_9578
私達にとってはNY,ポートランドに次いで
3カ所目のエースホテルとなったのですが
泊まった先々のトートバッグを買い集めるのが
楽しみのひとつになっています。

画像の左上に見えるのは
娘がニューヨークのエースで購入したものと同じ。
ニューヨークのものが京都でも買えるんだねと
限定感がなくて少し残念でした。
まぁ、ネットでも買える時代ですしね(^^;


IMG_9903
私はこちらを買いました。
娘はほかにも欲しいものがあったので
トートはまた今度京都に来たときに買うと言ってたっけ。

ByLZmnXzQKWmBwOyDSIG_015_1024x1024
バンダナにはエースホテル20周年と書かれていて


IMG_9900
Kyotoも仲間入りしているので
2人とも記念に買いました。
どんな使い方をするのか悩むのも楽しいです。

私達にとってエースホテルは
これまでは海外のホテルだったのですが
京都ならまたいつでも来て買えるという
今更な気づきが嬉しい。

京都でありながら海外に旅しているような
アメリカのホテルでありながら、日本語が通じ
関西弁のイントネーションが聞こえてくる。
ここは京都なんだという不思議な楽しい違和感でした。


IMG_9741
エレベーターホールに向かう途中
後ろから「すみません」と呼び止められました。

素敵なかばんをお持ちなので…と褒めてくださり
ほんの少しエースホテル愛を語り(笑)

ホテルの関係者さんで
娘にくださったお名刺を拝見すると
若いけど立派なキャリアでした。


IMG_9517
そのとき私達が持っていたトートは
ポートランドのエースホテルに泊まったときに
買ったもの。
関係者さんはこんなところにまで
目をつけるんだなぁと
ホスピタリティにあっぱれです。


IMG_9896IMG_9897
期間限定かと思いますが、宿泊客にはこちらの
トートをプレゼントしてくださいました。
新風館に入っているBEAMSとエースホテルが
コラボしたもので、画像はトートの両面。


IMG_9898
このイラストの女子、娘にそっくり。
普段よくこんなスタイルの服装をしていて
カメラを構えているところと言い
似すぎていて笑いました(*^^*)

さてさて、ようやっと部屋に潜入です。


気を持たせるホテルレポですが、コロナの影響で
この半年間は大好きな旅行ができない状況。
エースホテルは細かいところまでこだわりの強い
ホテルだから…ということもありますが
たぶん、まだまだ引っ張ると思います。
興味のない方はスルーくださいませね。

IMG_9583
エントランスから入ると、まず正面に目を惹くのが画像の壁。


IMG_9583-1
すでに1枚1枚の布がアートなのですが
それらを惜しげもなくふんだんに使い
クレイジーキルト風に見せかけた
布の集合体タペストリーとでも言いましょうか
アートに向かってすみません、語彙も表現も乏しくて💦


IMG_E9718
ソーシャルディスタンスの表示も至るところに。
これもアートっぽく見えるからフシギです。


IMG_E9672
全体はこんなふう。


IMG_9821
高い天井にも木材が施され、ライトも素敵です。


IMG_E9670
窓側にソファ
その向こう側に見えるのがフロントとショップ。


IMG_9692
ソファ側にあるちゃぶ台ふうのテーブル。
我が家のと雰囲気だけは似ていますが
こちらのはずっしりと重厚で
きっと有名な作家さんのもの。

デザインだけでもエースホテルチョイスと
似ていたのがひそかに嬉しいのです。


IMG_E9669
長いテーブルはコンセントも使えるので
ノマドワーカーや勉強をしたい人達にも
居心地がよさそうです。


IMG_9623
ソーシャルディスタンスを保つために


IMG_9715
椅子もひとつ置きに使います。


IMG_9719
椅子の背もたれが交互に違うのは
画像を見て気づきました(^^;


IMG_9720
2Fのレストランに通じる階段。


IMG_9698
この時は宿泊客のみでしたが
右側の出入口から新風館に行き来できます。
手指のアルコール消毒、体温測定用の
サーモカメラと徹底されていました。


IMG_9724
残念ながら閉館に追い込まれるホテルが相次ぐ
この時期に、オープン日を2度延期しながらも
開業したエースホテル京都。

試練の幕開けと誰もが思うのでしょうが
SNSで「エースホテルらしい」と表現している
人があって なるほどと思いました。


IMG_9705
時代を切り開くというカッコイイことを
目指すのはむしろ野暮で、どちらかというと
時代を切り込んでいくようなイメージかな。
あくまで私の中でです(^^;

この日、オープンから2日目の金曜の午後
エースホテルが大切にする地元の方々なのか
意外に年齢層の高い方々を多く見かけました。

私くらいの歳の人はめずらしいだろうと
思いながらやって来たのですが
まだまだ諸先輩方の姿もちらほらと。
今だけかもしれないですが…


IMG_9733
京都は京都らしいエースホテルがあっても
いいのかなと思います。
これから此処に集まってくる人達が
京都のエースホテルを作っていくんでしょうね。


IMG_9678
歴史のある京都の土地柄で老舗と共存し
時々奇抜なことをしてお年寄りを驚かせながらも
ヴィンテージを大切にするエースホテルだからこそ
馴染んで愛されていってほしいです。

て、あんたは一体なに者目線?
私はおばあちゃん側に近い方から
この個性の強いホテルが妙に気になって
妙にクセになってしまったおばちゃん目線(^_-)


IMG_9697
80歳になってもエースホテルの古いトートをさげ
娘に連れられて、若者達に交じって
ソファでスタンプタウンコーヒーを飲んでる
そんなおばあちゃんでいたいおばちゃん目線です。


IMG_9586
どうでもいいけど、この母娘
早くチェックインしないかなぁ(*・ε・*)


6/12(金)のこと

IMG_9587
この日パートを終えた私と、半日有休を取っていた
娘は、エースホテル京都の最寄り駅
烏丸御池(からすまおいけ)で待ち合わせました。

地下から駅直結で便利だけど
コンビニで買うものがあったので
地上で待ち合わせると

エースホテルと併設の新風館に行く人達が列を
成しておられました。
密を避けるために入場制限をされているので
入場整理券が必要のよう。

エースホテルの宿泊客は入場整理券がなくても
ホテル側から行き来できる特典がありました。
画像はエースホテル の向かい側にあった
老舗の御菓子屋さん。




IMG_9596
きれいな色でペイントされています。
京都はレンタサイクルが増えましたからね。


IMG_9453
正面のエントランス側に到着。


IMG_9883[1]
アジア初で世界10店舗目のエースホテル京都。
ホテルのロゴは各地によって違うけど


IMG_9454

京都のはこんな感じ。
丸みがあって可愛い書体が日本
京都らしさと捉えられるのですね。
ひらがなのイメージなのかなぁ?と
娘と話しています。


IMG_9598
右側の建物が新風館。旧京都中央電話局の建物で
京都市登録有形文化財の第1号だそうです。

1階が商業施設で、2階と3階がホテルの客室。
左側の建物が増築されたエースホテル の新館。


IMG_9592
私達のスタンダードツインルームはこちらの建物です。


IMG_9597
新国立競技場でも話題になった建築家
隈研吾氏が設計されたそう。
木材を生かしたデザインですね。
京都の雰囲気にぴったり。



こちらにも興味深い記事を見つけました。

外装には、「杉」をはじめ「硫化イブシ銅板」
「墨色コンクリート」「クリンプ金網」といった
京都の街並みにとけ込む質感の素材を採用し
古都らしいシックで厳かな表情に。
(引用)



IMG_9601
右側手前に小さく見えている茶色のものは


IMG_9588
竹製のカラーコーン。
こんなところの素材も景観に配慮されていました。


IMG_9455
エントランスにはオープンをお祝いして届けられた
たくさんのお花がずらり。


IMG_9706
こういうトーンの花で統一されているところも
エースらしい。


IMG_9589


IMG_9694
ホテルの中から外の花を見たところ。
中に入るまでにもこんなに見るところが多いなんて。
チェックインして中を拝見するのが楽しみ♪



そもそもエースホテルとは…
興味のある方はどうぞ。長いです(^^;

IMG_9305
先日きゅうりの浅漬けを作りました。
画像は水と調味料を混ぜたものに漬け込んでいるところ。

私もお漬物を漬けるようになったんだわ
浅漬けだけど・・・と思いながら
きゅうりのキューちゃんに始まって
今回は2回目のきゅうりの浅漬け。

塩分や糖分を調整できるところが
自家製の醍醐味ですね。

ぬか漬けというと、ちょっとほろ苦い思い出が
ありまして、むかし、父が生きていた頃
母はとても美味しい自家製の糠床を持っていました。

10年ほど前にその味を再現したくなって
母がぬか漬けに凝った時期がありました。

実家に行くたびにナスときゅうりのぬか漬けを
持たせてくれるのですが、母自身が
その味になかなか満足できていなかったのです。

ある日いつものように実家に行くと
ぬか漬けを漬けるのをやめていました。

母のマイブームが過ぎたと思えば
それまでなのですが
なんだかちょっと、諦めてしまった母が
寂しく思えたというおはなし。

むかし母方の祖母が作る白菜のお漬物が
大好きでした。軽くにんにくが効いていて
水炊きの後の雑炊を
その白菜のお漬物と一緒に食べると最高でした。

年季が足りない私は浅漬け専門。
母との同居が始まったら
もう一度母にお漬物を漬けてもらおうかなと
思ったりしています。

+

ホテルにお籠りの旅行から戻り
すぐにでも素敵ホテルの回想日記に
入りたいところですが

もしかして、かっこいいエースホテルの画像を
期待して下さっていた方、突然の浅漬けの画像で
がっかりさせましたかね(;'∀')

ありふれた毎日のかけら
書きかけの浅漬けの日記があったので
一日、日常を挟んだら、すっかり現実にリセットできました。
明日から素敵な画像をお届けできるように
画像の整理をがんばりますφ(.. )


9c8c3153
昨日、エースホテルのイベントの中で

配られていた和薔薇。

部屋で写真に撮ってチェックアウトしました。

今日も京都は雨模様。

雨を歓迎するかのように、今日のモーニングとランチは

ホテルの中。

b51fc9ac
大好きなエースホテル、昨日京都にオープンしました。
4月の予定が、コロナの影響で5月6月と順延し
待ちに待ったこの日を迎えたけど、京都は雨。

どこにも出かけなくていい雨の日
食料も家にあるし
朝からずっと部屋着でお化粧もせずに
今日は一日家篭りだーという日も嫌いじゃなかった、昔から。

今回は寝るために帰ってくるホテルじゃなく
過ごすために泊まるのが目的。
ホテル内にご自慢のレストランもある。
スタンプタウンコーヒーもある。
雨を眺めながら一晩ゆっくりエースホテル篭りを満喫しましょう。


IMG_9357
昨日、近畿地方でも梅雨入りしました。
今日のような雨の日はやっぱり紫陽花が主役ですね。

通勤路に咲いていた紫陽花。
青くなっていない部分があっておもしろく
立ち止まってはカメラを向けて遊んでしまいます。

+

何年も前に左手の薬指の第二関節を
突き指してしまい、節が太って
結婚指輪が抜けなくなってしまいました。

ある日、出張先の温泉に浸かっていたら
水質の加減でぬるっと指輪が抜けたのです。

突然の事故や手術やらで
急に指輪をはずさないといけなくなったとき
往生しないように、それ以来私は
右手の薬指に結婚指輪をしています。

たまにそのことに気づかれる方がいらっしゃって
右手の結婚指輪の理由を聞かれるのですが

突き指からの下りの理由があまりにつまらなくて
がっかりさせてしまいます。
なにかもっとドラマチックな理由を期待させてしまうんですね(笑)

この数日、特に朝目覚めた直後に
左手の指を動かそうとしたとき
その部分に軽い違和感を感じます。

日常生活が始まると
その内痛みを忘れるのですが
古傷が痛むというのはこういうことを
言うのかなと思った小さなできごと。

これって、梅雨の時期も関係しているのかな?
梅雨と紫陽花と薬指の関係を
静かに見守っている6月です。

↑このページのトップヘ