ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2020年04月

IMG_8867
子どもの頃、さくらんぼは普通の桜の木に生るものだと思っていました。
さくらんぼは「さくらんぼの木」にしか生らないのだということを
後になって知ったのです。

が、ここにもひとり、大きな勘違いをしている大人がいました(^^;
ウォーキングのとき、「これは実が生る種類の桜か?」と傍らで聞く夫に

それはさくらんぼの木だよと教えてあげました。
植物や草花のことはほぼ知らない夫ですから(^^;



IMG_8943
最近は私の好きなハナミズキの名前と
自ら花の名前アプリで調べたヒナゲシの花を覚えました。
(正確にはナガミヒナゲシですが)

おっかのうえ ひンなげしぃの花で〜♪ 世代の夫婦ですからね
これは覚えやすかったようです。

IMG_8882
最近、娘はスムージーに凝っているらしく、よくこんな画像が送られてくる。
ホウレン草、りんご、バナナ、レモン、豆乳・・・美容に良さそうなものばかり(*^。^*)


IMG_8885
こちらは可愛い色♡

そう言えば昨晩だったか、めずらしく息子がこんなことを言ってた。
タピオカの次はバナナジュースと言われてるらしいでって。

娘と同居していた時はこんな情報も早かったのでしょうが
同居人の若者は息子ですから、母にとっては新しい情報でも
世間ではすでに数ヶ月前に始まっていたようです(^^;

241e0281
マンションのエントランスロビーにある掲示板
いつもマメに立ち止まってチェックする方ではありません(^^;

昨日、やけにたくさんの告知の紙が貼られているなぁと立ち止まると
殆どはコロナに関するものでしたが、その中に混ざって

管理人さんが4/18で(異動)交代されることが書かれているものがあった。
4/18と言えばもう10日も前のこと。
そう言えば最近、見慣れない方が管理人室にいらっしゃることはあったけど
さほど気にしていなかった。

私は仕事の関係で、たまにしか管理人さんと顔を合わせることはなかったけど
それでもお会いすれば、「うさぎちゃんは元気ですか?」などと声を掛けて下さり
余計なことはおっしゃらず、頼りになる管理人さんだった。


IMG_8873-1
家では植物を育てるのがお好きらしく
小さな鉢に挿し木をしたり株分けしたものを
「ご自由にお持ち帰りください」とロビーのコーナーに置かれてあったことも数回ある。

最後にお会いしたのはいつだったかなぁと記憶をたどると
17時上がりの管理人さんが18時頃までおられたので、珍しく残業かな?と思っていたら

これ、良かったら…と言って小さな可愛い鉢を下さった。
遠慮なくいただいて帰り、今は私のパソコンデスクにいつもある。

あれは何日だったかな?
ただでさえ曜日がわからなくなる生活を送っている私に思い出せるはずはない(^^;
あの日が管理人さんとの最後の日だったなら
お世話になったお礼も言えずに終わってしまった。

春は出会いと別れの季節と言うけれど
ここ数年、私には新しい出会いが少なかった代わりに、人との別れもほとんどなかった。

久しぶりに春の別れが、通り過ぎた後でやってきたような感じ。
小さな多肉植物を見て思う。

28008
昨年末に月に帰ったティンちゃんのことを思い出さない日はないけれど
なぜだろう


IMG_8231-1
こんな可愛い子がうちにいたことが夢だったような気がする。


うさぎはビジュアル的には可愛さNo.1だと思うけど
反論もおありでしょうから、ベスト5に入ると訂正しておきます(^^;

世の女の子達に自由に動物のお絵描きをさせてみたら
多くの子がうさぎを描くんじゃないかな。
え?うちの娘がそうだったからと言って、そうとも限らない?
失礼しました<(_ _)>

実際に初めてうさぎと生活してみて、うさぎの可愛いしぐさや表情に
ノックアウトされたと同時に、どちらかというとマイナス点の想定外だったことは

+ 食べている間は四六時中ウンチをしている。(トイレのお世話)
+ 室温設定がデリケート。
  (光熱費の節約を心掛けている人にはなかなか贅沢な生き物)
+ 基本的に追われる立場の動物なので、捕まえられることを嫌う。
  (可愛くてもなかなか抱っこさせてくれない動物)
+ 換毛回数が多い。(アレルギーの方にはキビシイ)

うさぎがペットとして注目されるようになって
まだそれほど年月が経っていない。
今でこそネットの情報が簡単に手に入るけど
10年以上前に飼っておられた人は手探り状態でご苦労されたと思う。

ティンちゃんの癲癇の病気もそうだった。
犬猫ほどの症例がない。
それからうさぎ特有の病気もある。

うさぎをちゃんと診て下さる病院が、まだそれほど多くない。
ティンちゃんが当初お世話になっていた動物病院の院長先生は
ご自身がうさぎを長年飼われておられ

「うさぎは難しいねぇ。だから可愛いんだけどね。」
と、おっしゃっていた。

うさぎさんのインスタは、今でも楽しく拝見させてもらっている。
娘もそう。

私はインスタはしていなくて、他の方のインスタにコメントもしたことが
なかったけど、おひとりだけコメントをしたインスタがある。
ティンちゃんと同じく癲癇の病気で頑張っているうさぎさんを
飼っておられる方のインスタ。
経験談を求めておられたので、素通りできなかった。

その方のインスタで、うさぎさんを撫でている画像があって
「君は撫でられながら、私の心を撫でてくれる」という言葉が大好き。
生き物と暮らしておられる方なら、みんな共感できますよね。

そんな可愛いうさぎだけど
難しい部分もあるよ、ということを書いておきたかった。
もちろん!大変な部分だけじゃない。
むしろ大変な部分よりも可愛くて癒される部分の方が上回っていることは
ペットとしての人気が犬、猫に次いで3番目という事実が証明している。
そんなにいらっしゃる?と、私は実感に乏しいんだけど(^^;

あの可愛さを知ってしまったら、また何年か経ったときに
私達もまた家族に迎えるかもしれない。
うさぎはティンちゃんだけで終わらせるかもしれない。

まだ何もわからない。
出会いの運命は誰にもわからないのと同じで。


IMG_8679
この春は、こちらの教会の前の道を何度となくウォーキングしたなぁ。
はい、夫とです。

最近は「どのコース歩く?」と聞き合うも
徒歩圏内のたいていの道は歩いたので、「そうだなぁ…」という感じ。
昨日は1駅分を車で西に行き、駐車場に車を停めて
その周辺を歩きました。

そう言えばパートの職場で以前ご一緒した方が
休日には「ここ」と駅をひとつ決めて
その周辺をぶらーっと散歩するのが趣味だとおっしゃっていた。

時間に余裕ができたら、ぜひ真似させていただこうと決めていたので
こんな状況の時には絶好のチャンス。
時間ならいくらでもありますから(^^;

カフェ好きの私、居酒屋好きの夫は
鼻先がぴくぴくと動くお店を見つけたときに
入ってみる?と言えないのが残念なところ。
指をくわえて通り過ぎるときのわびしさよ(苦笑)

テイクアウトを始めているお店も多いですね。
このお店のお料理が家で食べられるのかぁと、スマホに( ..)φメモメモ
チェーン店も今は厳しい時代ですが、できれば個人店の応援をしてあげたいと思いつつ
今のところまだテイクアウトのチャンスはありません。



IMG_8736
ハナミヅキは好きな花のひとつ。


IMG_8742
今はハナミヅキが旬ですね…と書いてみると


IMG_8739
サツキも忘れないで…という声がこだまして返ってきたり


IMG_8847
ボタンの存在感


IMG_8617-1
足元に咲くパンジーや


IMG_8752
タンポポの綿毛もこの季節ならでは。

+

数日前、1時間45分ほども通しで歩いてしまい
その時に履いていた靴がルームシューズのように軽いのだけど
底が薄くてクッションがないタイプだった。

そのせいか足がものすごく疲れてしまい
そう言えば以前、娘と海外に旅行して
足が棒になるまで歩いたなぁと思い出した。
足マッサージで足に触られるだけで痛タタタタ…となったことも
痛くて楽しい思い出。
もうあんな無茶はできない、しないと思う。


朝、何気にベランダの柵の間から一瞬だけ見えた光景は
車椅子で小型犬を2匹散歩させておられる男性の姿。
リードをわりと長目に伸ばし、車椅子のタイヤを勢いよく回して
スピードを上げておられた。

あの2ワン達は、疲れたら飼い主さんの膝の上に座らせてもらい
耳を風になびかせて家路に向かう光景まで勝手ながら想像し
何だか爽やかだったなぁ。


IMG_8629
リモートワーク中の娘から送られてくる料理画像。
アクアパッツァというお料理だそう。
無知な私は初めて聞くお料理の名前(;'∀')

この日ははまぐりを使い


IMG_8779
別の日はあさりで作ったそうな。
簡単だからママも作ってみたら?と、レシピまで送ってもらったから


IMG_8827
今日、作ってみました。
お味の方は、にんにくと白ワインと塩コショウだけというシンプルながらも
あさりから出てくる出汁も加わり、ミニトマトの酸味も良いアクセントになって
これは母も気に入りました♡

野菜室にしなびかけた水菜があったのでトッピングしたけど
盛り付けにも引き算が必要ですね。水菜はない方がよかった…
早速画像を撮って娘にラインしました。


IMG_8806
他には別の日のタッカンジョンやチーズタッカルビなどの画像も送られてきて
ひとり暮らしを始めて、なんとかかんとかお料理しながら暮らしている模様。

娘も私も辛い物が好きなので、すぐにでも真似て作ってみたいのだけど
うちには辛い物が苦手な夫がいる。
年々歳とともに、和食最高!主義になりつつある夫は
今日のような献立だとお酒の量が減り、あっと言う間に食べ終わります(^^;

料理は、美味しいと言って食べてくれる人がいるから作り手は楽しいというのも頷けるけど
時には自分で好きなものを作って食べられるおひとり様もうらやましいなぁと思うのです。



IMG_8808
2月頃だったか、こんな文庫本を買っていました。
草花が目にとまったときに、その花の名前を知らないより
知っている方が楽しいだろうなぁと思い

画像を撮って、家に帰って本でペラペラ調べてみよう
そんな気持ち満々だったのです。


IMG_8633
皮肉なことに同じ頃、花の名前を調べるアプリがあることを知りました。
アプリを立ち上げて花の画像を撮ると、ものの数秒で
名前、特徴、花言葉、豆知識まで教えてくれます。


IMG_8635

IMG_8636

上の3枚の画像は、ある日の散歩途中に見かけた花々。
その場ですぐに知ることができるのがネットの良いところ。

家に帰って、出番がなくなってしまった本をぺらぺらめくっていると
こうやって調べる過程の楽しみは
もう時代遅れなのかなぁと思うことになるのです。

図書館へ行って本で調べるのと、その場でネットで調べるのと
それくらいの情報量とスピードの差がある。

今の若者のインプットの量とスピードは恐ろしいくらいすごいらしい。
30 歳の娘でもついていけてないと言うのだから
今の10代の子達はいったいどんなスピードの中で生きているんだろう。

時折娘から色んなジャンルの興味深い情報のリンクが送られてくるのだけど
情報を追って行くことに疲れることがある。
歳のせいかな?読む速度も遅いし、目は疲れるし、何より気持ちがついていけてない(^^;

トレンドの情報をインプットしていくのもボケ防止には良いのだろうけど
もう私の情報処理能力はパンク寸前。
もしかしたらもうどこかに小さな穴がいくつも開いていて
情報はそこから漏れ出ているかもしれない。
あぁ、オソロシや(゜o゜)

IMG_8787
スーパーで初めて手に取った「ごまぽん」。
ゆず果汁を使用した味つけぽん酢に
焙煎した香りの良いすりごまと練りごまをたっぷりとあわせた
「ごまぽん酢」---らしいです。
こちらを使いたくて


IMG_8657
水餃子のサラダを作りました。
今晩は冷しゃぶサラダの予定。
ごまドレッシングもポン酢も大好きなので、この夏は登場回数が増えそうな「ごまぽん」。

+

昨日までの京都の記事で、私のお出かけ画像のストックはなくなってしまいました。
思えばあれが最後のお出かけだったなぁと遠い目。

旅行の計画なし。出張旅行の予定なし。
私は楽天トラベルのブラックリスト入りするんじゃないかしらと思うほど
10カ所以上の出張の宿泊予約をキャンセルしました(^^;

残るは願掛けで予約してある5月のエースホテル京都の宿泊のみ。
ホテルにお籠りするのが許されるくらいには、世の中が少しでも安全になっていますように。


本当なら昨日から2泊3日で、母と弟と私の水入らずでソウルの空の下にいるはずでした。
今ごろ何食べてるかなぁ?
母が初ソウルの息子の前で先輩風を吹かせているかなぁ?
弟が韓国を気に入ってくれてるかなぁ?

幻に終わったしまった家族3人のソウル旅行。
80歳の母のパスポートの有効期限は今年の8月まで。
世界が元気になって母も元気でいてくれたら、国内旅行でもできたらいいな。


JLSP3758
昨日のブログの続きです。
産寧坂のスターバックスコーヒーをあきらめて歩き出すと
2019年秋に出来たばかりのパークハイアット京都を通りかかりました。
娘が、「あ、ちょっと此処 行ってみていい?」。

例えば今日であれば、1泊135,000円はくだらないラグジュアリーホテル。
「え、母、今日こんな格好だけど大丈夫?」と、腰が引ける私に
「カフェがあるか見てみるだけだから大丈夫、大丈夫」と、全く物おじしない娘です。




IMG_7857-1
綺麗な和装のスタッフさんが、すかさずお声を掛けてくださいました。
娘が「いつもお着物ですか?」と尋ねると、この日は要人が来られているからだそう。


UFXZ3438
ラウンジスペース「ザ リビングルーム」を案内して下さいました。


TPVG8908
ザ リビングルームというだけあって、大きなテーブルの感じといい
その向こう側も遠目にはキッチンのようなでもあって
パークハイアットという敷居の高さを感じさせないくつろげるリビングの雰囲気。


IMG_7848
スタッフさんは「どうぞごゆっくり」と私達から離れられ
ロビー階を見学をさせてもらうだけのつもりだったけど
雰囲気も良いので、こちらで冷たいドリンクをいただくことにしました。


IMG_8758
オーダーしたのはRoasted Tea & Lemongrass
可愛いピーナッツ菓子がついてきます。

税別600円、コーヒーは税別550円。
この雰囲気の中でのこのお値段はかなり価値ありだねと
何度もうなづき合う母娘。


IMG_7850
花瓶にお花の影が写って可愛い。
アフタヌーンティーにも興味があるので、また是非お邪魔したいな。
京都の街歩きに疲れた時の隠れ家にしたいロビーラウンジでした。

+

ナイショにしておきたい隠れ家- - -

嬉しいことなんだけど、今年になってから5度も
ライブドアブログのブログニュースにピックアップしていただき
私のブログとしては信じられないくらいたくさんの方に訪問していただきました。

ひっそりと隠れるように「ありふれた毎日」を綴ってきたアラカンおばさんの日常が
急にたくさんの方のお目に触れてしまって、嬉し恥ずかしでドキドキ💦
ナイショにしておきたい隠れ家も、ナイショにしておけなくなってしまいました。

あ、でもピックアップから数日後には、また通常の落ち着きを取り戻します。
今度からナイショのハナシはその時にすることにしましょう(* ´艸`)クスクス

↑このページのトップヘ