ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2019年04月

4/13(土)のこと

28156
ペリ亭ランチの後、娘が「この近くに行ったことのないケーキ屋さんがあるの、知ってる?」と聞くので
行ってみることにした。
地元のケーキ屋さんはひと通り行ったつもりでいたので、他にもまだあったのなら気になる気になる。

と、その前に、デザイナーズっぽいマンションの一階に揺れている暖簾。
一見オシャレなお蕎麦屋さんのようにも見えたけど


28155
よく見ると暖簾にはとうふの文字が。
こちらも気になる気になる。

とても人の良さそうなおじいちゃんが応対して下さった。
娘の好きな湯葉豆腐をひとつ買ってみる。
こういう発見はわくわくするのです。


28158
こちらがその、行ったことのないケーキ屋さん 「パティスリーエトネ」。
イートインできる2人掛けのテーブルがひとつだけ。
その代わりすぐ近くの喫茶店でこちらのケーキを持ちこんで頂くことができるとか。
なんかいいなぁ、こういうご近所さんつきあい的な?

この辺りはアンリシャルパティエの本店やポッシュドゥレーヴがある中で
一本奥まったところにある知る人ぞ知る隠れ家的なケーキ屋さんなんだろうか。
有名になってくると隠れていられなくなるんだけど。
私も「知る人」の仲間入りができたので、ケーキを買って帰る次の機会に是非にと思います。


28159
それで旅行会議は久しぶりににしむらコーヒーへ行ってみた。
近くにバウムクーヘンカフェが出来、お客さんがそちらに流れたんじゃないかと
心配したのは全く要らぬ心配だった。

客層が平均年齢高し。
こちらはちゃんと不動のファンを掴んでらっしゃる。

ランチとお茶の後、娘はジムへ。私は結局芦屋川から夙川までウォーキングして帰宅。
気持ちの良い桜の季節でした。

+

ひとり物販、無事に終了。
三宮で夫と合流するまで、久しぶりにZA●Aをのぞいてみたりしたけど収穫なし。

さすがに疲れていたんですかね、ブログをアップしたつもりが下書きに眠っていました^^;



4/13(土)のこと

28132
娘とランチに行った。Cuisine Peri亭。
彼女が高校生の頃に一緒に来た時以来。
彼女は最近友達と再訪し、とても美味しくてコスパもよかったと言うので、久しぶりに行ってみたくなった。


28133
高校生の頃から約10年の年月。
その間に私以上に美味しいものをあちこちで食べる機会の多い娘。
そりゃああの頃と味覚も変わり、コスパの良さに気づくほどになったわけね。

私達は2000円のコース。


28134_large
選べるオードブルの中から、娘のお気に入り「ハムのムース 生ハム添え」にしてみた。
この名前からすると、主役はハムのムースで生ハムは脇役ということ(・・?

お代わり自由のパンに塗って頂くと何個でもパクパクいける美味しさ。
4個に留めました(^^;


28135
生ハムの下には色とりどりの野菜のピクルスが隠れています。


28136
春キャベツのスープ


28137
選べるメインの中から、私は「地鶏もものグリエ オレンジのソース」


28138
娘は「ハンバーグ きのこのソース」をリピート。

ドリンクもついています。
この後、カフェで旅行会議の予定だったのでデザートはつけませんでした。

数日前の予約だったので、何とかカウンター席(4席)が取れたけど
テーブルは満席で人気のほどが窺えます。

シェフがひとりで切り盛りしてらっしゃるのでお料理は少々待ちますが
おしゃべりに花が咲く女性客が殆どなので、待ち時間も気にならないのでしょう。

そう言えばライスは選択肢になく、1,500円や2,000円コースだと
男性には少々物足りないかな(量的に)。
デザートを食べてちょうど満足するコース仕立てかも。

美味しくいただきました。ごちそうさま。



今日は神戸市での物販準備。
明日はひとり物販なのです。準備は夫も手伝ってくれました。

本当は私ひとりで準備もする予定だったのだけど
家族経営のコンビニで、奥さんが大丈夫、大丈夫と言いながらの無理が祟って倒れられたという
テレビ番組を見て、やっぱり自分も行く気になったというわけです。
私の大丈夫は、本当の大丈夫なんだけどなぁ( ^ω^ )




28140
桜が散り始めると、ハナミズキが咲き始める。
次は私の出番ですと言わんばかりに。


28142
すごいな、自然界って。


28143
再び足元の花に目がいく季節。
飛んで飛んで飛んで~の歌の真似じゃないけど


28145
咲いて


28146
咲いて

 
2815028149

2815328154
咲いて


28151
咲いて


28152
咲いて~♪
撮り溜めていた花の画像を一挙にアップ。

午前中は暖かく、さすがに黒いタイツは先週からストッキングに変えたけど
夕方はまだ冷たい風が吹くこともあって、本心はまだ黒いタイツを履いていたいほど。

気候の変わり目、温度の変化についていけず、体調管理に気をつけて過ごさないとですね。


28147
昨日、ティンちゃんに粉薬の整腸剤を初めて飲ませたら(いつもは注射)
抗てんかん薬と同様にバナナにサンドすると食べてくれた。

むかし飲んだ抗生剤だけは相当イヤな味がしたのか、バナナにごまかされてくれなかったことがあったので
整腸剤が家でも服用できることがわかって安心した。

なぜならGWは病院もお休みの日があるので、病院が休みの時は薬をどうしようかと心配していたため。
最近はフードの食べ残しが多く、体重も少し減っていた。
1日に1回は病院で注射の整腸剤、もう1回は家で粉薬の整腸剤と、1日に2回服用することになった。

変わったのはそれくらいで、ありがたいことに発作もなく、ふだんはいつも通りのティンちゃん。
私達が歩いて病院へ通院する時は、キャリーの透明の扉から外を眺め
リードをつけて草原を散歩するうさぎちゃん達のようなことはできなかったけど
室内にいる時には感じられない風を感じることもできる。

「ティンちゃん、毎日の病院 大変だね」と私達が思えば、ティンちゃんも大変になるけど
「ティンちゃん、散歩が出来て楽しいね」と私達が声をかければ、きっとティンちゃんも楽しいと思う。


4/7(日)のこと

28117
ZEN CAFEを出て、夕食は軽くお蕎麦でも・・のつもりが
急にアジェのホルモンが食べたくなった娘。
本店と、その近くの木屋町団栗店に行ってみるも、どちらもウエイティングの人達が溢れている。


28118
しばらく夕桜を眺めながら高瀬川沿いを行ったり来たり。
アジェはまたの機会にすることにしたけど、ふたりとも焼肉の口になっていて(^u^)


28119
予約なしで飛び込んだ京の焼肉処 弘 四条木屋町店。
ラッキーなことにこんな眺めのいい2階席のテーブルに案内していただけた。
これだけで、アジェを諦めたことは帳消し。


28121
塩タン1人前


2812228123
焼き物3種を1人前ずつ。
写真を撮り忘れた〆のラーメン1人前で、お腹いっぱい。
お会計も5,000円足らずでリーズナブルなのです。

さすが京都だけあって、どのお肉にも九条ネギが贅沢に付け合わせられている。
ネギ喰いの夫向きで、今度は物販の帰りにでも連れて来てあげようと思うのでありました。


28124
お昼ごはんにスイーツに夜ご飯、平安神宮に岡崎神社、桜、さくら、サクラ三昧の一日でした。
帰りは夙川の夜桜を観に行ったけど、日曜の夜9時過ぎは宴の後のような静けさで
ちょっと寂しい夙川沿い。
地元の人だけが歩いている感じでした。


28125
おみやげは季節限定の桜餡入り。

+

28128
今日は午前と夕方の2回、30分ウォーキングをした。
言い換えると、『最近、増量中のわたし』という意味。

今日は一歩も外に出ていない夫が珍しく、「一緒に歩こうかなぁ」と言うので
私のウォーキングコースに案内した。


28131
この春は(この春も?)桜をまともに見ていなかったと今頃になって言う夫。
もう葉桜になろうというときに(^^;




28129
来年の春は、桜が満開の間にウォーキングに誘ってあげよう。
覚えていたらね(^_-)



4/7(日)のこと

28110
祇園花見小路にあるZEN CAFE へ行った。


28111
席数が少ないカフェなのでUターンも覚悟で向かったけれど
待ち順番が2組目だったので、こちらの桜の投げ入れの前で並んで待つことにした。


28113
数組の先客さん達が同じタイミングで席を立たれたようで
まるで総入れ替えのようなタイミングで案内された^m^

席は選び放題だったけど


28112
こんな景色が眺められるカウンター席にした。


28114
特製くずもちをいただいた。
「くずもちにも味がついていますが、きな粉と黒蜜はお好みで・・」とおっしゃった。


28115
娘はくずもちだけでいただくのが気に入っていたけど
私はきな粉と少量の黒蜜のコンビが大好きなので、迷わずトッピングして、美味しくいただきました。
私は和紅茶、娘は煎茶。彼女の方がチョイスが渋い。


28116
(画像拝借)
こちらは くずきりで有名な鍵善が運営しているカフェらしい。
鍵善良房の創業は江戸の享保年間とか。京都のすごさを感じる。

鍵善には20代のころに2,3度行ったことがあった。
その内の一度はOLをしていた頃で、会社から京都へ日帰りレクリエーションの帰りに
課長さんが女子3人を案内して下さったんだっけ。
彼是35年ほど前のことだけど、創業300年の間の35年なんて ついこの前のことかな。

今のように和スイーツなんていう言葉も生まれていなかった時代。
くずきりや蜜のお値打ちも知らずに、ひとりでいただくには少し量の多いくずきりを
3人とも残してしまった記憶が・・

そんな思い出話も娘に話すのは2度目らしい。
最近同じ話を数回するようになってきた。アブナイかな(・・;)

4/7(日)のこと

28090
京都の岡崎に別名 うさぎ神社と呼ばれる神社があることを何かで知り
娘が京都にお花見に行きたいと言ったとき
もし近くに行くなら その神社=岡崎神社へ行ってみたいと思った。
娘が No!と言うはずがないことはわかっていた(*^。^*)

平安神宮から歩いて15分ほどのところにある岡崎神社。


28093
Wikipediaによると、かつて付近一帯が野兎の生息地であったことから、兎が氏神様の神使とされる
らしい。


28094
手水屋形にある子授けうさぎ像


28108
子授け厄除けうさぎに水をかけてお腹をさすり、祈願すると子宝に恵まれると伝えられてるそう。


28096
狛犬ならぬ狛うさぎ


28095
左右に招きうさぎが。
ティンちゃんが一日も長く、幸せに暮らせますように。
うさぎ神社に来たら、今のお願い事はそれに尽きる。
娘も同じようにお願いしていた。


28097
ふだんティンちゃんを撫でるように、狛うさぎさんをなでなで。


28099
うさぎおみくじの容器。


28101
おみくじを引いた後に容器を持ち帰らずにここに奉納する内に、この可愛い風景ができあがったのだそう。
並べたくなる人間心理かな。


28100
白いうさぎと


28103
桃色のうさぎ

親子うさぎの像もどこかにいたのだそう。
こじんまりとした神社だったけど、ティンちゃんのことを神様にお願いすることができて
よかった。

+

28109
最近のティンちゃん。
薬の甲斐あって発作は起きていないけど、薬が抑えているのは発作だけでなく食欲までも抑えられている。

整腸剤の注射をしてもらえば3日は食欲が持続したけど、最近は1.5日、1日しか続かない。
薬の影響で喉が渇くのか、よく水を飲み、尿の量が増えている。
そのせいかキャリーバッグの中やハウスの中でよくおもらしをする。

5月になったら薬の量を少し減らす予定。食欲が改善されると良いのだけど。
先生と相談しながら、週に3、4回病院通いを頑張っています。

画像は久しぶりに廊下でうさんぽをした時のティンちゃん。

4/7(日)のこと

28071_large
ランチの後、平安神宮へ行った。


28072

28073

28075
遠目に見ると色の濃い桜の花に見えたものは、近づいてみると桜おみくじ。


28076
すぐ横を振り向くと、こちらのは柵で囲まれた見事な桜の木。傍らの木とも絶妙なバランスでお似合い。


28078_large
右近橘と左近桜を見て平安神宮を後にしようとした時、あっちに何かあるよと娘が気づいた。
ここを見ずして帰っていたら、後でどんなに悔やんだだろう。
平安神宮神苑。平安神宮の奥にこんなに広い庭が広がっていたことも初めて知った。


28077
神宮の苑の桜


28079

28080

28081

28083
日本最古の電車だそう。


28086
池にいた白鷺の動きにしばし癒される。


28085
水面に映る白鷺。


28087
桜と白鷺


28088

28089
神宮で挙式を挙げられたカップル。
久しぶりに近くで見た白無垢姿の花嫁さん。
鯉の餌を買って橋の上からあげたり、予想外に平安神宮を楽しませてもらった。

さて、次に向かうところがこの日メインの目的。
この日は本当に良いお天気で、歩いていると喉が渇いて、コンビニでドリンクを調達したほど。
お花見日和でした。

+

打って変わって今日は雨。大阪市での大会物販だった。
広い会場のせいか迷子さんが多く、4人の子どもを保護した。

ただ泣いているだけでなく、「迷子になった」とか、「お母さんがどこにいるかわからなくなった」と
まずは訴えることができて偉いと思う。

ゼッケンナンバーとトーナメント表を照らし合わせて会派名を割り出し
会派ごとの座席表を見て親御さんのもとにお届けする。私は迷子お届け人。

ひとりの女の子は観覧席に座っているお父さんの後ろ姿を見つけると
「いた!」と言ってお父さんに無言で抱き着いた。
迷子になったと話している様子もない。何事もなかったかのよう。
まさかさっきまで迷子になっていたことを知らないお父さんは特別な反応もなく
数メートル後ろに立つ私を振り向くこともない。

不安で泣いていた女の子は、その後も迷子になったことをお父さんに話さなかったんだろうか。
親に話さないこと、親の知らない出来事を積み重ねながら、子どもって成長していくのかな。

4/7(日)のこと

28061
もう1週間も前のことになりました。
娘と京都の岡崎界隈へお花見に行った。


28069
地下鉄 東山駅から白川沿いを平安神宮の方へ向かっているところ。
桜の木の優雅な枝っぷり。咲きっぷり。


28062
ランチに向かったのは京都モダンテラス
30分ほど待つ見通しだったけど、下階に蔦屋書店があり
順番が近づくと電話で知らせてくれるシステムだったので列に加わることにした。


28063
30分が1時間待ちになったけど、何とか着席(^^;
この時点で私達のプンプンのボルテージがレベル1に↗


28064
ランチコースは2種類。2,800円のコースと3,200円のコース。
私達は2,800円のにした。


28065
3種の前菜の盛り合わせは見た目もお味もよくて期待が募ったけど


28066
私のメインの野菜スパゲティ


28070
娘の本日のパスタは名前失念だけど、ボンゴレ風のスパゲティ

しばらく無言で頂いていたのだけど、「やっぱり、味 薄いよね?」で一致した。
京の薄味は承知だけど、それにしても何かひと味足りない。これは個人的な感想なので悪しからず。


28068
デザートはサービスワゴンで運んで下さる和洋のスイーツの中から2種選ぶ。
前菜の器は可愛いかったけど、デザートの器はふつうだねと、辛口発言が止まらないのには理由があって

フロア係の男性の態度が最後まで感じ悪かった。
残念を通り越して、この時点で私達のプンプンボルテージは5くらいに達していた。

金銭の受け渡しの時に、無線で会話しながら片手でホイ、もちろん「ありがとうございました」の
ひと言もございませんよ。おもてなしには程遠い振る舞いだった。

ハード面は良いけどソフト面がお粗末。見た目はきれいだけど、中身が残念。
そんなふうにならないように気をつけたいものですね。人も食べ物も。

28056
昨日は母と鶴橋へ焼肉ランチに行った。
なるべく月に一度は母の外出の機会を作ろうと思っているので、今月はランチ。

母は歯が2本ないのに、ありがたいことにまだお肉を食べたいという意欲はある。
それでもなるべく柔らかいお肉をと思って、特上肉の三点盛りにしたら
柔らかくて美味しいと喜んだけど、私には脂が多く感じられる(^^;
私に特上の特はなくていいと思った。


28057
韓国旅行に思いを馳せながら、サムギョプサルも。


28058
セットについていたライスは残して、冷麺の小を半分ずつ。

母はいつものキムチを、私は水キムチを買って、いつもならその辺りをぶらぶらするのだけど
夫から急な仕事を頼まれた私は母との許されたデート時間はたったの2時間だけ。


28059
いつものカフェでピンスを食べて解散した。
ゆっくりできなくて悪かったねと母に謝ると
サクラが待ってるから早く帰ってあげられて良かったと言ってくれた。

来月で80歳になる母との、最後の韓国旅行計画がある。
政治経済的には色々あり過ぎるお隣の国は、この十数年の間、本当にたくさん母を楽しませてくれた。
趣味の少ない母にくれた韓国ドラマの楽しみ、韓国歌手のコンサート、韓国旅行、韓国料理。
これはイコール私にも言えることかもしれない。

今年で母のパスポートが切れるので、次は母と私の韓国旅行の集大成。
きっといつもと変わらない。
いつもと同じようなものを食べて、いつもと同じマッサージやお風呂に行って過ごして来たいと思う。




↑このページのトップヘ