ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2018年04月

25272
この春、わが家にとって花の事件が。
うちのハイビスカスはおくてで、毎年秋の初め頃から蕾をつけ始め
花開くこともなくポトンと蕾を落としてしまい、12月頃まで最後の蕾をつけるのが恒例だった。

そのハイビスカスが、この春に蕾をつけるという珍現象が。
それにしても早すぎやしない(・・?
4月に入ってから暖かい日が続いたので、勘違いしたみたい。

せっかく蕾をつけた直後にまた花冷えの日々が続くので
咲くに咲けずに固まってしまった。がんばれ!


25266_large
昨日は神戸市須磨区での大会物販。
今回も娘に手伝ってもらって3人態勢だったので、てんてこ舞いをすることなく助かった。

今までなら電車の乗り継ぎの三宮で打ち上げをして帰るパターンだったけど
少々お疲れ気味の娘が、取り敢えず地元近くまで戻ってごはんする方がイイと。

昨日は花冷えの一日だったので、温かいものに惹かれて あんかけやさんに向かった。


25267
このお豆腐は家でも真似できそう。
絹ごし豆腐の上に天かすとネギときざみのりとしょうがをトッピングし
天つゆにとろみをつけて回しかければ、近いお味になるかなぁ。
ちなみにおつゆは冷たかった。夏は冷やして、冬は温かく。


2526825269
こちらはおうどん以外のメニューも多目で、酒飲みに十分対応してくれます。
もちろんあんかけうどんも頂いて


25270
夫の食事が終わるまで あん珈琲を飲みながらつきあった。
立ち仕事の後の甘味で、疲労回復。

25265
息子が貯めた楽天ポイントを使って、もみじ饅頭を取り寄せてくれた。
もちろん自分が食べたくて、ですよ(´ω`*)
こし餡、抹茶、チョコ、チーズクリーム、そして彼が好きなクリームだけは数多めに。


25264
久しぶりの紅葉まんじゅう。
包装紙の「広島県廿日市市宮島町」という地名を見るだけで胸キュン♪

広島在住の頃は年に数回宮島へ行って、出来立てのもみじ饅頭を食べたものだった。
中の餡はもちろん、外側のカステラも柔らかくて美味しい(^u^)

後日、息子とウォーキングの後でスーパーへ行くと
同じメーカーのもみじ饅頭がいとも簡単に売られていた。
たまにスーパーに積まれていることは知っていたけど
たぶん聞いたこともないようなメーカーのものだろうと思っていたら、まさかのやまだ屋さんのもの。

息子がちょっとだけ気の毒だった(苦笑)
こし餡と抹茶だけだったので、「クリームとかチョコは、やっぱ ないよね」と取り繕う母(^^;

4/5(木)のこと

25263
一昨日、実家見舞いに行って来た。
3月末に5日間ほど、私の弟の愛犬ポチコ(スタンダードプードル)を預かっていて
サクラと別々に2回散歩しないといけないので、ややお疲れ気味の母でした。

その母は、孫息子から「かーかーのポテトサラダが食べたい」と珍しくリクエストされたことが
よほど嬉しかったらしく、大きなタッパーにいっぱいのサラダを作って持たせてくれた。

マヨネーズは少な目だけど、洋辛子がピリッと利いていて大人な味のポテトサラダ。
レタスで包んで食べて良し、お弁当にもたっぷり詰めて持って行き
夫の朝食にも持たせてあげ、ペロリと完食した。
母の手料理が食べられる幸せに感謝しないといけないなぁと思う。

4月の母との旅行は、孫娘も途中で合流。
彼女は単独行動もするので、食事くらいは一緒にできるかな・・という感じ。

私とふたりだけの旅行とは少し違って、孫も一緒というだけで、母が華やいだ気持ちでいるのがわかる。
娘も息子も、本人たちの自覚のないところでおばあちゃん孝行が出来てよかったね。

4/4(水)のこと

25238
夫のお誕生会の後、LUCUA FOOD HALLへ寄ってみた。
4/1にオープンしたばかりで、偶然この前日のニュースでも取り上げられていた旬の場所。


25240
私が若かった頃の梅田は商業地のイメージが強くて、住む街ではなかったけど
最近ではタワーマンションができたりし、暮らす街の要素も加わってきた。
それなのに梅田にスーパーマーケットが1軒もないところに目をつけたとニュースから聞こえてきた。


25241
キッチン&マーケットの中をぐるりと回ってみた。


25248
新しいものにはどことなく海外の香りがする。


25262
国内のご当地的なものもあれば


25250
ワールドマーケットもあって楽しい。

キッチン&マーケットで買ってきたお弁当やデリなどをイートインコーナーで食べることができる。
新しいスタイルのマルシェなのに、すっかり板についているように見える若い人達。
いえいえ、仕事帰りの私世代の男性女性も、ワインで乾杯して楽しんでいる方々もいらっしゃる。


25239
私達は食事をしてきた後だったので、好き勝手に買ってきてお茶会をした(*´ω`)
娘が夫のビールのおつまみを買ってあげていた。お誕生会だから?
お誕生日プレゼントというものを用意しないのが我が家流ですので(^^;


25257
バル地下の方のトイレへ行って来た夫が、「あっちに自分の店がいっぱいある」と嬉しそうに言う。
なるほど。


25261
なるほど。


25259
なるほど。夫がいっぱいいる^m^
こんなオシャレな場所にも、自分が適応するお店があることがよほど嬉しかったみたいだな。


25260_large
あ、私の好きそうなお店もある。

でも、たまにはこうやって娘に新しい場所に連れて来てもらうのもイイものだね。
まるでどこか海外のフードホールにでもいるような、思い出に残るお誕生会になったのでは。

ここ日本もあと数年もすればフードホールにも慣れて、海外みたいだね🎶とはしゃぐこともなくなるのかな。
その頃、私達はシニア世代。

フードホールでワインでも飲んでいるようなおじいちゃんとおばあちゃんでいられるか
それとも暖簾の向こうにいるか( *´艸`)

どっちでも、元気でいられればいいやね。


25228
昨日は3/28がお誕生日だった夫のお誕生会。
主人公が食べたいものを食べる会のはずが、娘が是非とも夫(と私)を連れて行きたい居酒屋がある
と言うので、それに従った。

JR大阪駅のルクア近くで待ち合わせて、15分弱歩いたところにある炭味家(たんみや)さん。


25230
居酒屋と聞いていたので、すっかり気を抜いてやって来たけど
一歩中に入ると老舗の洋食屋さんのような雰囲気でもあり
壁面にずらりと美しく並べられたお酒のボトルからは、バーとしても使えるようでもあり

ひと言で形容できない雰囲気なのは、食べログさんによると
フレンチやイタリアン、和食、中華などジャンルにとらわれない個性豊かな創作料理をお楽しみ頂ける
---とあるからなのかな。

何でも、著名人や有名人、スポーツ選手がお忍びで車で乗り付けることがあるというお店。
大阪駅から少し離れている穴場だから使いやすいのかもしれない。

娘が18時に予約をしてくれていたので、一番乗りで奥のテーブルに案内されたけど
この後、みるみる間にテーブルが埋まっていった。


25229
お料理に期待が募りつつ、とりあえずお誕生日おめでとうの乾杯。
私は初めてトマト酢酎ハイというのを飲んでみたけど、さっぱりとしていて美味しかった。
夫の好きな焼酎は種類が少な目。ワインの種類がとても多かった。


25231
メニュー以外にも、黒板に別メニューあり。
何でも140種以上の無国籍創作料理があるそう。


25232
娘のマストメニュー① イカのおろしマヨネーズ
可笑しなことに、メニューのどこにも載っていないのに名物メニューで
しかもサイトや食べログさんのトップページを飾っているらしいから、もはや裏メニューとは言えない(笑)
天海祐希さんもこれを食べるためにわざわざこちらにやって来られるのだとか。

柔らかいイカの上に大根おろしをたっぷり乗せて特製のマヨネーズソースの上から醤油で引き締める。
このマヨネーズソースの味が真似できないな(^^;


25235
娘のマスト② フォアグラ茶碗蒸し
フォアグラの香りが漂う~


25237
娘のマスト③ 梅ピラフ
こちらは〆でいただきました。梅が苦手な娘がこの梅ピラフだけは美味しくてたまらないらしい。
梅実の爽やかさだけでなく、少し甘味を感じるのは何だろう(・・?
創作料理には仕掛けがたくさんで、なかなかお味の正体が見抜けないわ(^^;


25233
夫がリクエストした もちレンコンの揚げ出し


25234
私がリクエストした グリーン野菜のレモン炒め


25236
娘がリクエストした やわらかズリのチーズ焼き
ズリが本当に柔らかかった。

娘はいつもマストのメニューだけでお腹がいっぱいになるそうで
昨日は3人だったのでお初のメニューも味わえて嬉しかったそうな。
3、4人で行って、色々オーダーするのが楽しいかもね。


25221
映画を観た日、阪急夙川駅で下車して見た夜桜。


25222
お花見としては駅の北側の方が賑わうけれど、南側の方は落ち着いた雰囲気。


25224
そして昨晩は、パーソナルトレーニングを終えた娘と合流し
芦屋川の夜桜を見に行った。


25223
もう葉桜になりかけているけど、これはこれで風情がある。
花びらが散ってもまだ見ていたい桜の良さが、この歳になってやっとわかってきたような気がする。


25225
芦屋川は夙川とはまた少し違ったお花見スタイル。
夙川の方がオープンな雰囲気で、芦屋川は地元民が静かにお花見している感じ。

ここの土地柄が排他的なところがあると聞いたことがあるけど、そんな先入観のせいかな。


25227
川の西側にあるお洒落なレストランを撮ったつもりが、その前に斜めにそびえ立つ松の木が
すごい迫力を醸し出している。


25226
こちらのレストラン、シーズンでデコレーションが変わる。
クリスマスシーズンは建物に赤いリボンがかけられていたり
お花見の季節は木の電飾が桜色になっているのが憎らしいほど可愛い。

リストランテ ベリーニ、いつかカフェかランチでおじゃましたいお店。


4/1(日)のこと

25216
エキスポシティにやって来たのは、数年前にニフレルの水族館へ来た時以来だなぁ。
前々から娘がIMAX(次世代レーザー)で映画が観たい!と言い続けていて
その頃に公開されていたのが美女と野獣の実写版。

私が乗り気でなかったので、友達と観に行って来たそうな。
その時の感動を延々語ってくれるのだけど、いまいち私の反応が薄くて(^^;


25220
この日はランチと夜桜の間の時間に、ちょうどタイミングよく上映されていた「グレイテストショーマン」を
観に行くことにした。


25213
その前にシネマの隣りにあるOSAKA ENGLISH VILLAGEに併設されているCNNカフェでお茶を。
赤と黒を基調にしたシンプルなインテリア。贅沢でカジュアルな空間。
モニターからはCNNのニュースが流れているだけでアメリカっぽい空間になるから不思議。


25214
喉が渇いていた娘はシャーリーテンプルを。
聞き慣れない名前の飲物を少し飲ませてもらったら、これもまたアメリカンなお味のドリンク。
アメリカに行きたくなるね(*^^*)

そもそも万博公園の桜を見に行くかお茶をするかと娘に聞かれたとき
この日は何だか眠い日で、桜よりも休憩の方を選んだのでありました。

地下鉄の中でも居眠りしていた私を見て娘が危険を感じたようで
「ママ、(映画の途中で寝ないように)寝るなら今寝て!」と言われる始末。

何せ、娘とブロードウェイでアラジンのミュージカルを観た時に居眠りをした信じられない私ですから(^^;
日本の映画館でミュージカル映画を観ながら居眠りするなんて容易いと思ったのでしょう。


25215
さて、映画の時間が近づいてきたので、私にとって初めてのIMAXの劇場へ。
こちらのIMAXは次世代レーザーで日本で唯一ここだけらしい。

一歩中に入った時に、一面の壁のようになっているのがスクリーンなので驚いた。
画像の青色に写っているのがそれ。
スクリーンの高さが18mで、ビル6階建てに匹敵するのだとか。

大きさは、下に写っている人のサイズから想像頂けると思います。
音響も素晴らしく、今回のミュージカル映画をこの劇場で観れたことは本当に感動だった。


25219
(画像拝借)
さて、そのミュージカル映画「グレイテストショーマン」ですが
もうずいぶん前から上映されている映画なので、今更な感想・・という感じですが

私に居眠りをさせる余地も与えないほど音楽も素晴らしく、ショーを観ているような気分になりました。
私も娘ももともとミュージカル映画というものがあまり好きになれないタイプで

どうしてここで急に歌い出すの?という見方をしていたのだけど
この映画ではその違和感を全く感じることがなかった。



主人公のバーナム氏は実在の人物らしく、世間から奇異な目で見られ
隠れるように生きてきた人達を集めて、見世物としてサーカスを開きお金儲けをした。
マスコミからは酷評され、街の人々には反対されて劇場を燃やされ
それでもマイノリティな人達は自分の居場所をそこに見つけ
「暗闇にいた私達にあなたは希望と家族を与えてくれた」と、「これが私」と胸を張って
テントの中の舞台に立った。

社会的なテーマも含んだ映画のようで、もし実際のバーナム氏にもっと忠実に映画を作ったら
おそらく今の世の中では上映できないだろうという記事も見た。

そういう背景を考えて観るとこの映画は楽しめなかったかもしれないけど
純粋にショーとして観ると、歌もステージも素晴らしかった。

大阪難波で毎年行われる木下大サーカスの横をいつも素通りしてショップに勤務していたけど
今度からは中が気になるなぁと思ったり
大好きなK.willのミュージカルの再演をひとりで観に行こうかなぁと思ったり
気持ちを揺り動かされる映画でした。

そうそう、話題の登美丘高校のダンス部も、この映画とコラボしてパフォーマンスをしているそうです→



25217
昨日は、娘がずっと観に行きたいと言ってた映画を観に行く前に
こちらも娘がずっとまた行きたいと言ってたSANのランチを食べに行った。

予約必須の小さなお店。
私達は予約して行ったけど、それを知らない方達が階段のところに列になって開店を待っておられた。

テーブルが3つ4つ、小上がり席が5つほどしかないので(座席数は15席ほどかな?)
オープンと同時に入れなかった人は、少なくとも1時間ほどは待たないといけなくなるのでご注意。

う~ん、やっぱりここのリガトーニとパンは美味しい(^u^)
小さなおかずも全部種類を替えて下さるので、シェアして味わった。


25218
前回はチーズケーキだけいただいので、今回はプリンもプラスして。
どちらも甲乙つけがたく美味しいので、その時の気分で選ぶかな。
この後、お茶するからとドリンクは我慢したけど、今度は是非コーヒーと一緒に味わいたい。


25211
お腹ごなしに難波駅まで歩き、地下鉄で向かったのは千里中央駅→万博記念公園駅。


25212
太陽の塔を見るとどうしてこうも一瞬テンションが上がるんだろう(・・?  
私にとっては通天閣以上なので、もはや大阪のシンポルを通り越して
芸術のシンボルのひとつと言って良いのでは?

これから見る映画も芸術について歌って語っていたけど、太陽の塔も時代を越えた芸術だと思う。

25205
昨日は先行でショップ勤務。
14時にショップを後にし、書店に寄って、来月末に旅行する地のガイドブックをやっと手にした。
友達との国内旅行。

いつか行きたいねぇ、一緒に旅行したいねぇと夢見心地に言ってた話が、突然現実味を帯びてくると
また逆に夢みたいな気分だ。


25204
そろそろまた糖質制限ダイエットをせねばと思っているのに、旅行本を買うと足が此方へ向いてしまった。
もしかして私のリピート率が一番多い和カフェかも。

おひとり様率の高いこちらのお店が居心地よく、旅行本をぺらぺらしながらのんびりお茶をいただいていると
おふたり様お待ちでーす、という声が聞こえたので、そろそろ退出しようと席を立った。


25210
仕事の帰りに通りかかった公園で、昨日撮った桜。


25206
この季節だけは花より団子と言い切れず、花も団子も大好きだぁ(*^。^*)


このページのトップヘ