ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2017年07月

7/15(土) 2日目
23172
1食でもたくさん韓国でごはんを食べたい母娘は、夕食を日本で済まして来ず
到着後、ホテルのすぐ隣にあるソルロンタンのお店で食事をする予定だった。

年中無休で24時間営業ということもリサーチして来たけど、あっけなく閉店している。
ま、韓国ではよくあることだからと諦めて


23175
私には初めての江南地区だから、他のお店を探しながらホテルの周りをぐるっと回ってみる?と娘の提案。
バスを待つ人達。なぜか道路に垂直に並ぶのも珍しい。


23173
こういうテントの飲食店も、韓国らしいなぁと思う風景。いちいち楽しく思いながら


23165
最終的に落ち着いたのは、ホテルの斜め向かいにあったこちらのお店。チャミマッ・カムジャタン。


23167
サラリーマンの姿も目立っていた。
オシャレな江南地区では、どちらかと言うとオジサン達でもいけそうな雰囲気のお店かな。

と思いきや、カムジャタンでは有名なお店で
同名の江南区庁駅店には有名人も多く通うお店だということを後で知った。


23169
やっぱり言語が読めるって楽しい。ハングルを勉強しててヨカッタなと思う瞬間。
勉強し始めの時ように、「チョギヨ!(すみません!)」と声を掛けるときも
ドキドキせずに言えるようになった(´ω`*)


23170
カムジャタンを食べるべきだったかもしれないけど
なるべく体に優しそうなスープ類を注文することにした。

ひとつはピリ辛のスープ。名前は失念。
マイルドな辛さをリクエストしたけど、それでも癖になる辛さで美味しかった。
もうひとつはプルコギスープで、ご飯と一緒に食べると牛丼みたいな感じのもの。


23171
パンチャンによくある青唐辛子。先っぽだけ食べて辛味を確かめてみる。
イケそうだけど、慣れない刺激物は自重気味に。


23176
コンビニでお茶のペットボトルを2種類買ってホテルに帰った。
娘から先にお風呂に入って、3時過ぎに就寝。

翌朝から楽しみを詰め込んでいるので、しっかり寝なくちゃ(-_-)zzz



今日はパートが終わってから夫と姫路入り。
明日と明後日は大会物販で、ただいま宅配便の荷物待ち。
がんばって仕事で汗流します!

7/15(土) 到着したばかりだけど、日付が変わって2日目
23163
空港鉄道から地下鉄に乗り継いで、宿泊ホテルの最寄り駅 新論峴(シンノニョン)に到着。
江南駅までも徒歩圏内の駅。駅から徒歩2分のホテルを目指します。

ホテルの近くにあったモニュメント。


23164
深夜1時を過ぎているのにネオンが明るくて


23151
週末のせいか人も多く、時差のない国なのに、私の体内時計が徐々に狂わされていく(。´・ω・)?


23153
オクラウドホテル江南に到着。
立地が良くて、娘が前から気になっていたホテルらしい。


23154
私達はいつも便利の良い裏手から出入りしていたので、一度も利用することがなかったロビー(^^;


23156
ツインが取れなかったので、スタンダードダブルルームを予約していたけど
デラックスダブルルームにグレードアップ。お陰でクイーンベッドで広々と寝れた。


23157
こだわりのベッドのようだけど、私達には若干柔らかく感じるタイプで、案の定 娘が寝がえりする時に
ベッドの揺れを地震と間違えて夜中に焦った。
←娘に予想されて、釘を刺されていたけど、寝ているときの言動には責任持てない(^^;


23158
スーツケースを拡げるには十分なスペースと、細々とした荷物を置くのに便利なベンチ。


23160
シャワーの使い勝手は快適。


23162
ポットやグラス、コップ類は壁面収納ですっきり。使わなかったけど、電子レンジもあって便利。
床はフローリングで靴を脱いで上がるタイプの部屋。使い捨てのスリッパだったら◎だったかな。
総合してとても良いホテルだったと思う。チェックアウト後のフロントマンの対応を省いて(^^; 

さて、深夜の食堂へ参りましょう!

+

今から夫の買い物につきあって、近くのショッピングセンターのアシックスへ靴を買いに行って来ます。


7/15(土)1日目~2日目
23149
ピーチMM011便は満席。
娘の隣は韓国人の男の子で、自撮りしている姿が可愛かったそう。
私の両側は外国人の若い女性。満席だけど静かな機内だった。


23148
娘が有料サービスのコーヒーを奢ってくれた。
たとえ200円でも、子どもに奢ってもらうと嬉しい(´艸`*)

あ、これは娘が撮った写真。小物を見ればわかるか^^;
彼女と旅行すると、写真撮影を任せられるから私はラクチン♪


23146
15列目の座席だったので、わりと早目に飛行機から脱出し
速足で移動して、さくさくっと手続きを済ませたけど


23147
仁川空港受け取りのWi-Fiの手続きに時間がかかってしまって、空港バスの最終便に間に合わなかった。
地下鉄の最終電車には乗りたい!と、なんだかソウルに着いてからずっと駆け足の母娘💦

それでも私は娘について行くだけでよかったけど、その私のお気楽さがたまに彼女の癇に障ったみたい^^;
ママは何も調べようとしない!と、何度か叱られてしまった。

母や夫との旅行だったら、もっとちゃんと調べるくせに!と言うのだけど、それは否めない。
地図や時刻表など、ちゃんと家のパソコンで調べてペーパーに印刷して持ち歩いていると思う。

若い人のスマホでのリサーチ力に太刀打ちできない。
娘はその場でちゃちゃっと調べるけど、どうせそのスピードについていけないのだから。

口を挟むと、逆にシカラレルことも多々あるし( `ー´)ノ
何か他のところで役に立てればと思っているのだ。

夫と旅行している時は、夫が私の立場。
何もリサーチしたりはできないけど、荷物を持ってくれたり、標識や看板を一生懸命探したりしてくれていることが
よくわかる。


23150
そんなこんなで、終電の少し前の電車に間に合って、長い一日の疲れを少々感じながら
地下鉄で人間ウォッチングするのも楽しい。

宿泊ホテルの最寄り駅にたどり着いた。
娘がいつも泊まる江南地区。私はいつも明洞地区なので、江南に泊まるのは初めて。
初めてのことをいくつか取り入れながら、いつも行く場所や、いつもの美味しいものも食べたい!

まだ始まったばかりなのだ🎵


+


息子と夜のウォーキング。
3年前に引っ越すまで、時々一緒に歩いていたコースは、mini COOP でドリンクを買って
飲みながら帰るコース。
前と同じことをしながら、同じ道をたどりたくなるのはどうしてかな。



7/14(金)1日目
23143
今回のソウル旅は、もともと娘の(1月)の誕生日プレゼントを兼ねていたので
ずいぶん前に計画を立ててホテルとエアーの手配を済ませていた。

その間に国際情勢もいろいろあって、本当に渡韓できるの?!という不安もあったけど
いつもより夫と息子に念入りに引き継ぎ、予備のお金を持参しての渡韓となった。


23132
関空リムジンバスがLCCの第2ターミナルまで運行するようになって初の利用。


23133
フライトの時間を確認。
まだチェックインも開始していない。早く着きすぎたみたい^m^
この周辺にはカフェもないので、お茶しながら待つこともできず


23134
何となくうろうろして時間をつぶす内


23144
やっとセルフチェックイン開始。
並び席をリクエストしていなかったので、手際よく手続きしたつもりだけど
他の人をひとり挟んで座ることになった。シュン(;_; 


23145
仕事を定時に終えた娘は、梅田から空港バスで関空へ向かう途中
こんな綺麗なサンセットが見えたらしい。太陽が大きく感じたと言ってた。

娘が空港へ向かっている間にラインでやりとりしていると、段々テンションがあがってきた(@^^)/~~~
待つのもいいものだな。


23139
にこにこの笑顔で娘到着。いざ国際線の出発ロビーへ。


23136
カフェで食べるほどの時間はなかったので、コンビニでこんなものを買ってふたりで半分ずつ。
しばらく和食は食べないからねと思ったけど、韓国にも似たようなキンパッ(巻きずし)があったわ(^u^)


23140
免税店をサラッと見学して


23137
いざ搭乗。


23138
20:05発のフライトで、約10ヶ月ぶりのソウルへ。
娘とふたりで、ソウルをメインに旅行するのは5年振り。いつもと違う旅になる予感がする♪
よろしかったらしばらくおつきあい下さい。



23127_large
最後のカフェはここを忘れてた。
娘とのソウル旅行ではおなじみの グルメデザート@仁川国際空港。


食べたら帰ります。 楽しかった^ ^



23125_large
今回のソウル旅 さいごのカフェ。

23124_large
こちらのカフェは昨晩泊まったデザイナーズホテルの中。
すごく可愛くてかっこいいホテルだった。

23129
きょう、3軒目のカフェ。
汗をかきながらタッカンマリを食べた後
涼しげなカフェ空間の心地良さよ。

23120_large
きょう、2軒目のカフェ。
男子が似合いそうなかっこいいカフェ。
母娘はこういうのもスキ。

23130
今日の朝ごはんはこちらのカフェで。

↑このページのトップヘ