ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2016年11月

11/13(日)のこと
大会物販を順調に終えるかどうかは、宅配業者さんがいかに予定通りに配達と集荷に来て下さるかに
かかっているとも言える。

今回の担当者さんは手際良く、話も通じやすい方だった。
お陰でさくさくっと仕事を済ませられ、予定よりも早い新幹線(のぞみ)で新神戸まで帰って来た。


21621
新神戸駅から三宮までウォーキングするか?と夫が提案してくれたので喜んで('◇')ゞ
なだらかな坂道を山手から滑るように降りて来て、三宮のお好み焼き屋さん前で停まって打ち上げをした。


21623
グラスビールセットは、グラスビールとプチトリオ焼き。
3種類のお好み焼きが楽しめて美味しかった。


21622
ミックスの焼きそば。もっちりした焼きそば。
久々のソースものだったので、余計に美味しく感じた~

これでまた翌日から1週間、無理なく湯豆腐生活に戻れる。
ずっと湯豆腐やお鍋生活も淡白すぎて(・・;)
たまには濃い味のものもあってメリハリをつけるのは大切。
食べ物も、生活も、何でもそうかな。

+

そして今日は滋賀県からの帰路。
またまた途中で脱線して、ふたりだけの打ち上げ。

大阪駅前ビル地下のレストラン街で、気の向くお店に入る予定。
神戸を出発し、京都~滋賀~大阪と、3都市横断の物販旅、終わり!

11/13(日)のこと
21616
朝陽が昇るところが部屋から見られた。お天気に恵まれた倉敷出張。
朝ごはんの前に宿舎の周りを散歩していたら


21618
ネコちゃんに出遭った。
見慣れた後ろ姿は、家のティンちゃん(うさぎ)の後ろ姿に似ている。


21619
日向ぼっこ中、邪魔してごめんね。


21620
7時半に予約していた食事会場へ。
朝から湯豆腐を頂いて、一日がんばろう!という気持ちになる和食の朝ごはん。

+

21625
今日は滋賀県大津市で大会物販の準備。
大津入りする前に京都に寄り道した。

この秋は特別どこかに紅葉狩りに行くことはなかったけど・・・と、昨日のブログに書いたばかりだけど
今日は思いがけなく素晴らしい紅葉を目にすることが出来た。

お天気が悪そうであきらめていたので、よけいに目に鮮やかだったなぁ。
毘沙門堂の紅葉。

11/12(土)のこと
21606
円通寺公園の散策を終えて部屋に戻り、夫は宿舎の売店で購入した地酒を早くも食前酒にちびちび。
私は大浴場で一番風呂を頂いた。気持ち良かった~(*^。^*)

夕食会場へは浴衣着のままでもOKとのこと。
お風呂上りだったし、こんな姿でエレベーターに乗ったところを鏡越しにパチリ。
慌ててエコバッグからカメラを取り出して撮った様子が表れてる(^^;

私はいつもホテルでは持参のパジャマなので、私の浴衣姿が夫の目にめずらしかったらしく、面白がられた。
こんな姿で食事会場へ行くことに少し前までは抵抗を感じたけど、そんなことができるようになったのも
歳のせい?


21607
食事会場ではあらかじめ席が決められている。


21608
玉島御膳の最初のテーブルセッティング。


21609
前菜とお刺身


21610
小なべ


21611
天ぷらが揚げたてでなかったのがとても残念(>_<)
持ってくる順番はどうでもいいから、揚げたてが食べたかった。


21612
ごはんとお味噌汁。


21613
デザートのフルーツは甘くて美味しかった。


2161421615
満腹度120%くらいだったのに、売店でアイスクリームを買ってしまった。
ふだんガマンしているので、こういう時に爆発してしまう(^-^;

+

21624
この秋は特別どこかに紅葉狩りに行くことはなかったけど、家の近所や仕事の行き帰りに
紅葉を楽しんでいる。

そして今日、息子が髪を切りに行った。
いつもの美容院ではなく、ネジリンボウの回っているところ。

特筆すべきは、五分刈り坊主頭になったこと。
あ、別に何か悪いことしたわけじゃないよ(笑)
ふっきったよう。前向きに。

最近、明るくなった。
人は変わるんだなぁと、彼を見ているとつくづく思う。

11/12(土)のこと
21585
坂を上がって行くと、急に視界が開けた。


21586
休憩所で、ご自由に・・の温かいお茶を頂いてひと息ついた。


2158821589
円通寺公園へはどちらから行けばよいかと尋ねると
特に何があるというのではなく、この辺り一帯を円通寺公園と言うのだと教えて下さった。


21587
円通寺頂上の愛宕殿石鳥居。


21590
童と良寛。
3人の子ども達に囲まれ、手のひらに手鞠を乗せておられる良寛さまの像。
手鞠遊びがお得意だったようで、そう言えばさきほどの休憩所にも綺麗な手鞠が展示販売されていた。


21591
歌人としても著名だったのですねφ(..)メモメモ


21602
『霞立つながき春日を子供らと手まりつきつつこの日暮らしつ』

山には霞のかかるこの長い春の日を、里の子供たちと手まりをついて遊びながら、
この一日を過ごしたことだなあ---という意味だそう。


21594
標高100mの高台から眺めた玉島市街。


21595
公園内を下りて行きます。


21604
約500本のソメイヨシノがあたりを桜色に染め上げる--とある。
春に訪れてみたかったなぁ。


21605
ここから桜吹雪が降ってくるなんて。

+

今日、めがねを新調しに行くのに、息子が付き添ってくれた。めずらしいこと^m^
何か魂胆でも?と思ったけど(ごはんとか?笑)、本当に私のめがね選びだけにつきあってくれた。

気に入ったフレームは遠近両用レンズに対応していなかったり・・・と、うまくいかず
仕事も早く片付いたので、他のめがね屋さんへ今度はひとりで行った。

初めにイメージしていたフレームとは色もタイプも違うものに決めた。
往々にしてあること、私の場合(;´∀`)

2本目の遠近両用めがねで、今までのよりも遠くが見えやすいですよとおっしゃる。
これからはめがねをかけながら目を細めて見ることもなくなるかな(笑)

11/12(土)のこと
21567
宿舎から徒歩5分のところにある円通寺へ行ってみます。
江戸時代の良寛和尚が、若いころ修行した寺として知られているそう。


21568
とてもシンプルで可愛らしい鳥居に目を奪われてそちらからお参りした。汐見門という名前だそう。
正門はまた別にあるよう。


21569
本堂


21572
お線香を上げました。


21583
他にどなたもいらっしゃらなくて、ゆっくりお参りが出来た。


21578

21573
茅葺きの屋根が風情があって素敵。


21581
広さも程よく、落ち着く境内。


21577
鐘楼


21580
良寛さんもついたといわれる鐘。


21579
心を込めて静かに撞きましょう


21596
とても良い音が響き渡りました。


21582
そして可愛らしい石像がずらり。十二支と戯れるお地蔵さん。


21597
左から午・未・申


21575
申・酉・戌
お地蔵さんのしぐさが可愛らしい・・・と、私がそんなところに惹かれている間、夫はと言うと


21576
年季の入った木に興味を惹く様子。
夫にこんなポーズを取らせてみたのは、数年来ずっと売れずに
物販のたびに持ち歩いていた巻き藁が、翌日の物販でようやく売れる暗示だったのかな?


21570
本堂の隣りにある白雲関は正式な座禅道場だそう。


21571
良寛堂


21584
もう少し円通寺公園内を散歩してみます♪

+

今日は夫がお休みをくれた。
昨晩は嬉しくて夜更かしするぞーと思ったのに、そんな時に限って早く眠くなる(苦笑) なんで(・・?

夜のウォーキング以外は一歩も外に出ず、家籠りの一日。
ベランダや台所の気になるところを掃除できて有意義な休日だった。

この調子で少しずつ掃除すれば、年末にはピカピカになる予定なんだけどなぁ。

11/12(土)のこと
21555
今回のお宿は国民宿舎 良寛荘。高台にある円通寺公園内にある。


21557
正面玄関の入口に


21562
綿の花の鉢植えがあった。棉花って不思議な植物だなぁ。見ているだけで暖かくなる。

アオイ科なのでハイビスカスに似た花が落ちると、子房がふくらんで緑色の固い実がどんどん大きくなり
やがてはじけて、中からふわふわのコットンが顔を出すのだそう。

ハイビスカスのような花の後のコットン。夏の後に一気にクリスマスが来るみたいで、いいや~ん❤


21558
チェックイン。フロントの女性(40歳代くらい)がとても感じが良かった。
自然な笑顔と落ち着いた雰囲気で、「ザ・接客」というふうではないけれど、とても好感が持てる。


21559
お部屋はこんな感じ。2週間前の美作市のお宿に引き続き和室。
お布団はセルフ。トイレとお風呂は別々の個室。


21560
窓からの眺望。


21564
2Fのロビー階にあるおみやげコーナー。夫は出張先で地酒を購入するのが楽しみ。
私は母に小さなお土産をひとつ。


21565
1Fの浴室を覗いてみた。散歩の後で入ろう♪

+

21566
アフタースーパームーンの月。
今日は暖かい一日だったけど、明日から寒くなるそう。
そろそろ晩秋ですかね。ご自愛ください。

11/12(土)のこと

岡山県倉敷市の体育館で行われる大会物販に向けて、一昨日から倉敷に向けて移動。
そもそも夫がひとりで切り盛りできる規模の物販に、私も便乗して着いて行ったので
なるべく経費節減することが大前提。

行きは時間に余裕があるとは言え、全線在来線だとさすがに時間の浪費になるので
在来線と新幹線を乗り継いで移動することにした。


21545
自宅最寄り駅を8:54に出発。
三ノ宮からJR~姫路~相生(兵庫)で新幹線に乗り換え。

相生駅で初めて下車した。
売店もない小さな待ち合いロビーに、ペーロン船が展示されている。


21547
相生ペーロン祭が相生湾で毎年5月に盛大に開催されると書かれている。

ペーロンはパイロンがなまったもので、わが国に伝わったのは江戸時代初期に中国船が長崎港を
訪れた際、強風のため出港できず、船員が海神の怒りを鎮めるためにペーロン競漕を行ったのが始まり。

その祭りが相生湾で行われるのは、大正11年、長崎県出身の造船所従業員が異郷でふるさとをしのんで
始めたのが相生ペーロンの起こりだそう。

なるほど。相生駅で下車したおかげで、ひとつ知ることができました φ(..)メモメモ


21548
待ち合いの椅子に、手編みの座布団が。肌寒い季節にはありがたい。


21549
新幹線こだま号でわずか34分ほどの移動距離だけど、かなりの時短です。


21550
行楽の季節だし、念のために指定席を取っておいたけど、自由席よりも指定席の方が乗客率が高かった(笑) 


21551
車窓からの眺め。どの当たりだろう?


21552
岡山駅に停車中。
最近はすっかり見慣れた女性の車掌さん。きびきびとお仕事中でカッコよかった。

ほどなくして新倉敷駅に到着。


21553
実は事前に駅周辺の飲食店をリサーチして来たのだけど、新倉敷駅も小さな駅で
構内には1軒の飲食店もない。
12時までに現地入りしないといけない行程。

徒歩圏内で いいなと思ったお店はまだ開店していないし、さほどお腹もすいていない。
そんな時の強い味方のファーストフード店もないので、駅下のコンビニへ入った。

幸い飲食できるコーナーがあったので、お弁当を温めてもらってそちらで昼食タイム。
私は姫路駅で乗り換えの時に美味しそうな駅弁がたくさんあったのを
指をくわえながら眺めていたのだけど

夫がめずらしく、「買うか?」と言わなかった。
コンビニのコーナーで食べながら、「出張の時はだいたいこんなもんや・・」とつぶやいて
美味しそうにお弁当を食べている夫を見て、豪華な駅弁を買わなかった意味がわかったような気がした。


21554
そうでした。今回は経費節減出張(旅行)。
夫の方が地に足がついてて、私はどこか浮ついた気持ちでお仕事に来ている^^;

宿舎で美味しい和食が頂けるだけでも贅沢の極みです。
豪華駅弁はどこかへ旅行する時のお楽しみに。

コンビニのお弁当も、たまにはこうやって食べるのも美味しいわ(*´ω`)


10/30(日)のこと
21539
物販の仕事を終え、荷物を宅配業者さんに引き渡し
またまた宮本武蔵駅から上郡(かみごおり)経由で神戸へ。


21538
上郡駅は兵庫県で一番西にある駅だそう。


21540
そして三宮の和食のお店で夕食を食べた。
お寿司や天ぷらが食べられるお店。


21541
にゅう麺の付いているセット。
にゅう麺は、お蕎麦やうどんよりももう少し優しい風味で、疲れている胃にありがたい。



21543_large
今朝、宿舎の部屋から見た朝陽。
昨晩は夜の10時前から寝た。
年に一度あるかないかの珍しいことをしたら

夜中の2時に目が覚めた(笑)
宿の室温は重要だなと思う。
私の場合、物音で目が覚めることは少ないけど、寒い暑いで何度か目が覚めた。

サラリーマン時代から出張慣れしている夫でも
やっぱり家の布団が一番やなと言う。冷暖房完備しているわけでもないのにね。



10/30(日)のこと
21517_large
2日目の朝ごはん。
バランスのとれた和食の朝ごはんを頂いて、一日がんばる。


21518_large
と、夫だけ7時半過ぎにお宿を出発。
早朝ラッシュがあるほどの忙しい物販ではないので
散歩でもしてから10時頃までに来ればよいとの有り難い指令。
お言葉に甘えて武蔵の里を散歩することにした♪


21521
前日はクローズだった たけぞう茶屋の横を通って


21530
正面に右に左に武蔵にゆかりのあるところがいくつかある。


21522
まずは平尾家。


21524
武蔵生家跡。


21525
少し離れて見るとこんな感じ。
現在も居住されているので、敷地の外から見学のみ。


21526
武蔵神社。
文武両道の武蔵にあやかろうと参拝客が多くお参りするのだとか。


21531
讃甘(さのも)神社。武蔵が幼年の頃よく遊んだ場所のひとつで
神社の宮司が打つ2本の太鼓のバチさばき、音の響きに興味を持ち、二刀流を思いついたのだそう。


21529
五輪坊に戻って、青年武蔵像の隣にある武蔵道場。
今でも剣士達や武道家達が稽古に励んでいる場所。
何となく、武蔵道場というだけで身が引き締まる思いがする。


21527
庭にある池に鯉が泳いでいたので


21528
売店に売ってた鯉の餌を買って、鯉と遊んだ。


21532
食堂でコーヒーを飲んでひと息ついたら
そろそろチェックアウトしてお仕事。
ゆっくりさせてもらいました。



今日から岡山県倉敷市へ出張。
今回のお宿は国民宿舎 良寛荘。

もう大浴場も食事も済ませ、後は寝るだけ~の状態で
のらりくらりする幸せよ(*´ω`*)

10/29(土)のこと
21506
武蔵の里には飲食できるお店がなく、お宿のレストランも予約制。
予約した時間に行くと、私達だけだった。
そもそもこの日の宿泊客は3組だけ(^^;


2150721508

2150921510
レストランと言うよりも、食堂という雰囲気かな。
テレビが見えやすいようにと並び席にして下さったり、色々とアットホームに気遣って下さった。

 
21511
久しぶりに食べたすき焼き。


2151221513
おひつの中には2人では食べ切れないほどの栗ごはん。
栗がゴロゴロ入ってて嬉しかったけど、お腹いっぱいでたくさん残してしまった。
おにぎりにしてもらって持ち帰りたいくらいだったけど遠慮^^; ごちそうさまでした。


21514
一旦部屋に戻って落ち着き、夫は温泉へ。


21535
平成7年に湧き出した新しい温泉のよう。


21516
私も温泉に入る気満々だったけど、バスケットチームの小学生さん達がたくさん入っていた様子。
部屋のお風呂も広かったので、内風呂にした。
画像は、食事の前にどんなお風呂かな~と覗いた時のもの。

+

21536
職場のKさんの帰省土産は鹿児島のお菓子。

明日からまたまた岡山県へ出張。
少し前まで出張の間の子ども達の食事と言えば、適当に好きなものを買って食べてねーでOKだった。
パスタや丼系のコンビニフーズもたまには美味しいらしく、家庭料理と外ごはんの中間くらいの位置づけで
喜んでいたのに

最近は娘も息子も食に対する意識が高くなり、それはとても結構なことなんだけど
それなりの準備をして出張に出かけないといけないので、出張前夜は台所に立つ時間が長くなって
疲れる。。(:_;)

前にも書いたように、息子は肉を焼いたり、お味噌汁を作ったりは自分でするようになったし
ご飯を炊くのは私よりも水加減が正確で美味しく炊ける。
後片付けもばっちり。娘は洗濯は自分でする。
助かっている部分は大いにあるんだけどね(^^;

楽して便利な生活は体に悪い・・と、最近実感する。
体に良いものを食べようと思えば、それなりに手間暇をかけて、お金をかけない。
これが出来たら最高だな。

↑このページのトップヘ