ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2015年11月

11/27(金)のこと
17599
きゅうりのキムチを漬けた。
白菜キムチのように、葉にヤンニョムを塗ったりしなくて良いのでお手軽。


11/28(土)のこと
17600
この日は夫がショップ勤務し、その後、バスで京都の福知山入り。(翌日の物販に備え)
私は今年になって初めてと言える2連休。
そう言うと、「世間ではそれが普通だから」と息子に言われた。

私もショップ勤務していなかった頃はそうだったのに、今ではこんなに休んでいいのかなと思ってしまう。
貧乏性体質(^^; 

この日は白菜キムチを漬けた。
ニンニクの匂いが着きそうなので、連休中がチャンスとばかりにキムチばかり漬けている。


11/29(日)のこと
17601
久しぶりに浜の方へ向かってウォーキング。片道30分の往復。
この冬はどれだけ頑張れるかな?


11/26(木)の続き
17593
ニフレルへ行った日のこと。
朝10時~午後3時半頃まで、時間を忘れて楽しんでいたので、途中でランチを挟んだ。

再入園できることを知らなかった私達は、ニフレルの中にある唯一のカフェ EAT EAT EATでランチすることに。
ピクニックエリアのようなナチュラル空間。
何と言っても、目の届く距離にホワイトタイガーやワニやミニカバがいる空間でお食事が出来るという(*^。^*)
写真を撮らなかったのが残念(>_<)


17598
そこで、こちらのカフェをプロデュースしたトランジットジェネラルオフィスさんのサイトより拝借。
そのトランジットさん、何だかとてもたくさんのオシャレ空間をプロデュースされている会社のよう。
とても好みのカフェもあったりで、興奮してしまった(´艸`*)


17594
食事はサンドイッチ、ハンバーガー、ホットドッグ、カレー。他にカップケーキとソフトクリーム。
その中から、ローストチキン&ナスのサンドイッチにした。

フライドポテトは冷たくて残念だったけど、サンドイッチは私には新食感で、妙に気に入ってしまった。
それに、二フレルに入場しないとこちらの食事は出来ないのだと思うと付加価値も(笑)
ドリンク別で850円というのはコスパ的にはちょっとね・・
それよりもMちゃんと久しぶりに会って近況報告し合えたことが充実時間だったかも。

で、この後、昨日のブログに上げたカピバラ君のいるゾーンで萌え、楽しかったねー♪と大満足して
ニフレルを後にしたのでありました。


17595
ららぽーとは特に見たいものがなかったので、通り抜けるようにして BARBARA Expo Restaurantへ。
行列が出来ていたり、騒々しかったりするカフェもある中で、落ち着いてお茶できそうなカフェと
Mちゃんが先日ご主人とデートした時に下見して、候補に入れておいてくれたお店。


17596
こちらのコッペーヌが評判らしい。
お食事パンでもあるし、メープルなどを回しかけてアイスクリームを添えるとスイーツにもなる。
ふたりでシェアして美味しく頂きました(^u^)

五感の中の味覚も満喫し、朝から夕刻までとても楽しかった。
Mちゃんの旅行の話も聞きたかったし、また隙間時間でも構わないので、是非デートしましょう♪
そして桜が咲いたら、おばちゃんどうし、弾けて遊ぼうね。

11/26(木)の続き
17569
ニフレルの「うごきにふれる」ゾーンで、初めに目に触れたのがホワイトタイガー。
まだどこかあどけなさが残る面持ち?


17570
運が良ければ泳ぐ姿が見れるかも。


17571
私が一番会いたかったミニカバちゃん。希少動物だそう。
ミニカバと言うからどんなコンパクトなカバちゃんかと思いきや、意外にも大きかった(笑)


17572
つま先立ちしているかのような短い脚に萌え


17573
小さな魚に、お尻の皮膚をつつかれ掃除してもらっている姿に萌えた♡


17576
次はMちゃんが一番会いたかったカピバラ。
ちょうど私達がゾーンに入った時はお昼寝の時間だったのかな?


17577
人が座る場所に、ふとこんな可愛い鳥がいたりして
本当に人と動物の境界線のない動物園みたいな感じ。


17578
ペンギンが気持ち良さそうに泳ぐ姿を見たりしていると


17579

17580
カピバラ君のお食事タイムが始まっていた。


17581
カボチャを直接手で食べさせてもらってる甘えん坊。


17583
ペリカンもご飯の時間。


17585
1羽が羽をパタパタさせると


17586
他の子達も競い合うかのようにパタパタを始め、これは何の意味があるんだろう(・・?
ともかく、風が起きるくらいのパタパタ合戦。


17587
その間も、この人達は平和にモグモグ。


17582
常にどこかから隙を狙ってるキツネザルもいて


17591
衝撃的だったのは、食べながら急にふぅ~っと横に倒れたところ。


17592
更に衝撃的だったのは、寝姿のままでごはんを食べ続けている光景(´艸`*)
家で家族にこの話をすると、「上には上がいるなぁ・・」と息子。


17590
こんな隙に、おサルさんにご飯を取られてしまいました。
この子もまた別のおサルさんに取られていたけどね(^^;


17589
飼育員のお姉さんの動向が気になるカワウソちゃん。ごはんが待ち遠しい。


17588
肉球サービス、ありがとう。

動物の種類は少ないけれど、それぞれ至近距離からじっくり見て、肌では触れ合えなくても
何となく触れ合えたような気がする--それが、「感性に触れる」感じなのかなと思える小さな動物園でした。

海遊館がプロデュースとあって、さすがに水族館の方は海中、水中、水辺などの見せ方が上手いなぁと感動。
照明や音楽などの使い方も素敵で、期待以上に楽しいニフレルでした。

11/26(木)のこと
17564
何十年振りだろう(・・? 
地下鉄で千里中央へ行き、初めて大阪モノレールに乗って万博公園駅へ。

Mちゃんとエキスポシティへ行って来た。
秋の京都も良かったけど、お天気がイマイチだったので、室内で遊ぶことにした。

それにしても太陽の塔はすごいね。今見ても、すごく斬新で新鮮。
ここでいきなり芸術に触れ


17562
私達が向かったのは、生きているミュージアム ニフレル


17563
「感性に触れる」がコンセプトらしい。
自分の感性が刺激されるのが楽しみで、久しぶりにわくわくした♡

私の言葉なんぞより、下手な画像の羅列で失礼します。
それにしても画像、たくさん撮ったけど、魚の写真って難しい💦


17565
まずは、「いろにふれる(色に触れる)」のゾーン。
しょっぱなから、この模型のような真っ赤なエビに心をつかまれた。


17566

17567

17536

17537

17538

17541
こんな調子で夢中になって見て回ってたから時間が足りなくなるかと思ったけど
Mちゃんが、「今日はゆっくり見て回ろー」と言ってくれたので
よ~し!とその覚悟で、ニフレル・ワールドを楽しみました。


17542
「わざにふれる(技に触れる)」ゾーン。みんな、こんなふうに水槽をのぞき込んでいます。


17543
よく見ると、ヒラメが砂に横たわってる。


17544
いかにも男子が好きそうな・・


17546

17547

17548

17549

17550

17552
「すがたにふれる(姿に触れる)」のゾーン。


17553

17555

17557

17558

17560

17568
なぜか画像を殆ど撮っていなかった「みずべにふれる(水辺に触れる)」ゾーンには
カメやカメレオンなどがいた。
ここで、遠足の園児達と合流してしまい、ちょっと写真が撮れそうな雰囲気じゃなかったんだ^m^

次は「うごきにふれる(動きに触れる)」ゾーン。
まだまだあるので、次回に!

11/24(火)のこと
17533
パートへ行く朝。空気がひんやりと秋めいて来ました。


11/25(水)のこと
17535
毎月、後半の1週間ほどだけオープンする、主にドライフルーツのお店。
ドライマンゴーはセブ島産。
日本で手に入るドライマンゴーの中では、台湾産の次に好き♡
ドライアップルは家族にも人気。ドライピーチは、殆どピーチの味はしなかった(^^;

17524
前夜は暗くて何も見えなかったけど、翌朝、ホテルの部屋のカーテンを開けると
こんな景色が隠れていた。行楽日和とはいかず、曇り空の大会当日。


17525
朝食は部屋で食べることにした。
前夜コンビニで買っておいたパン類とヨーグルト。
美味しいと教えてもらったダンマルシェの塩パン、前日、大阪の大丸で買えました!


17526
もっちりとした食感と言い、バター風味と絶妙な塩味。
噂通りで、幸せな朝食でした(^^)v

+

仕事も盛況の内に終わり、宅配業者さんに大きなダンボール3箱を手渡し、電車で帰路に就く。
今回は電車移動ということで、予め金券ショップでJRの切符を買っておいた。
姫路から膳所まで買うと、5枚の切符を継ぎ足して買うことになる。
私は大阪~京都~膳所と、2枚の切符。

と言うことは京都と大阪で下車して街に飛び出すことも可能だと気づき


17527
こんなこと(電車移動)は滅多にないからと、ひとつめの京都で下車。
駅の構内でワインの試飲をやっていた。


17528
誘われるまま、「じゃあ、食前酒に・・」と納得して頂いたワイン。
とてもフルーティーで飲みやすく、美味しかった。
1本からのばら売りをして頂けるなら、クリスマス用に買ってもよかったけど
6本セット販売と言われ、「ごちそうさまでした」と席を立った(^^;


17529
1軒目は夫が以前ひとりで行った居酒屋。
「立ち飲みで座って呑んでる」と、意味不明なメールをしてきたお店。
なるほど、立ち飲みだけど、奥の方にテーブルがふたつだけあった(笑)


17530
次は大阪で下車して、丸ビルの地下の「蛸之徹」。
すごく久しぶりだった。


17531
我が家のは、ここにキャベツ、ちくわ、コンニャク、チーズ、おもちを好みで組み合わせて入れる。
まぁるくキレイに焼くのはちょっと自信があったけど、火加減、油加減が違ったせいか少し勝手が違う。


17532
市販のたこ焼きの粉の優秀さを感じた。(お店との味の差がそれほどないという意味で)
そして、我が家のたこ焼きもなかなかレベルが高いよねと(´艸`*)
これだから関西人は、おうちでたこ焼き、焼いちゃうんだろうなぁ。


今年の大きな物販はこれにて終了。
後は、夫がひとりで行く物販をひとつ、ふたつ、残すだけ。


17518
夫は早朝から姫路へ。空手の近畿大会の審判。
私はお昼前から夫の仕事場へ行き、頼まれた仕事だけ片付けて、電車で滋賀県の大津市へ。
兵庫~大阪~京都~滋賀県と、近畿地方を横断。

膳所駅から体育館までの道にあるお花屋さんも、私にとっては馴染みの風景になった。
紅葉した蔦のデコレーション。


17519
前にも一度ブログに書いたことのある鏡文字の詩。どれくらいのサイクルで書き替えておられるんだろうか。
年に2度ほど膳所にやって来た時の楽しみで、足を止める。

同じ季節を過ごした葉が
一枚一枚散っていきます
きっといっぱいの想い出とありがとうを
紅色に込めて


17520
会場と主催者様にご挨拶。
宅配便で運ばれて来た大きな荷物4箱を受け取り、机と椅子を設置して物品の展示。
ひとりで出来るやん?!  

終わりかけの頃、姫路から駆けつけた夫もお疲れ様。
膳所駅近くの鶏こうさんで労いのカンパイ。
焼鳥と野菜焼きが美味しいお店だった。


17523
久しぶりの京阪電車。膳所から3つ目の浜大津へ向かい


17521
苦労して取ったホテルの部屋が、思った以上に広くて嬉しかった。


17522
宿泊の時は、普段は食べないアイスクリームを食べたり
普段は観ないテレビ番組を観たりして過ごす。
夫も柿ピーをつまみながら部屋呑み。
せっかく広くて快適な部屋だから、翌日の朝食は部屋食にしよう。

11/20(金)のこと
17515
先月、母と韓国へ旅行した時に買って来たキムチ作りの材料を使って、キムチを作った。(二度目)
唐辛子は100%韓国産。キムチ作りに欠かせないエキスは、どれもWoo先生秘伝のもの。
他にニンニクや生姜、砂糖、餅粉をお湯で溶いたものなども入れる。
りんごや梨をすりおろしたものを加えるレシピも多いけど、Woo先生のレシピでは使わない。

レシピ通りに作ったつもりなのに、先生と一緒に作った時と何かが違う。
ヤンニョム(調合した調味料)の量に対し、千切りにしたダイコンの量が多かったかもしれない。
何事も欲張らずに適量が大切!
そしてお湯で溶いた餅粉がサラッとし過ぎていたかも。他のレシピを見ると、一度煮立たせても良いみたい。
少しずつアレンジして、またチャレンジしよう!

あ、お味はなかなか◎でした(^u^)


11/21(土)のこと
17516
先行でショップ勤務。
イラン人のお客様が3人いらっしゃった。
私、本気で英会話を勉強しないといけないかも。
ショップで使いそうな英語だけで良いから。

画像のお弁当を仕入れて現れた夫が救世主に見えた。

11/19(木)のこと
17517
行楽の季節の出張ビジネスホテルの予約は、いつも苦労する。
早目に予約すればそんな苦労もないのだろうけど、わりと急に決まる出張もあり

先日も夫がひとりで宿泊する倉敷のビジネスホテルが軒並み満室。
直前キャンセルが狙い目で、空き室が出て何とか予約が取れた。
当日、倉敷でマラソン大会があったことを、現地に行って知ったらしい。

今回も滋賀県大津市のビジネスホテル探しに苦労した。
車ではなく電車移動ということもあり、できれば駅近、会場からタクシー圏内という制限もあって余計に悪戦した。
あまり条件の良くないホテルを一応キープしたものの、毎日のように空き室が出ないかネットで見張る。
今回もキャンセル空きを狙って、条件に見合ったビジネスホテルに何とか変更できた。

昔は対面や電話でキャンセルする時、わけもなく「申し訳ない」という気持ちを感じてしまったけど
今は対面は対面でもパソコンの画面に対面して、enter キーひとつ叩けば簡単にキャンセル出来てしまう。
機械が相手なので、キャンセルばかりして「申し訳アリマセン」と思う必要もない。

私達が懲りない性分と言うか学習しないせいで、毎年、この紅葉の季節のホテル探しには悪戦苦闘。
来年はお早目に!

そんなことを思っていたら、12月のクリスマス前にまた宿泊出張が入って来た(゜o゜)
時期が時期だけに、今回は苦労せずにお宿ゲット。
一年の締めくくりとご褒美に、小さな温泉つきの宿にした。


今日(11/22)はこれから大津へ出張==3

11/18(水)のこと
17508
実家へ行った帰り、娘と映画を観に行った。
夫は飲み会で、息子は家でおひとり様時間を満喫中。

18:50からの上映だったので、それまでなんばパークスのカフェで時間をつなぐ。


17511
私のカフェラテと、娘のロイヤルミルクティー。


17510
少し賑やかだったけど、気を使わずにくつろげる広々としたカフェ。


17513
観た映画は「サヨナラの代わりに」。
  余命を告げられ、運命に立ち向かう女性と、夢に挫折した大学生。
  彼女たちが、笑って泣いて見つけたものは―――  

本当の自分を見せられる人は誰?
あなたを見つめてくれる人を大事にして。
あの子は私の話を聞いてくれそうだから。

と、色んなキーセンテンスがあるけれど、どれにも共通点がある。
  本当の自分を見つめてくれる人。

原題は YOU'RE NOT YOU

母親や夫、何年来の友人よりも、ついこの間出会ったばかりの人と一番強い信頼関係が築かれた
というのも皮肉だけど、これもリアルなのかな。


17514
娘と映画を観るのは久しぶり。
最近、彼女は映画づいていて、友達とよく観ている。
最近観た中では、もう一度観たいくらい「マイ・インターン」が良かったって。

この日はレディースデーでお得だった。
それにしても映画館のフライドポテトは…二度と食べない。

+

この映画の主人公の病は、難病の筋萎縮性側索硬化症という筋力が失われていく病気。
余談だけど、映画の中で主人公が介添えをしてもらいながらトイレの便座に座るシーンがあって
それを観た時にふと思い出した。

今年の2月、息子がギランバレー症候群を発症して入院した時、車椅子でトイレまで連れて行って
指先に力が入らなかったのでズボンを下げてやっていたこと。
握力が一時ゼロになった時のこと。

正直、そんなこともあったなぁと、まるで忘れていたことを思い出したような感覚だった。
帰宅して息子にその話をすると、当の本人も忘れていたような反応だった。

忘れてしまって良いものか?
忘れてしまうと感謝の気持ちも同時に忘れてしまいそうで・・記憶しておかないといけないものか?

世の中には色んな病と闘っている人がたくさんいる。
自分もいつ病と向き合うことになるかも知れない。

その時に、自分がどう向き合うか、どう向かうか、大事な人に何を残せるか・・
難しいけど、そんなことも考えさせられる映画だった。


↑このページのトップヘ