ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2014年11月

10/16(日) 2日目の朝
14632
夫の和食中心の朝ごはん。


14633
私の洋食中心の朝ごはん。

+

今回、初のスーパーホテルを利用。いつも楽天トラベルから予約する。
2014年顧客満足度でナンバーワンを受賞したホテルだそうなので、楽しみにしていた。

+ 駐車場を予約しておくと、どの場所に駐車するかわかりやすいように名前が掲示されていてスムーズだった。

+ 一流ホテルに引けを取らず、むしろ一流ホテルよりもフレンドリーさが加わって感じの良い接客。

+ 枕の種類を選べるサービス。

+ ロハス&エコサービスとして歯ブラシ返納やマイ箸持参でお菓子のプレゼントもあったことを後で知った。

+ エレベーターの速度が速い。

+ 部屋は靴からスリッパに履き替えるので清潔感あり。

+ ただ部屋はとても狭く、人がすれ違うのもやっと。これは承知の上だったので特に問題なく。

+ 朝食の時間帯だけドリンクの自販機が無料になるのも合理的。

ビジネスホテルとしては、満足度ナンバーワンというのがうなずけるホテルでした。


14634
物販も盛況に終わり、片付け、搬出もスムーズに運んで、まだ空が明るい内に西へ西へと車を走らせます。


14635
夫には申し訳ないけど、最近帰りの車の中では寝ることが多くなった私。
以前は眠くてもガマンして夫につきあっていたけど
最近すっかり、「仕事して来ました」というおごった気持ちに甘えてしまっている。

この後、出張物販を2つ控えているので、また頑張ろう!

10/25(土)のこと

夕方から体育館で物販準備。
搬入のしやすい会場で順調に準備を終え、宿泊先のビジネスホテルへ移動。

荷物を置き、早速夕食を食べに外へ出た。
四日市駅前の雰囲気は予想していたよりも賑やかな街だったので驚き。
ここはノーリサーチでやって来たので、夫のカンに任せて気の向くお店に入ってみる。


14618
まず一軒目はこちら。


14619
たくさんの地元の方達で賑わっていた。
カウンター席とテーブル席と座敷があり、私達は座敷に案内される。


14620
何はともあれ、お疲れさまで乾杯。
というほどの働きはしておりませんが(^^; 一日、楽しく過ごせました!ということで。


14621
おでん5種盛りと


14622
大根サラダと


14623
カキフライ。久しぶりに食べたカキフライがサックサクで美味しかった!
3品とお酒3種で、お会計は2000円弱。安!!


14624
で、もう一軒行ったところはこちら。


14625
店内の雰囲気。
私の母のような雰囲気の(体型の?)おばちゃんが気さくで楽しかった。


14626
呑む気、食べる気をそそられるメニュー。


14627
夫は好みの辛口の日本酒で、私は梅酒。


14628
お鍋の季節~


14629
店名の肩書にもなっている手羽さし焼きは食べてみないとねー。
ピリッと甘辛で、確かに美味しかった!


14630
そして夫の目が光ったタンの刺身。
生肉を食べてお腹を壊さなければ良いが…と心配したけど、新鮮なお肉だったようでその心配もなく
美味しく頂きました。(私は1枚だけ)

こちらでもお料理3品とお酒3種で3,000円弱。
安くて美味しいお店が2軒続いたので、すっかり気に入った四日市の夜。


14631
なぜか宿泊先ではアイスクリームを食べる夫。
この時ばかりはカロリーのことは考えずに、私もきな粉アイスを。

食べて、花々を見て、また食べて呑んで・・・楽しい物販出張の季節を満喫。
仕事も楽しんでできることに、本当に感謝の毎日。

10/25(土)のこと

なばなの里の続きです。今回は花の画像のオンパレード🌺
1458314584

1458514586
続く温室にはフクシアの花。こちらも色んな種類が。


14598
一見ヤシの木のようだけど、葉をよく見るとシダなのね。
ヘゴというそうです。


1458714588

14589
温室から出るとバラ園があり、私はなぜかバラの画像を数枚しか撮っていないことに驚いた(゜.゜)
バラの花を見ても気持ちが動かないんだろうか?自分でも謎。


14611
そして秋の花と言えばコスモス。青空の下、一面のコスモスが見事でした。


14612
電飾まで花の形。


14613
この日からイルミネーションが点灯されるとのこと。光のトンネル。見事だろうなぁ~*


14614
そのまま200種類のダリアへと続きます。

 
1460214603

1460414605

1460614608
その中のほんの一部。


14616
たくさんのお花に堪能したので、もう一度温室の中を通って帰ります。


14615
空と花も綺麗だったけど、水と花も何とも言えない優雅さ。


14617
出口近くに、『見返りの花 今一度振り返ってご覧下さい』と書かれていたので振り返ります。

縁あって仕事でやって来た三重県四日市市。
こんな綺麗な花を見て過ごす時間が持てたことがとても嬉しかった。
良いところに来れたねと夫と満足。


14609
鏡池に写る紅葉。


14610
花よりお酒かもしれない夫に地ビールと、はまぐりの佃煮を買うことを勧め
この後は翌日の物販の準備に向かった。

10/25(土) 
14567
三重県での初の物販を翌日に控え、この日は三重県四日市市へ移動。
その土地のB級グルメを食べるのが楽しみのひとつ。

旅行というほどではないので、それほど熱心にリサーチしない。
そこがまた気楽で気に入っている。

最近、何かと言えばネット検索。
わからないことがあればググリ、何かを食べに行くと言えばググリ、旅行をすると言えばググリ…
検索、検索…で、調べることに疲れていたのだ(^^;

数年前に空手の全国大会で三重県を訪れた時に購入したガイドブックをぺらぺら。
数少ない情報がありがたい。


14568
EXPASA御在所というパーキングのレストランが充実しているらしいので寄ってみた。


14569
ほぼ満席で、空いている席を見つけるのがやっと。


14570
四日市のB級グルメと言えばトンテキらしい。
厚切りの豚ロース肉をソテーして、ニンニクのきいた濃いソースで絡めた料理。
白ごはんに合いそうな、そして男子が好きに違いない料理!

私には少しソースの味が濃かったけど、満足&満腹ごはんでした。


14571
夫にしてはめずらしく、赤福を食べようとお店に入って行く。


14572
食後に赤福2個ペロリ。
きめ細かく点てられたお薄茶が美味しかった~。


14573
さて、1出張1観光で次に目指したのは、なばなの里。
ちょうどこの日の夜からライトアップが開催される日だったけど
夕方からは物販の準備があったので、お昼のなばなの里を楽しむことに。


14590
ベゴニアガーデンの無料クーポンがついていたので、そちらから回ってみる。


1457514576

1457714578
ベゴニアと言えば馴染みのあるお花で、私が思い浮かべるベゴニアはこんな花。


14574
こちらは球根ベゴニアという種類で、これも同じベゴニアとは驚き。


1457914580

1458114582
欧米では「花の女王」「地上でもっとも美しい花」と呼ばれて盛んに栽培されているそう。(サイトより)
大輪の花は同じベゴニアとは思えないなぁ。


14597
こちらもベゴニアで、レックスベゴニアという名前だそう。

花より団子…とはよく言ったものだけど、この日は花も団子も両方楽しめた(*^。^*)
お花の画像が続くので、今日はこの辺で!

11/7(金)のこと
最近、金曜の深夜は息子と一緒に有料チャンネルの「ほんとにあった呪いのビデオ」を観ることがある。
部屋の電気を消して、お互いの飲物を用意して、母と息子が呪いのテレビを観ている姿は
ちょっと、かなり、ヘン(^^;

息子とは一緒にショッピングや映画やランチに行くわけでもなく、一緒に旅行するわけでもなく
こういうことぐらいでしか一緒に楽しめないんだよね…


11/8(土)のこと
14565
夫と京都出張の旅。
1出張1観光と決めたわけではないけれど、今回はちょっと欲張って観光してしまった==3
ちょうど、秋の京都へ行きたいね…と夫と話していた折りだったので。


11/9(日)のこと
この日の物販は私ひとりで切り盛り。
夫は審判の仕事がある時は、役目と仕事のけじめをつけるために
一度も物販に顔を出さない。

よく頑張ったと自画自賛(笑)
仕事場マンション近くで外ごはんを食べ、30分、夫と自宅まで歩いて帰る余力が残っていたので驚いた。
疲れ過ぎてナチュラルハイ状態?( ゚Д゚)


11/10(月)のこと
14566
この日の完全休日は、夫から前日のご褒美(*^。^*)
家事をして、パソコンで遊んで、ウォーキングをして・・・一日が無駄にあっという間に過ぎていく間に
リセットされていくのを感じる。



11/11(火)のこと

14563
この日のお昼ごはん。
少し前までサンドウィッチだけだったのに、another one を買い求めてしまう。
食欲増進中の秋。

11/6(木)のこと
14545
Mちゃんに誘ってもらって、絢香のライブに行った。
絢香のライブも初めてだったし、Mちゃんとライブ参戦するのも初めて♪

場所は大阪フェスティバルホールだったので、15時に梅田で待ち合わせて四ツ橋筋を歩いて肥後橋へ。
Mちゃんの提案で、フェスティバルタワーの展望デッキへ行ってみた。


14544
雲の多い日だったので、残念ながら晴れ渡る大阪の街を見渡す…とはいかなかったけど
後でもう一度夜景を見に来ようとMちゃんの立ててくれたデートプラン(*^。^*)


14548
ライブの前に早めの夕食を取る予定だったけど
それまで少しこの辺りを散歩して靭公園へ行ってみる。
先日の定期検診の帰りに歩いた道だ。


1454914550

1455114552
公園内のバラ園。目にとまったお気に入りのバラにカメラを向けながら公園を抜け
来た道と違うなにわ筋を歩いて戻る途中


14553
キレイな建物~と思うと


14555
結婚式場のよう。


14554
綺麗なバラ。実はフェイクフラワー。
さっき見てきた生花のバラと見分けがつかないくらい、最近のフェイクフラワーはよく出来ている。


14556
こんなところに商店街が…という発見もあったり。


14557
この日の早目の夕食は、偶然にも前に私がひとりで訪れたことのある❛野菜&玄米の健康カフェ玄三庵❜。
Mちゃんがこの日のためにリサーチしてくれていた中にこちらがピックアップされていて
私はリピ大歓迎のお店だったので今度は一緒に行ってみることに。


14559
今回も前と同じ39品目の健康定食にしてみたけど、中身は前とは少しずつ異なる。
誰かと一緒に頂くのもまたひと味もふた味も違って美味しい。


14561
落ち着いた雰囲気だったので、食後のお茶もこちらで頂くことにした。
豆乳オーレは、ほっこりと和む味。

ごちそう様でした~と外に出ると、少し夜風が冷えていた。
いつもならこのへんで、じゃあまたねと別れるのだけど、この日はここからが本番♪


14547
さきほどのフェスティバルタワーの展望デッキへもう一度上がって、同じ角度から夜景を眺め
絢香のライブ会場へ行く。

今回は歌とピアノとギターだけの❛にじいろアコースティックライブツアー❜。
大人っぽい黒いドレスで登場した絢香。
歌のうまさは定評があるので、本当に聞きごたえがあった。
最近の絢香の歌はあまりよく知らなかったけど、今回のためにYou Tubeで聴いていた絢香の名曲が
生で聴けただけでも満足のライブ。

アコースティックライブだったせいもあってか
Mちゃんによると、今回のライブは全体的にお客さんも静かだったとのこと。

1部と2部の間にもピアノとギターの素晴らしくカッコいいセッションがあったり
私は女性アーティストのライブは初めてに等しかったので
男性ファンからの綾香~~という掛け声も新鮮に響き
ライブの構成とか、いろんな面で興味深いライブだった。

10/16(木) 2日目
14528
チェックアウトの時に、ペット連れでも観光できるところを2、3ヶ所教えて頂き
お世話になりました~とご挨拶してホテルを出発。

歩いて5分ほどのところにバス停があって、ほどなくバスがやって来た。


14529
目指したのは三段壁。
どういう意味のある名所なのか知らずに行ったけど、Wikipediaによると


14530
魚の群れ(鯨との説もある)を見つけるための監視場(見段・みだん)があり、
これが転じて三段壁(みだんべき・見段壁→みだんぺき→さんだんべき・三段壁)と
呼ばれる様になったという説が有力である  らしい。


14535
平地だったので、千畳敷まで母とサクラとゆっくり歩いて行った。
三段壁から歩いて15~20分くらいかな。サクラも一生懸命歩きました。


14532
千畳敷ってこんなところ。


14534
畳を幾重にも重ねたような岩の大畳から、こういう名称になったそう。


14533
こからの夕陽は素晴らしいらしい。


14536
汗ばむくらいの陽気の日だったので、少し座って休憩。
写真左側のカフェは、ガラス越しに千畳敷や太平洋を眺めることができて気持ち良さそうだった。


14537
次はとれとれ市場へバスで向かう。魚市場なので、サクラはカートの中。


14538
広いおみやげ売り場。母が梅干しとお菓子を家族のお土産に買って持たせてくれた。


14539
タイミング良く、まぐろコーナーでまぐろの解体が始まった。


14540
色んな部位をその場で大特価で販売。
母はサクラがいなければ手を挙げて買って帰りたかったって(笑)

とれとれ横丁(フードコート)では、海鮮焼きコーナー、寿司コーナー、惣菜コーナー、造りコーナー、
丼・麺コーナーがあり、取れ立てのお魚を使った食事はさぞ美味しかっただろうなぁ。
サクラがいたので室内飲食は遠慮しときましょ(*´ω`)

タクシーで白浜駅へ向かう時、運転手さんが犬好きな方で
カートから出して膝の上に座らせてあげていいですよと言って下さった。
都会じゃ犬連れは乗車拒否されることもあると言うのに、行きも帰りも親切な運転手さんでラッキーだった。


14541
帰りの黒潮特急の中で、水了軒の小鯛雀寿司をお昼ごはんに食べた。


14542
電車の中で頂くと、一段と美味しく感じる。

帰りの車中では殆ど寝ていたサクラ。
旅行は楽しいけど疲れるね(*´ω`)
でもまた行きたくなる。

来年は鳥羽かな?白浜かな?




10/16(木)
14527
朝5:30に起きて、まだ夜が明けきらない内から散歩へ。


14522
東の空に太陽が昇って来た。


14525
サンライズだよ~サクラ! 


14526
母の指さす方を、しっかり見ているサクラ。何か感じているような視線。


14521
ボール遊びもしたし、そろそろお腹がすいてきたね。

でも部屋に帰ると朝ご飯はまだお預けで、お母さんとおばちゃんはまたふたりだけで
温泉に浸かりに行ったのだ。サクラは部屋でお留守番。

二度目の留守番は、しばらくしたらふたりが戻って来ることがわかっているので
余裕の面持ちで待っていてくれた。


14514
はい、またまたお犬様の朝食から。


14515
お散歩の後のごはんは美味しいのだ。


14516
そして私達の和食の朝ごはん。
散歩と温泉の後で頂く至福の朝ごはんが、美味しくないはずがありません。
塩サバが好みの塩加減。
色んな種類のものが少しずつ頂けて満足。


14517
そしてまた何かもらってる。
他のテーブルの子達を見ていると、とても参考になる。
何も催促せず、床の上で伏せている子もいれば、サクラみたいな子もいる(笑)

うちははっきり行ってお行儀の躾はなってない。欲しそうな目で見つめられると、ついつい。
でも、ちょっとだけもらったら、サクラはそれで満足するのだと。

ごちそうさまの後は、チェックアウトぎりぎりの時間まで部屋でゆっくり過ごした。

+

【覚え書き】

こちらの国民宿舎の良さは何といっても、古さは否めないけど
・掃除の行き届いた清潔さ
・質の良い天然温泉
・心のこもった家庭料理のご馳走
・気持ちのよい散歩コース
・ホテルの人の温かさ、アットホームな雰囲気
・細かな説明書きなどから感じる気配り
等々ではないでしょうか。


以前2回利用した鳥羽わんわんパラダイスと何かと比較してしまいがちだけど、それぞれに良さがあって
わんわんパラダイスの良さは
・食事の内容(味、見た目とも)   
・施設や設備の充実度(売店やプールなど)   
・天然温泉ではないけれど、大浴場がある
・他のペットと触れ合える場がある
・周辺観光地のペットの受け入れが整っている 等々

10/15(水) 1日目

散歩から帰って来ると、ホテルの方が、「今ならたぶん貸切状態ですよ~」と強く温泉を勧めて下さるので(笑)
夕食の前にひと風呂…と、行ってみることにした。

サクラは自分も一緒に出かけるのかと、初め少し後追いしかけたけど
「お留守番」という言葉の意味はわかるので、聞き分け良くキョトンとした寂しそうな顔で見送られ
後ろ髪を引かれながらお風呂へ向かった==3

14518_large
画像はサイトより拝借

源泉掛け流しの天然温泉。山から湧き出す源泉を直接引いている--とのこと。
おそらく宿舎ご自慢の温泉(*^。^*)

白浜温泉は、有馬温泉、道後温泉と並んで、日本三大古湯のひとつ。
白浜温泉の中でも、当館に引いている「長生源泉」はカルシウムを多く含んだ源泉で
湯上り後のすべすべ感は抜群です。

とあるように、本当にすべすべになって、あぁ 毎晩こんなお湯につかれたらなぁ~と母と羨望の溜息。
本当はもっとゆっくりとお湯につかっていたいところだけど、サクラが慣れない部屋で
きっとドアの方を見つめながら待っていると思うと、ほどほどで退場!


14508
楽しみにしていた食事の時間。まずはお犬様の食事から。
3~4種類のメニューがある中で、サクラは一番好きな鶏肉を使ったものをオーダー。


14509
そして私達の食事。南紀の新鮮魚介姿盛。
歯の悪い母でも十分に柔らかいイカ ←そこ?(笑)


14510
天麩羅盛合、煮魚、酢の物、小鉢、吸い物、香の物
正直な感想----お刺身よりも煮魚が美味しかった!


14511
ホテルの方がサービスで写真を撮って回って下さる。


14512
見つめ合うひとりと1匹。
何か訴えかけているサクラに負け


14513
あ、何かもらってる。
ごちそうさまでした~。


14519
部屋に戻ってからは、家で過ごすようにテレビドラマを見たりして過ごす。
お布団の好きなサクラのために早々に布団を敷くと
私達がテレビを見ているそばで、うつらうつら寝ているサクラ。

寝顔を見ていると、本当に愛おしくて愛おしくて、ふと寂しいことを考えてしまう。
犬の寿命はわずか15年前後。
サクラが私達の家族になってから、もう6年の年月が過ぎたので
これからは少しでも元気に長生きするように、母とサクラと競争だねといつも笑いながら話している。

少なくてもあと10年はこうして一緒に過ごしてほしい。
あと10年、たくさん楽しい思い出を作ろうねと、体を撫でてやりながらサクラの寝顔を見て思う。

10/15(水) 1日目
14505
ホテルの前へタクシーが到着すると、中から出迎えて下さって
ワンコの足を拭くタオルの場所など説明があった。
アットホームな第一印象のホテル。


14490
チェックインを済ませて部屋へ。
古い国民宿舎だけど、掃除が丁寧に行き届いていることに母も感心していた。
気持ちよく過ごせそう。


14491
窓からの眺め。


14492
お茶菓子を頂いてまったり~* 母との旅行は、疲れる前に休憩が必要。
娘との歩く旅とは大違いなのだ(笑)


14493
サクラも慣れない初めての場所だけど、母とおばちゃん(=私)がいればどこにいても安心なのだと母が言う。


14494
母が横になれば、サクラも横になり


14497
いつもと同じように夕方の散歩。


14496
ホテルの方も自転車で看板犬のT●Y君と散歩されていた。
この湾は地形的に守られていて穏やかなので、先日の台風の時もたくさんの舟がこちらに避難してき来たそう。
その穏やかなところに目をつけたのがマグロの養殖で有名な近畿大学の水産研究所だと説明して下さった。


14499
こちらがその看板犬T●Y君。


14498
ホテルのすぐそばに小さなドッグランがあって、その横の小屋と言うより、物置が彼の住まいのよう。
電気のない真っ暗な場所だったので、ちょっと可哀想に思えたけど、室外犬ってそんなものかな?


14500
ボール遊びも出来たし、いつもと違う散歩コースで、サクラにとっても良い刺激になっていたらいいなぁ。

↑このページのトップヘ