ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2014年04月

4/16(水) 3日目

突然の雷雨の中、タクシーで宿泊ホテルまで帰って来て
翌日する予定だったショッピングをこの日に変更。
今回の旅行はオプショナルもつけていないし、気の赴くままに自由で本当に快適だった。


12662
ホテルのすぐ近くにあったスリアKLCCというショッピングセンター。(画像は夜に撮ったもの)
ペトロナス・ツインタワーの地上から5階までを占め、一流ブランドからスーパーマーケットまで
ジャンルが幅広い
--そう。


12651
広い!
各階を端から端まで歩いたわけではなかったけど、ちなみにこの日歩いた総時間は2時間29分
前日のマラッカの日が3時間31分だった。


12652
海外へ行くとスーパーマーケットは外せない。


12653
日本とさほど変わらないかと思わせておいて


12654
このバナナの陳列は日本じゃ私は見たことがない^m^


12655
スーパーに入ったとたん、じゃ、別行動ね♪ と言って分かれた娘が、色々と写真を撮ってくれていた。


12656
とにかく「並べる」


12657
並べる


12658
ひと通り写真を撮り終わると娘は、すぐ隣のSEPHORAへ行ってるから、ゆっくり来てね~*と去って行った。
そのお店は彼女の聖地らしい。

こちらの店内の画像が一枚もないところが
いかに買い物に夢中になっていたかを物語るかな。


12663
その頃私は OLD TOWN の WHITE COFFEE というのが美味しいという情報が気になって
探すのに夢中になり、どれを買おうかとルンルンしていた♪ スーパーは私の聖地なり❤

ホワイトコーヒーという不思議な名前は
>コーヒーといえば黒(ブラック)をイメージしますが、その対比したホワイトの名前は、
>コーヒーを焙煎する際にマーガリンやパームオイルなどを加えて作られ、
>そのできあがりは白く特徴的であることから付けられたそうです。--
だそう。

ほろ苦くて、私はとても好きな味。もっと大量買いすれば良かったなーと激しく悔やんでいる。
何と言ってもマレーシア産なので、お土産にもグッド。


12665
台湾産だけど(苦笑)、前に夫と台湾へ行った時に頂いた天仁茗茶のジャスミンティーが美味しかったので
それを思い出して買ってみた。別にマレーシアで買わなくても良いんだけど、見つけた時に買っちゃえ!と。


12664
あと、その台湾へ行く前に烏龍麺が美味しかったですよという情報をもらっていながら
台湾のスーパーでは見つけられなかったのに、ここマレーシアのスーパーで見つけてしまったので即買い。
グルメではないけど独自の味覚を持っている息子(苦笑)が、これは普通に美味しい!!と言って
4個しか買わなかったのに、ひとりで2個食べてしまった。


12660
私も娘もお互いに探していたものが見つかって満足。
カフェインを補給したいねと言うことで見渡していると、The Coffee Bean & Tea Leaf が目に入った。


12659
こんなふうに、各階同じ場所にだいたいカフェが入ってたかな。


12666
WiFiをお借りするべく、娘がパスワードを教えてもらってきた。
この日、初めてネットがつながって(マンダリンホテルは有料)、しばらくネットとお茶で休憩。

4/16(水) 3日目
ホテルに荷物を置いて、この日はオールドタウン周辺を散策♪
ガイドブックのモデルルートを参考に出かけてみることにする。

その地を調べ尽くしている記者さんが立てられたプランだから、信頼してイイよね~と出かけたものの
いきなりランチからスタートしたり、予定になかった雷雨が降ったりで
モデルルートはバラバラに崩れてしまったけど、予定にないことも旅の醍醐味で楽しかった。


12613
まずはホテルから3分ほどのKLCC駅から


12631
LRTという電車に乗ってみる。


12632
KLセントラル駅で下車。
ボランティアで観光案内をしているという男性がタイミングを測ったように通りかかり

私達が行こうとしていたイスラム美術館の場所を教えて下さった。
そしてその後に行く予定にしていた国立モスクの見学は
今からだと15時~16時だと教えて下さったのが何より有り難い情報で感謝!


12593
イスラム美術館に到着。


12592
実は美術鑑賞が目当てではなく、中のレストランでランチを食べるために訪れた^^;


12614
ミュージアム・レストラン&カフェ。
ゴージャスな内装は、ウズベキスタンのイスラムアートを取り入れたもの--らしい。


12638
ガラス張りの向こう側には、本当はこんな素敵な庭があったらしいのだけど
残念ながらこの時は何やら工事中。(画像は拝借)


12633
ガイドブックによると、洗練された雰囲気のなか、マレーとアラビアを融合した料理が楽しめる--とある。
ランチタイムにはRM49(約1500円)でセットメニューがあったので、そちらにしてみた。

前菜、スープ、サラダ、デザートはビュッフェ形式。


12635
他にメイン料理があるので、前菜は控えめに。
さて、これを正式にはどのようにして食べるんだろう(・・?
ナンをちぎり、その上に前菜を乗せて頂いてみたけど
とにかくマレー料理もアラビア料理も食べたことがないもんで^^;


12636
娘のメイン料理。ナスとトマトの入ったシチューのような?


12637
私のは白身魚のフリッター。
初めの2口~3口までは美味しい!と感じたものの、途中から少し味付けが濃く感じ始めて・・

黄色いのはサフランライス・・で合ってるのかな?
わからないことはその場で聞けばよいものの・・コミュニケーション能力のない私は聞けずに
こうやってブログを書きながら色々調べるのも楽しい時間ではあるのだけど。

食事の後、15時過ぎには国立モスクへ到着しておきたかったので
美術鑑賞をする時間はなかったけど、美術館のショップに少し立ち寄り


12640_large
そして国立モスクへ。傘のようなデザインの屋根。


12639
見学は曜日によって異なり、礼拝と礼拝の間だけ可能。
画像中央の看板には OPEN FOR TOURISTS と書かれている。


入口で靴を脱ぎ、肌の露出を避けるためにローブとスカーフを借り、それらを身に着けて入る。
12641
親切に、着せて下さった。


12642
美しい柱。


12644
イスラム教徒以外は礼拝堂には入れない。


12643
イスラム建築は左右対称にレイアウトされているのが特徴なんだって--と娘に教わる。
彼女はモスクの建築が大好きで、本当はすぐにでもドバイへ飛んで行きたいらしい。
建築について、イスラム教について、もっと知識を持って見学すれば、楽しみ方も深かっただろうなと思う。


12645
国立モスクからも見えていた建物はKTM(マレーシア国営鉄道)事務局。


12647
アジアやヨーロッパ各地の建築様式が巧みに融合されている
--らしい。コロニアル建築。


12646
クアラルンプール駅。
ムーア建築といって、トルコ、ムガール帝国、ゴシック、古代ギリシャの影響を受けている白亜の駅舎--らしい。


12648
あるトラベラーが切符を通さずに横手から中に入って行かれたので、私達も真似て入って中を見学。
普通の駅だった(笑)


12649
KLセントラル駅が誕生するまでは、KLのターミナル駅として活躍していた
--そう。

このころから雨が降り始め、お馴染みのスコールかと気楽に構えていたら、かなりの雷雨。
ここが日本なら間違いなく大雨や雷雨注意報か警報が発令されているレベルだよ~~とふたりビクビクする
この母娘は、かなり雷が恐い((+_+))

無謀にも傘をさして駅まで歩きかけたけど、雷が鳴る度に身がすくみ、腰が引け
私は雷音に跳ね上がり、一度は傘を投げてしまって娘に爆笑された。


12650
マレーシアで雷に打たれた日本人母娘・・と新聞に載るのは御免なので
タクシーを拾って宿泊ホテルまで戻る。

オールドタウンでは他にも歩いて回りたいスポットがあったので、後ろ髪を引かれる思いだったけど
明日、時間があったらまた来よう!と、前向きな娘に引っ張られて帰った。

画像はタクシーの中から娘が撮った景色。
この雨の滴を見ると、あの時の光景が色濃く思い出される。


4/16(水) 3日目

娘が仕事の関係で貯めたポイントを利用して、クアラルンプールではグレードの高いホテルに泊まろう!!
と言うので、彼女に託した。
無料で泊まれるなら、どうぞ、どうぞ、お好きなところへ。
できれば泊まったことのないホテルグループでよろしく^m^

で、娘が選んだのはマンダリン・オリエンタル・クアラルンプール。
ふたりともオリエンタルなホテルに気が向いていたので、期待が募るわ~*


12584
マラッカからクアラルンプールまで、バスで約2時間。
乗ったとたん娘は爆睡し始めたので、5分で着いたと言い張る^m^
私は音楽を聴いたり、ハングルの勉強をしたり、途中うとうとしたり、なかなか快適なバスの旅だった。


12585
バスターミナルに到着し、タクシーでホテルまで行くことにする。
タクシーのドライバーは皆さん英語を話され、必ず“From?”と聞かれる。
圧倒的に中国からの観光客が多く、日本人や韓国人はまだ少ないように感じた。


12562
さて、期待が募るマンダリンの建物が見えてきた!歴史を感じる建物。
マンダリン香港が始まりで、現在は13か国に展開しているらしい。


12565
フロント。(画像は翌日の夜に撮ったもの)
担当して下さったRosさんを初め、フロントで接して下さった方、ベルボーイは皆さん感じの良い方で
流石だなと思った。こちらの要求にただ応えるだけでなく、something else をつけて応えて下さる。

気配りのひと言であったり、素敵な笑顔であったり、気の利いた言葉であったり。
これぞ一流のホスピテリティだなぁと感心した。


12586
立ったままチェックインしながら、立ったままウエルカムドリンク^m^
このドリンクは何だったんだろう?聞けばよかったね、娘。
クランベリーティー(茶?)かな? さっぱりとして美味しかった。


12590
まだチェックインの時間ではなかったけど、少し待てば部屋の準備が出来るので
ラウンジでお茶の用意をして下さるって。もてなされてるって感じね~*


12588
色んな国からの旅行者。


12564
ロビー。


12566
エレベーターホール。


12567
いつもは部屋のドアを開けるところからビデオカメラをオンにし
どんな部屋でしょうかー!ジャジャーン!!とドアを開けるところだけど
ベルボーイが同行していたので、再度撮り直し(笑)


12568
好き!こういうオリエンタルな色調。


12580
娘がツインタワーの見える部屋をリクエストしてくれていた。
画像は夜に撮ったものだけど、この近さでツインタワーが見れたのが素晴らしく嬉しかったなー。


12581
夜の0時に灯りが消えていく瞬間を見れたことも楽しかった。
一斉に消えるのではなく、上の方から段階的に消えていった。


12573
振り返って見たところ。


1257112572
ソファとデスク。


1256912570
テレビとベッドサイド。テレビはSHARP製ね、とチェック。
何気にふつうの目ざまし時計が嬉しい。


12591
ところで、画像のこれ↑ 皆さんはどんなふうに使っておられるでしょうか?
荷物を置くには安定が悪いし、椅子にもならないし、洗濯物を干すのに適した素材でもないし・・・

ベルボーイが20kgほどもあるスーツケースをこの上にボーン!と置いた時にはちょっとした驚きだった(゜o゜)
そうやって使うものなんだ!と。
バゲージラックというものらしい。こうやって使えば、スーツケースを床やベッドの上に広げることもないわけだ。
早速そんなふうに使ってみました。


1257812579
デスクの上の文具セット。最近はこういうのを置いてくれてるホテルが増えてきたね。


12574
サニタリールーム。シャワーブースとバスタブ。


1257612577
アメニティ。


12575
部屋への導線。


12587
ホテルの前には噴水広場が。


12583
夜になるとこんなふうにライトアップ。

短い滞在時間の中で、さりげなくも印象的なおもてなしを受けることのできた素敵なホテルだった。
さて、部屋に荷物を置いたら、クアラルンプールの街に出かけます。

4/15(水) 3日目 & 16(木) 4日目

旅先での朝食は、ホテルに限らず楽しみのひとつ。
場所によってはホテルで食べるのが惜しく感じるほど、ローカルの朝ごはんが美味しいお店が
たくさんあったりもするけど。
マレーシアでは2ヶ所のホテルともに朝食がついていたので、ホテルの朝食を楽しむことにします♪

まずはマラッカの宿 ハッテン・ホテルの朝食から--


12541
朝6時に起きて、7時にレストランへ。旅先での朝は早いのです。


12540
多国籍な国だけあって、食事のメニューも種類が豊富!
とは言え、朝から中華やマレー料理には手が出ず


12542
結局、洋食にいっちゃうんだけど^^;  大好きなパン。
最近の日常では朝のパンを控えているから、旅先では気にせず食べるのだ!!


12543
ビュッフェでフルーツ丸ごとって、日本じゃめずらしくない(・・? 

海外のビュッフェに来ると、外国の人の朝ごはんが興味深くて目が行く、何気にね^m^
バナナを2~3本持って行く人。
いろんな種類のパンがあるのに、薄目の食パンをお皿に5~6枚乗せている人。
なるべく色んな種類のものをとか、1日30品目!とか意識するのは日本人特有なのかな~なんて。


12544
私の。


12545
娘の。卵料理は欠かさない人。

と、満足な朝食だったのですが
この日移動したクアラルンプールのホテルの朝食がナイス過ぎて
マラッカの朝食の印象が薄れてしまい、今、画像を見て思い出したと言う...sorry...


続いて、クアラルンプール マンダリン・オリエンタル・ホテルの朝食

12546
レストラン MOSAIC


12547
スイーツコーナー


12548
ヨーグルトコーナー


12551
ブレッドコーナー


1255212550
スペースに余裕のある盛り付け方がナイス。


12553
野菜とドレッシング


12554
宿泊出張に慣れたビジネスマンが目立つ早朝のレストラン。
後で知ったのだけど、すぐ近くにコンベンションセンターがあるのでビジネスで滞在される人も多いみたい。
リゾートのホテルとは違って落ち着いた雰囲気。


12557
フルーツとジュース。
やっぱりこちらでもフルーツは丸ごと?


1255812559

1256012561
私はちょっとずつ色々食べたい^m^


12555
私の1皿目


12556
娘の1皿目。
スムージー、日本食コーナーの茶碗蒸し、どれも美味しかったそう。
他にも色々とお代わりして、幸せな朝食でした~*
本当はもう少し時間をかけてコーヒーのお代わりもしたかったけど
この後、急いで行かなければならない場所があったので、お代わりはお預けにして席を立ちます==3
あー、また食べたいなー、あの朝食(*^。^*)

4/15(火) 2地目
マジェスティックホテルでハイティーを楽しんだ後、街歩きと観光をしながら戻ってくる予定だったけど
突然のスコールがやみそうにないのでタクシーで戻って来た。
ショッピングセンターで少しウィンドウショッピングをし、さてどうしようか・・

①案 ホテルの部屋に戻って、チェックインの時にもらっていたラウンジでのフリードリンクを飲みながら
    マラッカ海峡に沈む夕陽を見る。

②案 一度ホテルに戻った後で再び出かけるパワーに自信がないので、このままチャイナタウンへ食事に行く。


12502
娘としばし迷いながら歩いていると、目の前にこんなタワーが。
そうだ!マラッカタワーに昇って夕陽を見よう!!


12503
チケットを購入。


12504
ここで次の番を待つ。


12536
(画像はマラッカタワーのサイトより拝借)
こんな形をした展望台に乗り、陽が沈む方向の席を選んだけれど
展望台は頂上からゆっくりと360度回転しながら下降していくので、席を選ばなくても大丈夫。


12506
この日は雲がかかっていて、残念ながら真っ赤な夕陽は拝めなかった。


12507
画像の中央に写っているのがカーサ・デ・リオ・マラッカ・ホテル。
中は訪れなかったけど、マラッカ川沿いにあって外観の可愛さが目を引いてたなぁ。


12508
私達が宿泊していたハッテン・ホテルと、その左右にあるショッピングモール。
買い物の便は非常に良く、オランダ広場からも歩いて10分ほど
しかもショピングモールの中を通って行けば、暑さや雨もしのげるという立地が最高のホテルだった。


12537
左の大きな建物が、そのハッテン・ホテル。
中央の三角屋根が可愛いホテルがマコタホテル。
右の建物がホリデイ・イン。
上から見ると、位置関係がわかりやすい。


12509
そのホリディ・インの近くに見える統一された建物は何なんだろう?
この辺りから海峡近くまで歩いてみても良かったなぁ、と今頃になって思う^^;


12533_large
タワーが地上に着く頃には陽も落ちて夕暮れに。


12510
お昼に行ったチャイナタウンのジオグラファー・カフェへ向かう途中
リバークルーズに乗ってみたい!と娘が思いつく。


1251112512
ここまで来れば出来ることを全部やりたいしね!ということで、チケット売り場へ急ぐ。
大人RM15(約500円)


12513
40人乗りのこんな船に乗り込んで出発!


12515
船内の雰囲気。私達はここで初めて日本人のカップルに遭遇した。
旅慣れた感じの若いカップルだからマラッカに泊まっていたことが頷ける。
殆どの人はKLなどからの日帰りツアーなのかなぁ。


12514
展望台からの眺めを楽しんだ後は、船からマラッカ川の両岸のライトアップされた眺めを堪能できて
マラッカに泊まって良かったねと娘と満足。マラッカにお泊りされることを是非お勧め。


12516
この橋はハイティーで行ったマジェスティックホテルのすぐ近く。


12538
ミニ遊園地みたいなところもあるんだ♪ と新たな発見。

リバークルーズは途中でUターンし、40分ほど乗っているので最後の方はちょっと退屈気味だったけど^^;
かなりのんびりできて、夜のリバークルーズも幻想的な雰囲気でなかなか良かった。


12534
船から降り、ジオグラファー・カフェへ向かう途中、目の前を歩く素敵なカップル。
歩く道順、向かったお店も同じだった^m^


12535
遅い夕食を軽く取って、ホテルへ戻る。
お風呂に入り、娘はパックをしたりしてのんびりくつろぎ、マラッカの夜におやすみしたのは0時頃。

翌朝クアラルンプールへ移動するのも自分達の気の向くままなので、時間に制約されることもなく
個人旅行の自由さを満喫中でありました。

4/15(火) 2日目
フランス菓子やドイツ菓子などを本場で食べたことがないので、1番!とは言い切れないけど
ケーキやお菓子は日本のが最高(=口に合ってる)と思ってる。

と思いながらも外国でアフタヌーンティーをする魅力は、私達のようにバタバタと動き回る旅人が
優雅な場所で腰を落ち着けて、お茶をしながら旅の途中経過を楽しめること。
サンドウィッチなどの軽食から始まり、スコーン~スイーツへとゆったりと時間が流れていく。

と、なんだかんだと格好をつけても、呑兵衛がその国の地ビールや地酒を呑みたいように
スイーツ好きがその国の絶品スイーツを食べたいだけだったりするかな^^;


12485
マラッカでのハイティーの場所に選んだのは、ザ・マジェスティック ホテル。
ある方のサイトでは、5星を越え、推定6星ホテルにランク入りさせたい、オトナのための超高級ホテル」とある。
タクシーが到着した其処は、こじんまりとしたコロニアル調のホテル。


12486
背面の建物が客室棟。


12490
ロビー。もともとは富豪の邸宅だったと知ると頷ける雰囲気。
ハイティーはカフェテリアかレストランでと思いきや、こちらではロビーラウンジで振る舞われるよう。


12491
エントランスから入ってすぐ右のところにバーが。


12500
その脇のふたり用のテーブルに案内された。


12487
テーブル横の窓からの眺め。


12492
>この空間で提供されるアフタヌーンティはニョニャ料理が含まれたオリジナルスタイル。
>3段のトレーに並ぶのは、サンドイッチや、タルト、色鮮やかなニョニャクエ。
>そしてニョニャ料理の代名詞でもあるパイティー(※メニューは変わります)など。
マレーシア政府観光局のサイトより引用

それで納得!画像の左の方に写っている春巻きのような揚げ物は、明らかに“おかず“だったのよ。


12499
伝統的な3段のティースタンド。少し傾いていたのはご愛嬌かな^m^
2段目のトレーの和菓子のようなお菓子はニョニャ・スイーツと呼ばれるローカル菓子だそう。
ちょっと癖があって、娘にはハードルが高かった^^;
スイーツを食べる時、口をつける前にちょっとドキドキしたのは初めてだけど(笑)
お国柄がよく表れたハイティーは楽しかった。


12501
ホテルの前にはマラッカ川。

4/15(火) 2日目
30分間のトライショーで名所をいくつか回ってもらった時、マラッカのチャイナタウンが楽しそうで
写真を撮りながらもう一度歩きたいねと、娘と一致。

ジョンカー・ストリートと呼ばれる一番メインの通りから歩いてみる♪
今回の旅行は娘がカメラ担当で、私はビデオ担当。


12452
赤い建物は老舗のチキンライスのレストランで、マラッカらしい中庭が見れるそう。
画像に映っている人はバックパッカーかな?カメラを触りながらさっそうと。


12453
奥行きのあるレストラン。夜に通りかかったとき、奥の方の提灯にも灯りが灯って雰囲気よさ気だった。


12454
後で知ったのだけど、トイレやベンチもあって、観光客も休憩ができる公園のよう。
画像の中央の銅像は、マレーシアのボディービルダーの父と呼ばれている人とか。


12471
娘と写真を撮り合っていたら、突如フレーム内に飛び込んで来たノリの良い男性。


12457
モスクで見かけた美しすぎるレディ。



12460
ハーモニーストリートには、ヒンドゥー、イスラム、仏教の各寺院があって
3大宗教の寺院が仲よく並んでいることから、ハーモニー(=調和)の名がつく--そう。


12476

12456
何気ない街の風景


12458

12459

12480_large


1248312484
南国の花を見かけると、私も写真が撮りたくてスマホで撮影。


12461

12465
アップで見ると


12474
こんな絵


12466
美味しそうだな、このお店。


12475
オランウータン・ハウス。
国内はもとより、フランス、イギリス、香港など海外でもエキシビジョンを開催するアーティスト、
チャールズ氏が開くショップだそう。Tシャツなどが販売されているらしい。
入らなかったことを悔やむ。


12481

12462

12463

12464


12477
こんなフォトジェニックな光景がたくさんで、私も娘もカメラに夢中になりながら歩いたエリア。


12473
そんな娘をスマホで撮った一枚は私のお気に入り❤

4/15(火) 2日目

いつも旅行の楽しみは食べることが半分を占めている私。
なに食べよう~?から始まって、いろいろとリサーチするところから楽しみは始まる。

多民族国家のマレーシアでは、マレー料理、中華料理、インド料理、ニョニャ料理(中華×マレー)が
4大料理と言われるらしい。
いつもは食べたいものが多過ぎて旅行日数が足りないのに
今回はガイドブックをぺらぺらしてみても、気持ちが動くものが少ないというめずらしい状況だった。


12442
トライショーから降りて昼食を食べに行った“海南鶏飯”。
5分ほど待って入店できたけど、私達が食べ終わる頃には列が長くなっていた。


12451
店内の雰囲気。


12441
スチームした鶏肉のぶつ切り、鶏ダシで炊いたご飯と食べるシンプルな料理--とある。


12427
チキンライス(ライスボール)と蒸し鶏。殆どの人がこれを食べていた。
特性の生姜ダレかチリソースをつけて食べる--とあるけど、このままでも美味しかった。

卓上に置かれているソースの瓶に虫が止まっていたりして、衛生上??な感じで手が出なかった
←毎度へっぽこな旅人(^_^;)
ライスボールのごはんは柔らかく、ダシの味が染み込んでいる。

マレーシアらしい食の1品が食べられて満足なランチだった。
お店を後にするとすぐに目に飛び込んできたのが


1242912430
茶の道と日本語で書かれた看板。
注文の仕方が書かれている説明も完璧な日本語なので、日本人オーナーかな?と娘。


12428
食後に何か飲みたい気分だったので、タピオカドリンクに賛成。


12431
タピオカミルクティーを飲みながら、チャイナタウンを歩いた。
美味しかった、そして楽しい時間だったなぁ。


一度ホテルに戻って休憩し、ザ マジェスティック マラッカ ホテルへハイティーを楽しみに出かけた。
ハイティーについては、また改めて記事にしたいと思います。


12436
お買いものと夜景とリバークルーズを楽しんで、この日最後の食事に。

上の写真はチャンスがあれば行ってみたかったカフェ。カランセ・アート・カフェ。
国内13州原産のコーヒー豆が揃うらしい。スイーツも絶品とあったけど
残念ながらチャンスがなかったので、写真だけ。雰囲気のあるカフェだった。


12449
お昼、歩いている時から気になっていたジオグラファー・カフェ。
100年前の建物を利用しているそう。


12450
お昼の雰囲気


12437
夜の雰囲気も良かった!夕食はこちらでと決めていたので再訪。


12446
オープンカフェで、賑わっていた。
賑わっていたせいか、お料理が出てくるまでに時間がかかったけど、マレーシアタイムだったのかな。

旅先では日本基準を忘れないといけないと思うことが度々ある。それは待ち時間と物価。
日本円に換算して、安い!と勘違いして失敗してしまうことも^^;


12445
私達の座った席からの眺め。


1243412435
ハイティーの後でそれほどお腹がすいていなかったので、夜は軽めに野菜とフレンチフライ。
全然、マラッカらしい料理じゃなかったね^^;


12440
娘と写真を撮り合っていたら、隣のテーブルにいた欧米からの可愛い女性が写真を撮って下さった。
日本語がお上手だったなぁ。
今回に限らず、旅行中はいろんな人に写真を撮りましょうか?と声をかけて頂く。
日本人はあまり自主的に声をかけられないので見習いたいけど、なかなかね^^;

お酒を1杯ずつ頼んで娘と乾杯♪ マラッカの夜。

+

こんなことをしていた時、めずらしく息子の方からラインが。(日本との時差は1時間)
夫と息子はこの夜、お寿司~焼肉~TSU●AYA というコースを楽しんでいたらしい。
留守番組も楽しんでくれていてよかった(^^)

4/15(火)
12407
ホテルに荷物を置いて、とりあえずマラッカの街に飛び出してみた。
ホテルの前の道をはさんでメガモールというショッピングセンターがあったけど
後で時間があったらね・・と、娘の手を引いて通り過ぎる。


12416
知ったかぶりで書いているけど、そもそもマラッカという街のことをよく知らなかった私^^;

1400年にマラッカ王国が誕生し繁栄した後、400年以上の間にポルトガル、オランダ、イギリスと
ヨーロッパの列強国に支配され、独特の文化を形成した古都・マラッカ。

街にはヨーロッパの影響を受けた街並みと、地元マレーとの融合で出来上がった特有の文化を
見ることができます。2008年7月には、ペナン島・ジョージタウンと共に
マレーシアでは初のUNESCO世界文化遺産に登録されました。
 だそうです。


12410
街の建物にはオランダ様式、中国様式、英国様式などがあって
そう思って建造物を見ながら歩くと、すごく興味深い。


12408
海洋博物館。
マラッカから奪った宝物を積んだまま、マラッカ海峡で沈没したというポルトガルの大型帆船を復元した博物館


12409
オランダ広場にあるキリスト教会。オランダ時代に建てられた教会だそう。


12415
色とりどりの花などで飾られているトライショーが、オランダのイメージとマッチして綺麗だな~*


12411
マラッカ川。
この川を橋で渡ると、プラナカン文化が息づく多民族文化エリア--だそう。


12423
チャイナタウンも含め、ここから奥の地域が私も娘も一番気に入って、カメラに夢中になりながら歩いた。
記事は後ほど。


12412
橋の上から写真を撮っていると、船から手を振る人達。
色んな国から、同じ時に、同じ地を旅して、同じ船に乗っているって、すごいよね。


12413
街歩きをしていて一度だけヒヤッとする思いをした。
夜、この公園横を歩いてホテルに帰る途中、公園内から現れ、私達の横を並行して着いて歩いて来る
ひとりの男性がいた。私も娘もそのことに気づいていたので足早に歩き
すぐ前にカップルが1組いたので救われ、その男性は途中でいなくなったけど
もしやひったくり目当てだったのかも。
公園横を歩いたのは油断だったな・・

明るい時間帯だったけど、地元の市場のようなところを通りかかった時、娘が「恐い」と敬遠したので
私としては残念だったけど行かなかった。夫とだったら行ってただろうな・・
でも、娘が意外に「恐さ」に対して敏感だったので安心した。
友達と(韓国ならひとりで)海外へ行く機会の多い娘が、これくらい恐さを警戒している方が
親としては安心だと思った。

12389
マレーシアを走る車はきれいで、交通マナーも良好な方だったと思う。


12390
空港からマラッカセントラルまでのバスは2時間でRM24.40(2人分に換算しても1600円)は安かった。
タクシーだとRM180~200(5940~6600円)するらしい。 【1RM=約33円】


12392
マラッカセントラルからホテルまではタクシーで。RM20だから約660円。
タクシーはメーター制と交渉制のタクシーがあるらしく
上の画像にちらと写っている青いボディの車がメーター制。


12395
赤と白のボディのタクシーが料金交渉制。うまく交渉できれば交渉制の方が安いだろうけど
相場がわからないし交渉力のない私達は、安心できるメーター制のタクシーを選んで利用していた。


12406
マラッカでの乗り物と言えばやはりこれ!! トライショー~*
画像は私達が乗っていた自転車タクシー。

それほど日本人観光客が多い街ではないのに、キティちゃんが大流行。
他にも色んな飾りつけのトライショーが街中をファンキーに行き交っていて楽しすぎる♪


12448
全く土地勘がなかったので、だいたいどんな街並みなのかをつかむために初めに乗ってみよう!と
30分RM30(約1000円)で交渉。
本当はもっと安く交渉できたかもしれないけど、自分達で値段に納得できていたら良いよね!ということで。

乗って正解だった。
行くかどうするか決めていなかったチャイナタウンがすごく面白そうだということがわかって。


12404
チャイナタウンを歩いているときに、レンタサイクルを見つけた。
いま思ったら、使ってみる手もあったね、娘。
そうしたらママが最後まで後ろ髪をひかれていたインド人街もこれで走り抜けられたかも。


12405
気に入ってる写真の1枚。いつかこんなふうに自転車でも観光してみたい。


12400
あと、夜はロマンチックなマラッカ川を、リバークルーズで揺られた。
ひとりRM15(約500円)。
お昼にタクシーでアフタヌーンティーに訪れたホテルのほとりを通ったとき
すでにあの時間が懐かしいね~って気分。

マラッカ観光はクアラルンプールから日帰り観光で訪れる人が多いらしいけど
1泊すれば、マラッカ海峡に沈む夕陽も見られるし、こんな過ごし方が出来て大満足。


12401
夜のネオンギラギラのトライショーも見れたしね(^^)


12397
クアラルンプールではLRTやモノレールが発達していて、一度だけ乗った。


12468
初めての乗り物に乗る時は、チケットの買い方に少しとまどう^^;
マレーシアでもチケットは切符ではなく、コイン式のトークン。
日本の切符が進んでいるのか、遅れているのか疑問なところ。


12469

12470

12396
3日目、クアラルンプールに到着してフロントで対応して下さったのは、可愛くて感じのよいRosさん。
帰りは空港までどうやって行くか?と聞いて下さった。

LCCの空港でなければバスなどの手段もあるけど、LCC専用の空港までは交通の便が悪く
帰りのタクシーの手配もお願いしておいた。RM160(約5280円)。
ホテルの手配だと少し割高だったかもしれないけど
これで(ツアー並みに)帰りの交通の心配もなく気分がラクになったからよかったと娘と納得。

上の画像のタクシーが、最後に空港まで運んでくれた。
並行してメーターも上げておられたけど、降りる時には確かRM130~140くらいを示していて
高速代もかかっていたから、先払いしてきたRM160は妥当だったと思う。

↑このページのトップヘ