ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2013年10月

10/21(月)
夜のウォーキング with 息子。
真剣ウォーキングの時と、散策を兼ねたウォーキングの時があって
散策の時は知らない道を歩いたりするので、距離も時間も長い。

この日は夙川から北に上がり、西にくねくね歩いて行き、恐ろしい坂道を上ると
突然眼下に夜景が広がった瞬間は感動だった。

細い坂道を下って来て、あら、こんなところに出て来たわと
見慣れた風景が目に飛び込んでくる新しい発見も楽しい。

でもそろそろウォーキングには寒い季節がやってくる。
ウォーキングってすぐには体が暖まらないから、冬場は続けられるだろうか。
続いていたら何かご褒美くれる?と息子に聞くと、肩もみ&腰マッサージ倍増と約束してくれた(*^^)v


10/22(火)
仕事に行くと、Aさんがとても体調が悪く辛そうだった。
翌日から急遽、半月間の有給休暇。
夢が叶ったお引越しも近いのに大丈夫だろうか…

みんなに迷惑をかけるからと、仕事を辞めることを考えておられるけど
辞められることが一番迷惑だ、しっかり治してまた戻って来るようにとリーダーに言われていた。

一回りちょっと年上のAさんだけど、君は僕の友達だからと
いつも友達のような感覚で色んなお話をして下さる。
困ったことに、私はAさんの秘密の話もたくさん聞かされている(苦笑)

あと1時間ほどでその日の勤務が終わろうかという時間帯(20時)、職場に電話してみた。
電話のせいかAさんは元気そうな声だったけど

倒れてないかと思って電話しました、と言うと
大丈夫だよ、ありがとねと、いつもの関東弁のイントネーションでおっしゃった。



10/23(水)
久々に家業の手伝いに精を出した。
その合間のネットサーフィンも楽しい(^_-)

10/19(土)のこと
11235
この翌日は京都の宇治で大会物販だったので、夕刻から準備に向かう。
珍しいことに息子が手伝うと言ってくれたので、3人で同行。


11232
準備はさくさくと進み、夜はお楽しみ会。
ホテルにチェックインし、近くの焼肉屋さんへ。
私の誕生日だったので乾杯してくれた。

順番にお風呂に入り、夫は早々と就寝。
息子はスマホをさわり、私は勉強したりスマホをしたり
出張の夜も家にいるように過ぎて行く。


10/20(日)
11233
翌朝のホテルのバイキング朝食。
昼食は、各自で選んだコンビニフード。


11234
仕事を終えて地元近くまで帰って来て、夫と息子リクエストの王将。
お得なセット。これだけ食べて3,000円弱だったかな。
記憶がないほど久しぶりに王将で食べた息子が感激していた。
好みはあれど、やっぱり王将の味は庶民の口に合ってるみたい。

あー、しかし喰った喰った!という感じで締めくくった。
京都出張ならしっとりと湯豆腐、和定食なんて思い描いてたけど(私の誕生日だしね)
男連中と行けば焼肉!王将!だから、まったく。


出張記事を書くつもりが、まさかの食べたもの記事^m^
ひと言だけ覚え書。

物販の成果は過去最高だったので、結果的には息子が手伝ってくれて大助かりだった。
途中からTシャツ担当になっていたり、後片づけでたくさんの道衣をたたんでくれたり、荷物を運んでくれたり
アルバイト代を払うつもりだったのに、宿泊代がかかってるからイイヨと言ってくれた。
またよろしく頼むね!

11231
10/18(金)のこと

勤続10年のお祝いを頂いた。
記念になるもの買いやぁと家族に言われ

アクセサリーとか? あ、めがねも新調したかったけど、消耗品だしなぁとか
いろいろ楽しんで迷っております。

しっかし10年勤めたなんて、我ながらちょっと驚いた(゜o゜)
数人のおじ様方が入れ替わり、中には病気でお亡くなりになった方も2人いらっしゃる。

初めは、おじ様方を相手に女の人は私だけ?!とギョッとしたけど
ひとりのお陰で、そして一回り~二回りも諸先輩の男性ばかりなので
50歳を過ぎていても若い、キレイとちやほやされ
何かとお勉強になるお話を聞かせて頂き

時間内で仕事が終われば、余った時間は何をしていても構わないし
こんなに甘やかされてて良かろうかと思いつつ

勤務時間が短いのでお給料は雀の涙ほどだけど
おばちゃんのお小遣いとして不足はない。

この先、お孫ちゃんなんかが出来たとしたら
可愛い洋服やおもちゃのひとつでも買ってあげられるし

今はせっせと貯めて気兼ねなく旅行に行かせてもらっている。
有り難や。

今でも思い出すのは、初出勤の雨の日のこと。
私にとって15年ぶりの緊張の社会復帰の日だった。
次は勤続15年を目標に、私にとって大事にしたい職場である。

10/17(木)のこと
11221
会社からの定期検診で、大阪の淀屋橋まで出かけた帰り
堂島にこの夏オープンしたボガーツカフェへ行ってみた。
ウォーキングをかねて、てくてく御堂筋~四ツ橋筋界隈を歩くのも楽しい♪

ビジネスマンやオフィスレディが買いに来るお弁当屋さんが出ていたり
夜はお酒メインのお店も昼間はランチをしていたり
何だかおもしろそうなお店がいくつもあった。


11222
スマホのナビを頼りにボガーツカフェに到着。


11225
入口でオーダーと支払いをしてからテーブルに着く。
あえてハワイのボガーツと同じシステム(・・?
だからオーダーするものが決まっていないと、ちょっと焦るかも。


11227
私はコレって決めてましたけどね(*^。^*)
そうそう、アサイーボウルのフルーツの量もハワイで食べたものと同じでした。
料金は950円と日本価格。仕方ないね^^;


11230
こちらが本家のアサイーボウル。


11223
着席した席からの眺め。


11226
目の前には堂島川が流れていて、気候の良い時にはテラス席も気持ちよさそう~


11228
少しゆっくりしたかったので、コーヒーを追加オーダーしてハングルのお勉強。
アサイーボウル食べたよ♪ と娘にライン。今度は連れて来てあげよう。


11229
梅田までまたテクテク。
丸ビルって、こんなにツタが絡まっていたっけ(・・?
久しぶりの大阪散策。ひとり行動だったけど、なんかすごく楽しかったなー。

10/15(火)のこと
仕事の帰り、3度目の脱毛へ。
3度目になるともう殆ど目立たなくなっている。

前回の時にこちらのクリニックで「まつげ美容液」を購入した。
私はビューラーもしなければ、マスカラもアイラインもつけない。
アイシャドーだけは本当に稀に気が向いた時だけつける。

髪も多いし、眉も濃いのに、なぜかまつ毛はそれほど長くもなければ濃くもない(笑)
まつげが伸びる美容液って本当?と興味津々。

結果、何だか伸びたような気がするし、濃くなったような気がする。
そして片方の目尻のまつ毛が数本、いやみっぽくカールまでしてしまった(゜o゜)
娘には、“ビューラー、失敗したのかと思った”と言われたほど(笑)
形状記憶してしまったようにずっとそのまんまで、私はまつ毛まで癖毛だったのか^^;

この美容液は新しく生え変わるまつ毛に作用するので、今、生えてるまつ毛が伸びるわけではない。
そしてまつ毛も生え変わるので、美容液を使わなくなれば当然いつまでも長いままではない。
今は毎晩使っているけど、その内、2~3日に1回の使用に。
そして多分ずぼらな私は、こんなものなのねとわかれば、その内使わなくなると思う。

いま興味があるのは、爪の美容液。
日頃マニキュアはつけないけど、爪の老化(縦に入った筋)が気になる今日この頃。
その内、試してみる予定。

でも何でこの歳になって急にこんなことに興味が湧いて来たのか、自分でも本当に不思議。
多分だけど、下降をたどるこの年齢になったからこそ、下降を食い止め
奇跡的にちょっとでも上昇気流に乗る『変化』が楽しくなってきたのかもしれない。

ダイエットの効果もしかり。伸びるまつ毛。美しくなる爪。
(肌への興味にはまだ至っていない。)
細かった体、瞼が下がっていない大きな目、健康的な爪
若かった頃には努力などしなくても持っていたものだから、全く関心がなかった。
そして私はそれを維持する努力をしてこなかったし
時の流れとともに自然体でいることに満足していた。
特にそのことに悔いはないのだけど。

今はその回復力や変化を楽しんで遊んでいるとしか思えない。
どうなん、この遊びってね?!

10/12(土)
旅行から帰った次の日、朝から仕事がないことを幸いに
午前中はゆっくりと家事をし
夕刻から西宮の体育館へ、翌日の物販の準備へ。


10/13(日)
午前中、夫は空手教室の練習へ。
今回の大会は小規模だったので、午前中は私ひとりに任されることになった。
夫もなるべく教室の指導に穴を空けたくないので。

電車とタクシーで会場入り。
体育館の事務所の方に、“今日一日よろしくお願いします”とご挨拶すると
皆さん気持ちよく挨拶を返して下さるのが嬉しい。


10/14(月)
11217
ショップ勤務。
息子がスクール帰りにやって来た。
彼がやって来た目的は、ショップのすぐ近くにあるスパゲティ専門店 tavuki でランチを食べること。


11218
レトロ感たっぷりの店内。
6人ほどしか座れないカウンターと、2人掛けのテーブルが2つの小さなお店で
順番待ちの人が並んでいる。

店主さんは60歳代くらいの男性で、手際良くひとりで切り盛りされていた。
色んな種類のスパゲティを同時進行で調理されるのはお見事でした。


11219
私の醤油あさりスパゲティ


11220
息子のクリームベーコンスパゲティ

私は熱いものは熱い間に食べたい人なので
麺類、パスタ類はたいてい息子より食べ終わるのが速いのに
この時ばかりは息子の方が速かった。
美味しかったことを物語っているのでしょう(^u^)

10/11(金) 3日目

南山コル韓屋村からホテルの部屋に戻り、13:50の集合まで時間はたっぷりあるので
ゆっくりパッキングなどする。

朝から散歩して、母はベッドでうとうと~ 
やはり慣れない旅行の疲れもあるのか、よく寝ている。

私はその間、教育番組でハングルのお勉強!と意気込んだけど
すぐに集中力が途切れてしまった^^;

そんなことをして過ごしていると、ちょうど時間もお昼前になっていたので
明洞の街へ最後の食事をしに行こう♪


11206
軽いものがイイと言うので、思いついたのがキンパッとラーメン。
こちらも2度目の再訪となったキムガネ。
前回は持ち帰って食べたけど、今回は出来立てを頂こう♪


11207
お昼時だったけど、並ばずに入店できた。


11208
一番シンプルなラーメン。
日本のラーメン屋さんのラーメンとは違って、インスタントラーメンをお店で食べる感じ。
母はインスタントラーメンにも野菜をたっぷり入れて食べる人なので、ちょっと物足りなかったみたい^^;


11209
キムガネキンパッ。
ラーメンとキンパッをふたりでシェアして、適度なお昼ごはんになりました。
最後も韓国らしいものを食べられて満足、満足。


11210
何だか同じ通りばかり歩いているので、見慣れて来た明洞の街。
母とこうやって明洞を歩くのは最後なんだなーと思うと、一抹の寂しさを感じる。

ホテルの近くまで戻って来ると、度々見かけていたパッピンスの看板。
まだ時間があるし、私もコーヒーが飲みたかったので
最後の最後に食べ納めのパッピンスでもどう?と母に勧める。

適当に入ったので、お店の名前もチェックできず。
現地で働く人たちがお昼休憩に利用されている率が高そうなカフェだった。
お陰で、四苦八苦して韓国語でオーダーする(汗)

コーヒーをオーダーするとサービスのケーキがついて来た♪
初めてのコグマ(さつまいも)ケーキをチョイス。
素朴な美味しさのケーキだった。


11212
ホテルのロビーにお迎えが来て、いつものごとくお土産屋さんに立ち寄ってから金浦空港へ。
娘に報告できるような有名人と遭遇しないかなと、一応あたりをキョロキョロしてみる。

娘はこの前日、自分が搭乗した30分後に大好きなINFINITEが空港に到着し
彼らは台湾へ向けて出発したそう。
ゲートも近かったのにーーって、ニアミスを悔しがってた。


11213
16:55発の大韓航空。関空には18:35到着。


11214
母と5度目、そして最後の韓国旅行。
3度目くらいから、もうこれで最後と自分に言い聞かせていた母。
でも1年近く経つと、また恋しくなって、行く?と促すと満更でもなさそうで
私は母にそのパワーがあることが何より嬉しくて、つい連れて行ってあげたくなった。

この5年間の間に母は手術をする病気に2度かかり、入院もした。
正直、母との海外旅行は、たとえ近い韓国であっても気を張った。
ケガがないように、体調を壊さないように、疲れすぎないように、坂道や階段は歩かせないように
自分が行ってみたいところ、してみたいことは二の次で
こうやって旅行記を書いていても、娘との旅行の時のようなルンルンした記事は殆ど見当たらない。

母有りきの海外旅行が完結したと思うと、安堵感も感じる。
母とは、これからは日本国内を旅行しようと思う。
サクラも一緒だったらなお嬉しいし、来年の目標は決まっている。
国内ならまだ旅行する!と言える母のパワーに感謝。

関空に到着し、入国手続きも終えた。
いつもは母のパスポートは私が預かって持ち帰って行ったけど
数ページにスタンプが押されている母のパスポートを、記念にと手渡した。

+

不思議だなぁ。こうやって写真で見ると、時間が経って夜に向かって行くほど
空が青く明るくなっていく。

何だか私達の時間も重ねて経過して行くほどに、目には暗く見えても、青く明るくなっていくといいな
と、ふと感じてしまった。

さて、次はまたまたあのお国へ。
もう呆れられるかな。

10/11(金) 3日目
11202
3日目の朝は、早く目覚めたら明洞の街をウォーキングしようと思っていた。
6時前に起きると、すでに母はお化粧などしていて、一緒に歩くと言う。

あのあの… 母と歩くペースはウォーキングではなくお散歩ですから(笑)
母なりに速く歩いていたようだけど、案の定、朝のお散歩でした^^; 

朝食はトースト屋さんに向かったら、開店は意外にも7:30からと遅くてまだオープン前。


11193
初めての韓国旅行の時に食べて以来の神仙ソルロンタンに行ってみた。


11203
7時頃の店内はまだ空いている。


11194
待ってる間にキムチをチョキチョキして、カクテキも歯が悪い母の為に小さくチョキチョキ。


11195
ほどなく運ばれてきたソルロンタン。優しいスープの味にほっこり(^o^)

最近わたくし、ダイエットという名の元に白米を控えていたので
旅行中はお粥やソルロンタンで久しぶりにご飯というものを食べ、よけいに身に染みました(笑)

身に沁みすぎて、このあたりまで来ると帰国してから体重計に乗るのが
むしろ楽しみでわくわくしてきた♪
いいのよ~ 2キロくらい増えてても~ どうでもいいのよ~ という心境^m^


11196
珍しくホテルの部屋には戻らずに、そのまま南山コル韓屋村まで散歩。
南山のふもとにあって


11197
入場無料で開放されている韓屋村。


11198
どこからでもソウルタワーが見える。実はまだ一度もソウルタワーには上ったことがないのです。

11204
こんな雰囲気のある韓屋があったり


11205
池があったり、木の実を拾っている人がいたりと、とてものどか。
こんな散歩にぴったりな場所へやって来ると、母はサクラのことを思い出さずにおれない。


1121511216
草鞋や籠作り体験もできるみたい。
昔ながらのおもちゃで遊ぶ大人の姿があったり、現地の学生さんの姿もあったり
ソウルの人達に愛されてる場所なんだなぁと実感した。

ホテルまでゆっくり歩いても15分くらい。
都会の真ん中にこんなのどかな場所があるなんて。
特にお勧めというわけではないけれど、帰国までの数時間
母とはアクティブに動けないので、こんなゆっくりした過ごし方も良かったかな、と思う。

10/10(木) 2日目

部屋で休憩した後はマッサージに行くことに。
コリアスポーツマッサージ。
今年の1月に夫と来たことのあるお店。

母はコリ過ぎて岩のような堅い肩をしているので、しっかり揉みほぐしてもらえるかと。
男性と女性のマッサージ師さんがいらっしゃったので、母は(力のありそうな)男性を希望。
力加減も良く、とても気持ち良かったそう。
私は…ちょっと痛かった。骨の上をゴリゴリされるとさすがにね^^;

それに香港での足マッサージの時の揉み返しで懲りて、しばらくは足マッサージは避けていたのに
母と同じ全身マッサージコースを希望したら当然ついてくる足部分のマッサージ。

足が疲れ過ぎているのか、やっぱり痛くて(冷汗) 
施術中に足が攣るというハプニング(゜o゜)
さすがにすぐに治してもらえたけど
マッサージ中に攣るて… と、しばらくは笑い種になっていた。

でも、まぁ母がスッキリした様子だったので、私の痛さもどこへやら。
術後のサービスのお茶を頂いてると、写真を撮って下さった。
そう言えば壁に飾られたたくさんの写真。
良かったらメッセージも添えて下さいとマジックペンを渡されたので、メッセージを残してきましたとも(^^)v

日本語の上手なスタッフさんに、「母娘」は何と読みますか?と質問されたので
これで「おやこ」と読みます(読ませます)と答えると、勉強になりましたと喜んでもらえた。
漢字まで貪欲にお勉強されていて感心。私もハングルの勉強、がんばらないとなー。


11185
すっきりしたところで夕食♪
と言っても、朝のお粥、昼の焼肉、おやつのトッポッキとパッピンスで、正直あまりお腹はすいていない。
ラーメンとかカルグッス(韓国風うどん)のようなもので…ということで、明洞餃子に再訪。


11190
餃子と名のつくお店だけど、カルグッスでも有名なこちらのお店。
そして韓国の餃子はマンドゥ。メニューは4種類で、すべて8,000Wの前払いシステム。


11187
店内の様子。並ばずに席に着けたけど、ほぼ満席に賑わっていた。


11188
カルグッスと餃子を1人前ずつ頼んで、ふたりでシェア。
隣のテーブルの人達も同じだった(笑)
そしてこちらのお店のキムチは相変わらず辛かったけど、美味しく頂きました。

あーーこの日も食べ歩いた一日だった!
ホテルに戻ってからは、交代でゆっくりお風呂に入り、テレビを観たりして早目に寝た母。

母は昔からあまりよく眠れる方ではなく、夜中に度々トイレに起きたり、眠りが浅かったりする人。
旅行中はよく歩いたせいか、枕が変わったにも関わらず2晩ともよく眠れたと喜んでいた。

娘&息子と少しラインをする。
ふたりで仲良くテレビを観ていたそう。(息子がつきあってあげていたそう)

そして東京出張中の夫からは、「結婚記念日おめでとう」のメールが届いていた。
メールボックスの中で温まっていたメールを受信したのはこの翌日、関空到着後だったけど^m^

もうね、特に何かして祝ったりはしないけど、お互いが健康で、好きなことをして
こうやって過ごせていることが、一番嬉しい結婚生活のあり方かな、なんて思っております。

10/10(水) 2日目
11160
娘が帰って行った午後は、母と私のふたり旅の始まり。
昨年初めて行ったチョンガキムチワールドのキムチ作り体験に、母がもう一度行きたいとのリクエスト
だったので、コネストさんから予約を入れておいた。

キムチを作ることもさながら、作りたてのキムチがとても美味しく、母と私の好みの味のキムチ。


11172
白菜の葉と葉の間に隙間なくヤンニョムを塗りつけていくだけ。
このヤンニョムが秘伝のよう。


11173
日本語が堪能な女性スタッフさんに仕上げのチェックをしてもらって、ハイ出来上がり!
こちらは、作ったその日が一番美味しいのだそう。
私は1週間ほどで食べ切ってしまった(^u^) 
(この数か月、発酵食品として毎晩キムチを食べている)


11174
次はトッポッキ又はチャプチェ作り。
迷わずにトッポッキの方を申し込んでいたけど、昨年と同じで芸がなかった^^;
今年はチャプチェにしても良かったなー。


11165
おやつ代わりのトッポッキが出来上がり。
日本のスーパーで売ってるレトルトトッポッキは、私が作るとなぜか固くなるけど
こちらのは柔らかくて美味しい!

マッコリをざくろ酢で割ったものが用意され、この飲み方も美味しくて気に入ってる。
余談だけど、この夏はお酒を飲むことがとても少なかった。
昨年の夏は夕飯の時に缶酎ハイを飲むのが癖になって、2日に1回は飲んでいたような気がするけど
この夏は2週間に1度くらい、しかもカロリーオフのものを飲む程度だったなー。


11169
今年は仁寺洞を散策することもなく、タクシーで明洞へ移動。
作りたてのキムチを提げたまま、カフェcoinへ行ってみる。


11168
お目当てのものがあることを確認して2階へ。


11175
店内の様子。
クラシックが流れるゆったりとしたカフェで、年齢層も高かったような。


11167
母はパッピンスが大好き❤
パッピンスと言わず、カキ氷やアイスクリームが好きなので
今回の滞在中に是非食べさせてあげたかった。

こちらのは韓国のパッピンスのイメージよりも、日本の抹茶カキ氷という感じだった。
窓際のテーブルで景色を眺めながら、ふたりでつつく。
結構な量で、母もパッピンスに堪能した様子。


11171
ホテルまでゆっくり歩いて帰る途中、街中で躍ってビデオ撮影しているグループに遭遇。
誰なのか、何なのかわからないまま、少しだけ見物して部屋に戻る。

母との旅行の時は、こうやってちょこちょことホテルに戻って部屋で休憩することが必須なので
いつも足回りの良い明洞のホテルばかりだった。

さて、そろそろ娘が日本に到着した頃かな。
部屋に戻ったらラインを送ってみよう。

↑このページのトップヘ