ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2012年03月

3/18(日)
この日はショップ勤務。
大相撲の大阪場所で、相変わらず会場の周辺にはお相撲さんの姿がちらほら。
風呂敷を片手に浴衣&まげ姿の人達と、現代の装いの人達が交差するのを信号待ちの間に見ていると
まるで江戸と現代が交差しているみたいで不思議な空間だったなぁ。

仕事は途中で夫とバトンタッチ。
営業所(=自宅)の留守番も要るので帰って良いと言われ、速やかに従う。
時間が早いのでなんばCITYの中を通ってみると、もう春の街だった。


3/19(月)
8057
夕方息子が部屋でボイトレをすると言うので、歩いてすぐそこのマックで1時間つぶす。
プチパンケーキを食べながら、娘から借りた雑誌を読んでるとあっという間だった。

8060
静かな夕暮れ。


3/20(火)
娘のトルコ旅行の画像、卒業式や謝恩会の画像を見せてもらう。
バイトは残り2回。
就活の間も続けていたバイト。
大学にサークルというものがなかったので、彼女にとってバイト仲間はサークルのような存在だった。
そして接客の良い勉強もさせてもらった。


3/21(水)
3月も半ばを過ぎたから、いつまでも黒いロングコートじゃなぁ・・と思い
白っぽいハーフコートを着て仕事に出かけたら思いの他寒くてやせ我慢(>_<)
やっぱり黒のロングでいいや、と思った日。
今年はいつまでも寒いね。

もうひとつの3/17(土)
8022
卒業の季節になると、どこかから漂ってくる香りにいつもハッとさせられる。
沈丁花の香りは、私にとってなぜか卒業の香り。

娘はこの日で大学を卒業した。
この数日後には社会人になるわけで、まだあがくように最後の春休みを飛び回っている。
この4年間でどう成長したか・・なんて、難しく考えるのはやめようと思う(笑)

正直、学問をしたとは言い難い大学生活だったけど、この大学のお陰でカナダへ留学した5ヶ月間は
有意義だったに違いないし、少し世界が広がったかな。
華やかな女子大で女子力アップしたか(・・?
リッチで自由で華やかな大学の友達には驚かされることも多かったけど
4年間の彼女の大学生活は人生の中で華のある時代であったのではなかろうか。
あとはよく遊び、よく働き(?)、よく就職活動し、スクールではよく自分磨きをした4年間だったように
母の目には見える。

忙しい忙しい!といつも時間がなく余裕がない。
そんな彼女を受け入れてくれた会社でも、噂によると激務が待っているらしいので
我が家はもうしばらくは嵐を巻き起こされるに違いない。

卒業式の後日、娘が言った。
自分は健康だけが取り柄だから、健康を害するような仕事だったら辞めると決めている、と。
途中で諦めない、自分で決めたことは最後まで頑張れとお尻を叩いて来た子育て期は
私の中でもう終わったと思っている。
悲しいかな(?)、頑張ることは身に染みついてしまっているかもしれないけど
これからは頑張りたければ頑張れば良いし、頑張ることを止めようと思えば止めれば良い。
ただし後悔しない決断を、全ては自分の責任で。
それを人のせいにしたり会社のせいにしたり時代のせいにしないで欲しい。

これからも健やかで、自分らしさを大切に、自分で幸せと感じられる人生を歩んで欲しい。
母の一番の願いは
仕事ができる人になるよりも、感謝の気持ちを忘れずに、思いやりのある人でいて欲しい。


朝の雨も上がり、ほんの少しだけ春風が吹いたようなこの日に

卒業、おめでとう!


ままより

8062
この日は娘の大学の卒業式。正式には学位記授与式と呼ぶらしい。
本来の授与式のことよりもっと彼女の頭の中を占めているのは、その後の謝恩会やらパーティのこと
というのも、どんなもんかね・・と夫と雑談を交わす。

娘のお抱え運転手になった夫から、「無事お届け」とメールが。
ひとり大学を卒業させ、これで私達の肩の荷も半分降りたね。

8061_large
謝恩会の後はゼミの友達4人で神戸のホテル ラ・スイートに2連泊。
こちらのホテルは全室スイートルーム。なんてゴージャスな(゜o゜)

80458038
女の子が好みそうなお部屋~❤

80398040
プリティウーマンとか、映画に出てきそうな丸い浴槽。バブルバスしてた♪

80418042
こんな気のきいたサービスも❤

80438044
この後ドレスに着替えてミニパーティ。

80478048
左)2日目、女子の朝食って感じ  右)3日目、お部屋で朝食

80508051
バルコニーから夜の眺め

80538052
バルコニーから朝の眺め
0時を過ぎたシンデレラ達は

8063
贅沢で華やかな神戸の女子大生生活にまるでピリオドを打つようにベッドでピョンピョン飛び跳ねるのでした♪♪

8055
4月から社会人として地道な生活をまじめに生きていれば
今度は素敵な王子様と訪れることがあるかも、かもね❤

3/16(金)
この日、息子は久し振りに中学時代の友達Iちゃんの家へお泊りした。
中学時代、一番気の合ったIちゃんと同じ高校へ進学して、そのまま楽しい高校時代を送るはずだった。
残念ながら彼が滑り止めだった私学へ通うことになり
それでも高2の途中までは時々一緒に遊んでいたのだけど

ある日、“大学受かるまで遊ばへんねんて”とか言ってた。
そうなんやね・・と思っていた私。
そして大学受験が終わり、残念ながらIちゃんは第一志望の大学には届かず浪人して頑張り
一年が経ったこの春、“Iちゃんから遊べるってメール来た”って、息子が嬉しそうだった。

大学キメルまで待っててな。うん、待ってるぞ。がんばれよ。
ってメールのやりとりがあったかどうかはわからないけど、暗黙の内にそういう約束があったには違いない。
こういうの、男子って良いなぁ・・と、昔の元女子としてはちょっと羨ましく思う。
Iちゃんは学校の先生になるのが夢らしいので、教育大学に行くという自分の夢の第一歩を実現したようだ。

久し振りに地元の友達3人とお泊まり会。
お決まりのホラー映画のDVDを焼いて持って行った。

大学生の息子に、ストレートに“楽しかった?”とも聞くわけにもいかず
“ふたりとも変わってなかった?”と聞いてみると
“もう、変わってなさ過ぎて・・”とにんまり。
それは楽しかったと受け止めて良いのであろうか(^u^)

3/15(木)
8026
仕事に行っただけの記憶しかない日なので、
娘から借りて読んだ 「グ、ア、ム」(本谷有希子著)の感想でも。

あらすじ
北陸育ちの姉妹。長女は大学を出たもののバイト生活を送る、いわゆる「ワーキングプア」。
そんな姉を反面教師にした次女は、高卒で信用金庫に就職。
姉妹は母も交えた女三人でグアム旅行に出かけることになるが、
長女の身勝手な行動のせいで、早くも旅は不穏なムードに・・・・・・。
時代の理不尽、血の繋がった女同士のうっとうしさを、シニカルな筆致で笑い飛ばす、
奇妙で痛快なホームドラマ。


姉妹の間に不穏な空気が流れ始めた時の母親の気の使い方が不憫。
天候に嫌われ、やっと晴れ渡った束の間に海に行こうと息込んだところに始まった次女の生理。
「私のがうつったんや!私が悪い!お姉ちゃん、私が、生理うつしたおかんが悪い!」
と母親は土下座までするような勢いで、浮き輪を腰に巻いたまま瞬き一つしない長女と、
それを黙って見つめ返す次女のあいだに飛び込んでいった。

なんてところ。
そして私達も旅行で行ったチャモロビレッジナイトマーケットの場面もあり
ろくに口もきいていなかったのに妹が姉に

「・・・・・・・おかんに、いい思い出、作ってあげんけ」
「もう、なんでもおねえの言う通りにするから、今だけでも、楽しい、みたいにせんけ。
おかん、可哀想やろ」と提案する。

どこの家庭にもひとつくらいは共感する部分があったり
南国グアムへ女三人旅、という明るいイメージとはかけ離れたストーリーだったけど
そんな現実も愛おしいと言うか・・読んだ後で妙に印象に残る小説だった。

8028
こちらも娘経由で。
ママとは価値観が違うと思うよーーと言われていたけど
ハワイラヴァーとしては共感できる部分はあった❤
そして何より、ぞっこん好きになれるものがある人は幸せだな~と思った。

こちらの方がリアルな話なのに、グアムの小説よりルンルンして現実離れしているように感じる。
リアルの方が現実より遠くなり、小説(非現実)の方が現実に近くなるっていうのが対象的でおもしろい。

3/14(水)
8010
この日、娘と鶴橋へ行った。
鶴橋へは私は母とふたりで2度、娘は友達と1度行ったことがあるだけで、まだまだ目新しい街。

この日は、娘が友達と行ったことのある食堂へ案内してくれた。
画像のお店のおばさんに、どこかお勧めのお店ありますか?と尋ねた時に教えてもらったところらしい。
この角を曲がってすぐの“李朝園”さん。

80118013
お店に入ると高校生のグループが二組。
ブームを起こす高校生が先客でいるのは心強い。きっと安くて美味しいに違いないと思った。

私は味噌チゲセット、娘は白いスンドゥプセット、そして海鮮チヂミ
どれも本当に美味しかったので、娘に“ママ、食べるの早過ぎ!”と言われるくらい
私の食べっぷりはすごかった^^;

8014
お店を出て、お次は彼女が前に一度行ったことのある韓流ショップへ案内してくれた。
とは言っても、私は特別ご贔屓の韓流スターがいるわけでもなく
娘は好きなグループはいるけれどグッズには抵抗があるらしいので
へぇ~、ふぅ~ん、と楽しみながら見て回った。

強いて捜すなら、実家の母がテレビの番組欄にいつもマーカーで印をつけるので
ビョンホンのラインマーカーがあればなぁと思ったけど
他のスターさんのはあったけど、残念ながらビョンホンのはなかった。

8015
ショップの2階にあった韓国茶のカフェ。
なぜかお店の隣りにマラサダのお店があって、オーナーさんが同じなのかな?
こちらのカフェでもマラサダやホットックも食べられ
この時はお腹がいっぱいだったので食べられなかったけど、今頃とても食べたくなってきたーー(^0_0^)

8016
2軒目の韓流グッズのお店。
私よりもお姉さんとお見受けする女性グループが楽しそうにお店から出て来られる。
楽しみがあって良いなーー。
私は最近恋する対象がなくて寂しくてたまらない(;_;)/~~~
ママ、もう枯れてるね・・って自分から娘に言った。

8017
鶴橋商店街は水曜が定休日のお店が多かった。
近鉄電車で鶴橋から難波へ行って、娘が謝恩会で卒業袴を着る時の髪飾りなどを見て回る。
袴の時はちょっと変わったデザインのカチューシャを
その後のパーティーの時は洋装に着替えるので小さなティアラを買った。
って、まるで披露宴のお色直しのミニ版(・・?

クリスピークリームドーナツのクーポン持ってるよーーと言うので、私は初の心斎橋のクリスピー。
相変わらず賑わってたなぁ。

鶴橋~難波・・ちょっと旅行してるみたいで楽しかったー。
久し振りにグリコの看板を見ると他地方から来た人みたいに嬉しくなって
写真撮る?と娘に聞いたら、それは却下された。


もうひとつの3/12(月)

この日、スクールの友達4人で京都へ行って“なんちゃって舞子さん”になってきた娘。
夜遅くに帰宅し、寝ている私を起こして写真を見せてくれた時はそれなりに綺麗に見えたような気がしたんだけど
一夜明けて改めて見てみると、ちょっと笑えるものもあったり(*^_^*)
つまり、自分の結婚式の時にはゼッタイ洋装にすると堅く決心したらしい。


8025
正面からがね・・^m^




3/13(火)
8027
仕事の帰りにauショップに寄って、スマートフォンやタブレットのことを相談する。
小さな文字を見続けると、最近とても目が疲れるので
いっそタブレットにする方が良いのかなぁと迷っている。

今の携帯では殆どネットにアクセスすることはない。
ネットは家のパソコンのみ。
実家へ行った時に母に見せてあげたいサイトがあったり
出張の時、旅行の時、外部で仕事の時などに調べたいことがあったり
そんな時に使うつもりなので、普段は持ち歩く回数は少ないと思う。

携帯と別物だから、これなら私以外の家族でも持ち出し可能だし。
キャンペーン中なので今なら月額5000円チョットだって。
私の携帯は月額2000円チョットなので、合わせるとスマホ価格と同じくらいなんだけど。

もう少し悩むかなぁ・・


3/14(水)
8008
この日は何の日?

8009
夫から私と娘に。袋の中身が少しずつ違った。
買いに行ってくれた時間と、どれにしようかと考えてくれた気持ちにありがとう❤

3/12(月)
8003
この日は夫と大阪・梅田のヒルトンへ出かけた。

8004
目的地はホテル2階の

8005
ヒルトングランドバケーションクラブ。

先日のグアム旅行でDFSへ寄った時に、ひょんなことでこちらのタイムシェアの説明会に参加することになった。
参加してキレイな映像を見るだけで、ヒルトンの1万円の食事券が頂けるなんて
そんな甘い話はないとはわかっていたけど、意外にも夫が乗り気だったので・・

8006
全体説明ではなく、各々に担当者がついて説明して下さる。
リゾートについてどんな考えを持ってるか、これまでの渡航歴などお聞かせ下さいって。
最後にはマネージャーさんまで出て来られた(゜o゜)

8007
パンフレットによると

ヒルトンのタイムシェアは、1年を52週に分け、高級リゾートコンドミニアムの1室を
自分の部屋として1週間所有する権利をお手頃な価格で購入できるシステム。
また、ハワイに飽きたら世界9,000ヶ所以上の直営及び提携リゾートと交換利用できるので、
世界中に自分の部屋をもつという優雅なライフスタイルを実現できます

+

思わずアロハマジックにかかってしまいそうだった。
手が届かない価格でもない。
正確には価格帯はいくつかあって、私達でも頑張れば所有できそうな価格のタイプもあった。
ただし10~15万ほどの年間管理費用が所有している限りはずっとついて回る。

じわじわとネイバーのブームが来てるし、ハワイ島の分が良いなぁ~ 
買うなら円高の今が買いだし
将来ハワイに暮らしたいという(今や私の過去の夢ではあるけど)夢に近づく一歩なのか?
今はあっちこっち駆けずり回り、ホテル滞在型の旅行ではないけど、将来はそんなスタイルになるかもしれないし・・

そんな思いもあり、夫はたぶん、私が決断すればOKする勢いだった。
自分は転職という形でひとつの夢を実行したので、次は私の番と考えてくれていたから。

一夜明けて私の出した答えは、「購入しない」だった。
理由はいくつかあった。
私の旅のスタイルとどこか違うのではないか?という疑問。
値上がりし続けていきそうな年間管理費用だけでもどこかへ旅行できそう
なんてことを計算してしまう私のような人や
そういうお金を惜しいと思う私のような人がそもそも持つものではない。

そして一番の理由はシンプルに
私はリゾートを所有したいのではなく、リゾートにただ出かけたいだけだから、ということだった。


バケーションについて、リゾートについて、自分の旅のスタイルについて、そして
ハワイのことを別の角度から一日中考えていた楽しい日だった。

3/11(日)
8000
この日は大相撲三月場所の初日。
会場となる大阪府立体育館のすぐ近くにあるショップ勤務の日だった。


8001
カラフルなのぼりがずら~り。
3.11から1年目のこの日。がんばろう日本ののぼりも。

7999
まげを結ったお相撲さんの姿もちらほら。
すれ違うと鬢付け油の色っぽい残り香が~。

+

この日はショップに初勤務のNさんと初対面。
午後からは夫も合流し、初めは夫から仕事の説明をしていたけど、途中から私にバトンタッチ(・・?
いや、いつバトンを渡されたか記憶がないんですけど^^;

さすがに道衣の説明は夫がしてくれるでしょと思いきや、どうぞ続けてとは。
新米が教えてええんでしょうか?

オーダーのお客様が多く、てんてこ舞いの一日だった。

++


 
80238024
父親へのお土産の葡萄ジュース

娘がトルコ10日間の旅から帰って来た。
西宮の空港リムジンのバス停で迎え、久し振りの日本食が食べたいということでうどん屋さんへ行く。

世界三大料理のひとつとして揚げられるトルコ料理は、全然口に合わなかったらしい。
和食は何を食べても美味しいって(*^_^*)

ちなみにウィキペディアによると
2011年7月にCNNが公表した「世界の料理の美食ランキング50」では、
世界1位はタイ料理のマッサマン・カレー、2位にイタリア料理のナポリ・ピザ、
3位にメキシコ・チョコレートが選ばれた。
中華料理、フランス料理、トルコ料理はトップ3にランクインされておらず、
特にトルコ料理は50大料理の圏外である
 
らしいからやむを得ぬ?

3/8(木)
7994
この前日に寄った梅田阪神のデパ地下に、ボックサンのケーキ屋さんが入っていることに気づいた。
三宮の店舗にしか行ったことがなかったけど、梅田でもボックサンのケーキが買えるようになって嬉しい❤


3/9(金)
7992
おなじみのカルビーのかっぱえびせん。
袋の色がセピアっぽいので何味だろう?と手にすると

7993
ホワイトラベルプロジェクトというらしい。
商品パッケージの色数を少なくすることにより印刷費用を抑え・・・という支援活動。
カラフルなパッケージでなくても、中身の品質は変わらない。
企業として出来ること、そして消費者も支援活動に参加できること・・なるほど。



3/10(土)
7995
以前にも増して最近ボケてるワタシ。
この日は夫の食事が要らないと聞いていたのに、スーパーで夫有りきの食材を買って来てしまった。
手抜きが出来るチャンスを私が忘れるなんて。

食材は翌日に回して、ピザに変更。こういう変更は柔軟なのだ(*^^)v

↑このページのトップヘ