ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2009年04月


昨日は、習いたての方法で家でコーヒーを入れてみました。
息子には温めた牛乳をホイップしてカプチーノに。

う~ん、こんなもんかな。。
いつもと違うかな。。

夫は、何を飲んでもオイシイと言うし。。
味の違いのわからん夫婦です。

間違いなく美味しかったのは
デパートの北海道物産展で買ってきたチーズケーキ。
濃厚な味でコーヒーを引き立ててくれました。


+++++


今日のカナダ便り

この休日はママにドライブに連れて行ってもらったそうです。
のどかな風景に癒されますね。牛だそうです。
トイプーのゾーイが最近とってもなついて可愛いって。
でもママのお孫ちゃんは無口でほとんどおしゃべりができなかったとか。


昨日はUCCコーヒー博物館で 体験コーヒーセミナーに参加してきました。
24人予約制なので、皆さん何らかの形でコーヒーに興味のある人ばかりです。
男性は5人くらい、幅広い年齢層の方が参加していました。

初めは博物館の中を丁寧に説明して頂きながら回り
コーヒーの歴史について色々興味深いお話を聞けました。
興味のあることは全部覚えて帰りたい!という気持ちで耳を傾けているのに
頭が覚えきれない・・という感じでした(苦笑)

コーヒー豆と言えばブラジルを連想していた私ですが
実は起源はエチオピアだそうです。
そう言えば有名なモカコーヒーはエチオピア産ですもんね。

その後、3種類のコーヒーをテイスティングしました。
キリマンジャロとモカとジャバ・ロブスタというコーヒー豆。
モカを一番好みの味と感じる人が今日のメンバーの中では一番多かったです。
ちなみに私も。

興味深かったのはアフターテイストと言って
飲み終わったカップの残香までチェックするそうです。
本当に美味しいコーヒー(入れ方)の時はカップやドリッパーの残香まで
よい香りがするんだそうです。すごいなぁ~

後半は4人ずつのグループに分かれて、ひとりずつペーパードリップで
コーヒーを立てて飲み比べをしました。
蒸らし方でコーヒーの味の8割~9割が決まるそうです。

私は一気に注ぐお湯の量が少し少なかったのに、
ペアの若い女性は“美味しい!”と言ってくれました。
お世辞でも嬉しいですね♪

蒸らした後で勢い良く一気にお湯を注ぐのと
3回くらいに分けて少しずつ注ぐのと味比べ。
前の入れ方の方はコーヒーの美味しい成分だけが抽出されてあっさりした感じ
後の入れ方の方が苦味・酸味が多く抽出されて深い味だったかも。
それをマイルドと感じる人もいるようです。
好みの問題だそうですね。

二時間半のセミナーの後、コーヒー豆の苗木とコーヒー豆をお土産に頂きました。
ちなみにこれで受講料1000円なんて、何か得してませんか?
嬉しくなって、売店で麻布でできたブックカバーを買って帰りました。

全4回のベーシックコースの受講にも興味があるけれど
仕事との折り合いを見て考えようと思います。


最後に余談だけど
他のテーブルで20代の男の子が一生懸命コーヒーを入れてました。
私の偏見かもしれないけど
コーヒーって女性よりも男性が似合うような気がする。
そして自分がコーヒーを飲むときも
出来れば男性に入れて欲しいような気がする(笑)


追伸   たくさんテイスティングさせてもらったお陰で、家に帰ってからは
      真っ先に日本茶が飲みたかったsonoです。


+++++


今日のカナダ便り

娘の最近のプチ悩みは、大学で他国の人達とも仲良くしたいのに
同じ日本の大学から行った人達と行動を共にしないといけない状況
だそうです。留学してまでこんなことで悩まされるとは・・と嘆いています。
私は割り切って行動すれば?とメールしているのですが、なかなか
そうもいかないんでしょうかね




大好きなハナミズキがそろそろ咲き始めています。
ハナミズキの何とも言えない赤い色がとても好きです。
手のひらを空にかざすように咲いてる姿も。

知ってました?
1912年に当時の東京市からアメリカワシントンD.C.へ桜(ソメイヨシノ)を
贈った際、1915年にその返礼として贈られたのが始まり--だそうです。


+++++

今日は夫は空手。
私はコーヒーセミナーへ。
息子は友達と映画「レッドクリフPart�U」
娘は4月生まれの人の誕生日会と言ってたなぁ。

お天気も良さそうですね。皆さんも楽しい週末を。

近所の桜は、すっかり散ってしまいました。

桜の咲く季節は出会いと別れ、始まりと卒業の季節だから
桜の花を色んな気持ちで見上げ、眺めている人がいるんですよね。

みんながハッピーな気持ちで桜を眺めているとは限らない
ということを私はつい忘れていた。

でも、桜の咲く季節にたとえ辛いことがあったとしても、
桜を嫌いにならないで欲しいと思います。

いつかそんな気持ちも薄れ、あなたが言うように
万感の思いで桜を眺められる季節が巡ってくるに違いないから。

あの年の桜の季節はああだったね、っていつかきっと笑って
言える日が来るに違いないから。



追伸  やっと会えるね。この日を待ってました。


+++++


今日のカナダ便り

家ではなるべくママと過ごしたり話したりする時間を持とうと
しているようです。なるべく部屋に閉じこもりたくないから、
宿題は大学でして帰ってるそう。



丸くなって寝ているゾーイ。カナダはもっと寒いと思って
カイロもたくさん持って行ったけど、部屋の中は暑いくらいで
まだカイロは一度も使ってないそうです。

御堂筋のイチョウの若葉
昨日は母と久しぶりに韓国映画を観に行きました。
ソ・ジソブとカン・ジファンが主演の「映画は映画だ」
殴り合いばかりしている感もあったけど
「ファイトシーンではガチンコで相手が倒れるまで勝負すること」という条件で
ふたりが映画撮りをしている俳優の役なので、このシーンは外せないわけです。
母は年齢のわりにアクションものも好きなので、なかなか楽しめる映画でした。




それにしても私の母は心斎橋筋を歩いたのは20年振りくらいだったそうです。
デパートなら最寄りの近鉄百貨店で用を済ませてしまうし
考えてみると母にとっては用のない場所なのです。

私と弟が子どもだった頃、年に1,2回なんばへ映画を観に連れて来てもらう
のが楽しみでした。その帰りに戎橋筋~心斎橋筋を歩き
必ずミツヤのレストランで洋食を食べていたそう。
そのことはすっかり私の記憶に残っていなかったけど
母がめずらしく?お店の名前まで覚えていました。
そしてそのミツヤ、今でもありました。




映画のチケットを先に買っておいて、腹ごしらえをすることに。
東心斎橋にある“じねん”というお寿司屋さんに初めて入りました。
この日は私はお給料日で母は年金受給日だったので
何かご馳走でも食べようよ♪と意気込んでいたのに
そんな日に限ってこの写真の定食、何とたったの600円ですよ! 
しかもこんな繁華街で。さすが食い道楽の大阪です。

楽しかったね♪と地下鉄のホームで母と別れました。
あとで聞くと、家に帰ってからうとうと居眠りをしていたそうです。
久しぶりの繁華街で、母も疲れたのでしょうか。

歳のわりに元気そうに見えていた母ですが
やはり年相応に疲れやすくなっているんだなぁ・・・
ミツヤに連れて行ってくれてた頃の母とは対照的に
母の時代の流れを感じた瞬間でした。


+++++


娘が滞在しているお宅のキッチン。
外国映画でしか観たことのないような素敵なキッチン。いいなぁ♪



朝食はいつもこのテーブルで頂くそう。いいなぁ♪ 


昨日は、お昼ご飯を職場近くにあるUCCカフェプラザで食べました。
お店は、「えっ、こんなところにあるの?」というような場所に
まるで隠れているようにあるけれど、知る人ぞ知ってらっしゃるようで・・

場所と時間帯のせいか、とても年齢層が高いカフェで
一時はこの私が一番若い人・・のときも(笑)
殆どの方が常連客のようです。

おじいちゃまが席を外されてる間に、おばあちゃまがおじいちゃまの分の
コーヒーを、「少な目にね」とオーダー。
ひかえめなジャズの音楽と、ひかえめな時間が流れているようでした。

UCCではコーヒーをサイフォンのままテーブルまで運んで
目の前でカップに注いでくれます。
実は次の土曜日に、UCCコーヒー博物館で体験コーヒーセミナーを
受けるんです。予約制で、ずっと前から楽しみにしていました。
そのことを思い出して、昨日はUCCカフェでのランチに。

ピクルスが添えられたオーソドックスなサンドウィッチ。
オーソドックスって、何だか良いですよね、変わらない安心感があって。
高い年齢層の方に愛されている理由がわかるような気がしました。


+++++


今日は仕事がお休みです。久し振りに母と韓国映画を観て来ます。
娘は昨日胃が痛んだらしく、心配です。疲れが出てきたかな。。


娘のカナダのママが描かれた絵です。
娘がお借りしている部屋の壁に飾られているそうです。
犬が好きな子なので、この絵を見て癒されてることでしょう。

それにこんな優しい絵を描くママは、きっと暖かくて優しい心の
女性に違いないと思います。




ホストブラザーには、わけあって一緒に暮らしていない息子さんと
娘さん(ふたりとも小学生くらい?)がいらっしゃいます。
先日、パパのところへ遊びに来た時、とてもシャイで無口な彼らと
少しだけ一緒に遊んだそうです。


チョークで落書きをして遊んだそうです。おばあちゃん譲りかな、
とても明るくて可愛い絵です。




カナダのママへのプレゼントに絵葉書を3枚追加。
森茂子さんの絵葉書を見た時、ママの水彩画と雰囲気が似ていると
思ったので。富士山と、京都の祇園と、神戸の港の絵。


+++++


今日は1週間ぶりのトレーニングに行ってきます。
久し振りの雨で億劫だけど、実のところ最近身体がちょっと重い
頑張って行って来ます

ベランダのムスカリ

昨日から、息子がアルバイトを始めました。
家から歩いて5分ほどのところにある焼肉店の厨房で、
まずは食器の片付けからスタートです。

彼の通う高校は、原則的にアルバイトは禁止。
家庭の経済的な事由などがある場合のみ許可するという校則があります。

息子は曲作りをするために10万ほどするシンセサイザーが欲しいそうです。
はい、そうですか・・と、さらりと買ってあげられるような金額ではないし
たとえお金があってもそうするつもりはありませんし。

最近の息子はそういう面で親に甘んじることを自ら拒否している部分もあり
自分で働いて買いたいと言ってきました。当然のことですね。

経済的な理由があるやん?生活には困ってなくても
シンセサイザーを買うお金はないっていうことは経済的な理由になる。
これが息子の考えで、妙に納得させられた母親です。
夫の意見はまた少し違う角度にあり

息子の本心ではないにしろ、社会に対しても時々冷めたような発言をしたり
世の中のこと、生き方について甘く見据えた発言をすることがある息子だから
少し社会に出て働くことは彼のためになるだろうと
アルバイトを許可すると言うよりも、推奨するような意見でした。
ただし小遣い稼ぎの為ではなく、目的の為にという条件つきで。

ひとりだけ、反発を感じているのは海の向こうの娘だろうな(苦笑)
ママはいつもas●kiに対して甘い!! もし私が部活に入らないとか
(高校生で)アルバイトをすると言ったら、絶対させてくれなかったでしょ!!
という声が、海を渡って聞こえてくるような気がします。

甘くしているつもりは少しもないのです。
どちらかと言うと、否が応でも「働く」ことを一生背負って生きていく息子には
厳しい目を向けているつもりなのですが

ふたりの子どもの性格も違えば、状況も違う。
同じ高校に通っていても、ふたりの目に見えている世界が現に違うわけですから。

そんなわけで、昨日の夕方からバイトの初日は始まりました。
疲れた。。と言って帰って来たその表情を見て、母は満足でした。
働くことのしんどさを味わって欲しいのです。

事前のアンケートに、「バイト収入を何に使うか?」というような項目があり
「シンセサイザーを買うため」と記入すると

店長さんに、「じゃあ、しっかり働いてもらわなアカンな」と言われたそうです。
出来の悪い息子ですが、ビシビシお願いします。


+++++

今日のカナダ便り

この休日は、サスカチュワン州の歴史がわかる博物館へ連れて
行ってもらったそうです。部屋の写真を送ってきてくれました。
窓にはカフェカーテン、壁にはママが描いた犬の絵が飾られ、
ベッドカバーはブルー、小ぶりのデスク・・素敵なお部屋で
過ごさせてもらってるようです。





2日前の夜、懐かしい友達Iちゃんからお電話をもらいました
近々岡山から関西へ遊びに来られるので、久し振りに会うことに♪
せっかくだから他の懐かしい人達にも声をかけてみようかということになりました。

年賀状だけのおつきあいになってる数人の友達
会おうと思えば会えたはずなのに、理由もなく長いご無沙汰をしてしまいました。
ちょっとしたきっかけが作れなかっただけのことで。

主婦だったり、仕事やパートをしていたり、オーナーで仕事を頑張っていたり、
きつい仕事から解放されて猫3匹と暮らしていたり・・
年に一度の葉書から伝わってくることはそれくらい。

Iちゃんのお誘いのお陰で、私も他の懐かしい友達に電話やメールをする
きっかけが出来ました。みんなが決まって言う言葉は、「懐かしい~」。
昨晩は何度この言葉を言ったり聞いたりしたかな。
会うのは15年ぶりくらいだよ~ ちょっとドキドキするね



+++++

昨晩、夫は飲み会の後のお泊り。今朝は目覚まし時計を掛けずに
とことん寝るぞーーーと思ったけど、いつもと同じ時間に目が覚めた。
そして、「あっ、遅刻」と一瞬焦った
いやだなぁ~ 昔はこんな体質じゃなかったのに。。


娘からのメールによると、週末にホストブラザーの子供さんが遊びに
来るので楽しみ。でも、お寿司を作って!とオーダーが入ったとか
家にあるのはタイ米とツナ缶と海苔。「助けて!」メールが届きました(笑)

いや、笑えません お寿司の作り方を教えていない母は一瞬焦り
ました。それにカナダのママ~ 日本人はみんな
お寿司が握れると思ったら大間違いですからね~


とりあえず、酢があるかどうかを確認すること、酢飯の作り方、巻き簾も
ないだろうから巻き寿司が難しかったら、みんなで小さく握って海苔で
巻いてツナマヨをトッピングして食べたら とアンサーメールしておき
ました  最悪、酢が無かったら「ツナマヨ入りのおにぎり」です

こんなことを予想して、料理も出来るようになっておかないとと言ってた
のに、義務で手伝う料理は楽しくないとかなんとか言って逃げてたから
ね、こういう時に困るンだよ~>娘。  健闘を祈る

+++++

今日は土曜ですが仕事でした。土曜に仕事をしたのは久し振り。
休日前の金曜の夜はいつもはゆったりした気分でくつろげたけど、
明日は仕事と思うと気を緩められないのがツライですね
はい、贅沢な主婦の独り言です

↑このページのトップヘ