ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2007年12月

高校入試に向けて、そろそろ入学願書を書く準備に
入っているようだ。先日息子が、願書の下書きになる
ようなものを書きながら困っていた

長所と短所の部分で10分くらい悩む
長所・・スラスラと助言してあげられたら良かったのだけど、
。。。としばらく一緒に考え込む。搾り出したあげく
「コツコツと努力する」の線で落ち着いた。

短所のところは、切れやすいとか、親に暴言を吐くとか
周りが見えないとか人の話を聞かないとか・・・ツラツラと
思いつく。いえ、これらは全部自分で言うのだから間違い
ないのでしょう(苦笑)

いっそのこと、「長所=熱しやすく・短所=冷めやすい」に
しようかとか、「気が小さい、とめっちゃ大きい字で
書こうか」とか、自分をネタにそれだけ笑えたら結構よね

結局のところ、切れやすいとは表現上に問題ありなので、
「短気」と書いた。コツコツ努力するけど短気・・とはどこか
矛盾を感じるけど、そんなアンバランスさも思春期ゆえかな。

意外に優しいところがある。意外に情が厚いところがある。
親の私だけが知るところ。悲しいかな、息子の長所は
意外性という形で表れるのか(苦笑)

「好き嫌いなくよく食べる」とか、「気持ちよく挨拶ができる」
とか、そういう基本的な長所が、人としては一番の魅力だと
思うなぁ

最後にひとつ、息子の最大の長所を思い出した
「身体が丈夫である」と書き足してねと伝えた。


         

ポチッと応援よろしくね


昨晩はキムチ鍋にしてみた。娘は辛いものが苦手なので、
なかなかキムチ鍋にありつけない。娘用に薄い中華スープを
用意し、それで薄めて食べてもらうことにしたのだけど、
それでも「辛い~」だの、「喉が痛い~」だのと文句
ぶ~ぶ~

おまけに普段なら「鍋」と聞くとテンションが上がる夫が
昨晩はあまり体調がよくなかったらしく、キムチ鍋は刺激が
強かったようだ 少しだけ食べて退散してしまった

第二弾のキムチ雑炊を楽しみにしていたのに、昨晩は
そこまでたどり着かず・・・ あまりに盛り上がらない
キムチ鍋の晩餐でした

        

ポチッと応援よろしくね



寄せ植えふうに植えたミニチューリップとクロッカスとミニ水仙
の球根が、ここ何日かで芽を出し始めた

地味だった土の表面に、初々しい緑色の先のとがった芽を
見つけた時、とても愛おしく感じた

本格的な寒さに向かう折り、ベランダに出るたびに肩に力が
入りそうになるのだが、思わず肩の力がほっと抜ける気が
した一瞬だった

寒くなると外へ出るのがイヤになったり、行動に移すのが
億劫になりがちだけど、そんな中でも春に向かって少しずつ
力を蓄え、準備をしている球根は

怠け者の私に何かを伝えてくれているようだ。春の訪れまで、
私も何かに頑張るというわけではないけれど、毎日を無事に
元気にまじめに、そしてなるべく笑顔を絶やさずに暮らして
いきたいものだなぁ


        

ポチッと応援よろしくね




昨日、職場�@で食洗機のカタログを見ていると、おじさまFと
おじさまNが絡んできた。

家族4人の食事時間がバラバラで、いつまでも台所が
片付かないんです と、食洗機を購入するにあたって
ささやかな言い訳をすると、

Fさん>子どもに、自分の食器は自分で洗わせたら、そんな
手間はかからんやろ。うちの孫はみんなそうしてるで。

と言われ、感心しきり 流し台に背が届かない間は食器を
運ぶだけ。少し背が届くようになったら、食器を水にくぐらせる
ように。(←我が家はここ止まり) その後は、自分の食器は
自分で洗うのだとか。

もう、うちでは手遅れだ 実際、家族の一員として各々の
役割を増やそうとしたことがあったけど、その頃には子ども達も
大人顔負けに忙しくなっていて

「お母さんがラクをしようとしている」だの、「時間のある人が
すればいいんじゃないの」だの、人様には聞かせられない
ような悪態をつく

今、自分達でしていることと言えば、自分の洗濯物をたたむこと
と自室の掃除(不定期)くらいのもの

確かに、今までと同じ環境下で、急にこの時期になって役割
分担を増やすのはムリだ。もう少し時間に余裕が出来るか、
私が病に伏せるとか、よほどの事態が起きない限りは・・

自分自身がそうだった。私が高校生の頃、父が長期入院して
母がずっと付き添うようになってからは、それまでしたことも
なかった炊事、洗濯、ゴミ出しをいやおう無くするようになって、
心細いと文句も許されない状況で受験勉強をし、家の
戸締りをして就寝する生活だった

そのせいなのかもしれないけど、失敗したな>>>子育て
と思う反面、恵まれた状況を心のどこかで感謝して受け入れて
いる部分もあって、こんな甘々な親になってしまったのかも
しれない。

結論は、でもやっぱり食洗機は欲しい ということにしておこう。


          

ポチッと応援よろしくね




家に帰ると、先日の検診の結果が届いていた。
ちょっと そわそわ ・・・と言うのも

昼食の直後に検診を受けた。しかも軽食にしたつもりで
ミネストローネを食べたのだが、後で考えるとスープって
とても吸収が良さそうだから、てきめんに数値が上がって
いそう と後悔したのは、時すでに遅し

意外にも、そして有り難いことに結果は前回よりも低めの
数値で、全て異常なしのA判定だった (低ければ良い
という問題でもないだろうが)

やや上昇していたのは身長と体重とBMI
まだまだ成長途中か

A判定と聞くと、受験生の親としてはすぐに模試の判定を
連想してしまう。この判定と上昇気流を、ぜひ娘の模試の
結果にも分けてあげたいものだなぁと思った(苦笑)

         ***********


そして今日は、息子の塾の懇談だった。特に目新しい
話はなかったが、相変わらず姿勢が悪いらしく、ともすると
やる気がないように見られてしまうのが損ですね、とのこと。

家でもそうなんです 小さい時から姿勢にはうるさく言って
きたんですが身につかなくて・・と、思わず愚痴ってしまう。

でもこのところはテストに対する取り組みが良く、頑張った
分だけ結果がついて来ていると、申し訳程度のお褒めの
言葉も頂いた

家では自室のドアを締めているので、何をしているやら
わかりません と言うと、

「まっ、姿勢悪く勉強しているんでしょう」だって
先生、なかなか言うねぇ~ そこで受けてしまった
私も私だけど(苦笑)

         

画像は最近食べたローゲンマイヤーのパン
応援のお陰で、少し前に私の最高記録が出て、一瞬でしたが
嬉しい夢を見せて頂きました ありがとうございます。
今日も応援ポチッとよろしくね



職場でも「早く年賀状を書かなきゃ」という会話を耳にする季節になった。
いつもの我が家なら、今ごろ賀状のデザインを考えているか、
写真をどれにするか悩んでいるか、へたをすると賀状用の写真撮影を
していたりする季節。

来年は服喪中なので、この年末は賀状の手配に焦ることもないわ
とひんしゅくにも気を抜いていたら・・・11月末、早々に夫の叔母から届いた
喪中葉書

そうか、喪中葉書は賀状よりも早くに手配をしないといけなかったんだ 
と慌てて注文に走った

やっと今日、その葉書が出来上がってきた。
今晩は何枚、印刷できるでしょうか 
天国のお義母さん、暢気な嫁でごめんなさい

        
         

画像はお土産に頂いた“サザエさん人形焼き”
私がフナさんを頂いたのは言うまでもありません。
ポチッとよろしくね



昨日、最後のピアノレッスンに行った娘が
晴れ晴れしい顔で帰宅し、先生にこんな可愛い
合格祈願のお守りを頂いたと嬉しそうだった

息子さんがこの春に中学受験をする時に、
こちらの神社の色違いのおまもりを身につけて
いたら、第一志望の学校に合格できたから・・
と嬉しい言葉を添えて

たった1年の不真面目な練習生でしたが、娘の
吹奏楽部の定期演奏会に足を運んで下さったり、
最後にこんな心暖まるおまもりまで・・・

本当にありがとうございました。
このだるまさんのように、両目をぱっちり開けて
梅の季節の迎えられたいいね>娘


         

体はひとつしかないんだから、どこかひとつでも
受け入れてもらえたら充分だよ<心の声
ポチッと応援よろしくね







今日は娘の最後のピアノレッスン
19時前になったら一緒に先生のお宅へお礼に伺います。

娘は今まで3人のピアノの先生にお世話になりました。
どの先生も優しくて、娘が音大を目指すわけでもなく、
腱鞘炎にもなりながらも12年間ピアノを続けてこられた
のは、そんな素敵な先生方に恵まれたお陰

現在の先生には最後の1年だけお世話になりました。
娘の一番多忙な時期と重なり、殆ど練習も出来ない
からとわがままを言って、月に1度の1時間レッスン。
それすら練習がままならない日々でした

新しい曲の譜読みは時間的に難しいだろうからと、今迄に
一度弾いたことのある曲の中から娘の希望を聞いて
課題曲を選んだり・・先生の配慮がとても有り難かったです。

新しい曲にチャレンジし、少しずつ上手く弾けるようになる
喜びに欠け、かと言って先生がおっしゃるように新しい曲を
練習する余裕もなかった・・そういう意味で最後の1年間は
少し無理があったかもしれません。

ピアノで出来たたくさんの思い出は、娘の宝物
毎年の発表会、小学生の時のコンクール。合唱や卒業式の
伴奏で、皆の歌声をひっぱったこと。吹奏楽のコンクールで
ピアノを弾いたこと。

これからもたまにはピアノの蓋を開けて、ピアノの音色を
聞かせて欲しいなぁと願う母です。初めてピアノの個人
レッスンに行った日、先生に「上手ね」と誉めらてニコニコ
していた日のことを、昨日のことのように思い出します

              
画像は娘と一緒に飾り付けをしたツリー 昨年のテーマカラーは
白と銀でしたが、今年のテーマカラーは赤と白にしてみました。
ポチッと応援よろしくね




昨晩は電気店へ行って、娘の希望でヘアドライヤーを買い替え、
息子の希望でストレート用のヘアアイロンを購入した。私はこの
冬こそは購入したい食洗機の下見をしてパンフレットを集め、
これからじっくり検討するところ。

自分達の買い物が済むと、そそくさと違う売り場へ行って、母の
買い物にはつきあってもくれない それぞれに携帯電話や
デジカメや電子辞書、デジタルオーディオやコンポなどを見て回り、
今や電気店は家族全員が楽しめるオアシススポットなのです

来年の春は子ども達が進学するので、何かと物入りになりそう
あれもこれもと言うわけにはいかないので、欲しい物・必要な物を
リストアップして、優先順位をつけてね・・と子ども達に言い聞かせ
ながら、実は自分自身にも言い聞かせているのです。

何故なら欲しい物がい~っぱい
 ・玄関に置くブックシェルフ
 ・流し台横のデッドスペースを埋めるキャビネット
 ・洗面所に子ども達のコスメグッズ用の収納棚
 ・ゴミ分別用の収納グッズ
 ・調味料を並べるラック
 ・リビングの壁面キャビネット
 ・娘の部屋のクローゼット

あぁ~ 無くても生活できる物ばかりだけど、あればもっと快適に
暮らせるだろうなぁというものでもある。少しの不便を感じながら、
それがストレスになるのなら、ひとつずつでも買い揃えて行く方が
良いよねと納得しつつ

メジャーを片手に通販カタログをパラパラしていると、あっという間に
貴重な平日offの日が暮れてしまった。通販は楽しみのひとつなので、
時間を忘れるほど楽しかったから良しとしましょ

結論は、ひとまず冬のボーナスと相談ということに。
いえいえ、ボーナスよりも先に夫に相談でしたね(冷や汗)


                

今からスーパーへ買い物に行って来ます。暗くなってから出掛けるのは、
わびしくてイヤだなぁ~ ポチッと応援よろしくね



職場�@へ行く途中、いつも前を通る雑貨店 “Live Heart”
オープン前なので、木の扉がまだ閉まっています。

雑貨や食器、カード類やアクセサリー、衣類まで
色々あって、好きな雑貨店のひとつです。




商品の一部で外壁をディスプレイ。
枯れ枝を並べただけのように見えるけど、なぜかおしゃれ。
これだけでも充分素敵なんだけど・・・




そこに紅葉した枯れ葉をあしらうだけで、こんなふうに変身

むかし習っていた生け花の先生が、私が生けたお花を
ほんの少し手直しするだけで、見違えるような雰囲気に
なって感激したことを思い出した

1本の花の向きを変えるだけだったり、
1本の花を添えるだけだったり、
1本の花を省くだけだったり・・・
たったそれだけのことだったけど、先生の手で魔法を
かけられたような感じだったなぁ。




ふたつ並べると、ひとつの作品みたい。




ツリーをかたどるように木を三角に組んで、
グリーンと銀色のボールを飾ったツリー

雑貨屋さんらしいアイデアのクリスマスツリーにドキッ
こういうアイデアの湧く人や感覚の人って、感動してしまう。

           *************

今から何十年か前に雑貨ブームが起きて、雑貨屋さんが
キライな女の子や女性はいないんじゃないかと思う。

雑貨にもフレンチっぽいものからアメリカンなもの、
アジアンなもの、カントリーから洗練された雰囲気のもの、
アンティークなものからモダンなもの、
可愛いキャラクターから無印まで(?) その種類はさまざま。

お店の雰囲気に浸っている時は、ステキと思って購入し、
いざ家に帰ると部屋の雰囲気が統一されてなくて、あんなに
ステキに見えた雑貨がどこかちぐはぐな雰囲気になったりで(苦笑)

私の場合、飾るよりも先に片付けることから始めなくっちゃ
と思う師走の日曜の昼下がりです


         

ポチッと応援よろしくね<人気ブログランキングへ>


このページのトップヘ