ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2007年12月


昨晩は大失敗をやってしまいました
塾へ行ってる娘と息子に、19時からのMステSPをDVDに録画して
おいてねと頼まれていたのです。うちのデッキはHDD録画だとアナ
ログ化して画像が少し悪くなるので、DVDに録画してねと念押し
されていました

そこまでは良かったのです 最近DVD録画を覚えたばかりの
私は、一度使用済みのDVD-RWを初期化せずに、うっかりセット
してしまっていたのです。

特に息子の方がこの番組を楽しみにしていたので、失敗は許され
ないと、途中で何度も何度もデッキにREC.マークが点灯している
のを確認しました。

なのになのに・・・後ほど息子が楽しみに再生ボタンを押すと、
画面に出てくるのは以前私が韓流好きの母の為に録画した韓国
ドラマ 唖然 ショック むすこ半泣き

ふつう録画出来ない状態の時は、「can't record」って知らせて
くれるのに・・と、機械を責めても仕方ありません。もちろん、謝り
ましたよ。それでも息子は、そんなドンクサイ母をあっさりと許せる
ほど寛容ではなかったので・・

責められましたとも 「お母さんが当てに出来ないと思ったら、
今度から絶対に自分で録画予約して」と私が言うと、
「逆切れか。。」と冷ややかに言われる始末。

唯一夫だけが私の肩を持ってくれました。どんなにしてやっても
感謝されないのだから、自分でさせたらいい・・と。母はその後、
お風呂にも入らず、カーペットの上でふて寝をしてしまいました 
実は私だってかなりショックだったのです、録画に失敗したことが。

目覚めたら早朝の4:30 何故か私の隣には娘が添い寝して
おりました。おまけに誰かが(←おそらく夫)ふたりに毛布を掛けて
くれていたので、つい気持ち良くすやすやと 私も今頃また眠く
なってきたな~~今日は土曜だから、たまには・ま・いいっか。。


              

そんなわけで、今朝はこんな早い時間のブログ更新とあいなりました。
そして息子は友達にビデオを借りられることになったそうです。
ポチッと励ましをよろしくね



「高3のこの時期に、まだ美術の授業があるのよ どう思う」と
娘が鼻息荒く言うのです。私立文型クラスの彼女らは、美大や芸大を
目指す人もいるので、理系や国公立クラスに比べると美術の授業数も
多いらしい。

しかもその授業はかなり自由で、画像のようなコラージュをしたりとか。
娘の大好きなジャンルだから、きっと夢中で切り貼りしていたに違いない。

ファッション誌を見るのは寝ることの次に好きな娘 その趣味を生か
して編集関係の仕事に憧れた時期もあったけど、その世界の厳しさは
充分わかっているし、どうやらデスクワークよりもホスピタリティの方にも
最近は興味があるとか。

今は早くアルバイトをしたいらしい。社会人になれば毎日イヤと言うほど、
仕事が出来るのにね。大学生になったらいくつかのアルバイトを経験し、
どんな職業が自分に向いているのか、自分探しをするといいと思う。


           

娘の高校は今日が終業式でした。年が明けたら
入試があるし、卒業までの登校日はあと少しなんだなぁ。
ちなみにセンターの4日前にも美術があるそうです(笑)
ポチッと応援よろしくね


先日、母より電話があって、「すぎもとまさと」さんが「われもこう」を
歌うから、有線大賞を観て・・とだけ言って、さっさと電話を切って
しまった 最近はもっぱらメール使いの達人(笑)になっている
母が、とっさの時には携帯よりも家の電話にかけてくるところが
母らしいなと笑った。

そう言えば少し前から、この歌好きだわとか、この歌詞がいいとか
言ってたなぁと思いつつ、言われるままテレビの前にスタンバイ

う~ん。。シブイ 確かに母の好きそうな歌だわ・・と思った。
演歌でもなく、ムード歌謡でもなく・・今年の紅白歌合戦にすぎもと
さんが出られるらしく、ここ数年「最近の紅白はつまらんわ」と言って
た母の楽しみがひとつ増えた。

昨日は時間があったので、TSUTAYAへ行って吾亦紅のCDを
レンタルし,パソコンでCDからCDへコピーした CDジャケットも
カラーコピーし、母へ郵送してあげた 少し早くてお安い
クリスマスプレゼントということで。


            

ジャケットに吾亦紅の説明が書かれていました。
吾木香とも書く秋の野草の名前。暗い赤紫色で小さい俵のような
花をひらき、根は漢方薬に使う。画像はウィキペディアより
お借りしました。ポチッとよろしくね



先日仕事�@を終えて、お馴染みの大丸和洋菓子売り場を
楽しみにのぞいてみた。週替わりのお店のコーナーに
このクリスマス商戦真っ只中にあって、素朴なお団子が
お行儀よく並んでいたので新鮮に写った

熊本県・『くま純のいきなり団子』というらしい。手作り
もちもち団子皮の中は北海道産の小豆と、ほっくほくの
から芋。お値段も120円と手頃なところが嬉しい

レンジで少し温めて頂くと美味しかった お芋さんが
もう少ししっとりしていると私好みなんだけど、私の好み
なんて聞いてないって(笑)

          ************

今日はお仕事休みの日。土日も充分休んでいるけど、
平日のお休みはすごく嬉しい 前の夜からリラックス
してしまう。おまけに子ども達はどちらも短縮授業なので、
お弁当も作らなくて良かった

2時から美容院の予約をした。2ヶ月ぶりに髪を切りに
行ってきます。

         

ポチッと応援よろしくね


いつの間にか世の中には美味しいシュークリームのお店がたくさん
増えたけれど、私が子どもの頃はHIROTAのシュークリームくらい
しか知らなかった。

先日も職場で、昔はパティシエなんて言葉もなかったよね~と話す。
洋菓子の世界は、ここ20年くらいですごく発展したような気がする
美味しいお菓子が増えることはとても嬉しいけど、子どもの頃に
馴染みのあった洋菓子メーカーも消えずに頑張ってて欲しいな




近くのスーパーでもたまにHIROTAがワゴンに並ぶ。そんな庶民的な
ところも嬉しい。今日は思わずクリスマスバージョンのパッケージに
つられて、久し振りにやわらかいシューと、たっぷりクリームのHIROTA
を賞味した。

最近の人達はパリッとしたパイシューの方が馴染みがあって、やわらかい
シューが珍しかったのか、息子はひと口食べて「美味しい」と言った。
どの時代にも愛される味なのよね。


         

ポチッと応援よろしくね


いくらピーマンが安かったからって、
箸休めにピーマン料理2品って、どうよ(笑)

炒めたピーマンと塩昆布をあえただけ~




ピーマンと牛肉を甘辛く味付けしただけ~
子ども達には、牛肉の方はご飯の上に乗せて食べると美味しい
らしい 私はあっさりと塩昆布の方が好きかなぁ。

仕事�Aの日は、午後4時頃を回ると「今日の夕飯な~に」という
会話が始まる。前日食べた献立を聞いて参考にさせてもらうことも。
主婦ばかりの職場なので、いろいろ情報交換が出来て助かるのです。

他にはグルメ、美容関係、ダイエット、旅行、ニュース、テレビの話題
などが多いかな。今日はめずらしくブログの話題になって、私よりも
若い人ばかりなんだけど、意外にもブログを知らない人が多かった。

      
            **************


15人中、ブログをやっているのは私以外にもうひとりだけ。彼女の
愛猫ちゃんをテーマにしたブログ歴は3年にも及ぶことがわかった時、
やっとブログ友達がいたわと喜びあった。

で、ブログを知らない人達は、「人の日記を読んで楽しい」とか、
「人の生活を知りたいと思うの」と、素朴に疑問に感じるらしい。

そもそも自分の記録のために始めたブログ もともと覚え書程度の
日記をつける習慣があったので流行に乗ってみたら、クセになる
楽しさだった だって画像や絵文字なんかを加えると、自筆で書く
日記よりも可愛くキレイにできてしまうし、自分の日記が活字になる
楽しさも味わえた 

その内、普段疎遠になっている友達に紹介して、いま私はこんなふうに
暮らしているよ と知らせてみたくなった。それでまた昔のように
お互いを近くに感じて、つながりを持てることが嬉しかった。

毎日書く励みのためにランキングに参加し、あまりに色んなブログが
あることに驚いた。若い人のブログからは新しい情報をもらい、同年代の
人のブログからは似たような悩みや楽しみにほっとし、少し先輩主婦の
ブログからは、私も将来はあんなふうにと目標になり、雑貨やインテリア
などの趣味のブログからはセンスの良さに心地よくなり・・・ブログの
楽しさは尽きない。

ランキングの方はいつやめても良いかなという気持ちで始めてみたら、
そこから出会う喜びを持てた。共感した人や親しみを感じた人、魅力を
感じた人との出会いはまた楽しい。ブログをしていなければ、一生
出会うことのなかった人達だもの。

ブログに画像を載せるようになってから、デジカメを持ち歩くようになった。
もし将来ブログをやめても、デジカメは手放したくないと思う 
デジカメを持つようになってから、目線が変わった。何気なくやり過ごして
いた風景に敏感になったし、ただ歩くだけではなく、楽しいことを見つける
という目的を持って歩くようになった

そんなこんなで、私の生活から切り離せなくなったブログだけど、理解
できない人には不可思議なものらしい。人の日記を読んで、自分の
日記を公開して、何がそんなにおもしろいの・・と聞かれ、一言で
簡潔に説明することができなかったのは残念だったけど、ブログと日記は
別物だと常々思っている。

画面の向こう側に読み手を意識して書くブログは、日記とは少し違う。
だから、ブログにはブログの楽しさがあるのだけど、理解できない人に
それを押し付ける気持ちはないから、そんな時は決して自分のブログの
タイトルもURLも知らせない(苦笑) ん。。。ちょっと意地っ張りだったかな。 



         

そんなブログにポチッとよろしくね


久し振りにフレームの中の“子どもが描いた絵”を替えてみた。
確か息子が小3の時に国語で学習していた『傘地蔵』をイメージして
描いたもの。藁葺き屋根と傘地蔵に雪が降り積もっている冬景色
どこかぬくもりを感じ、親バカ母のお気に入りの一枚です。




こちらは娘が中3の美術で描いたイメージ画。ある音楽を聴いて、
そこからイメージするものを自由自在に描いたらしい
ぼかした部分は、手にクレヨンを塗って画用紙にこすりつけたらしく、
正真正銘、娘の指紋入りの作品。何が何だかわからないところが
芸術的に見えて(笑)、こちらも私のお気に入り。


私達って昔の方が絵が上手だったよね、と娘が言う。
あの感性や発想・・・いつ、どこに置き忘れ来ちゃったんだろうね
子どもの絵って好きだな。


             

物入れの中の不用品の処分、若過ぎる服の処分・・・と、少しずつ
不用品のダイエットをしています。でも捨てられない物もあるのよね。。
子どもの絵も然り。ポチッと応援よろしくね



ワインコルクの山。これだけで海の向こうを感じる
これだけで何となくお洒落な雰囲気




コルクの隙間から顔を出した可愛らしい草




実は近所のフランス料理店の脇にあった大きな植木鉢。
こちらのお店、とても評判が良いらしく
娘が一度行ってみたいなぁと羨望の眼差し

たまに結婚式の二次会をしている日に遭遇すると、
綺麗なお嬢さんや素敵なお兄さん達がお店の前に
いらっしゃって、華やいだ雰囲気 皆さん素敵なので、
どの方が新郎新婦なのかわからないくらい(笑)

いつか娘の特別な日に、こちらのお店で食事をするのが
家族のささやかな憧れ。
特別な日・・っていう言葉の響き、なんか好きだな
20歳の誕生日、大学卒業、婚約のお祝い、旅立ちの前、
お嫁入り前の晩餐。いろんな場面を連想する。

う~ん、いつ訪れる>>>娘の特別な日
まぁ、20歳の誕生日と大学卒業の日だけは放っておいても
やってくるか(笑) それより先に、母と娘だけの特別な日を作って、
おふたり様ランチなら何とかなるかなぁ。。>>>私の財布


          

ポチッと応援よろしくね


昨日、息子の中学校の帰り道、久し振りにバス通りを歩いた。
本屋さんへ寄ったが、お腹がすいていたので落ち着いて
本も読めない(笑) 早く帰ってご飯を食べようと歩き始めると
LE CHATONのケーキ屋さんの前で足が止まった

そうそう、あの美味しいロールケーキはあるかな
扉から少し離れた所に立ってウインドウの中を窺っていると
自動扉が開いて可愛らしい店員さんと目が合ってしまった

もう買うしかないかな(笑) こちらのお店、手頃なお値段で
それでいてとても美味しい 写真を持参すると、ケーキに
似顔絵をデザインして下さるのです。夫の両親の金婚式の
お祝いにとても喜ばれました。

パティシエは美大卒だと知って、な~るほど~と納得
好きなことを職業に生かせて素敵だな。



         

ポチッと応援よろしくね


今日は息子の中学でロードレースがあった ゴールした生徒達に
紅茶とお茶のサービスがあり、私はその担当で朝から学校へ

1年男子からスタートし、3分開けて2年男子、そして息子達3年男子の順に、
まずグランドを1周してから校外のコースを走る。

1年生にとっては初めてのロードレース。ペース配分が難しいのか、初めから
ハイペースで走っている子もいたけど、皆やる気マンマンでフレッシュだ

毎年タイム的に上位を占めるのが2年生。部活でも中心となる学年なので、
体力的にも一番充実しているんだろうな

最後にスタートした3年生。おいおい いくら部活を引退してるからって、
いくら3度目のロードレースだからって、そのやる気のない走りっぷりは
ないでしょ・・って感じだった。いや、もしかすると彼ら的にはあれでも
精一杯なのかもしれない(苦笑) 

息子も今年はもとからやる気がなく、スタート時点で真ん中あたりを走っていた。
一昨年は5位、昨年は雨天中止、今年はいったい何位でゴールしたんだろう。
まだ未確認。

「ありがとうございます」と言って紙コップを取って行く人はたくさんいるけど、
「ごちそうさまでした」と言いに来てくれる人も少数いた。最後の片づけを
率先して手伝ってくれる人もいて、爽やかな気持ちにさせてくれた。

挨拶は家庭の躾け、お手伝いは部活での躾けが行き届いているんだろうか。
気持ちが洗われるようで、帰りの足取りが軽く感じられた。

         

ポチッと応援よろしくね

このページのトップヘ