ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2007年09月


D女子大学のオープンキャンパスを後にした私達は、市バスに乗って銀閣寺方面を目指しました 休日の京都の市バスには、パンフレットを片手に持った観光の人達がたくさんで結構混んでいます 京都大学の古い建物を横目に見ながら、10分ほどで「銀閣寺道」のバス停で下車。




哲学の道を歩き始めると、こんなお箸や漆器のお店、茶店などがありました。若い娘もさすがにこの夏の異常な暑さや地球温暖化現象や、100年後の地球の話などを色んなところで耳にすると、エコバッグや “myお箸”を持ち歩くことなどに感心を持たずにはいられないようです 

モデルの梨花ちゃんや歌手の中島美嘉ちゃんなんかも実行してるみたいです。誰かが一緒に賛同してやってくれると心強い強いなぁと、友達に“myお箸”の話をすると、「頑張ってねぇ~」と言われちゃったみたいで 家族の外食の時に始めてみようかな 記念に素敵なお箸箱とお箸を買おうよと勧めたのですが、今は和風な物にはあまり惹かれなかったみたいでした(苦笑)




ふふっ ガラス越しに中を覗いているネコちゃんの置き物が可愛くて 中に何かネコちゃんの目を惹くような美味しそうなものがありそうで、つい誘われて中を見てしまいます(笑)



 
初秋とは言っても、ついこの間まで夏日のような日もあった今年の暑さ。「氷」と書かれた小さなのれんが店先に揺れていてもまだ違和感がないのです

甘党としては、京都に来るとやっぱり抹茶のソフトクリームや、季節柄マロン味のソフトクリームなんかも惹かれるところなのですが、なぜかこの日、娘の心を射止めたソフトクリームは「杏仁味」、私のは「ゆずピール入り」でした 杏仁好きの娘は「美味しい~ これを考えた人、尊敬するぅ~」と感激しながら食べていました(笑)


このお店の前の川を境に右へ行けば哲学の道、左へ行けば銀閣寺です。本当は「哲学の道」を歩くことと、「法然院」を訪れることが一番の目的だったのですが、せっかくここまで来たのだからと私達も銀閣寺へ。「銀閣寺で癒されて」に続きます。




もう少しおつきあいを。
ポチッとよろしくね<人気ブログランキングへ>


今日は娘と京都のD女子大学のオープンキャンパスに行って来ました JRで片道1,050円 新快速で45分、更にそこから地下鉄で10分の道のり・・・ 徒歩の時間や乗り継ぎ時間を入れると、やはり1時間半はかかるかなぁ 

大学生になったらサークル活動もしたいし、アルバイトもしたいと考えている娘にとって、この時間と交通費の浪費は一番ネックになるところです。おそらく受験しないだろうなぁと言いつつも、たくさん受験しておく方が何となく安心できる、というのが受験生の本能なのでしょうか 「数打ちゃ当たる」というわけにはいかないでしょうが 京都観光も兼ねて、一応見るだけは見ておこうという気楽な気持ちでやって来ました。




歴史のあるカトリック系の女子大学なので、建物の雰囲気も素敵でした でも神戸からやって来た私達は、ついついK女学院と比べてしまいますね それぞれの大学に特色があるので、自分の学びたいことが学べる大学という視点で選ぶべきなのだと思います。




こちらは女子大に隣接しているD大学のキャンパスです たまたま横を通りかかったので、入ってみたいと私からお願いしました。父が4年間通った大学でした。生きていれば71歳なので、今からかれこれ50年ほど前の頃のことです。このお彼岸に父のお墓参りに行かなかった代わりに、何となくここで父を近くに、父の青春を感じてみたくなりました。

日本拳法部に所属し、卒業後もそちらの監督をつとめていたことがあったので、拳法部のクラブハウスも見てみたいと思いましたが、当てもなかったので「もういいよ」と娘に言って、大学を後にしました

さて、ここからは京都観光の時間です 市バスに乗って、私達が目指したところは銀閣寺~哲学の道。このご報告はまた後ほどしますので、よかったら気分だけでも一緒に哲学の道を歩きに来て下さい~


ポチッとよろしくね


朝から娘は模試へ そのあと塾へ行って、今晩は友達のお家で勉強会と称して6人でお泊り 彼女も今夜は友達と楽しんでいるだろうからと、残された3人で、夫が仕事中に行ったことのある回転寿司のお店に行った。

阪神西宮駅前にあるので、めずらしく電車に乗って出かけることに 車の時は、いつも夫に飲酒を我慢してもらってるけど、たまにはこうやって電車で出かけると、お酒も飲めてハメをはずせるし 家族も何となくいつもと違う雰囲気になれる。

今日行った回転寿司は値段が120円~400円までの5段階あって、お皿の色によって区別している。何年か前まではこんな回転寿司店が多かったのに、バブルがはじけた頃からかな・・いつしか店内に職人さんの姿が見えなくなり、裏方でアルバイトの人がお寿司を握る100円均一の回転寿司店が当たり前になっていた。

最近は高級回転寿司屋さんがチラホラ出来てきていると聞いたことがある。ミスドにも“リッチ ドーナツ”という新商品が出来たらしい まだ試したことはないけど、今までのドーナツより30円前後お高いのだとか。うんと高級には手が出ないけど、回転寿司にしてもドーナツにしても、手の届くプチ高級感が受ける時代なのかな 



明日は娘と京都へ、オープンキャンパスという名の
プチ日帰り旅行を楽しんできます。
ポチッとよろしくね




仕事の帰り道、いつの間にか空き地にこんなねこじゃらし。
子どもの頃から身近にあった雑草
短く摘んで、細い茎の部分を二股に割り、
そのままそーっと開いていって、鼻の下にぺたり。
うまくいったらヒゲの出来上がり(笑)

このまま素朴な花器に挿しても可愛い草。
風にゆらゆら揺れる様(さま)が可愛らしい。
夏から秋にかけての雑草らしいのだけど、
なぜか私にとっては初秋の草


     

明日からまたまた3連休ですね。
日曜日頃から少し暑さがやわらぐそう。
今年の夏は長かったなぁ
ポチッとよろしくね


「もったいない」という言葉は日本特有のもので、他の言語に置き換えることができないと聞いたことがある。先日から我が家でしばしば使われる「もったいない」

娘は進学する大学のことで迷っている。先輩が「○○大学は楽しいよ~。ゆっかちゃんもおいでぇ」と誘って下さる大学は、キャンパスライフがとても楽しいことで評判の共学の大学

第二の大学のように遠目から眺めていた○○女子大は、関西の女子大では就職率がNo.1と謳われている 娘が学びたいことが学べる大学でもあるが、ひっかかるのは女子大という未知の世界

もうひとつは少人数制の女子大にありがちで、4年間を通して学費が130万ほども高い 留学を希望している娘は、この130万を留学などに有効に使えたら・・という気持ちもある。そろそろお金の重みもわかりかけている娘にとって、これはかなり「もったいない」

自分は今まで○○大学を目指して苦手な日本史も古文も塾へ行って頑張ってきた。英語もまだまだ力が足りないと塾通いの生活。それが女子大の公募推薦となると、入試科目は英語のみ。今まで費やしてきた塾での勉強と時間は何のために・・・・やはり「もったいない」

一時的な「もったいない」という感情にとらわれるあまりに、これからの長い将来で悔いを残すことの方が、実は一番もったいない選択なのだと思う。

もう少し迷う時間はあるのだから、悔いだけは残さないようにとことん考えて欲しい。「やりたいこと」さえ明確にあれば、どの環境にいても出来るのだから。


悩み多き17歳と、悩み多き25歳(?)に
ポチッと応援よろしくね


時々食べたくなるたらこや明太子。
家族の人気者で、食卓に出るとあっという間になくなる。

昨日スーパーで見つけた明太子の切り子。
切り子の方がかえって好きかも。
切り分ける必要がなくて食べやすいから

せっかく美味しいご飯の友があることを忘れて、
今晩の献立はカレーにしてしまった

切り子は明日のお弁当のご飯に添えよう
忘れないようにっと(笑)




ポチッとよろしくね


先日Hさんとランチをした後、もう少し話がしたかったのでお茶をしに行った。
Hさんがむかし時々通っていたという“茜屋珈琲店”
誰かに案内してもらわなければ、絶対に通り過ぎてしまいそうな
狭い間口から階段を上がったところにあるお店。

懐かしいレコードのクラシックが流れる店内は落ち着いた雰囲気
たくさんのカップの中からお気に入りのものをリクエストできるそう。

Hさんのリクエストしたカップはこれ。



私は優柔不断でとっさに決められない
それもあるけど、私に合ったカップを選んで欲しくてお任せにした。
選んで下さったものはこれ。




独身のHさんと結婚観について語った。
結婚して子育ても経験した私の結婚観と、
独身のHさんの結婚観は違う。
違って良いのだと思う。

もう結婚はあきらめたように言うので
落ち着いた大人の恋愛をして欲しいと言った。
大人の恋愛はおとなにしか出来ないのだから。

Hさんとこんな話をしたのは初めて。
落ち着いた素敵な珈琲屋さんの良い香りのせいかな。

      

お店の面白い記事を見つけました。
よかったらこちらから見てね茜屋珈琲店
ポチッとよろしくね

夫がホームセンターで買いたいものがあるらしく、朝早くから
「お父さんとモーニング(朝食)に行く人~」と呼びかけている。

数年前の子ども達なら、「は~い」と元気よく返事をしていたのに、
今日は誰も手を挙げない しゃあない、私だけか・・(苦笑)

あまり時間もないので、ファミレスのモーニングにした
ドリンクバーに珍しいものを発見

“黒酢入りドリンク” この夏の終わり頃から、毎晩
お風呂上りに黒酢ドリンクを飲んでいる私としては嬉しい

黒酢ブームがこんなところにも来ていたか。
ちなみにすかいらーくのドリンクバーだった。

変わり行くブームなので、この次にきた時は
他のドリンクに変わっているかもね。



ポチッとよろしくね


今日はとても雲の多い空だった お彼岸のお墓参りに行った帰りに義父のいる施設へ寄ると、ちょうど敬老の祝賀会が終わったところで、タオルケットのプレゼントを頂いていた 

義父は不器用なところがある上に、高齢になってから新しいことを覚えるのが難しいようで、車椅子の動かし方が覚えられないようだ 手を添えて動かしながら、「何か楽しそう~」と言うと、「貸したらへんでぇ~(笑)」といつものおじいちゃんジョーク

その後で夫と実家へ 夫は庭の草抜きを、私は部屋の掃除をし、誰も世話をしなくても咲いてくれていたミニ水仙の花をお仏壇にあげた 夫は実家の不要な物を少しずつ処分していっている。段々すっきりしていく実家の部屋、「我が家よりも何だかきれいよねぇ」と夫と話す。


友達と京都の大学のオープンキャンパスに行っていた娘 友達とカラオケで30曲歌ってきた息子 夜には全員合流して近所のラーメン屋さんへ 行列ができるお店なのに、今日はラッキーなことに空いていた。

ぶらりぶらりと歩きながら、帰りにドラッグストアでめいめいが買い物をして帰ってきた。まだあと一日休みがあると思うと、今晩はとてもリラックスした気分


ポチッとよろしくね

以前、職場�Aで一緒にお仕事をしていたHさんからお誘いのメールをもらって、今日ランチをしてきた グルメなHさんに行き先はお任せし、どんなところへ連れて行ってくれるかなぁと楽しみに行ったところは、JR元町駅 東出口ほど近くのNADABAN DINING

私達が頂いたのは Fusion Course A  1900円
  
前菜
季節の瀬戸内鮮魚カルパッチョ
季節のスープ
自家製ブレッド
タスマニアサーモンの西京焼き
丹波地鶏のソテー “NIKOMI”
有機野菜のサラダYAMASHITAドレッシング
NADABAN DINING カレーライス
焼き菓子
KOBE炭焼珈琲

 

画像は抜粋ですが、どれも美味しかったです。メニューを見た時は、こんなにたくさん頂けるかなぁと思ったけれど、お味も量も(笑)上品なので全然OK カレーライスも男性ならひと口でいけそうな量です。やや辛口だけど、Hさんは「もっとカレーが食べた~い」とお気に入りのようでした。カレーとアイスクリームとコーヒー(1,050円)のメニューもあったので、今度は是非それを(笑)

こちらのお店のサイトから、オーナーシェフのブログに飛んでみた。シェフ山下さんは、飛行機の「機内食」の開発に一番興味があって、やりたい仕事のトップに位置しているらしい。是非とも、世界に誇れる新和食の機内食を開発して頂いて、いつか私も(めったに乗らない国際線だけど)機上でシェフの機内食を頂ける日がやってくると良いなぁと思った



この後、素敵な珈琲店へ連れて行ってもらいました。
この話はまた後日。ポチッとよろしくね<人気ブログランキングへ>

↑このページのトップヘ