ありふれた毎日

家族はアラカンの夫と私 ひとり暮らしをしている娘 半同居の息子 2019年末に月へ帰ったうさぎのティンちゃん。
旅行が好き。ブログの半分は旅日記で、残りはありふれた毎日のかけら。そろそろシニアに向けての夢の旅仕度をしなくちゃなぁ。

2005年08月

少し前の日記に、今夜限りで夜更かしはやめようねと娘と約束したことを書いたばかりなのに、またやってしまった そろそろ夏も終りに近づいてきたし、ブログのスキンを秋バージョンに変えようか と言うことで、深夜2:30までキャッキャッ言いながら盛り上がってしまった。ったく、明日は部活で早起きなのに・・・と懺悔の夜でした

それに娘が死にそうな数の英単語を覚えられない、もう自分の暗記の限界を超えてるゥと悲痛な声で訴えてくる。“おもしろい短文で印象づけて覚えないとダメダメ”・・・で、一緒に短文を考えた。


alarm 【不安にさせる・驚かせる】   
  An alarm alarms me every morning. 《目覚まし時計は毎朝私を驚かせる》

ignore【無視する】
  An iguana ignores me.  《イグアナは私を無視する》  

他にももっとおもしろいのを思いついたのだけど、友達の実名入りなので絶対ブログに書いたらダメヨと娘に釘をさされてしまった。でも、このお陰で優に15個の英単語を覚えられたのに、娘に全く尊敬されてない母なのです




 

休日の朝、新聞の求人広告に目を通すのは、もう昔からのクセみたいなもんだなぁ 今のパートを始めて9月で丸2年になる。今の職場も気に入ってるし、やめる気はないのだけど、月に10日の出勤なので、もう少し働けるかなぁという気持ちもあったりする。 前に、「月初めの3日間だけ」という求人を見かけたことがある、またあんな仕事がないかなぁと思いながら、今日も広告を眺めてた。

私は本来は怠け者なんだけど、何かこうお気楽な生活を送らせてもらってると、もうちょっと頑張らなきゃという気持ちにもなったり 子ども達も学校から帰宅するのが6時を過ぎたりすると、ひとりで家にいる時間も年々長くなってくる それに本音を言うとやっぱりお金は必要 3年後、娘と息子が揃って私立の大学と高校へ進学した時には、今の家計だとタイヘンなことになる

今日の求人広告に、良さそうと思うのがふたつ程あった。でも、ここでいつも後ろ髪を引かれるのは、お義父さんとお義母さんのこと。お義母さんは大きな病気を抱えているので、いつ病院へ戻ることになるかも知れない そうなるとお義父さんのお世話をする為に、身内が交代で実家へ通うことになる。実際去年の春はそんな生活がしばらく続き、夫のお兄さん夫婦と私達夫婦は必死な思いだった

自分さえ家にいてお父さんのお世話ができたら、息子達の家庭に迷惑をかけなくてすむ・・・いつもそう言いながら、お義母さんは頑張って毎日を生きている そんな優しくて強いお義母さんを安心させてあげる為に、兄弟のどちらかが実家の近くに住むべきだったのに、親不幸な私達は結婚と同時に他府県に住居を構えてしまった。

お義母さんがもし病院へ戻ることになった時の為に、私はこれ以上仕事を増やさずに、自分の体と時間を空けておく方が良いのかな・・・と、いつもそこに行き詰って、求人広告を見なかったことにしている。

今日は土曜日 夫はいつもの空手教室へ、娘と息子は
それぞれの友達と甲子園へ高校野球の決勝戦を観に
行った さっき、“どの辺に座ってるの”と娘にメール
したけど、会場が賑やかで着信に気づかないのか返事が
返ってこないなぁ

私はひとり家でまったりと過ごしている 平日、仕事の
ない日は家にひとりでいることはしょっちゅうだけど、休日
こうやってひとりの時間を過ごすのは、何か良いカンジが
するなぁ 時間をプレゼントされたようで 


子どもが中学生以上になると、休日でもそれぞれの部活が
あったりするし 夫は週末~休日にかけては空手三昧の
生活 奥さんは理解がありますねとおっしゃって下さる
方がたまにあるそうだけど、それは間違ってる 美しい
誤解なのだ 

私はこうやって休日ひとりで過ごすことも気に入ってるし、
たまに“今日は家族みんな揃ってるね ご飯でも食べに
行く”という日もスキだ。 夫とふたりの休日は、いつもと
違うスーパーへ車で行ってみたり 娘とふたりの休みは
女同士でしか味わえないような可愛いお店に行ってみたり
する 息子とふたりの休みは、スポーツ店やTSUTAYA
デート 母と一緒に歩いてくれるのもあと少しの間かな
と思うと、つい時間が愛しくなる それぞれの家族とそれ
ぞれの時間、ひとりの時間を過ごせる私は、一番得してる
かな

先日はレモンティーを、今日はグリーンティーを作って、ペットボトルに入れて職場へ持って行った 職場に着いた途端、まるで汗が噴き出すような感じだった夏のピークは過ぎたような気がする 

私の職場には60歳代の第ニの人生を頑張ってるおじさん方が多く、冷蔵庫の中に入れておくといつの間にか飲んでくれてる しかも、この年代の男性は適当におせじも上手く()美味しい、美味しいと言って飲んで下さるので、あとしばらく残暑の続く間は、冷たい飲み物を持って行こうと思う。

今度は何を作って持って行こうかなぁ 今年は梅ジュースも紫蘇ジュースも作らなかったからなぁ。次はシンプルに冷たい緑茶にしよう

先月の息子の13歳の誕生日は、空手の試合で三重県へ行っててケーキどころではなかった。“そう言えば、あっちゃんの誕生日ケーキ食べてなかったよねぇ”と、今頃ケーキでお祝い 家から歩いて10分ほどの所に新しく出来たケーキ屋さん。La Tour Blanc トゥ-ルブランと読むらしい、難しくて覚えられないなぁ

お店の前を通るといつもお客さんがあふれてて、前から気になってた。住宅地の中にあって、お店の中でパティシエが作ってるせいか値段は手頃。今どき250円のケーキもあったりなんかして嬉しくなってしまった。 味の方も very good ここのケーキ、ひと通り食べてみたいような気がする。

偶然娘の中学時代のお友達が、このお店でアルバイトしていた。娘の通っている高校はバイト禁止だけど、同じ歳でもこうやって仕事を経験をしている人はずいぶんしっかりして見えるなぁ。と言うか、娘の友達はみんな娘より大人っぽく見える

昨日の夜、久しぶりに三宮の串家へ家族で食べに行った。
一通り串を食べた後のお茶漬け、フルーツ、ケーキ
ソフトクリーム、かき氷、コーヒー、日本茶
フルコース。お腹一杯になるといつも、明日からは粗食で
節約生活するぞと思う。今晩は冷蔵庫の整理日にしよう


この夏休み、ひょろ~っと背が伸びた息子
仲良く歩く姉弟の後姿の背の高さがとうとう逆転した。
今まで息子が我が家のチビ(愛称)だった。
娘には母の身長を越して欲しかったけど、我が家で
娘が一番おチビになってしまったなぁ


今日も仕事の帰りに娘(高1)と本屋さんで待ち合わせて、
少し回り道した 前から気になってた雑貨屋さん。
行くと、ちょうどその時お店のテラスで、チワワを連れた
モデルさんを撮影していた モデルさんは勿論おしゃれ
だけど、撮影スタッフもおしゃれだねぇと娘と話す。

1階が雑貨と喫茶 2階にもフランス風の雑貨 
3階がギャラリーと書かれていたので上がってみると、
こんなキッチンがあった。良いなぁ。こんなキッチン

娘が高校受験する前ごろから、私まで夜更かし生活になって
しまった 別に娘につきあって起きてあげるほど教育ママ
ではない 若い頃から宵っ張りなだけなんだけど、それに
してもこのお盆休みは自己嫌悪な生活だ

だいたい娘がお風呂から上がってからが長い ふたりとも
冷たい飲み物を入れてブログで遊ぶ毎日 あっという間に
深夜2時を回って、どっちかが“もう寝る”と言って、何故か
ふたり揃って並んで歯磨きしている ←どっちがどっち

鏡に映った自分達の姿を見て、“この生活、何とかしないと
いけないね” “うん、うん”と、歯ブラシをくわえた
ままうなずく 明日からは絶対1時までに寝ようね!と
誓い合って、歯ブラシをくわえたまま指きりげんまんした。

今日のお昼ご飯はざるそば



頂きもののケーキが美味しかった
ケーニヒスクローネの抹茶ケーキ。
中にごろっとした栗が入ってて、
お茶にも合うケーキだった。


今日、娘・高1と息子・中1と一緒に甲子園のららぽーとへ行った 行く途中に高校野球熱戦中の甲子園の真横を通るので、ちょっと覗いてみることにした 大阪代表校がやってたせいか、外野も立ち見状態。どちらのアルプススタンドもブラバンや野球部員の応援合戦で盛り上がってるやっぱり高校野球はいいなぁ 夕方になってライトも点灯し始め、風も心地よくなりかけたけど、今日は買い物の日だったので甲子園を後にしてららぽーとに向かった。

娘情報によると、関西の女子高生はファミリアのレッスンバッグを学校のサブバッグに使う人が多いらしい。中でもファミリアフェアでゲットした限定バッグを持ってる人は、ちょっとした注目だとか

娘も高校入学前にファミリアで買おうとしたのだけど、イマイチ絵が気に入らなかったり、他の人とかぶるのはイヤだとか・・・で、そろそろ新作が出た頃かなぁ?とファミリアを覗いてみると、ららぽーと限定バッグというのがあった 実はしばらく前からあったらしいのだけど・・・神戸の高校に通っているので、神戸っ子はあまり隣の隣町にあるららぽーとへは来ないらしいから、これなら人とかぶらない!と迷わずお買い上げ こだわりがある買い物もなかなか大変だなぁ

↑このページのトップヘ