7/20㈯のこと

29149
大会物販で姫路へ行ったときのこと。
お宿は初めてのダイワロイネットホテル。昨年できたばかりの新しいホテルで快適だった。

今まで姫路駅周辺のホテルには10回以上泊まっているけど
部屋のカーテンを開けたときに姫路城が見えたのは初めてで、小さなサプライズだった。


29150
娘は夫のイビキが気になるので、真ん中のベッドはいつも私。


29170
洗面ブースはスタイリッシュな要素を入れつつも


29153
至って普通だったけど


29152
完全に独立しているお風呂が快適だった。
日本のホテルにしてはめずらしくレインシャワーがついているのが想定外で
適当にレバーを回して頭上から水が降ってきたのもサプライズだったけど(^^;

+

娘に「今日の予定は?」と聞かれ、「今日はお休み」と答えると
「じゃあ、ずっとブログだね」と言われる。

とーーんでもありません(;O;)
最近ブログのアップですらその日中にできない日もあると言うのに。

私だってお休みの日は、旅行の画像を整理しながら、旅ブログの下書きをしてのんびり過ごしたーい。
最近は休みの度に娘の買い物につきあっていたし

比較的ひとりになれる平日のパートのない日ですら、夫の仕事の量に合わせて
午前から仕事をしていたりするのだ。

今も昔も子ども目線が変わらないのは、自分が帰宅したときに母がパソコンの前に座っていると
さも母がいつもそこにいるように見えているところ。

子どもが中高生の頃から、夕食~就寝までの時間帯は家族が入れ替わりに帰宅するので
主婦は立ったり座ったりの繰り返し。
主婦なら共感し合えるところだと思う。

子ども達も学校を卒業すれば主婦の自由時間が増えるかと思いきや
相変わらず立ったり座ったりを繰り返している。
こんなはずじゃなかった。なんで(・・?と自問するに

我が家にはティンちゃんという療養中の可愛い天使がいるために
息子からは「ちょっと来てくれる?」と呼ばれる回数が増え
まぁ、呼ばれなくてもこちらからティンちゃんの顔を見に行く回数も多かったり

さすがに娘に呼ばれることはないけれど、ことあるにつけ「ママー」と話しかけてくる。
最近はひとり暮らしの準備のためにその回数が特に増えた。

一番手がかからないのは夫。
夫の晩酌にこそつきあわないけど、ひとり晩酌しながらニュースを観ている夫が世間話をしかけてくれば
手を止めて一緒にニュース番組に目を向けて、あーだこーだ会話する。

生活していればもちろんこれ以外にもいろいろある。
実家の母から電話やメールがきたり、急な調べものや探しものをしないといけなくなったり

こんなことをしていると、たいした内容ではない書きかけの私のブログは
一向に行が増えなくて深夜の投稿になるのだ。
私がよほど要領が悪いのか?いや、違うよね。

そうだ、忙しいときは「今日は多忙につき」
疲れているときは「今日はとても疲れました」
辛いことがあった日は、「今日は書けません」と、正直にたった1行書きするのには
実はとてもとても勇気が要るものなのだ。私にとって。


『正直な人は勇気ある人』
正直に打ち明けるときって、勇気を振り絞りますものね。
あぁ、また気づいてしまったわφ(..)メモメモ

まぁ、そんな大袈裟なことではないのだけど、何が書きたかったと言うと
私はいつになったら、自分のためだけに自分の時間を自由に使えるようになるんだろうと
ふと感じたこと。

だけど、自分の愛する人たちのために自分の時間を使えることは
ひょっとしたら幸せのひとつなのかもしれないなぁと心の裏で感じていること。



今、夫は空手の審査会へ。
娘は友達とアフタヌーンティーに
息子は自室でお昼寝中。

私はアイスコーヒーを飲みながら、久しぶりに一気にブログを書きあげました。
これも至福なり。