25185
夫が3日間 香川県へ出張している間に、昨日は息子と甲子園へ高校野球を観に行った。
息子としては高校野球が観たかったそうで、どの県のどの高校でもこだわりはないとか。
都合の良い日と時間で決めると、茨城県の明秀学園日立高校と高知県の高知高校の対戦だった。

今日は外野席でいいわと、そして外野席の場合は何故か3塁側の方へ足が向くそう。
甲子園球場を正面から写真を撮る間もなく、息子の後ろを追いかけるように左側の方へ歩いて行った。

25183
3試合目の2回裏のゲームから観戦。
外野席って、向こーの方で野球やってるって感じやねと私が言うと

たまにボールがこっちに迫って飛んできたりもするし
明らかに仕事さぼって来てるやろというふうな感じの人がいたり
野球ぜんぜん観てないやろと言う感じの人が、イイ場面では拍手をしたりしている外野独特の緩さが
イイもんやで、と息子が言う。

昨日はお天気がサイコーで、椅子に座った時は「うわ、焼ける💦」と思ったけど
16時を回ったころから心地よい浜風も吹き出して、ゆる~く試合観戦を楽しんだ。

25186
1塁側のアルプススタンドに、高校生の頃の娘達の姿がオーバーラップする。
その年の大分県代表校に吹奏楽部がなかったので、兵庫県の高校が友情応援を依頼されたのが
娘の通う高校の吹奏楽部だった。

もう11年前の夏のことだなんて^^;
あの日のブログを読んでみると、私のブログは娘や息子の話題で溢れていた。
子どもが生活の中心だったような気がする、良くも悪くも。

子どもから学校や友達や行事の話を聞いて、自分ももう一度学生時代を便乗体験していたような
ところもあったなぁ。
だからとても楽しかったし、子どもがしんどい時は、親も一緒になって疲れていた。

最近はすっかり大人家族になって久しく、学校などの話題はない代わりに
仕事、職場、恋愛、不倫、結婚、離婚、出産、育児、病気、介護・・・と
話題も成熟してきたもんです(^^;


25184
西宮ガーデンズの串家物語へ行ったけど、もう串家もそろそろ卒業やなと、息子がぼそり。。
串を揚げるのもデザートバイキングも、小中学生の頃のようなテンションで楽しめなくなってきたって。

大人になるって、色々と卒業するものが増えてくるもんだわね。
でもまた甲子園のように、懐かしくゆるく楽しめたりするもんだよ。
あの頃のようにすごく熱くはなれなくても(^_-)