20579
JR宇治駅から電車に乗って、京都駅で下車。
電車に乗っている間にスマホで検索したお店へ行ってみることにした。自然酒菜 一瞬 さん。

予約なしで飛び込んだけど、カウンター席ならと案内された。
ひとりでも来やすい雰囲気。


20580
店内の雰囲気。テーブルとテーブルの間は暖簾で区切られている。

和の落ち着いた雰囲気の店内で、旬の魚介類や野菜をふんだんに使用したメニューを楽しめる
【自然酒菜のお店 一瞬】。チェーン店がひしめく京都駅前で数少ない大将がやっている和食居酒屋です。

---という紹介文に惹かれてやって来た。


20581
初夏のおすすめ
このころはまだ初夏だったんだなぁ。


20582

20583
ひとまずの乾杯。


20584
つきだしのバイ貝。


20585
京の八幡産の有機野菜の中から、彩どり温野菜サラダ。
野菜は生で頂くより蒸したり焼いたりすると甘味が増すので美味しい!


20586
2杯目いきます。


20588
お刺身の三種盛り。


20587
京都と言えば湯豆腐・・で注文した「ゆどうふ」は、京野菜、中でもたっぷりの九条ネギも一緒に
簡単ひとり鍋のような感じで。

こちらのお店、どのお料理も美味しいので、ご飯物もきっと美味しいよ!と思いながら
京都のお茶漬けが食べたい気分だったので、この辺でお愛想してもらう。


20589
地下街に入るとたくさんの飲食店があって、先斗町もいいけど、京都はまだまだ開拓の楽しみがありそう。
そんな中で見つけたお茶漬けのお店。だし茶漬け えん さん。

一番シンプルそうなものの中から、ふたりとも炙り明太子と高菜のだし茶漬け。
季節の小鉢が2品とお漬物つき。

大阪(梅田)を含め他県にも展開しているようだけど、飲んだ後の一杯、軽く食べたい時・・・と
いろいろ使えそうなお店。
お茶漬けなら家に帰って食べろと言ったら元も子もないけど(^^;

ご飯の大盛りもあったけど、小盛りもあればな・・
白いごはんを残せないおばちゃん以上の世代は願ったりするわけです。

+

7/29(金)
20629
母とサクラが遊びに来ました。
夕方は息子も一緒に散歩をし、夜は娘も一緒にサクラと散歩します。
夫も無事に岩手県に到着。