1/7(木)
18141
今回は娘目線で撮った画像で、昨日と同じ駁二藝術特区を歩いてみようと思います。
画像に娘も出て来ますが、「ここの写真を撮って」と頼まれて彼女のカメラで撮った分は
娘目線の方に入れています。


18135
駁二藝術特区の地図。私達が初めにいたのは、地図の一番左端。


18140
シティスイーツホテル前にある


18139
駁二藝術特区。まだ倉庫ショップは10時のオープン前なので、敷地内は貸切状態。


18136
ブランコに乗ってみたり


18137
こんなことをさせられてみたり。


18142
老朽化した建物の壁もアートしていた。


18143
この柔軟さがイイナと思いながら


18144
高雄ではサイクリングすることを楽しみにしていたけど、よくよく考えてみると
カメラ散策にサイクリングは向かないと言うことに気づいた。


18145
クラス写真かな。


1814618147

18148
これ、単なる壁画ではなく、トリックアートなのです。
階段に座っているように見せかけて(見えない?)


18152
階段を上がっているように見せかけて、実は平面。


1814918151

1815418155
トイレの標識、伝わり過ぎて笑える(´艸`*)
右のはツボが書かれているので、思わず見入る親子。全員、凝り性な体質。


18150
こんな写真も撮ってくれていた。ちょっとお気に入り(*^。^*)


1815618162

1815718158
倉庫ショップ

 
1816018161

1815918165
微熱山丘


18163
今回は、こんなふうに娘や


18164
夫の後ろ姿を追いながら散策するのが、とても楽しい旅行だった。
と、きれいにまとめて終わっておいた方が良さそうなんだけど


またまた余談話🌼

実は娘にたくさん隠し撮りされた画像を見て、無意識の時の自分の顔や姿にゲンナリ(ノДT)
以前から気づいてはいたんですがね・・さらにその傾向が強くなってきた。

周りの人が普段見ているママの姿はこうなんだから、と娘にさとされる。
はい、おっしゃるとおり。

頬杖をついてテレビを観ている姿とか、スマホを触っている姿とか、ぼーーとしている時の姿とか
緊張感がなく、だらしがなくて超ブサイク /_;)
人間、意識している時間より、無意識の時間の方が長いらしいから、恐ろしや、、

常に人に見られていることを意識している有名人は、気の毒ではあるけれど
常に緊張状態を保っているからスキがないのね。

私もパパラッチ娘に、いつ写真を撮られても良いように
顔は変えられなくても、せめてもう少しシャキッとした後ろ姿になれるよう
良い意味での緊張感を持たないと、だなー。←書きながら、すでに背中が曲がってるやんヾ(・ε・。)ォィォィ