18068
旗津島からフェリーで西子湾に戻り、行き先がMRTの駅からひと駅だったのでタクシーに乗った。
ある車にご立腹の威勢の良い女性ドライバーさん、窓を開けて何やら叫んでいるし(`□´)
運転がスリリング過ぎて、夫と娘が思わず スローリー!! と叫んでいた。

行き先は2度振られていた金温州さん。


1806918070
1954年創立のお店らしい。老舗が良しとされる文化は、台湾も日本と同じなのかな。


18072
蒸籠の山を見ると小籠包も食べたくなるけど、この時、無性に食べたかったのは「麺」。


18073
1階と2階があって、私達は2階に案内される。人気店らしいので、待たずにテーブルに着けてラッキー。


18071
メニューに日本語表記もあるのを見ると、日本のお客さんも多いのかな?
ま、私達が来てるくらいだから(^^;  オーダーシートに記入する方式。


ちょっと余談なんですが・・

今回の旅行で実感したことのひとつ。
静かな台湾ブームは長年続いていても、高雄を訪れる人は割合的にはまだ少ないようで

「高雄」だけのガイドブックはなかなか手に入らない。
だいたいが「台湾」のガイドブックの中のせいぜい3~4ページの紙面の情報しかなかったりするようで

情報はネットサイトや、ブロガーさんの旅行記などから収集するとなると
先輩ツーリストさんが「ここが美味しい!」と絶賛されるとすごく影響力があるし、私達もその影響を受けた人達。

こういう土地では自分の足で隠れた名店を捜す楽しみも多いにありそうだけど
胃袋がひとつではとうてい不可能なのでした。


18074
あっさりしていて、沖縄のソーキそばを思い出した。
こちらのお店はワンタンが看板メニューらしいので、ワンタンそばを注文した。
ぷりぷりの大きなワンタン 美味しかったなー。


18076
これで1,000円ほど(*^。^*)


18075
娘はこの旅行中に食べたものの中で、一番気に入った様子だった。
へぇ~~ そうな~ん (・・? と、少し意外な私に
食べたいものを、食べたい時に食べたからかもーーと、なかなか冷静な分析φ(..)


18079
2日目の夜はどうやって過ごそう(。´・ω・)? 
台湾で2番目に高い85スカイタワーへ行って夜景を見るか、愛河からの夜景を見るかで三者相談。
愛河クルーズに決定し、タクシーでアンバサダーホテルへ移動。
ホテル前にチケット売り場があるそう。そしてホテルでお手洗いを拝借。


またまた余談なんですが・・

このクラスのホテルになると日本人観光客がたくさんいて
高雄にもこんなに日本人がいたんだ!と思った。
そしてマナーが良くなくて少し恥ずかしいと娘が言う。

あまり他国のマナーのことは言えないなぁと思った。
職場のおじさん達ともたまに話すのだけど、日本人も20年~30年くらい前まではそうだったという話。

路上駐車、たばこのポイ捨て、割り込み乗車、旅行先での団体行動、ホテルの備品の持ち帰り
赤信号みんなで渡れば恐くない・・的な行動。

平成生まれの娘世代から見れば、日本人は昔から今のようだったと思うかもしれないけど
昭和30年代生まれの夫も私も、そうではないことを知っている。
年数をかけて少しずつ今になって来たこと。

海外に来ると、日本を外から見る機会が多くて面白い。
日本にいる時以上に、日本人だという自覚を持つし、日本のことを想っているかもしれない。