12/22(火)
17703
前回こちらの旅館に泊まった時、何も期待していなかったら食事がとても良くて感激した。
会席料理と、朝も満足な和食、温泉もあって、前回は8,800円、今回は少し値上がりして10,800円。
それでもまだお得感は感じる。


17702
観潮流幸せなマッチ売りお少女~というネーミングを言ってからマッチの火をつけられたのは蜜柑の羊羹。
いきなり甘いものだったので、ちょっとビックリだったけど。


17706
おつくり五種盛り。


1770417707

1770817709
他にもブリのしゃぶしゃぶなど、写真を撮り忘れたものもあるけど


17710
留肴は和歌山らしく紀州梅酢掛けでさっぱりと美味しかった。


17711
昆布茶のお出汁を回しかけてお茶漬け風にして頂いても美味しく


17712
もなかでサンドして頂くデザートは別腹とは言え、お腹の満腹感は150%くらいに達している。
ごちそう様でした。


17713
一旦お部屋に戻り、休憩してから温泉に行った。
画像は、食事前に館内探検の時に撮ったもの。
他に誰もいらっしゃらなかったのでカメラに収められた。


17715
この時は貸切状態だったので、露天風呂と大浴場を行ったり来たり。


17714
露天風呂は平成25年9月に完成したばかりらしい。そう言えば前回来た時にはなかった。
船に乗ってゆらゆらしている気分を味わえる。
でも、知らない人と二人や三人で入るには家族風呂のようでちょっと・・・


17716
男性用の露店風呂はこんな感じだったらしい。(画像はサイトから拝借)
夫がしきりに「コーヒーカップみたいなお風呂」と言うので、サイトを見てみるとなるほどだった^m^
これならひとつにひとりずつ入れていいかも。


17717
こちら、男性用の大浴場。男湯と女湯は入れ替え制かな?
身体の芯まで温まり、外に出ると待ち合わせたかのように、夫とばったり会ったので
食事前にも行ったラウンジへ寄り道。
浴衣姿でマッサージチェアに30分くらい座っていたかな。
あぁ、極楽、極楽(*´ω`)