11/26(木)の続き
17569
ニフレルの「うごきにふれる」ゾーンで、初めに目に触れたのがホワイトタイガー。
まだどこかあどけなさが残る面持ち?


17570
運が良ければ泳ぐ姿が見れるかも。


17571
私が一番会いたかったミニカバちゃん。希少動物だそう。
ミニカバと言うからどんなコンパクトなカバちゃんかと思いきや、意外にも大きかった(笑)


17572
つま先立ちしているかのような短い脚に萌え


17573
小さな魚に、お尻の皮膚をつつかれ掃除してもらっている姿に萌えた♡


17576
次はMちゃんが一番会いたかったカピバラ。
ちょうど私達がゾーンに入った時はお昼寝の時間だったのかな?


17577
人が座る場所に、ふとこんな可愛い鳥がいたりして
本当に人と動物の境界線のない動物園みたいな感じ。


17578
ペンギンが気持ち良さそうに泳ぐ姿を見たりしていると


17579

17580
カピバラ君のお食事タイムが始まっていた。


17581
カボチャを直接手で食べさせてもらってる甘えん坊。


17583
ペリカンもご飯の時間。


17585
1羽が羽をパタパタさせると


17586
他の子達も競い合うかのようにパタパタを始め、これは何の意味があるんだろう(・・?
ともかく、風が起きるくらいのパタパタ合戦。


17587
その間も、この人達は平和にモグモグ。


17582
常にどこかから隙を狙ってるキツネザルもいて


17591
衝撃的だったのは、食べながら急にふぅ~っと横に倒れたところ。


17592
更に衝撃的だったのは、寝姿のままでごはんを食べ続けている光景(´艸`*)
家で家族にこの話をすると、「上には上がいるなぁ・・」と息子。


17590
こんな隙に、おサルさんにご飯を取られてしまいました。
この子もまた別のおサルさんに取られていたけどね(^^;


17589
飼育員のお姉さんの動向が気になるカワウソちゃん。ごはんが待ち遠しい。


17588
肉球サービス、ありがとう。

動物の種類は少ないけれど、それぞれ至近距離からじっくり見て、肌では触れ合えなくても
何となく触れ合えたような気がする--それが、「感性に触れる」感じなのかなと思える小さな動物園でした。

海遊館がプロデュースとあって、さすがに水族館の方は海中、水中、水辺などの見せ方が上手いなぁと感動。
照明や音楽などの使い方も素敵で、期待以上に楽しいニフレルでした。