17518
夫は早朝から姫路へ。空手の近畿大会の審判。
私はお昼前から夫の仕事場へ行き、頼まれた仕事だけ片付けて、電車で滋賀県の大津市へ。
兵庫~大阪~京都~滋賀県と、近畿地方を横断。

膳所駅から体育館までの道にあるお花屋さんも、私にとっては馴染みの風景になった。
紅葉した蔦のデコレーション。


17519
前にも一度ブログに書いたことのある鏡文字の詩。どれくらいのサイクルで書き替えておられるんだろうか。
年に2度ほど膳所にやって来た時の楽しみで、足を止める。

同じ季節を過ごした葉が
一枚一枚散っていきます
きっといっぱいの想い出とありがとうを
紅色に込めて


17520
会場と主催者様にご挨拶。
宅配便で運ばれて来た大きな荷物4箱を受け取り、机と椅子を設置して物品の展示。
ひとりで出来るやん?!  

終わりかけの頃、姫路から駆けつけた夫もお疲れ様。
膳所駅近くの鶏こうさんで労いのカンパイ。
焼鳥と野菜焼きが美味しいお店だった。


17523
久しぶりの京阪電車。膳所から3つ目の浜大津へ向かい


17521
苦労して取ったホテルの部屋が、思った以上に広くて嬉しかった。


17522
宿泊の時は、普段は食べないアイスクリームを食べたり
普段は観ないテレビ番組を観たりして過ごす。
夫も柿ピーをつまみながら部屋呑み。
せっかく広くて快適な部屋だから、翌日の朝食は部屋食にしよう。