12/9(火) 2日目午後
15002
ソウルの国立古宮博物館は無料で見学ができる太っ腹な博物館(*´ω`)
せっかくだから携帯できる音声ガイドをレンタルした。
確か、パスポートを預けて1,000ウォン(約100円)のレンタル料。

パスポートを預けるのは抵抗があったけど、台湾の博物館でも同様のことがあった。
日本でも外国人にはそうするんだろうか?


14993
この音声ガイド機が優れもので、展示物の前に立つと
ボタンを押さなくても自動的にガイダンスが始まる仕組みになっている。


14994
実際のものの写真があってわかりやすい。


14995

14996
ドラマでよく見る王妃様の頭の装飾品。


14998
宮廷料理。


14997
宮中の韓定食。


15008
こちらは私達が昼食に頂いた庶民の韓定食。
品数ではイイ線行ってるよねと夫と話す(^_-)-☆


15000
綺麗だなぁ~*


14992
画像は、国立古宮博物館側から眺めた景色。
現代のビルと古宮の建物が共存していて不思議空間だなぁと思って。


15009
もと来た道を戻ると、日も暮れ始め、ビルのネオンが灯り始めている。


15003
光化門も夜バージョンにお色直ししてドレスアップ。


15005
ホテルに戻るのに、来た時と同じ道もつまらないので、違う道を通って帰ろうと歩いていると
POLICEと書かれた大きなバスが3台ほど並んでいて
その前に機動隊の盾のようなものがたくさん置かれている。

何だか物々しい雰囲気なので、足早に通り過ぎようとすると
テレビや雑誌でしか見たことのなかった慰安婦の像があった。

ということは、その前にあった建物は日本大使館だったようで、韓国の警察が警護していたのは
日本大使館だったということになる。

そんなこととも知らず、私達が韓国旅行している間に何か事件でもあったのかと
スマホでニュースを検索していると、偶然にもこんな記事を見かけた。

興味のある方はどうぞ→「なぜ日本大使館守るのか」韓国機動隊員が感じた日本警官への仲間意識
(本文はNEXTに続き2ページにまたがります)

これを読みながら、この前日、親切に道を教えて下さった警官のことをふと思い出す。

政治的、外交的にはたくさんの問題を抱えている日韓。
でも私が今もなお、こうやって韓国ドラマを見たり韓国の音楽を聴いたり、韓国語を勉強したりするのは

やはり韓国という国の魅力に惹かれるからなのだと思う。
韓国語を勉強していても、日本語との共通点をたくさん発見する。

異なる国なのに、こんなに共通点があり
似た文化があると思えば、全く逆の作法があったり

そんなところが面白かったり興味深かったりする。
日韓関係も気にはなりつつ、日韓の文化の共通点と違いに、もっぱら関心がある。