4/15(火) 2地目
マジェスティックホテルでハイティーを楽しんだ後、街歩きと観光をしながら戻ってくる予定だったけど
突然のスコールがやみそうにないのでタクシーで戻って来た。
ショッピングセンターで少しウィンドウショッピングをし、さてどうしようか・・

①案 ホテルの部屋に戻って、チェックインの時にもらっていたラウンジでのフリードリンクを飲みながら
    マラッカ海峡に沈む夕陽を見る。

②案 一度ホテルに戻った後で再び出かけるパワーに自信がないので、このままチャイナタウンへ食事に行く。


12502
娘としばし迷いながら歩いていると、目の前にこんなタワーが。
そうだ!マラッカタワーに昇って夕陽を見よう!!


12503
チケットを購入。


12504
ここで次の番を待つ。


12536
(画像はマラッカタワーのサイトより拝借)
こんな形をした展望台に乗り、陽が沈む方向の席を選んだけれど
展望台は頂上からゆっくりと360度回転しながら下降していくので、席を選ばなくても大丈夫。


12506
この日は雲がかかっていて、残念ながら真っ赤な夕陽は拝めなかった。


12507
画像の中央に写っているのがカーサ・デ・リオ・マラッカ・ホテル。
中は訪れなかったけど、マラッカ川沿いにあって外観の可愛さが目を引いてたなぁ。


12508
私達が宿泊していたハッテン・ホテルと、その左右にあるショッピングモール。
買い物の便は非常に良く、オランダ広場からも歩いて10分ほど
しかもショピングモールの中を通って行けば、暑さや雨もしのげるという立地が最高のホテルだった。


12537
左の大きな建物が、そのハッテン・ホテル。
中央の三角屋根が可愛いホテルがマコタホテル。
右の建物がホリデイ・イン。
上から見ると、位置関係がわかりやすい。


12509
そのホリディ・インの近くに見える統一された建物は何なんだろう?
この辺りから海峡近くまで歩いてみても良かったなぁ、と今頃になって思う^^;


12533_large
タワーが地上に着く頃には陽も落ちて夕暮れに。


12510
お昼に行ったチャイナタウンのジオグラファー・カフェへ向かう途中
リバークルーズに乗ってみたい!と娘が思いつく。


1251112512
ここまで来れば出来ることを全部やりたいしね!ということで、チケット売り場へ急ぐ。
大人RM15(約500円)


12513
40人乗りのこんな船に乗り込んで出発!


12515
船内の雰囲気。私達はここで初めて日本人のカップルに遭遇した。
旅慣れた感じの若いカップルだからマラッカに泊まっていたことが頷ける。
殆どの人はKLなどからの日帰りツアーなのかなぁ。


12514
展望台からの眺めを楽しんだ後は、船からマラッカ川の両岸のライトアップされた眺めを堪能できて
マラッカに泊まって良かったねと娘と満足。マラッカにお泊りされることを是非お勧め。


12516
この橋はハイティーで行ったマジェスティックホテルのすぐ近く。


12538
ミニ遊園地みたいなところもあるんだ♪ と新たな発見。

リバークルーズは途中でUターンし、40分ほど乗っているので最後の方はちょっと退屈気味だったけど^^;
かなりのんびりできて、夜のリバークルーズも幻想的な雰囲気でなかなか良かった。


12534
船から降り、ジオグラファー・カフェへ向かう途中、目の前を歩く素敵なカップル。
歩く道順、向かったお店も同じだった^m^


12535
遅い夕食を軽く取って、ホテルへ戻る。
お風呂に入り、娘はパックをしたりしてのんびりくつろぎ、マラッカの夜におやすみしたのは0時頃。

翌朝クアラルンプールへ移動するのも自分達の気の向くままなので、時間に制約されることもなく
個人旅行の自由さを満喫中でありました。