1/9(水) 3日目
11970
宿泊していたホテルからもほど近い迪化街。


11996
台湾屈指の問屋街で、歴史的建造物が残るエリアとある。


11997
布地のお店も多く


11998
何のお店だろう?と入ってみたら、外国人とわかると英語で話しかけてきた若い男性の店員さん。
サービスでトリュフを下さった。


11999
ポストカードを2枚購入。


12000
台湾茶のお店。


12020
迪化街で絶対に買って帰ろうと思っていたドライマンゴー。
買うなら是非台湾産をと聞いていたので、そこだけはチェックを怠らなかった。
味見させてもらうと、なるほど全然違う!
今までに味わったことのないドライマンゴーだ。
自宅用に大きな袋入りの物を買う。あと、お土産用にも。

それと、ある台湾本で干し蒟蒻を絶賛していたので、興味があって探してみた。
その本の著者に、“台湾に来なかったら干し蒟蒻の美味しさを知らずに死んでたよ”
とまで言わせる干し蒟蒻って、どんなに美味しいんだろうと期待が大き過ぎたのか

味見すると、夫も私も首をかしげる味。
グミのような食感で、美味しい(・・? と言うよりも、不味い(>_<)

何かの間違いだと他のお店でも味見したけど挽回ならず。
人の味覚はこんなに違うものかと思った。

でも、やっぱり干し蒟蒻ラヴァーさんのサイトをちらほら見かけるので
私達が美味しい干し蒟蒻に出会っていないのかもしれない。

今頃になって、何でもっとたくさんドライマンゴーを買って来なかったんだろうとか
ドライフルーツ、もっといろんな種類買ってくれば良かったとか
ドライトマトを忘れてた…とか、後悔の嵐。

また来年、行こ==3


12021
本、文具、バッグなど多彩な品揃えの本屋さんや


12016
香り関係のお店かな?


12017
珈琲館など、古き良き時代と現代がうまく調和した街並み。
実はもっともっと奥が深い街のよう。

また来るチャンスがあれば、もう少しディープな部分を楽しむことと
そして台湾産のドライフルーツをたくさん仕入れることが次のミッションだな。

さて、旅も終わりに近づくと少しずつ疲れが忍び寄り
最後にもう一度お茶を楽しむことにします。