9993
昨日、炊飯器を購入した。
その前日と前々日、炊飯に時間がかかっているな・・と思っていたら
突然スイッチが切れて、ご飯はもちっとしているのに底の方にオコゲが。
15年近く毎日働いてくれたけど、突然ギブアップしたような終わり方だった。

最近の炊飯器が優れものらしい。
色んな機能がついているらしく
ケーキも作れるし、料理もできてお鍋の働きもするとか(・・?

私はご飯が炊けたらそれで良かったので
実家が買い換えたご飯専用の土鍋でも良かったくらいだけど

忙しい振りをしている主婦としては、やっぱり目を離せ、予約も出来る炊飯器に
もう少し頼りたいと思った。

全く下調べもせずに電気屋さんへ行き、わりとお手頃価格のものに即決。
毎日使うものだから、どうせなら美味しく炊ける炊飯器に投資を惜しまない、という考え方もあるけど

ここ数年、2泊3日の旅費の5万円は惜しくないのに
10年以上使用する家電の5万円を惜しんでしまうなんて
お金のかけどころが間違ってるかな、ワタシ(・・?

+

画像の右下に小さく写っているのは、その15年働いてくれた炊飯器。
定価5万円のものを、夫が並んで整理券ゲットして半額で購入。
当時としては高級な方の炊飯器で、備長炭の黒釜がその頃は珍しかった。
半額だったからと、夫が私の実家の分まで買って来てくれた。
結局5万円やん(゜o゜)って、昔からお金の使いどころ、ヘン(・・?