7日目 9/10(土)
7167
ウォルマートを後にし、スーツケースを押しながらバス停のあるアラモアナSCの方へ戻りました。
その途中、ふたりの視界に“アサイ”の文字がチラつくと思ったら、ポスターが・・
アサイボール食べる? 食べたい!と早とちりして入ったところは 
“Tutti Frutti”というフローズンヨーグルトのお店でした。

7168
アサイフレーバーのヨーグルトだったんですね。
何か適当に思いつくものをトッピングしたので、見栄えが悪いですけど^^;

歩きながら、スーツケースを押しながら、娘と交代で食べたフローズンヨーグルトは
冷たくてさっぱりして美味しかった。

++

人に尋ねながらワイキキ行きのバス停にたどり着きました。
待つこと5分くらいでバスが来て、これでワイキキまで帰れるとホッとして乗り込み
お金を料金箱に入れた後で運転手さんが
“大きな荷物はバスに持って乗れないよ。そこに書いてあるでしょ?”
と言いながらバスの中の貼り紙を指さしました。

(母) もうお金を入れてしまいました(・。・;
(娘) バスに乗れなかったら、私達、ホテルに帰れません(+o+)
と困ったさんを装うと、(実は装ったわけではなく、本当に困ったさんだった)
「次からはダメだよ」と乗せてもらえました。心から thank you!

The Busは自転車だって車体の後ろに積めるイメージが強かったから
荷物に制限があることを知らなかった私達。学習しました( ..)φ

++

運転手さんに言われるように、3人掛けの椅子の下にスーツケースを押し込んで
座ってホッとしていると、バスに乗り合わせている人達でいつしかおしゃべりが始まっています。
日本ではツアーバスでさえ見知らぬ人どうしで会話することは少ないのに
ハワイではよくある光景なのかな・・
そう言えば、今回の旅行ではやけに母娘も色んな人に話しかけられました。

バスの中で私の斜め前にわざわざ移動して来て立った、日本語ぺらぺらの白人男性。
どうやら娘に話しかけている男性のことを怪しんでいる(-_-メ)
“ワイキキは世界一麻薬犯罪が多い街です。気をつけた方がいいです。
どこのホテルですか?僕が案内します。”
    
え、えーー?! 怪しいのはどっちですかーー(?_?) みたいな?
私達がクヒオ通りのバス停で降りると、その男性も一緒に降りて
クヒオ通りは危険だと私達には言いながらも、知り合いが多いようで数人とハイタッチして行く。

これから、あるホテルへ音楽活動をしに行くのだと言って、ホテルの前まで送って下さって
別れたのだけど、単なる親切な人だったんだろうか???
何だか色々気をもんで疲れてしまった(-_-)
(結果的にはその方の行き先のホテルも同じバス停だったんだけど)

7169
部屋に戻ると、さすがの私もお店に行って食べる気がせず
疲れていたし、お腹はそれほど空いてなかったので

最後のディナーにしてはお粗末だけど、もう一度食べたかったサイミンをテイクアウトしに
マクドナルドへ行きました。(それでもやっぱり一応食べるんだ笑)

7170
ハワイ島のコナ空港で食べたサイミンの方が薄味であっさりしていたかな。
マックのは私達には少し味が濃かった。その上、醤油の袋が添えられてたので驚き(゜o゜)
でも、疲れた体と夜中の胃に優しく染みたよ。

++

思えばワイキキ1日目の夜から、夜になると物騒な思いをしている。
女性だけの夜歩きは危険だと思ったのに、全然その学習が身につかず
3日とも遅くまで母娘で出歩いてたからだ。

こんな母が忠告するのも何だけど
今月も若い娘同士でバリ島に行く娘には、本当に気をつけてもらいたい。
言葉できっぱり断る自信はあっても、力づくなことや、銃犯罪になると
どうにも太刀打ちできないのだから。

++

パッキングをしている間、テレビでは翌日がNYテロから10年目というニュースが流れていました。
万が一、何か少しでも変わったことが起きたら、私達はオアフで足止めなんてことにもなりかねない?!
たとえ大好きなハワイであろうとも、そんなことで滞在するのは喜べない。
どうか何事も起きませんように。どうか明日も世界が平和でありますように。
どうか母娘も無事日本に帰れますように。

とうとう翌日は帰国の日。10:30の集合時間まで楽しむよー(@^^)/~~~
今日はおやすみ。