6139
農協ハナロマートでお土産を買ってホテルへ戻る途中
「お昼ごはん、どうするぅ~?」という話になって
そんなにおなかもすいてないし、パッピンスが食べたいねって。

Caffe bene の店頭にパッピンスのポスターみたいなのを見つけたので入ってみました。
なかなか雰囲気のいいカフェ。韓国ではチェーン店の数が一番多いカフェだそうです。

6140
パッピンスの小さい方のサイズをひとつだけ注文して、ふたりでつつきました。
6,900ウォン(約550円)。

正直、理想のパッピンスとは違ったし、お餅もかたかった==3
んーー今回は食に関してはちょっと残念続きだな(-_-)

6141
ホテルに戻ってお昼寝タイム(-_-)zzz
母、ちょっと疲れたみたいです。

途中、ホミルホドゥでクルミ饅頭を買う時、路上に腰掛けられる場所を見つけたので
母にそこで待っててもらい、ひとりでお店へ走りました。
自宅用と職場用のクルミ饅頭を買って母の待つ場所に戻る時
背中を丸くして座ってるちょっと疲れた感じの母の姿を少し離れたところから見た時は
何とも言えない気持ちになったのでした。

今回は出発の前から、「これで最後」と自分に言い聞かせている母でした。
「パスポートはあとまだ2年間あるから、まだ行けるよ!」と発破をかけるのですが
そろそろ体力と気力の限界なのかな。
まだまだお元気なお年寄りもいらっしゃるけど、こればかりは個人差があるので・・

母いわくは、3回も来れて十分だそう。
そうだね、そう考えると、一抹の寂しさなど感じる必要はないのかな。
日本にも良いところはたくさんあるし、海外にこだわらなくてもね。

6142
お昼寝をしてスッキリしたので、またボチボチとPIFF広場の方へ向かってお散歩です。
向かう途中、コスメのお店でちょこっと買い物。
韓国に来て、この程度しかコスメを買わない私達って・・(笑)
「食」と「ぶらり」が旅のテーマだから、いいのだ、これで(*^^)v

ちょっと小腹もすいてきたので、PIFF広場の屋台で軽くつまむことにしました。
どうしても食べたかったのはホットッ
クチコミで評判の良かった「黄家」と書かれたお店を見つけました。

6143
マーガリンで焼かれ、木の実入りのホットッがこちらの特徴のようです。
これには母も大満足!(^^)!

6144
もうひとつ食べたかったトッポッキ。
やっと屋台デビューを果たすことができました(*^^)v
同じ屋台にカップルもやってきて、トッポッキとキンパッをぱくぱく。

キンパッと言えば、韓国にいればどこででも食べられる、帰りの空港でも食べられる
くらいに思っていたのに、空港でちょっとしたアクシデントがあって
またまた食べるチャンスを逃してしまいました==3
あぁ、ここにも美味しそうなキンパッが写真に写ってる・・

6145
帰りにガイドさんが教えて下さったのだけど、韓国ではおでんの大根は出汁を取るためのものだから
無料なのだとか?韓国人が日本でおでんの大根を食べて有料だったので驚いた、というお話。

噂に聞いていたおでんのスープを紙コップでサービスして下さいます。
甘辛いトッポッキに熱くてあっさりした出汁がベストな組み合わせで美味しかったなーー
ああーー やっぱり アイラヴB級グルメ(^^♪

この後、地下街をぶらっとして西面ロッテホテルのカジノへ行きます。